a man of mediocrity さん プロフィール

  •  
a man of mediocrityさん: 平凡に生きる幸せ。でも、時々ピリ辛のアクセント
ハンドル名a man of mediocrity さん
ブログタイトル平凡に生きる幸せ。でも、時々ピリ辛のアクセント
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/catch_25japan
サイト紹介文平凡な毎日が幸せ。でもそれを失って初めて気づく。だから毎日を大事にすごす。これが私の生きる道
自由文テニスを主としたブログを別に開設しています。
http://blogs.yahoo.co.jp/long_last_sharp_rally
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/02/18 10:01

a man of mediocrity さんのブログ記事

  • 腹が立つこと
  • 最近の腹立たしいこと首相が外遊中に共謀罪法 が閣議決定された。政府は今国会の会期中に法案を成立させる意向のようだが、こういう政府の動きに対しては、安保法の時と同様に、多くの法曹関係者や文化人などから、抗議と反対が沸き起こっている。しかも、この法案が施行されると、こういった講義やデモすらも処罰の対象になりかねないことになる。政府は表向きはテロを未然に防ぐための法というが、内実は、政府の歯向かう者を有 [続きを読む]
  • プレ金 関係ねえよ俺たちは 
  •  政府と財界の発案で、毎月最終金曜日は、仕事を午後3時の終わらせて職場を離れ、ショッピングやレジャーを楽しんで、消費拡大につなげ、景気を拡大するということだが、彼らの発想そのものが、何故、消費が拡大しないのかという本質から外れているから、まあ、この試みは、失敗することが目に見えている。まず、第一に、働く勤労者の可処分所得が減少している。給与はここ数年間、ほとんど増えていない一方で、消費税、健康保険 [続きを読む]
  • 疑獄事件だよ
  •  安倍デンデンさんの思想を幼児から刷り込みたいと、朝礼で教育勅語を幼児に唱和させている幼稚園が、今度はその刷り込みが消えないように、小学校を造って更なる偏向思想教育をしようとした。安倍デンデンさんと深い繋がりがあり、安倍デンデンさんに影響力を持つ日本会議の大阪支部長がその幼稚園の理事長である。その小学校の用地として、特別の便宜を図ってもらって、国有財産(国民の財産)を財務省からただ同然の金額で払い [続きを読む]
  • 公民館の有料化 
  •  今朝の東京新聞に、神奈川県の相模原市では、市の公民館の使用について、有料化が検討されているという記事が掲載されていた。最近は、なんでもかんでも、市の財政が苦しいから、公の施設の使用料を有料化したり、半民営化して、民間の業者に管理などを委託しする形で、利用者から使用料を徴収することが正当化されているように思える。民法などの受益者負担というらしいが、どうも私には納得できない。例えば、大きな音楽ホール [続きを読む]
  • 巧妙な言い換え
  •  フリージャーナリストからの情報開示請求に対して、「使用目的を終えたのでPKO日報は廃棄した」と嘘をついて、都合の悪いことは隠ぺいしようとしたが、与党の河野太郎衆議院議員の「不適切な対応」と指摘され、実は保管されていたことがわかり、開示した。しかし、開示された日報によれば、陸上自衛隊が活動する南スーダンの首都ジュバで「戦闘が生起した」と明記されていた。憲法でこうした戦闘行為に巻き込まれる恐れがある場 [続きを読む]
  • 門松
  •  正月3が日もあっという間に終わった。長男夫婦と長女夫婦が孫を連れて大晦日から我が家に来て賑やかな正月となった。雑煮を食べ、おせち料理を食べたりと一通り正月らしく過ごした。元旦には、腹ごなしに近くの寺院へ初詣に出かけた。その寺院は鎌倉時代から続く寺である。電車やバスでも行けるところであるが、付近はハイキングコースになってもいるところなので、歩いて行った。元旦は天気が好く、空気も澄み切っていたので、 [続きを読む]
  • 私的 今年の出来事
  • 今年も今日一日。2016年が暮れ、新しい年を迎える。新聞などは、今年の出来事をそれぞれの分野ごとに出して特集しているが、さて、我が家の出来事はどうだったか。あまり代わり映えがしない平凡な日常であった。昨年は妻が病気で2か月弱であったが入院したので、炊事や洗濯(妻の着替えの洗濯も)やることになった。今年は、そういうわけで、とにかく妻に依存しない食生活を考えなければならないと感じて、料理を自分で作ることを [続きを読む]
  • あほらしいパフォーマンス
  •  民主党のヒラリーが次期大統領に選ばれることを信じて疑わずにヒラリーに会いに行き、予期もしていなかったトランプが選ばれると、前後の見境も深慮遠望もなく、慌てふためいてトランプにおべっか詣でにでかけ、TPPにアメリカの参加なくして意味はないと言ったその数日後に「就任直後にTPPから脱退」とバカにされ、また、トランプ訪問で、当然のことながら、顔をつぶされた現職のオバマの不興をかったお詫びに、表向きは戦 [続きを読む]
  • 北方領土は、日本が実質的主権国家とならない限り帰ってこない
  • 北方領土返還交渉は何にも進展がないまま終了した。プーティン大統領と安倍首相は16回も会談して、その第一歩すら進めることができなかった。何故、ロシアは4島は無理としても2島ですら返還する気配さえうかがわせないのだろうか?巷では、安倍首相が故郷の山口の老舗旅館に案内し、赤絨毯の接待をすれば、ロシアが譲歩して日本の主権が及ぶ形で歯舞、色丹の2島だけでも返還に同意することを期待していたようだが、所詮無理であ [続きを読む]
  • 忘年会に因み、食の安全を考える
  •  テニスの仲間10数人で、近々忘年会をやろうという話になって、私が幹事役を仰せつかった。住んでいるところが、首都圏とはいえ地方都市と変わらないものだから、忘年会のような会食に適したレストランや料理店は数えるほどしかない。費用はアルコール代も含めて一人4000円を限度とすることにしている。歳はとっても、食欲も飲欲もテニス同様旺盛である。そんなわけで、やはり中華料理が良いだろう。品数も多く、ボリューム [続きを読む]
  • 空振り安倍外交による日本の毀損は甚大
  • 外遊のたびに 国民の血税をばら撒きながら、外交政策はことごとく失敗の安倍外交。外務省の対米追随していれば何もする必要も考える必要もないという無能と相まって、コスパ最低で、日本の富を毀損している。その上、アベノミクスが成功しているかのような幻想を抱かせるために、見せかけの好景気を演出するための手段としてGPIFをギャンブル化して、株価を上げ下げし、大損を抱え込んだ挙句に、年金制度 [続きを読む]
  • 何故TPPの審議のこだわるのか
  • アメリカの次期大統領にトランプ氏がなることに決まった。安倍首相はこの結果に狼狽し慌てふためいて、早速50数万円もするゴルフクラブを携えてトランプ氏へのご機嫌伺にニューヨークへ飛んで、おそらく土下座してTPP離脱を思いとどまるようお願いしたのだろう。ところがその4日後に、トランプ氏は、来年1月の大統領就任時にTPPから離脱すると明言した。安倍首相は無駄足を運んだ挙句、世間の心象の対象となった。トランプ氏 [続きを読む]
  • 原発被害は生きることを否定されること−でもぼくは生きる 
  • 先日インド首相が来日し、日本とNPT非加盟国インドとの間で原発輸出が合意された。被爆国であり、福島第一原発事故という大惨事発生国でありながら、NPT(核拡散防止)条約で核の全面廃絶を決議したにもかかわらず、核保有国アメリカ顔色を窺い、核保有国の参加がない中での決議には賛成できないと反対に回った。フランスでは、60基弱の原発のうち、圧力容器などの部品に使われている鍛造品の炭素濃度が高いことによる強度 [続きを読む]
  • 富士山 
  • 太平洋クラブマスターズ ゴルフ 松山英樹が total (−)23/par のコース新記録とともに、2位に7打もの差をつけて圧倒的な強さで優勝した。さすがに、アメリカで、名だたる強豪に混じってほぼ互角に闘え、現在世界ランキングも7位、既に風格を感じられる程の大物プレーヤーとなった。BS TBSで、その模様がライブで放映されたので、最終日の模様をみていた。今日の話題は、ゴルフのことではない。ゴルフコースが富士 [続きを読む]
  • 裏切られた選挙民は怒っている
  •   「強行採決発言」とそれを「冗談だった」といった農水大臣の山本有二について、今日の東京新聞のこちら特報部が報じている。衆議院本会議で野党の提出した辞任要求の投票は、多勢に無勢で、難なく否定された。それが分かっているから、農水大臣の椅子を自ら手放すなどという気はさらさらないようだ。その時には神妙な態度で沈黙をしていたそうだ。辞任要求案については、記名投票で行われたが、山本有二農水大臣自身は否定の札 [続きを読む]
  • トランプのアメリカはどこに向かうのだろう
  • アメリカ第45代大統領にドナルド トランプが選ばれた。誰もがヒラリー クリントンが選ばれると予想していたので、大方の人は、その予想が外れ、慌てふためき驚いている。しかし、驚かない人もいた。以前から、少数だが、トランプが大統領に当選すると予想していた。アメリカの大統領選挙は二つの党、共和党と民主党の候補者選びから始まり、夫々の党候補者として指名された2人が大統領候補として争うというのが、ア [続きを読む]
  • 今年のブラック企業大賞は 電通に決まり
  • 今年もあと2か月あまり。恒例の今年のブラック企業大賞は決まりだな。ダントツで「電通」が1位だ。それにしても、企業全体が「鬼10則」とかいう社是として、それを実践している企業は、時代錯誤も甚だしい。高橋まつりさんが自ら命を絶ったのは、個人的な資質の問題のある上司の異常性(サディスティックな性格=相手を精神的、肉体的に虐待し性的欲求を満足させる)から来たものか、あるいは、上司であることを利用して、何度 [続きを読む]
  • コンタクトレンズ
  • 8月にコンタクトレンズのストックが底をついたので、いつものコンタクト量販店でコンタクトレンズを購入した。地理的に少し離れたところの店なので、いつも左右3箱ずつ購入することにしている。眼科併設の店なので、必ず、眼科医の診察を受けてから、眼の異常なしを確認してから購入することにしている。今回もルーティーン通りにそれを行い、医師から眼の異常は指摘されなかったので、3箱ずつ購入したのだった。9月になって、 [続きを読む]
  • 山本農水大臣の第2の発言 実はTPP阻止が狙いか?
  •  山本農水相は、10月18日に開かれた衆議院議院運営委員会委員長の自民党衆議院議員の佐藤勉氏のパーティで、「野党が必ず強行採決するだろうと総理に質問するが、強行採決するかどうかはこの佐藤勉さんが決める。だから私は、はせ参じた」と発言したことについて、野党からの反発を受け、辞任要求されたが、それを免れていた。そして、更に、11月1日夜、山本有二農林水産相は、東京都内で開かれた自民党議員のパーティーで [続きを読む]
  • TPP法案 明日1日に強行採決されたら日本は終わる
  • 日本の姿形を根本から変え、今でも米国の属国的な屈辱に甘んじている日本が、更にISDSによって主権を喪失することになって、巨大資本に支配されている米国の餌食になる。そして日本は地理的にも、物理的にも地球上にあるが、実質的国家は消滅する。11月1日、明日、議論は十分尽くされたとして、政府自民党はTPP法案とその慣例法案の批准の強行採決をねらっている。安保法案の時もそうだったが、反対の声に対 [続きを読む]
  • 白内障の手術
  • 高額医療費補助納めている税金の額によってこの額は異なるが、一般的には、8万なにがしかを超えると超えた部分が国民健康保険から、戻ってくる仕組みになっている。この制度のあることは知っていた。しかし、8万なにがしが超えることが月単位になっていることを、うっかりして失念していた。今月25日に、日帰り入院で、白内障の手術を受けた。手術を受ける前は、眼にメスを入れること故不安な面もあったが、いまの医療技術は進 [続きを読む]
  • 反原発の根っこが日本中に広がっている
  • 16日に実施された新潟県知事選挙は、共産、自由、社民推薦の無所属候補で原発稼働に慎重派の米山隆一氏が、勝利した。まずは、原発に反対する私として、新潟県の人たちの賢明な選択に心から感謝し、米山氏への祝福を送りたいと思う。東電と、政府の原発稼働の進め方には、怒りと憤りを超えた形容しがたいものがある。選挙の当事者ではない他県の人間として、何としてでも米山氏の勝利を願っていた。現県知事の泉田裕彦氏が、告示直 [続きを読む]
  • 石原慎太郎は人格破綻モンスター
  •  http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/189920日刊現代の記事を参照してください。そもそも人間の口に入れる生鮮食料品を扱う築地市場を、有害化学物質がガス製造の副産物として生成される元東京ガスの工場跡地である豊洲に移転すること自体が問題であったが、それをあえて決めたことが、間違いのもとである。それにしても、石原新太郎の人間性に憤りを覚える。どうしようもない人格破綻者 老害モンスターとしか言い [続きを読む]
  • テニス、ゴルフとオリンピック
  • リオデジャネイロオリンピックが2週間後あまりに近づいてきた。このリオデジャネイロオリンピックでは、開会式寸前においても、さまざまな情報が飛び交っている。本当にオリンピック開催ができるのかさえ危ぶむ声がある。一つは、リオデジャネイロ市の予算不足で、ブラジル政府の出資もあるものの、メイン会場となる施設が、開会式当日までに完成しない恐れがあるとのルーマーがあること。当局や開催主体は声明を出して、そのよう [続きを読む]
  • 都知事選 利権分捕り合戦のため割れる 自民党候補
  •  ジャーナリストの鳥越俊太郎が野党4党の共闘で立候補した。これに伴い、前回、前々回 次点の票数を獲得した宇都宮健児元日弁連会長は立候補をとりやめた。東京都知事選の立候補者選びのドタバタをずっと観察していると、先日も書いたが、誰がどのような意図を以て立候補者を立てようとしているかが見えてくる。まず、前にも述べたが、外部から見ると、東京都の予算は、スウェーデン一国の予算に匹敵する莫大な額で、それを執行 [続きを読む]