キハ181つばさ さん プロフィール

  •  
キハ181つばささん: マル鉄・鉄道写真館
ハンドル名キハ181つばさ さん
ブログタイトルマル鉄・鉄道写真館
ブログURLhttp://photo.ap.teacup.com/marutetsu/
サイト紹介文鉄道写真に特化したブログ。時代の資料として、思い出の材料として活用していただければ幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2011/02/13 19:12

キハ181つばさ さんのブログ記事

  • 東武鉄道 6050系:快速・区間快速
  • 東武鉄道 6050系:快速・区間快速東武鉄道(伊勢崎線・日光線・鬼怒川線)で長らく運転されてきた無料速達列車である「快速」列車が、平成29年4月ダイヤ改正で消滅しました。通勤・通学が主たる輸送目的の私鉄の中においても、観光路線としての役割も高い東武鉄道では、他の私鉄では通勤車が共通使用されているのとは違い、専用車両とも言える2ドアクロスシート車が使用されていました。前身の6000系電車から続く新性 [続きを読む]
  • 東武鉄道 634型:週末特急「スカイツリートレイン」
  • 東武鉄道 634型:週末特急「スカイツリートレイン」スカイツリー観光用として6050系改造の観光用改造634型を使用して誕生した特急「スカイツリートレイン」。平成29年4月のダイヤ改正でリバティが導入され、特急列車の体系が整備された結果、週末定期として運転されてきた特急「スカイツリートレイン」は、ここで一旦定期列車から撤退することになりました。※撮影は、すべて平成29年3月25日です。[画像]野田線 [続きを読む]
  • 東武鉄道 300系(300型):特急「きりふり」
  • 東武鉄道 300系(300型):特急「きりふり」平成29年春の東武鉄道ダイヤ改正。リバティの営業運転開始により、特急列車の運用を中心に大きく様変わりすることになりました。伊勢崎線浅草口から6050系が完全撤退することにより、これまで速達サービスに貢献した快速・区間快速が消滅。さらに、休日中心の臨時運用を担ってきた300系電車のうち、6両編成で運用されてきた300型が撤退することになりました。そして [続きを読む]
  • 583系:団体列車「つなげよう、日本。」号
  • 583系:団体列車「つなげよう、日本。」号583系秋田車を使用した団体列車で、アーカイブを逸していたものがありましたのでここにご紹介いたします。JR東日本横浜支社発足15周年を記念した企画で、583系秋田車を使用した団体列車「つなげよう、日本。」号が横浜〜青森間で運転されました。晩年では多くの団体列車に使用されましたが、団体名称が付きながらも「団体」や「臨時」マークが殆どでした。そんな折り運転され [続きを読む]
  • 583系:寝台特急「ゆうづる」
  • 583系:寝台特急「ゆうづる」寝台特急「ゆうづる」は、昭和40年10月1日ダイヤ改正で20系寝台客車により運転を開始した、上野〜青森を結ぶ寝台特急です。1年早く誕生した「はくつる」とは異なり、常磐線経由となっているのが特徴でした。昭和43年10月改正において、東北本線の全線電化が完成し、これに合わせて583系が導入されます。「ゆうづる」は20系による客車寝台も存続したため、電車と客車による2往復の [続きを読む]
  • 東武鉄道:松原団地駅
  • 東武鉄道:松原団地駅平成29年4月1日、東武伊勢崎線の「松原団地駅」が「獨協大学前<草加松原>駅」に改称されました。我が家からは比較的に近い地域でありながら、鉄道では遠回りになることもあり、特に用事も無い場所なので、過去に一度も訪れたことがありませんでした。しかし、この春を含め、4月のダイヤ改正においても列車体系が大きく変革し、この後も乗り入れのある日比谷線系の車両交代などもあり、撮影のついでに初 [続きを読む]
  • 201系:中央快速線(サクラ編)
  • 201系:中央快速線(サクラ編)中央快速線から201系が引退してかなりの年月が経過してしまいましたが、ちょうど10年前にサクラをメインとして写真撮影に行ったことがありました。※撮影は、平成19年4月1日、飯田橋〜市ヶ谷間にて。(画像はすべて大きくなります。)[画像][画像][画像][画像][画像][画像][画像]既にE233系の置換えも進んでしましたが、まだ若干201系の方が多く来たように記憶しており、それほど [続きを読む]
  • E2系基本番台:北陸(長野)新幹線「あさま」
  • E2系基本番台:北陸(長野)新幹線「あさま」高崎〜長野間の新幹線として暫定的に開業した長野新幹線(当初は長野行新幹線)。JR東日本では、新幹線で初めて急勾配に対応し、さらに交流60Hz区間への乗り入れと言うことで2電源方式を採用したE2系が量産されました。(東北新幹線用として、1000番代も同時に製造・運用開始。)長野新幹線用は8両編成となっており、東北新幹線用の10両編成と区別され、東北新幹線の [続きを読む]
  • 都電7000形: 7022(復刻塗装)
  • 都電7000形: 7022(復刻塗装)都電7000形のうち、後年の7022は、冷房改造前の姿に塗装を復刻して営業運転を行っていました。自分の年代としてはリアルに見てきた姿ですので、その存在は嬉しいものでした。[画像]平成19年11月25日 熊野前にて都電撮影の帰り、熊野前電停で乗車待ちしていると、目の前に突然姿を現しました。なんのことかさっぱり分からずに、アタマの中が真っ白。おぉ、昔の塗装だ!とアタ [続きを読む]
  • 東武鉄道:業平橋駅(最終日)
  • 東武鉄道:業平橋駅(最終日)東武鉄道の本社がある旧「業平橋駅」が「とうきょうスカイツリー駅」に改称されてから丸5年が経過しました。ついこの間だったような気がしますが、気が付けばあっという間の5年です。5年前の「業平橋駅」としての最終日、訪問した記録が残っています。※撮影は、平成24年3月16日です。[画像]東京スカイツリーの本格開業に合わせ、駅もリニューアル工事が大掛かりに行われています。駅名板も新 [続きを読む]
  • 都電7000形:冷房改造後
  • 都電7000形:冷房改造後ツーメン時代の都電荒川線に残っていた31両の7000形は、昭和53年のワンマン化に向け車体更新の上、番号が連番に整理され2代目の番号となったようです。当初は非冷房のまま営業が開始されましたが、昭和61年から7500形の車体更新に合わせて冷房改造が実施され、離線による機器故障に対応したビューゲルからパンタグラフへの換装も同時に行われました。これが最後まで活躍した7000形の [続きを読む]
  • 都電7000形:7001復刻塗装
  • 都電7000形:7001復刻塗装平成29年春、都電7000形が引退してしまうそうです。ちょっと前までは最大勢力を誇っていましたが、廃車や7700形への改造により、いつの間にか2両の在籍まで減ってしまっていたんですね。ここ最近は撮影に行っていませんでしたので、実感がありませんでした。本格的な撮影へはあまり行ったことが無い都電ですが、現場回りの仕事や尾久センターの公開の際には寄り道したりと、撮る機会は [続きを読む]
  • 長野電鉄 10系:新OSカー(保存車)
  • 長野電鉄 10系:新OSカー(保存車)平成29年3月、長野電鉄須坂駅で引退以来保存されてきた10系(新OSカー)の解体が発表されました。10系(新OSカー)は、昭和55年に製造導入されましたが、ワンマン化や路線の廃止縮小など憂き目に遭い、わずか20年強の使用期間で平成15年3月に運用から離脱することになりました。[画像]平成23年5月4日 須坂駅にて 側線で留置保存中の新OSカー10系急行「きたぐに [続きを読む]
  • 東京メトロ 銀座線:01系
  • 東京メトロ 銀座線:01系東京メトロ銀座線用01系は、昭和59年から運行が開始されました。平成29年3月10日をもって、銀座線での営業運転を終えることになりました。東京メトロの中では既に05系や06系に廃車が出ており、これに次ぐ短命となりましたが、どうも老朽化というよりは、ホームドアの設置や信号装置、昇圧などの関係があって置き換えが急がれたようです。過去ログ『東京メトロ銀座線:踏切&01系』をご紹 [続きを読む]
  • 583系秋田車(初代・2代目):団体列車「わくわくドリーム」
  • 583系秋田車(初代・2代目):団体列車「わくわくドリーム」583系秋田車の引退が発表され、動きが全く無くなりました。動態保存的な車両として残った583系ですが、夜行団体列車や臨時代走など比較的活発に活躍しており、特に定期的に舞浜臨として使用されてきた団体列車「わくわくドリーム」号の運用はメジャーな存在でした。[画像][画像]平成20年5月3日 潮見駅にて「わくわくドリーム」の下乗車は舞浜駅ですが、折 [続きを読む]
  • 烏山線:キハ40 1000番代
  • 烏山線:キハ40 1000番代平成29年3月4日ダイヤ改正において、烏山線ではこれまで活躍してきた気動車から、蓄電池式の電車「ACCUM(アキュム)」に置き換えられることになりました。私の記憶のある中では、EF57が終焉となる昭和52年初頭ぐらいはキハ10系が活躍していましたが、老朽気動車の置き換えのためにキハ40系が新製され、烏山線でも昭和54年から導入されたようです。烏山線の置き換え当初は過去 [続きを読む]
  • 国鉄 直流型電気機関車:EF5895(宮原機関区)
  • 国鉄 直流型電気機関車:EF5895(宮原機関区)EF58シリーズ、今回は宮原機関区の95号機です。過去ログ『EF5895牽引:81系お座敷列車(ミハ座)』の再掲写真になります。[画像]昭和55年8月 神足〜山崎間にて EF5895牽引 スロ81系ミハ座原形窓の美しいカマでした。パンタグラフが切れてしまったのが残念。この写真を撮った1年後には廃車になってしまったようです。95号機昭和31年 7月16 [続きを読む]
  • 209系:南武線
  • 209系:南武線平成27年度までにE233系への置き換えが実施された南武線ですが、209系が1編成のみ残存していました。この度、青梅線で使用されていた6両1編成が改造を完了し、南武線へ転属することになりました。これに合わせて、最後に残った209系が引退となるそうです。[画像]平成22年5月18日 府中本町駅にて南武線も何回かは撮影に行ったことがありましたが、銀色になってからは全く無くなりました。現場 [続きを読む]
  • 京成電鉄:3500形未更新車
  • 京成電鉄:3500形未更新車京成電鉄3500形は、昭和47年から導入開始されたステンレス製の電車です。96両が導入され、一部は車体を更新して現在も活躍中ですが、車体の腐食度合いが思ったより激しく、更新するよりも新製する方が得策と判断されたことで中断、原形のまま残った車両が40両存在しました。京成電鉄では3300形の淘汰も完了し、その後の新車の導入に伴って3500形未更新車についても徐々に数を減らし [続きを読む]
  • 583系仙台車:舞浜臨
  • 583系仙台車:舞浜臨最後の583系として動態保存的に残されてきた、秋田車両センターの583系6連がとうとう引退すると発表されました。多分、私が鉄道に興味を示して初めて好きになった車両が、この583系でした。昭和43年から50年近くにわたって活躍してきた583系も、いよいよ最後となってしまいます。583系については、当ブログにおいても数々ご紹介してまいりましたが、引退を記念し残ったものをご紹介した [続きを読む]
  • 国鉄 直流型電気機関車:EF5893(保存車)
  • 国鉄 直流型電気機関車:EF5893(保存車)EF58シリーズ、今回は大宮総合車両センターで現在も保存されている93号機です。[画像]平成25年5月25日[画像]平成24年5月26日[画像]平成21年5月23日[画像]平成20年5月24日いずれも大宮総合車両センターにおける「大宮鉄道ふれあいフェア」で展示されたものです。センターでの保存であるため外部から見ることはできず、また、毎年展示されるわけではありま [続きを読む]
  • 東武鉄道8000系:秩父直通特急「みつみね」
  • 東武鉄道8000系:特急「みつみね」東武鉄道では8000系が貴重になってきたこの頃ですが、東上線で8000系が当たり前だった時代、秩父鉄道への乗り入れ特急が運転されていました。東武東上線から秩父鉄道への歴史は長く、西武鉄道や国鉄からも乗り入れがあり、休日ともなれば秩父鉄道は他社線からの乗り入れ列車で賑わいました。しかし、モーターリゼーションや観光客の減少などもあり、40年前から比べれば乗り入れ需要 [続きを読む]