ケイ&リル さん プロフィール

  •  
ケイ&リルさん: ケイ&リル この世界のために・・
ハンドル名ケイ&リル さん
ブログタイトルケイ&リル この世界のために・・
ブログURLhttp://goo.gl/qpTj
サイト紹介文ただ伝えたいこと  知らなきゃいけないこと  今、自分にできること。
自由文ツイッター 
http://twitter.com/vegetarian_kei

YouTubeのちゃんねる
http://www.youtube.com/user/keiliru2
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/02/14 18:53

ケイ&リル さんのブログ記事

  •  女子高生コンクリート詰め殺人事件
  • <事件経過>■昭和63年9月頃家庭内暴力で両親が立ち入れない聖域となった湊伸治の部屋は、9月頃から、中学 時代の先輩や後輩が集まる格好のたまり場となった。■昭和63年10月宮野裕史が運転する車に小倉譲と湊伸治、それに湊の中学時代の同級生の4人が乗 り、自転車に乗った制服姿の女子高校生に対して「道を教えて」と声をかけた後、 ナイフで脅し、ホテルで輪姦。■昭和63年10月20日頃宮野が運転する車に小倉と湊が乗り、宮野の [続きを読む]
  • 『世界がもし100 人の村だったら4 - 子ども編』
  • 世界がもし100人の村だったら 4 子ども編いま、子どもが消えています。村も団地も公園も群れ遊ぶ子どもたちの声が消えてひっそりとしています。学校には、からっぽの教室がならんでいます。50年前、日本がもし100人の村だったら、子どもは35人でした。それがいまは14人です。このまま減ると、2050年には7人になります。世界からも、子どもが消えています。子どもは、たくさんいるのです。でも、社会にいないことにされている「見え [続きを読む]
  • あるあるベジタリアン 8
  • 私、50歳になるけど、今もクリスマスにはサンタさんがやってくると信じてるんです!サンタさんにお願い事してるんです!どこにいるんだそんなのw バカかw 子供かw私、神様仏様にお参りしてお願い事してるんです!子供の悪霊をはらってもらうんです!これで悪い事が起こらなくなるんです!霊感商法どんだけ浸透しすぎてるんだよww バカかw精進潔斎もしないくせにw 同じじゃねーかw 悪習慣やめろwサンタクロース信じてる方がまだまし [続きを読む]
  • あるあるベジタリアン 6
  • 肉も野菜もバランスよく食べないと、だって?は?何のために?ベジタリアンが栄養的に健康だって知らないの?そんなに健康気にしてるの?身体に悪いもの毎日食べてるでしょ?果物と生野菜1日何グラム食べてる?化学調味料使ってない?農薬は?抗生剤は?環境ホルモンは?生きた幼虫とかも食べるの?自分の好きな物だけ食べたがってるだけでしょwばかの一つ覚えと固定観念で物言うのやめればw 恥ずかしいからw [続きを読む]
  • あるあるベジタリアン 3
  • 「ちゃんと感謝してますから‼?」ぷっ 感謝だけして後悔しないんだこいつw 進歩なしかよwこう‐かい〔‐クワイ〕【後悔】[名](スル)自分のしてしまったことを、あとになって失敗であったとくやむこと。「短い快楽に永い―」「今さら―しても始まらない」 [続きを読む]
  • 何のための食育ですか 未来に待ち受けるもの
  • 食卓の向こう側・第8部 食育 その力<1>プロローグ 何のための食育ですか 未来に待ち受けるもの 「なんか違うよなあ」。今年1月、東京・有楽町であった「第3回ニッポン食育フェア」の会場。福岡県宗像市のフリー記者、森千鶴子さん(37)は、心に浮かんだ違和感を打ち消せないでいた。 地元の食文化を見つめ直し、漁師料理を通じて都市住民と交流する活動「鐘崎ふれあい食堂・むなかたの食とくらし展」。自ら手掛けた [続きを読む]
  •  ◆幻の小冊子 「種の壁が壊れるとき」
  • 種の壁が壊れるとき動物の命を利用して行われる様々なビジネス合法化された悲惨な実態と現実種を問わず命を大切にする世の中に向けてこの本のタイトルは、当たり前のこととして行われていた黒人の奴隷や女性差別などのシステムが崩壊していったのと同様、動物と人間の間に引かれている見えない壁「種の壁」が早く壊れてほしいという私の願いからつけました。アパルトヘイトもかつては合法であり、そのシステムが法律上崩壊したのは [続きを読む]
  •  【絵本】 村人と動物
  • むかしむかし、あるところに、ふたりの青年がおったそうな。ふたりの青年はまいにち肉を食らっておったそうな。いのちとどうぶつを守ろうとするうごきにたいそう反発しておったそうな。ひとりの青年は、「どうぶつを殺すことはざんこくだと思うが食べるために殺すことはざんこくだと思わない。」と言っておったそうな。ふしぎにおもった村人がきいてみたそうな。食べられるために殺されるこの豚たちをざんこくとは思わんかのうざん [続きを読む]