飼い主 さん プロフィール

  •  
飼い主さん: オカヤドカリ飼育記
ハンドル名飼い主 さん
ブログタイトルオカヤドカリ飼育記
ブログURLhttp://purpureus.blog9.fc2.com/
サイト紹介文ムラサキオカヤドカリのメスの飼育記録。不定期更新です
自由文飼育を始めて約一年の初心者です。最近昆虫餌を積極的に取り入れています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2011/02/17 16:31

飼い主 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 若紫が出てこない
  • 若紫は最近、多い時で一年に 2 回脱皮する。昨年、夏の脱皮は 8 月 24 日からほぼ一か月で行われた。冬の脱皮は、11 月 14 日からであったので、ずいぶん脱皮のスパンが短い印象だ。そのヤドカリが、新年のあけた今でもどうにもこうにも出てこない。ヤドカリ飼いとしては、とうとう死んでいるのではないか、と心配もしてしまうのだが、今回ばかりはそうでない。どうも当初の脱皮室から砂を掘って移動したヤドカリは、今水槽の前面 [続きを読む]
  • 初夢
  • この冬、若紫が脱皮潜りに入ったのは例年より一月以上遅れた 12 月の初頭だった。つまり再会は年を越したあと、一月の初旬以降ということになる。新年が明け、丁度その頃のある昼下がり、私は脱皮槽の砂に大穴があいていることに気が付いた。近づいて覗き込むと、さっと顔を隠してしまう大きなヤドカリが。よかった、年末が無人だったりして気をもんだけれど、オカヤドカリは無事だったようだ。まずは五体満足か、確かめなければ [続きを読む]
  • 貝殻問題
  • 脱皮明けの暴食で密かに肥満した若紫は、以前からの壺焼きサザエがきつくなり、新たな貝の物色を始めた。集中して検分するのはやはり壺焼き地味サザエ、入ってみるものの少し大きすぎ、しっくりこないとのことだ。同じく水槽に転がっているチョウセンサザエの方が良いサイズだというのに、彼女は見向きもしない。理由は、チョウセンサザエが肉厚で重いためだろう。オカヤドカリ飼育における数少ない楽しみの一つは、彼らが色々な [続きを読む]
  • このふた月
  • 若紫が潜りに入ったのは先月 12 日頃だったという。私は出張でその姿を見なかったが、家族によると「上手にさっさと」潜ったそうで、実に若紫らしい。彼女は要領がよく、なんでもきちんとこなす、飼い主とは正反対の生き物だ。何ヵ月もかかることもあるとされるオカヤドカリの脱皮だが、彼女は大抵、ひと月に三日も遅れず、地上に出てくる。だから私は出張から帰って心配もせず、時々霧吹きなどしながら安穏と過ごしていた。とこ [続きを読む]
  • 過去の記事 …