グッドラック さん プロフィール

  •  
グッドラックさん: 3連単6点勝負!競馬で夢を叶える!ネット競馬
ハンドル名グッドラック さん
ブログタイトル3連単6点勝負!競馬で夢を叶える!ネット競馬
ブログURLhttp://sannrenntannrokutenn-syoubu.blog.jp
サイト紹介文データ分析・血統・調教・コース適正・騎手能力から穴馬を狙い打つ3連単6点勝負!jra中央競馬
自由文4年連続馬券収支プラスの3連単6点勝負!ネット競馬
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供487回 / 365日(平均9.3回/週) - 参加 2011/02/15 15:39

グッドラック さんのブログ記事

  • アイビスサマーダッシュのコース特性(新潟芝1000m直線)
  • アイビスサマーダッシュ(新潟芝1000m直線)新潟の名物直線コース(芝1000m)。コーナーを一度も回らずにゴールを目指していくレースは新潟開催夏の風物詩スプリント重賞アイビスサマーダッシュ。新潟の直線は平坦のイメージがあるが芝1000m直線競馬には坂の上り下りが存在する。スタートから約240mは穏やかな上り、続く200mは緩やかに下り、残りの約560mは少しの上り下りのあとは平坦。開幕週ではあるがや [続きを読む]
  • 中京記念2017 有力穴馬
  • 【中京記念2017 中京1600M 芝・左】【中京記念2017 有力穴馬情【2ケントオー】ダンスインザダーク産駒。母の父トウカイテイオー。昨年の中京記念で3着に好走。今年は休み明けからの参戦になるので若干の割引が必要になるかと思われる。1枠2番の絶好枠順からのスタートなので思い切って先行していけばいい結果になる可能性は十分にある。【5ピークトラム】チチカステナンゴ産駒。母の父スペシャルウィーク。昨年中京記念 [続きを読む]
  • (中京記念2017)3連単1着固定候補の馬リスト
  • 【中京記念2017 中京記念1600M 芝・左】(中京記念2017)3連単1着固定候補の馬リスト【ブラックムーン】アドマイヤムーン産駒。母の父ジェネラス。前走米子ステークスは4ヵ月半ぶりの実戦だったがリフレッシュ効果で馬に覇気が漲っていた。後方追走から4角では大外を回って直線抜け出し1分31秒の好時計で快勝。強い勝ち方で実力が本物であることを示すのには十分だった。【グランシルク】ステイゴールド産駒。母の父D [続きを読む]
  • (函館2歳S2017)3連単のヒモ穴馬リスト
  • 【函館2歳S2017 函館1200M 芝・右】(函館2歳S2017)3連単のヒモ穴馬リスト【リンガラポップス】キンシャサノキセキ産駒。母の父コマンダーインチーフ。祖母ロゼカラー は10年ジャパンカップ優勝馬ローズキングダムと同じで多くの活躍馬を輩出している。父キンシャサノキセキは高松宮記念を連覇。血統的に優れたスピードを受け継いでおりスプリントレースで潜在能力を最大限発揮できることが推測される。【デルマキセ [続きを読む]
  • (函館2歳S2017)3連単1着固定候補の馬リスト
  • 【函館2歳S2017 函館1200M 芝・右】(函館2歳S2017)3連単1着固定候補の馬リスト【ナンヨープランタン】ルーラーシップ産駒。母の父スペシャルウィーク。函館芝1200mの新馬戦は少数頭レースではあったが後方待機から直線では33秒4の見事な脚を繰り出して勝利。新馬戦の2、3着馬が次戦で勝ち上がって本レースに参戦していることからレベルの高いレースであったことが推測される。【カシアス】キンシャサノキ [続きを読む]
  • 中京記念コース特性について(中京芝1600m)
  • 中京記念コース特性について(中京芝1600m)1〜2コーナー間の引き込み線からのスタートで東京芝1800mのコース形態に似ている。2コーナーまでの距離が短く、逃げ、先行馬が外枠に入ると馬群が密集した状態で激しい先行争いが展開される。向正面半ばから直線の入り口にかけて高低差約約3mの緩やかな下り坂。直線に向くとすぐに高低差約2mの急坂が待ち構えている。中京直線勾配2%の急坂は、中山の2.24%の勾配に次ぐ [続きを読む]
  • 函館記念14番人気2着穴馬予想的中
  • 函館記念函館記念穴馬予想的中!14番人気2着複勝なら1530円【厳選穴馬予想】⇒【14タマモベストプレイ】【◎本命馬】⇒【10ステイインシアトル】【〇対抗馬】⇒【16サクラアンプルール】【▲穴馬】⇒【無料メルマガにて配信】【函館記念 2017≪3連単6点≫の穴馬予想】 【函館記念 2017≪3連単6点≫の本命馬想】 [続きを読む]
  • 【函館記念血統】
  • 【函館記念2017 函館2000M 芝・右】【函館記念血統】【1サトノアレス】【父ディープインパクト母の父デインヒル】ディープインパクト産駒で母方にデインヒルを持っている馬にミッキーアイルがいる。スピード能力が高くマイルがベスト。母の父デインヒルはG1ヘイドックスプリントC(芝1200m)を制覇したスプリンター。【6アングライフェン】【父ステイゴールド母の父パントレセレブル】函館芝コースに相性の良いス [続きを読む]
  • 【函館記念2017コース適性馬情報】
  • 【函館記念2017 函館2000M 芝・右】【函館記念2017コース適性馬情報】【サトノアレス】ディープインパクト産駒。母の父デインヒル。初の古馬対決の巴賞(芝2000m)を余力を残しての快勝、洋芝と小回りへの適性の高さを示した。直線で仕掛けられてからの反応が抜群、一気にトップスピードまでギアチェンジできる。短い直線での決め手勝負を得意としている。【ジョルジュサンク】ヴィクトワールピサ産駒。母の父ラムタラ [続きを読む]
  • (函館記念2017)3連単のヒモ穴馬リスト
  • 【函館記念2017 函館2000M 芝・右】(函館記念2017)3連単のヒモ穴馬リスト【ルミナスウォリアー】メイショウサムソン産駒。母の父アグネスタキオン。AJCCで4着、金鯱賞で5着と、強豪が集まった多数頭のG2で連続入賞。直線一気の末脚勝負タイプで展開次第のとこはあるが2・3着になら入賞できる実力はある。函館の力のいる洋芝への対応力が問われる。【アングライフェン】ステイゴールド産駒。母の父パントレセレ [続きを読む]
  • (函館記念2017)3連単1着固定候補の馬リスト
  • 【函館記念2017 函館2000M 芝・右】(函館記念2017)3連単1着固定候補の馬リスト【サトノアレス】ディープインパクト産駒。母の父デインヒル。古馬との初対決巴賞をクリアして昨年の朝日杯FS以来の勝ち星を挙げた。時計のかかるタフな洋芝をクリア、200mの距離延長と中1週でのローテーションを克服できるかが鍵になりそうだ。2歳王者サトノアレスの連勝なるか注目される。【ステイインシアトル】ステイゴールド産 [続きを読む]
  • 函館記念コース特性(函館芝2000m)
  • 函館記念コース特性(函館芝2000m)函館競馬場は、JRA全10場のなかで1番直線が短い競馬場だ。4コーナーからゴールまでの直線距離は262.1m。東京競馬場の直線525.9mの半分以下になっている。小回りコースになっているが1周距離は1626mで福島競馬場1600mや小倉競馬場1615mよりも若干ではあるが大きいコースになている。函館競馬場のもうひとつの特性は、高低差が3.5mあることだ。ローカル競馬場 [続きを読む]
  • 七夕賞予想
  • 福島七夕賞【◎本命馬】 ⇒【8ゼーヴィント】【〇対抗馬】 ⇒【7タツゴウゲキ】【▲穴馬】  ⇒【無料メルマガにて配信】【▲別口穴馬】⇒【無料メルマガにて配信】【七夕賞≪3連単6点≫の穴馬と別口穴馬予想】【プロキオンS≪3連単6点≫の穴馬予想】 [続きを読む]
  • 濃尾特別
  • 濃尾特別中京10R【◎本命馬】⇒【無料メルマガにて配信】【〇対抗馬】⇒【5ウェーブキング】【▲穴馬】 ⇒【無料メルマガにて配信】【濃尾特別≪3連単6点≫の穴馬予想】【濃尾特別≪3連単6点≫の本命馬想】 [続きを読む]
  • (七夕賞2017)3連単のヒモ穴馬リスト
  • 【七夕賞2017 福島2000M 芝・右】(七夕賞2017)3連単のヒモ穴馬リスト【1パドルウィール】クロフネ産駒。母の父サンデーサイレンス。前走のエプソムCは出遅れたことが大きく響き18着にを喫したが、叩きレースのような走りになり上積みが見込める。昨年の金鯱賞で2着に好走した実力があり巻き返してくる可能性は十分にある。【2スズカデヴィアス】キングカメハメハ産駒。母の父サンデーサイレンス。今年は白富士を勝 [続きを読む]
  • (七夕賞2017)3連単1着固定候補の馬リスト
  • 【七夕賞2017 福島2000M 芝・右】(七夕賞2017)3連単1着固定候補の馬リスト【ゼーヴィント】ディープインパクト産駒。母の父ブライアンズタイム。昨年のラジオNIKKEI賞を優勝後はセントライト記念、福島記念、アメリカジョッキーCの重賞で3戦続けての2着。ラジオNIKKEI賞、福島記念と福島芝コースへ高い適性がある。今回は脚部不安による休養から約5ヶ月半ぶりの実戦なので無事完走できることが重要であることが陣営 [続きを読む]
  • (プロキオンS2017)3連単のヒモ穴馬リスト
  • 【プロキオンS2017 中京1400M 芝・左】(プロキオンS2017)3連単のヒモ穴馬リスト【アキトクレッセント】ウォーエンブレム産駒。母の父フレンチデピュティ。前々走の鎌倉Sで逃げて本来の能力を発揮して勝利。スムーズに逃げることができれば侮れない実力馬。前走の 欅Sは3番手につけて行ったが勝ち馬とは2馬身差、差のある2着だった。中京1400Mは昇竜Sで勝った実績のあるコース。【コパノチャーリー】アグネ [続きを読む]
  • 七夕賞コース特性(福島・芝2000m)
  • 七夕賞コース特性(福島・芝2000m)コーナーの奥にあるポケットからスタート。1週の全長が1600mとJRA全競馬場の中でもっとも短い芝コース。芝コースの高低差は1.8mで高低差や勾配自体は決してキツくないが芝2000mではスタートからゴールまでアップダウンを3回繰り返す。起伏のつけられ方が独特で乗り方の難しいコース設定になっておりイメージよりも遥かに起伏に富んでいる芝2000m。1番注目すべき特徴は4 [続きを読む]