タケ さん プロフィール

  •  
タケさん: タケの独り言
ハンドル名タケ さん
ブログタイトルタケの独り言
ブログURLhttp://takevelo.exblog.jp/
サイト紹介文ラン、テニス、自転車大好きです。カメラにも挑戦中です。フランス関係の記事もアップします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供494回 / 365日(平均9.5回/週) - 参加 2011/02/18 08:58

タケ さんのブログ記事

  • そろそろ
  • 最近、このブログを訪れてくれる人が増えて、ブログというものに限界を感じるようになって、そろそろ閉めようかなあ、と思っていた。最初は、ごく親しい人たちにむけての近況報告のつもりで書いていたが、たくさんの人たちとの縁をいただいた。私のテニスが競技志向に変わっていったのも、このブログのおかげである。これから私はテニスの試合にどんどん出るのか、とあらためて問われれば、選手登録でき... [続きを読む]
  • 攻めてはいけないボール
  • ネットミスを繰り返す、相手の低くて短いスライス。このボールの処理を今日のPレッスンで教えてもらった。いろいろな意味でハードなレッスンだった。メンターにも尋ねてみた。「そのボールは攻撃しちゃダメ、スライスで返す」更衣室で一緒になったジュニアの選手にも聞いてみた。「スライスで返すかな」…短いボールは全部が全部チャンスボールじゃないのか。そういえば、ストレートに展開しようとし... [続きを読む]
  • 忙しい時に
  • 忙しくなると、私は無性に本が読みたくなる。目下しなくてはならないこととは全く関係の無い本を。学位論文を書いていた頃は、プルーストの『失われた時を求めて』を毎日少しずつ読んでいた。今は、日本の歴史を読んでいる。文庫本、『読むだけですっきりわかる日本史』。これがおもしろい。フランスの歴史は語れるけど、日本の「平安時代」が何世紀だったかなんて、もう怪しい。💦ちょっ... [続きを読む]
  • そろそろ梅雨入りかな
  • 5月から真夏のように暑く、日中は晴れの日が続き、すっかり日焼けした。でも、明日から天気が崩れるとか。毎日忙しく、全仏の試合もまともに見れていない。仕事の準備も自転車操業である。麻のざくっとしたスカートを買った。縦じまで長めの丈。素足にはけて涼しい。仕事着にした。「それ、ほしい!」と、デルポトロと同じ国の同僚からほめてもらった。私は、彼女のペンダントがほしい、テニスラケ... [続きを読む]
  • 打点に入れなかったボールをどうするか
  • Pコーチは、シングルスコート内のボールは、全部足を動かして打点に入り、基本通りに打て、と言う。そんなことできるはずないよ、と思う。コーチ自身も、10球中、2本しっかり打てれば良し、と内心思っている。でも、目標はすべてのボールに追いつき、ひねりとひねり戻しの下半身の力で打つことである。今日できなかったことが、明日少しでもできるようになっていれば良し、大きな目標に向かって小さなステッ... [続きを読む]
  • 足が動かない
  • 休日は、2:1でゲームをするので、コート内を一人で走る。が、相手がだんだんとうまくなってきて、ストレートの強打や、ドロップが取れなくなってきた。今日のSPレッスン、自分の動かない足が歯がゆくて仕方ない。ベースラインのセンターマークをラケットで示して、「ここに戻れ」と自分に言い聞かせる。その時、コーチがびくっと反応した。???…そうか、私がラケットを叩き割ると思ったのかな。ナダ... [続きを読む]
  • チェロコンサートへ
  • チェロアンサンブルのコンサートに行ってきました。チェロは大好き。私は、母親の関係で三味線と琴、父親の関係で交響曲に囲まれて育った。が、私自身はロック大好き人間で、堅苦しいのは苦手。2部構成の後半は、誰でも知っている曲をアレンジし、笑いを誘う演出もあり、とても楽しかった。音楽はこうでなきゃ。楽しくなくては、と思う。そして、アンコールで披露してくれた曲は私の大好きな「ボレロ」、... [続きを読む]
  • 初めての整骨院
  • ボクシングジムに整骨院が入ったので、初めての体験。元々ひざが悪く、テニスで股関節に違和感があった。電気を通されて、筋肉の深部がほぐれ、その後、マッサージとストレッチで違和感のある所をケアしてくれた。「痛みが出た時は、集中的に通ってください」と言われ、スポーツクラブのマッサージは必要ないかなあ、と思った。(だって高い) [続きを読む]
  • いつのまにやら
  • アメリカ在住のブログ友だちから、「アメリカンスリーブは動きやすくていいよ」と、勧められていたが、「日本では無理。おばさんには絶対に無理」と言っていた。はずが、いつのまにかもう、夏はアメリカンスリーブ以外はあり得なくなった。暑い。職場で親しくいている方々は、みんなテニス観戦が大好き。私よりずっと詳しかったりする。そんなにテニスが好きなら、テニスをすればいいのに、と言うが、「運... [続きを読む]
  • スタンスを広く
  • チリッチは良い選手だなあ、と思う。家人によると、ずいぶん前から私はチリッチを高く評価していたらしい。(本人は全く覚えていない)そのチリッチの試合を解説していたのは、大好きな村上武資さん、「(スローモーション画面を解説しながら)チリッチは本当に基本に忠実な選手です、ボールへの入り方を、視聴者はぜひ参考にしてほしい。細かく足を動かして打点に入り、スタンスを広くとって打つ。スタンスが狭... [続きを読む]
  • 今日は暑かった
  • インドアテニス最終日、なんだか動悸がするし頭痛までも。もしかして熱中症かな、と思い、こまめに水を飲みながら、窓際のベンチに座って休むようにする。特に体調が悪いわけでもなく、寝不足なわけでもなく、思い当たることと言えば、今朝がた気づいた落とし物。誕生日プレゼントのネックレスをどこかに落としたようだ。高価なものだし、人からもらったものだし、ひどく落ち込んだ。今日のPレッスンは... [続きを読む]
  • スタンフォード式最高の睡眠
  • 西野精治の本である、今年の3月に出たばかり。最近、眠くて仕方ない。朝、起きた時からすでに眠い(笑)。私には過密スケジュールすぎる日々。夕方には、もう目を開けていられなくなるので、大量のコーヒーを飲んで無理して起きている。だいたいみんな、就寝後10分以内に眠りに入るらしいが、私は10秒後である。布団に入った瞬間、その後の記憶が無い。でも、歳をとったせいか、1、2時間する... [続きを読む]
  • なんとなく
  • 「タケさん」って、名前で呼ばれれてびっくりした。負けちゃった、と、言われたので、「何回戦まで行ったんですか?」と聞いてみたら、なんと3回戦進出だって。「私は、まだ試合で一度も勝ったことがありません、2回も勝ったなんてすごいです」と答えたら、「そうか。そんな考え方もあるんですね、慰めてくれてありがとう」と言われた。いや、本当にすごいと思う。私はこれから先、テニスで一度でも勝つこと... [続きを読む]
  • 立杭焼きのお湯のみ
  • 近所のお店で、「立杭焼はありますか」と尋ねたら、出してきてくれたお湯のみ、1500円。高っ。「半額にしときますよ」やった。最近すっかり、大阪のおばちゃんになったのか、やたらと成立する値引き交渉。(笑)ついでに、ブタの蚊取り線香容器も。昭和のにおいがして、癒される、休日。今日のシングルス、あいかわらず、低くて短いスライスにてこずる。家人は、短いボールを、するすると前に... [続きを読む]
  • 三田焼きと丹波焼き
  • 私は陶器大好き人間で、兵庫陶芸美術館は、山のふもとにあってとても美しい建物です。窓から見える庭と山が美しい。最高の贅沢。こんな家が欲しい、とつぶやいたら、「掃除が大変だからやめときましょう」と。木をふんだんに使った内装も好き。私は丹波焼きが好きで、今度、お湯のみを買って帰りたいと思います。近々、山登りがてら再訪します☆ [続きを読む]
  • ルーティンを変えるということ
  • 長年続けた習慣を変えるのは、難しい。10年通ったテニス集団レッスン(ノア→柴島アウトドア→柴島インドア)をやめることになり、悶々とするところあり。家人は、「自分でもう答えは出ているでしょ、誰かにそれを確認してもらいたいんでしょ、そして、背中を押してもらいたいんでしょ」と言う。む。大きくなったもんだ。「長時間だらだら練習しても、うまくならないよ」「怪我をするリスクもあるよ(年... [続きを読む]
  • 今日のダブルスゲーム
  • 1ゲームごとにペアを変えて対戦するプラクティスでは、脳内で(勝手に)シングルスコートを想定して打つ。コートの大きさが体得できていず、ゲームを組み立てられない。私は全敗。ペア固定4ゲーム練習になった時点で、ダブルスコートに脳内をシフトする。アレーコートが加わると、攻撃の幅が広がり、アウトミスも減る。今日直面した課題は、昨日のレッスンで指摘された立ち位置の問題。私は、ベースライ... [続きを読む]
  • 5つの戦術
  • Pattonの著書の中に出てくる5つの戦術を紹介する。1.ボールをコートの中に入れる。2.相手の動きにプレッシャーをかける。3.相手の時間とスペースを奪う。4.相手のリズムを崩す。5.相手を力で圧倒する。この中の戦術を少なくとも二つマスターし、試合でいつもの戦術が機能しなくなったら、プランBに変更しろ、と説く。できれば、3つ持てたらいい。5つ持てれば、試合で負けることは無... [続きを読む]
  • 肘から先を冷やすことでパフォーマンスが上がる
  • 最近出たばかりの本、『スタンフォード式 最高の睡眠』の中に紹介されている。スタンフォードの学者たちが開発したひじから先を冷やす器具、実際に、ボクシング選手が「疲れが全然出ないので、トレーニングの効率が上がる」とコメントしたり、アメフトのチームで応用しているところもあるそうである。私はリストバンドをするので、その代わりに、アームカバーを水に浸して着用してみようかな。 [続きを読む]
  • 女子ダブルスの試合
  • SPレッスンの横で、連日、女子ダブルスの試合が行われている。今日は、ランキングが一つ上の試合で、「これまでとは何が違うと思う?」と、SPコーチ。「短いボールをわざと打って、相手を前に出し、それからロブを上げる戦術が多い」(=コートを立体的に使うようになっている)それから、ボレー&ボレーの展開になった時に、長いラリーが続く。私がダブルスのゲームクラスに在籍していた時、レッスン仲間た... [続きを読む]
  • スクール最後の日、そして今日のPレッスン
  • 来週からPレッスンが、水曜昼集中レッスンとなる。長期的にどうなるのかはわからないが、とりあえず現在在籍中のインドアテニススクールは中断する。Pコーチの都合に合わせてこちらのスケジュールを組むわけだが、日頃からお世話になっているし、コートは上質だし、クラブメンバーの方々は上手で親切な方ばかりなので、楽しみでもある。でも、スクールコーチ(=SPコーチ)が私を引き止めていれば、私は今... [続きを読む]
  • 『ベイビーステップ』44巻
  • 昨日買いました、ベイビーステップ最新刊。とても共感したのは、「壁ねえ…本当にそんなものあるのかね?単に弱気の産物かもしんねえぞ」(p.174)対戦相手のランキングを常に意識する人たちを見ていて、言いたかったのはこれ。自分が何をするか、は、相手とは関係ない。(相手の弱点を攻めて、相手の嫌がることをしなきゃいけない、っていうのはあっても)最後に格闘家たちと話をするところも、共... [続きを読む]
  • 戦術を組み立てる戦略、そのための技術
  • 勝つための戦術:相手の時間とスペースを奪う。そのために、ネットを取る、あるいは、立ち位置を一歩前にする。長いショットの後に短いショットを打つ、相手をわざと前に出して、パッシングとロブを打つ、様々な戦略。💦勝つためのもう一つの戦術:相手のリズムを崩す。スピンとスライスとフラットを混ぜる。あるいは、スピン量を3段階にかえる戦略。💦 私には無理... [続きを読む]