shinkyudo さん プロフィール

  •  
shinkyudoさん: 大阪市天王寺区の鍼灸院「心休堂」
ハンドル名shinkyudo さん
ブログタイトル大阪市天王寺区の鍼灸院「心休堂」
ブログURLhttp://ameblo.jp/sinkyudo/
サイト紹介文逆子・肩こり・腰痛・坐骨神経痛はお任せください!大阪市天王寺区にある鍼灸院「心休堂」のブログです。
自由文大阪市天王寺区にある鍼灸院「心休堂」のブログです。当院では、痛みのある場所だけでなく、体全体を正常に戻す事をこだわりとして施術しております。逆子・腰痛・肩こり・ぎっくり腰・坐骨神経痛・五十肩などでお悩みの方はもちろん、その他体の不調を感じられる方や体質改善をお考えの方、健康な状態を維持したい方に役立つ記事を分かりやすく更新していければと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/02/20 13:34

shinkyudo さんのブログ記事

  • 春の冷え
  • 「三寒四温」って、この時期によく聞くのですが、もともとは、中国の東北部や朝鮮半島北部の冬の気候に由来する言葉なんですね。 日本の冬で、3日間寒い日が続いたあと、4日間暖かい日が続くということはほとんどないようです。 でも、今の時期は低気圧と高気圧が交互にやってくるので、周期的に寒くなったあと暖かくなることが多くなります。 だから、寒暖の変化がある春先に使われるよ [続きを読む]
  • ストレスを受けたら
  • 自律神経のバランスを崩す原因の一つに、ストレスがあります。交感神経だけでなく副交感神経とバランスよく働くことが体にとって大切です。しかし、ストレスを受けると、交感神経が活発になり、副交感神経の働きは悪くなります。もちろん、ストレスがない世の中というものは存在しません。みなさん、何かしらのストレスを受けているものです。だから、ストレスを受けるとできるだけリラックスさせてあげることが重要です。ストレス [続きを読む]
  • 寒暖差による乱れ
  • このところ寒い日が続いていますが、日によるっては日中と朝晩で、気温の変化が激しく感じることがありますね。寒暖の差が激しすぎると乱れやすくなるのが自律神経。自律神経は、常に無意識な状態で働いてるもので、血流の調節や体温の調節、筋肉や内臓の働きをコントロールしています。自律神経には二種類あります。一つは、活動的なときに働く交感神経。もう一つは、リラックスしているときに働く副交感神経。この交感神経と副交 [続きを読む]
  • 睡眠不足は脳に悪影響
  • 睡眠不足は、脳の働きに悪影響をおよぼすといわれています。極端に睡眠時間が短い人は、十分に睡眠時間を確保している人より、アルツハイマーの発症率が高くなるそうです。脳には海馬という部分があります。海馬は記憶に関係している場所ですが、睡眠時間が少ない子供は、海馬の体積が小さくなっているのです。十分に睡眠時間を確保しているほうが、記憶力がよいということです。そういえば、優秀な大学を受け全て合格した私の友人 [続きを読む]
  • 歳だから・・・
  • 40〜50代の方で、ものすごく肩が痛くなり、服を着たり脱いだりすることが辛くなることがあります。時には眠れないくらい肩が痛くなることもあります。そんな時、ああ五十肩だから歳だなぁと、がっかりされるかもしれません。でも、歳だから痛くなったとは限りません。30代でも肩が痛くなることがあります。四十肩、五十肩の原因は不明といわれていますが、デスクワークや運動不足、糖尿病や脂質異常症、甲状腺の病気がある方 [続きを読む]
  • 腰痛の8割は原因不明
  • 腰が痛くてお困りの方はたくさんおられると思います。腰痛になると原因を突き止めて、治したいですよね。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、圧迫骨折など明らかな異常があって、腰痛が起こっていることがあります。でも、原因がはっきりしている腰痛は2割ほどだといわれており、8割の腰痛は原因不明なんです。椎間板ヘルニアは痛くて危険なものと思われがちですが、ヘルニアがあるからといって必ずしも痛みを感じるとは限りません。 [続きを読む]
  • 老後の蓄え大丈夫ですか?
  • あれ?いつからここはお金のお話をするところになったの?と思われるかもしれませんね。老後の生活に、蓄えておかなければならないのは、なにもお金だけではありません。それが何かあなたはご存知ですか?蓄えておかなければならないのは、筋肉なんです。筋肉が減る影響は、年を重ねるごとに大きくなります。筋肉が少なければ高齢になるほど、ちょっとした事でよろけて転んだりして、寝たきりになる可能性が高くなります。また、筋 [続きを読む]
  • お灸生活しませんか?
  • 先週、心休堂は10歳の誕生日を迎えることができました。 この場所に決めて、内装業者さんと打ち合わせをした時に撮ったものです。 鍼灸は体験したことのない方にとって、とても勇気のいることだと思います。 また、鍼灸の経験があっても新しい場所は、いろいろと思うことがあるでしょう。 それでも、ここに来ると決めてくださり、心休堂の扉を開いてくださった方々のおかげで [続きを読む]
  • 冷えは体調不良のもと
  • 人は冷えると、体が緊張して硬くなり、代謝が悪くなります。 すると、体が重く感じたり、だるく感じたり、痛みを感じることもあります。 冷え対策はとてもシンプルで、体を温め冷やさないようにすることです。 対策は単純ですが、冷えを克服するには、日常生活の改善が必要です。 体を冷やさないような服装や、温かいものを摂取し、こまめに体を動かしてあげることが大切です。 [続きを読む]
  • 忘年会前に押さえたい尿酸値のお話
  • 1年って早いですよね。忘年会の話を聞くようになってきました。 忘年会といえば、お酒を飲む機会が増えるもの。 友人の中には痛風が・・・なんて話も出るようになってきました。 ビールはプリン体が多いから、プリン体を含まない発泡酒や焼酎にしよう! なんて思ってませんか? でも、アルコールそのものに尿酸の産生を増加させる働きがあります。 さら [続きを読む]
  • 筋肉をほぐしていい睡眠を
  • 「力抜いてね」 「えっ、力抜いてるつもりだけど・・・」 こんなことありませんか? そんな方は、今自分が緊張状態にあるということを、自覚していないかもしれません。 また、つい力が入ってしまうなんてことも聞くことがあります。 力が入っているということは、肉体的に緊張状態だったり、精神的に緊張したりしているのです。 緊張状態が続くと、良質 [続きを読む]
  • 足がつるのはなぜ?
  • 心休堂の牟田です。 足がつるのは、筋肉疲労や足の血流が悪かったり、電解質の異常だったり、お薬の影響など、原因はいろいろあります。 長い時間歩いたり、走ったり立ちっぱなしだったりすると、足の筋肉が疲れてしまい、足がつりやすくなります。 閉塞性動脈硬化症などの病気があれば、足の血流が低下します。 喫煙される方や高血圧、糖尿病などがある方に多いといわれていま [続きを読む]
  • 汗かき体質の改善法
  • 心休堂の牟田です。顔や頭にたくさん汗をかきやすいのは、糖尿病や甲状腺機能亢進症などの病気が関係していることがあります。もし、検査をしても特に異常がない場合は、精神性発汗が考えられます。暑い日であったり、緊張したり、興奮したりして汗をかくことは、生理的な発汗で誰にでもあり病気ではありません。緊張や興奮がおさまると自然と汗はひいていきます。しかし、発汗のメカニズムが悪くなると、多汗症となります。多汗症 [続きを読む]
  • うっかり摂っている糖質
  • 心休堂の牟田です。 暑さも徐々に和らぎ、秋だなぁと感じられるようになってきましたね。 秋といえば、読書の秋、スポーツの秋・・・でも、やっぱり食欲の秋が一番じゃないでしょうか。 最近はダイエットや生活習慣病の予防に糖質を控えるローカーボというのが注目されています。 ご飯などの主食類以外に、甘いものに糖質は含まれているのは想像できますよね。 糖質 [続きを読む]
  • 手の痛みが五十肩!?
  • 心休堂の牟田です。八月になりましたね。今年は「山の日」という祝日が増え、お盆休みの期間は長くなりましたか?心休堂は、お盆休みはなく通常通り診療いたします。さて、あなたはこんな症状がありませんか?手がなんとなく痛くて「腱鞘炎」かな?と思っていたら、ある日突然、肩に激痛を感じた。それ、もしかしたら「五十肩」かもしれません。もちろん診てみないとはっきり分かりません。もし、あなたがそのような症状を感じてお [続きを読む]
  • 肩こりの改善方法
  • 心休堂の牟田です。長い時間同じ姿勢をしていると、首や肩の筋肉の血流が悪くなり肩こりとなります。筋肉は、伸び縮みすると血液の循環がよくなります。仕事や家事、勉強で同じ姿勢をしなければならないとき、時々軽くストレッチをしてあげることで、血液の循環がよくなります。多くの方は痛くなってから、体操やストレッチをされますが、痛みを感じる前にするとより効果的です。心休堂では、施術後に肩こり対策の簡単なストレッチ [続きを読む]
  • ストレス解消でうつ予防
  • A「あれ?なんだか浮かない顔してるね」B「景気が悪くてローンの支払いがねぇ。お前はいいよな。悩みなさそうで」A「何言ってんだ。俺にも悩みくらいあるよ!!」B「じゃ、どんな悩みなんだ。話してみろよ」A「悩みがないのが悩みなんだよ・・・」心休堂の牟田です。悩んでなさそうでも、人にはそれぞれ悩みがあるものです。そして、ストレスのない世界も存在しないでしょう。だから、うつの根底となるストレスは、解消することが [続きを読む]
  • 首が痛いあなたへ
  • 心休堂の牟田です。首が痛くなると、つい強くもんだり、無理にストレッチしたり、ぐるぐる首をまわしたくなりますよね。でも、首が痛くなってからすると、さらに悪化させてしまう恐れがあります。首が痛くなったときに、ぜひ使っていただきたいツボをご紹介しますね。落枕(らくちん)・・・手の甲の人差し指と中指の付け根の間。グーをしたときに出っ張る骨と骨の間。指をツボにあて、痛気持ちいいくらいの強さで、10秒ほど10 [続きを読む]
  • イライラしてしまうのは
  • 心休堂の牟田です。イライラしても仕方がない。それは分かっているけど、どうしてもイライラしてしまう。そんな時ってありますよね。イライラの正体は、○○してほしいけど、してもらえない○○であるべきなのに、そうではないといった、自分が望むものと現状が違うことで感じるものです。イライラする物事の対象の多くは、環境や相手などの外側にあります。だから、自分ではなかなかコントロールできないものです。変えることがで [続きを読む]
  • 呼吸を整えてストレス解消
  • 心休堂の牟田です。受付横にある水槽に新しい仲間が加わりました。ヤマトヌマエビです。さて、鍼灸の施術中にいろいろお話をすることがあります。イライラしたり、不満が溜まっていたりして、ストレスを感じておられる方ついつい考えなくてもいいような事まで考えてしまう方過ぎてしまったことをいつまでも引きずってしまう方いろんな方がおられます。あなたもなんであんな事したんだろうなんでいつもこうなんだろ自分が嫌になるな [続きを読む]
  • 弱音を吐いて、心のデトックスを
  • 心休堂の牟田です。いろんな事がうまくいかないときって、ありますよね。そんな時、あなたはどうしてますか?問題が根深くなればなるほど、辛い気持ちをぐっと飲み込んでませんか?辛い気持ちになったとき、何事もなかったようにしようとしても、自然と涙があふれ、叫びたくなるものです。頑張ろうと思っても、頑張れないときは、心身ともに疲労がピークになっています。辛くて苦しいという感情は、休みましょう、という体からのメ [続きを読む]
  • ストレスから回復する力
  • 心休堂の牟田です。体調とストレスは何かと関係しています。でも、生きている限りストレスは、どんな人でもあるものです。ただ、人は誰でもストレスから回復する力を持っているのです。ストレスから回復する力は、人それぞれですが、鍛えることで心身症などを予防することができます。その方法とは、これさえすれば大丈夫といった、一つですべてを解決させるものではありません。ストレスから回復する力というのは、どんな性格か、 [続きを読む]
  • ぽっこり下腹部でお悩みの方へ
  • 心休堂の牟田です。昨年12月ごろから患者さんに「先生、痩せた?」とよく聞かれるようになり、最近でも久しぶりに来院された方に聞かれます。「15kgほど痩せました」と答えると、「自分で?」と聞かれます。「病気でもライ○ップでもありません」と伝えると「どうやって痩せたの?」と質問されます。「7月から一日一万歩歩くように心がけ、飲酒を控え、毎日体重計にのっただけです」と答えると、がっかりした表情に。なんだか [続きを読む]
  • イライラするときは
  • 心休堂の牟田です。人は誰でも、疲れたりストレスを感じたりすると、イライラするものです。でも、イライラは自分を守るための反応といえるのです。イライラは発散させたいエネルギーの塊なので、ため込むと大変なものになります。そのため、誰かイライラをぶつけるターゲットを無意識のうちに探しているのです。ターゲットになりやすいのは、イライラをぶつけても、反撃してこないような弱者に向けられやすくなります。イライラし [続きを読む]