AntRoom さん プロフィール

  •  
AntRoomさん: ありんこ日記
ハンドル名AntRoom さん
ブログタイトルありんこ日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/antroom/
サイト紹介文アリを中心に、様々な生き物を紹介しています。 国内、海外での採集日記も書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供321回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2011/02/16 09:25

AntRoom さんのブログ記事

  • 口髭を収納するサスライアリ
  • 東南アジアに生息するモトサスライアリ Dorylus laevigatus。赤い体に湾曲した大顎など、最高にかっこいいアリです。生息地では、それほど珍しいアリではないのですが、この種はとにかく地中性が強くて、行列も地下を通るため観察の難しいアリです。巨大な女王アリと、膨... [続きを読む]
  • 石垣島のイシガキキムラグモ
  • 石垣島に生息するイシガキキムラグモ Ryuthela ishigakiensis。南西諸島に生息するオキナワキムラグモの仲間で、島ごとに違う種類が生息しています。アリを探すために土を掘っているとよく出てきます。トタテグモと同じく、蓋付きの巣穴を作って獲物を待ち伏せします。... [続きを読む]
  • 虫嫌いは克服できるのか?
  • みなさん苦手な虫はいますか?ゴキブリ、毛虫、ムカデ、クモ、ナメクジ、ヘビなど、誰もが一つや二つは苦手な生物がいるものです。僕の周りには人から変人呼ばわりされるほどの、すごいレベルの生き物好きの人たちがたくさんいますが、そういう人たちに出会うたびに「苦手... [続きを読む]
  • アギトアリとヒメアギトアリ
  • 上がアギトアリで、下がヒメアギトアリです。どちらも獲物の捕食、攻撃態勢、エサを食べる時などにアゴを大きく開きます。アギトアリは体長10〜20mmと大型種が多いのですが、ヒメアギトアリは大きくても5mmほどです。外見はよく似ていますが、アギトアリ属 Odontomachus、... [続きを読む]
  • シロアリを捕食するハリアリ
  • 南米フレンチギアナで、日本のケブカハリアリに似たハリアリがシロアリを襲っていました。ハリアリがシロアリを捕食するのは、日本の街中の公園でも南米のジャングルの中でも同じ光景ですが、いつでもどこでもシロアリがアリに負けるわけではなく、シロアリの種類が多い熱帯... [続きを読む]
  • シロアリと暮らすには質感が重要
  • 南米フレンチギアナで、高さ20cmほどの堅い蟻塚を作っていた小型シロアリの巣を調べていたら、シロアリの巣で暮らす好白蟻性のシミが見つかりました。このシミは、大きさや色以外にも、節の感じまでシロアリにそっくりでした。シロアリの巣で暮らす虫は、このようにシロア... [続きを読む]
  • タカサゴシロアリの巣
  • 木の幹に張り付くタカサゴシロアリの巨大な巣。シロアリが木の上にこんな巣を作るとは、初めて石垣島に行った見た時は本当に驚きました。見るからに好白蟻性昆虫が住んでいそうですが、調べてもトビムシしか出てきません。タカサゴシロアリの巣材は、クサアリのカートン... [続きを読む]
  • マレーシアの直翅目たち
  • 東南アジアなど熱帯には、直翅目の種類がとても豊富で、少し森を歩くだけでたくさん見ることができます。夜行性の種類が多いので、特に夜に多く見かけます。マレーシアで見つけたバッタの仲間たち。体長と同じくらい長い産卵管を持つキリギリスの一種。こんなに長い産卵... [続きを読む]
  • クビレハリアリの行列
  • マレーシアで見つけたクビレハリアリの一種。樹上性のようで枝の上に行列を作って移動中でした。この写真は偶然2匹が近づいたところを撮影しただけで、実際は行列といっても密度が低くて、アリ同士が数十センチほど間隔があいていました。それでも、皆が同じルートを歩い... [続きを読む]
  • かがくのとも「アリのかぞく」
  • 福音館かがくのとも2017年4月号「アリのかぞく」出版のお知らせです。「かがくのとも」は5・6才の子ども向けの月刊誌。「アリのかぞく」では文章などの内容を担当して、絵は大島加奈子さんに書いて頂きました。大島さんは、この絵本を書くために蟻マシーン2号ミニでクロオ... [続きを読む]