タケ さん プロフィール

  •  
タケさん: タケの独り言
ハンドル名タケ さん
ブログタイトルタケの独り言
ブログURLhttp://takevelo.exblog.jp/
サイト紹介文ラン、テニス、自転車大好きです。カメラにも挑戦中です。フランス関係の記事もアップします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供620回 / 365日(平均11.9回/週) - 参加 2011/02/18 08:58

タケ さんのブログ記事

  • 『奇跡のレッスン』サッカー編
  • テレビ番組『奇跡のレッスン』は、書籍化されている。ミゲル・ロドリゴが登場するサッカー編に、「ある選手のことを思い出します。チャンスでシュートを打ったら「パスだろ!」と怒られ、次にパスすると「シュートだろ!」と怒られた。その子は自分から積極的なプレーをしなくなりました」(p.28)日本の監督が「安全第一だよ、無理にパスするよりは、クリアした方がいい」と言った。これに対してミゲルは、... [続きを読む]
  • サーブ練習会
  • 早起きして、練習会に参加してきた。一人一人動画を撮って講評してくれた。いつもPコーチに言われている私のサーブの問題点が、自分の動画を見ることで全部確認できた。特に打ち終わり。ラケットが左腰の後ろまで振り切れていない、手首が固定されて左足の前でラケットが止まっている。ファーストとセカンドの打ち分けは、言葉で説明されても全く理解できず、見本を実際に近くで見せてもらうことで打てるようにな... [続きを読む]
  • 仕事で学んだこと、テニスレッスンで学んだこと
  • 授業を終える時、照れ臭いので、「また来週」と下を向いてボソボソ言って、さっと帰る。のだが、学生たちから「ありがとうございました!」と、大きな声が上がり、思わず私も一礼して、「ありがとうございました😊」と答え、教室を出た。なんだか日本の明るい未来を見たよう。学生から教えてもらうことばかりの最近の私である。午後からのテニスレッスン、センターに戻るよう心掛けたが... [続きを読む]
  • 映画『アンコール』
  • コンサートホールで上映されるので、映画『アンコール』を見てきた。平日昼間だというのに、たくさんの観客がいる。(会員だと500円で映画が見れる!)頑固で不器用な老人、愛しているよ、寂しいよ、助けてほしいよ、と、本音を言えるのは、末期がんの妻だけ。その妻が死んで、相変わらず、他人と衝突し家族にまで誤解され、一人ぼっちになる。そんな主人公の心を開くのは歌。懐かしのロックやポップスを... [続きを読む]
  • セカンドサーブ練習会
  • サーブ練習会があったので、「セカンドサーブの練習できますか?」と尋ねてみた。「力を抜いて入れていくサーブですよね?それをやりますよ」あ、違う。入れていくだけではダメ。「どんなセカンドサーブの練習をしたいんですか?」相手にリターンエースを取られなくて、でも確実に入るサーブ、どんなサーブって言われても…メンターが、すかさず、「コースをつくサーブですよね」と答えてくれた。え、コー... [続きを読む]
  • 厚いグリップは好き??
  • 今のクラブに通うようになった頃、練習会のコーチに訊かれた。「タケさんはどの打点が好きですか?」高い打点が好きだと答えたら、今の薄いグリップは私には合わないと指摘された。最近、テイクバックを変えたら自然にグリップも厚く変わって、本来の目的は私のストロークの安定だったんだけど、前に出た時に自然に高い打点で叩くことができるようになって、その度に、私はこのグリップが好きだな、と思う。... [続きを読む]
  • やりたいことが
  • テニスはゲーム性があって、楽しくてもっと強くなりたくて、思わずのめりこむところがある。でも、ライフバランスを崩してしまうのは嫌。いつも適度な距離を保って接していきたい。(と、あらためて強く思うことが最近あった)ボクシングのコーチやテニスメイトが外国人で、英語を話すようになり、先日仕事で出会った東京の方々が、自由に英語を操るのを見て、もう一度英語を勉強したくなった。私は一度、英語... [続きを読む]
  • 伊達の動画
  • 先日行われた日比野と伊達の試合の動画を見ている。日比野の、きれいに身体の前でラケットが回るストロークは大好き。そして、私のメンターたちが指摘するように、同じボールを打つ時、若い日比野は伊達の3倍動く。マイケル・チャンが言う「consistancy」の基本、つまり、同じ打点・同じフォームで打ち続けるために足がきちんと動いている。それでも、伊達は試合を作っていく。彼女の強みって何... [続きを読む]
  • Dream big
  • 「奇跡のレッスン」後半、バレンタイン監督が、試合の前に子供達に語りかける。「夢を持たなければ、それを実現する可能性さえありません」だから、大人になるまでに大きな夢を持て、と。大人になっても、老人になっても、夢は持ち続けたい。私は、同じく夢を持ち続ける人といっしょにいたい。「常につきまとう恐怖が2つあります。ケガをすること、そして失敗することです。なぜ失敗を恐れるかと... [続きを読む]
  • 久しぶりにクロスカントリにエントリー
  • 自分に合ったスポーツがランなのかどうかわからないが、久しぶりに走りたくなってエントリー。(時間制限は40分なんだけど、過去の記録が30分だったので思い切って申し込んだ。私はその時、ひざを痛めていて、ビリから10番目くらいだったと思う。たぶん、走れると思う)今も、ひざをはじめ、足のコンディションは良くない。ランを楽しみたいのと、それから本気で減量したいから。(ランのためなら、タバ... [続きを読む]
  • うまくなっていると言われても。勝てないことに変わりない
  • 3:4であっても、負けたことに変わりない。そして、6ゲーム先取のセットゲームであったとしても、私のテニスは時間の経過とともにだんだん落ちていくので、きっと勝てていない。(Pコーチは、「男性や若い人たちに勝ちたいと思うのなら、今後レッスンは引き受けない」と、きっぱり私に言った。年齢や性別による能力差を埋めることはできない、その現実を受け入れて、それでも「昨日の自分より一歩前に進む」... [続きを読む]
  • 今日は手応えを感じた、シングルスゲーム
  • 私がいつもと違う手応えを感じた、と言うよりも、周りの目が変わった。私のサーブがどんどん成長している、と言われるが、確率は悪いまま、セカンドサーブの質も今ひとつ。フォアハンドストロークは、相手のミスを誘っていた。サーフェスが速いので、振り遅れも多かったのだけど。バックハンドの感覚は悪いまま。原因は、昨日コーチから指摘された通りだと思う。修正しようと思うと、横振りのフラット... [続きを読む]
  • リカバリーというトレーニング
  • 昨日は朝からひざに違和感があって、階段を降りるのが時々つらく、筋トレの後、テニスレッスンを受け、40分ジョグしてから、マッサージを受けたら、ひざに水がたまっていた。(>_<)直接の原因は先日の23キロ(寄り道したから実質25キロ超え)ウォークだと思う。スタート時に激しい雨が降っていて、未舗装路のコンディションが悪く、連れも私も、7キロ補給地点ですでに股関節が痛かった。伊達... [続きを読む]
  • 鋭い質問
  • 導入授業では、全員になんでもいいから質問してもらう。クラスの雰囲気作りと、話すことに対する抵抗感を無くすこと、そしてわからないことがあれば質問する習慣をつけてもらうためである。ところが、今年は私が思わず考え込んでしまうような質問が多い。本質を突く素晴らしい質問である。好きな言葉は、好きな本は、好きな映画は何ですか。生きて行く上で一番大切にしていることは何ですか。(唸ってしまった... [続きを読む]
  • win & win の関係
  • 職場である提案したら、「ウイン・ウインですね」と賛成してくれた。ウイン・ウインの関係、懐かしい言葉だな。同日に開催される2つの練習会の間で悩んでいたら、メンターから「じゃ、片方の練習会のメンバーたちといっしょにもう一つの練習会に参加したらいいじゃない」と一蹴された。誘ってみたら、二つ返事でOKをもらった。(≧▽≦)シングルスプライベートレッスンで、私のテニスがあまりに単調なのでコ... [続きを読む]
  • 過程に関する目標
  • 先日紹介した荒木香織の本に、「結果に関する目標」だけでなく「パフォーマンスに関する目標」や「過程に関する目標」を立てると良い、と書いてあった。「結果に関する目標」とは、例えばシングルスの試合で勝つこと。でも、試合には相手が存在するので、必ずしも自分の努力だけで目標が達成できるわけではない。それに、著者も指摘するように、勝ち負けだけにこだわることは健全とは言えない。(勝つことを目指す... [続きを読む]
  • プレゼントで癒される
  • 誕生日プレゼントをもらった。サプライズだったので、びっくりした。59歳の誕生日は🎂、あまり良いことが無くて、気持ちもふさぎがち。ちょっと癒され、ちょっと励まされ、がんばろーと思いました。ありがとう。久しぶりにメンターに会って、先日の家人とのシングルスゲームの話をする。年齢が違うと足も動くので、負けて当然と言われたが、私には10年のスクール歴がある、テクニック... [続きを読む]
  • 私に必要なこと
  • 荒木香織の『ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」』、少し前に話題になっていた本らしい。私は毎日新聞のインタビューを読んで興味を持ち図書館で読んでみて、面白いので購入した。彼女はアメリカの大学でスポーツ心理学を学問として学び、主張することは科学に基づいている。たいへん共感したのは、「他人を蹴落としてでも勝ちたい」という気持ちがなければ勝てない、と言われるが、本当に必要なのは、心... [続きを読む]
  • 準備そして流れ
  • シングルステニスレッスン。あたかもラリー練習をしているかのように、自分は走り回り相手は一歩も動かず、赤子の手をひねるようにポイントを取られていた。イメージが無い、動きに流れが無い(チャンスを自分で作るシナリオが無い)、心の準備が無い。シングルスの経験が少ないとはいえ、次のボールが読めない。で、がっくし、かと言えば、そういうこともなく、またひとつ今日も経験を積めたと思う。あら... [続きを読む]
  • 58歳最後のテニスは負け越し(T_T)
  • いただいたお誕生日のケーキ、チョコレートケーキの横にあるのが「桜モンブラン」、和と洋のミックスで(「桜餅」のケーキ版)とてもおいしかった!ボクシングコーチからは、「ミット打ち追加」の誕生日プレゼントをもらった。「I want to be a strong boxer」と言ったら、「1年で(ジムの入会したのは去年の誕生日!)パンチは強くなった。後はタイミングだけ!You are ... [続きを読む]
  • 58歳最後のテニスは負け越し(T_T)
  • いただいたお誕生日のケーキ、チョコレートケーキの横にあるのが「桜モンブラン」、和と洋のミックスで(「桜餅」のケーキ版)とてもおいしかった!ボクシングコーチからは、「ミット打ち追加」の誕生日プレゼントをもらった。「I want to be a strong boxer」と言ったら、「1年で(ジムの入会したのは去年の誕生日!)パンチは強くなった。後はタイミングだけ!You are ... [続きを読む]
  • 一日早い誕生日
  • 明日が誕生日の私、でも月曜日は朝から晩まで一日仕事なので、土曜は桜の下をウォーキング、日曜はボクシングとテニスの予定を組んだ。全部好きなことばかり。家人からは仕事で身に着けるアクセサリーを(大好きなベビーパール)、家人の友人からはテニスグリップテープをプレゼントされた。グリップを握る癖のある私、グリップチェンジを頻繁にする私は、absorbantタイプが好き、バボラーなら... [続きを読む]
  • 奇跡のレッスン バレンタイン監督
  • 金曜日夜の『奇跡のレッスン』、バレンタイン監督が少年野球チームをコーチする。とても共感した言葉、私のテニスの目標でもある。「昨日の自分より少し上達する、昨日の自分を少しだけ越える」「いつも全力を尽くすこと」そして、「本当に強いチームは、ミスを立て直せる」これは、先日のダブルスゲームで実感したこと。私のミスを延々とペアは立て直してくれて、そして結果、格上の相手に勝った。... [続きを読む]