土地家屋調査士 田中健吾 さん プロフィール

  •  
土地家屋調査士 田中健吾さん: 田中健吾測量登記事務所
ハンドル名土地家屋調査士 田中健吾 さん
ブログタイトル田中健吾測量登記事務所
ブログURLhttp://www.office-kt.jp/category/blog
サイト紹介文長野県諏訪市の測量、土地建物登記の専門家!
自由文測量・不動産登記の専門家です。土地境界のお悩み等相談、見積り無料どうぞご相談ください。主な業務範囲:長野県中南信、諏訪市,岡谷市,茅野市,下諏訪町
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 356日(平均0.2回/週) - 参加 2011/02/20 17:47

土地家屋調査士 田中健吾 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 朱線誤記につき改記って何?
  • 土地の登記記録の原因及び日付の欄で、今まで見たいことの文言を発見。「朱線誤記につき改記」って何?初めてみました。しかも登記日は平成28年6月30日と最近です。お恥ずかしながら、どんな意味か分かりませんが、想像するに土地区画整理した図面の境界線が間違っていたので、登記官が職権で修正した感じかなと思います。 [続きを読む]
  • 全方位カメラで作業効率アップ!?
  • 全方位(360°)写真 : 写真上で左ドラッグで動きます。写真右下の四角ボタンでフルスクリーン表示になります。上諏訪駅前の国道を測量しに行ってきました。車通りが激しいので、朝7時前から測量始めましたが、結局昼間と変わらない車通りでした。ただ寒かっただけ。ということはどうでもいいんですが、新年早々、360度の全方位が一回で撮れる面白いカメラを購入したので、早速使ってきました。久しぶりに買ってよかったと [続きを読む]
  • 平成28年11月から諏訪市で戸籍証明書がコンビニ交付
  • 諏訪市では来月11月から諏訪市に本籍を置く人なら、諏訪市外から戸籍証明書等が取得できる「本籍地証明書交付サービス」が始まるそうです。このサービスは諏訪市に本籍があり、東京都在住で住民票が東京都の人でも全国のコンビニから戸籍証明書である戸籍謄本や戸籍抄本が取得できるサービスみたいです。ある種このサービスは大変に便利で、通常は戸籍謄本を取得しようと思うと本籍地の市役所や役場に行くか、郵送で請求するしか [続きを読む]
  • 親番しかない土地を分筆しても地番を変えないこともできる!?
  • 諏訪地方で夕方、暴風警報が発令されました。夜になると築30年の自宅が揺れるくらいの風が吹いていました。これでだけ風が吹くことは諏訪では珍しいことです。さて本題です。親番しかない土地いわゆる枝番がない土地を分筆する場合、例えば100番という親番しか付されていない土地を2筆に分筆する場合に100番1と100番2のように枝番という100番のうしろに順に枝番という番号をつけていきます。どうしても100番という地番を変えたくな [続きを読む]
  • 境界標設置風景:刻印の上に金属プレート標
  • 宅地造成地完成のために各区画を分筆するために、分筆点の境界標を設置しに行きました。このような宅地分譲のケースは主に不動産業者様からの依頼がほとんどです。 不動産屋さんによって、各区画の境界標の種類の指示が違い、 刻印をいれてほしいと言われたり、金属プレートをいれてほしいと言われたりと様々で当事務所では柔軟に対応させていただいております。今回は、刻印をいれた上に金属プレートを設置している写真です。先ず [続きを読む]
  • 凍みた地面は石のよう
  • 現在2月、最近は日中でも0℃以下の寒い日が続いています。そうなれば地面が石のように固いです。寒冷地特有の「凍み(しみ)」です。暖かい時期の杭打ちであれば、写真のような地面にプラスチック杭を打つのは簡単ですが、諏訪の冬の地面は石です。杭をカケヤで打っても跳ね返され、プラスチック杭の先端が潰れるか自分の手が壊れるかのどちらかです。今回は、鉄杭では時間と労力がかかりすぎるので、バーナーと最近導入した掘削機 [続きを読む]
  • 境界立会準備
  • 境界立会をするには準備が大切そうです!申請地だけでなく隣接地の調査も必要らしい…隣り合う土地。道を挟んで向かいの土地。フムフムフム。。。まだ、新米で良くわかりせんが、奥が深いです。 [続きを読む]
  • 始めましてちはると申します。
  • 始めましてちはると申します。今年の10月から、不思議なご縁で事務所のお手伝いを始めることになりました。《測量》や《登記》といった言葉は知っていたけど、実際どんなお仕事をするのか…まったく未知の世界日々勉強で頑張ります!今後とも、どうぞよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 黄金色のじゅうたん
  • 茅野市豊平の現場に向かう途中。今日は土曜日で、平日のセカセカとは違いのんびりと現場ができる日。見渡す限り黄金色のじゅうたんの風景や稲刈りシーズンの独特の匂いすら、普段は気づかなかったりする。気持ちの余裕って大事なのかなと思い、現場へ向かう途中の道草でした。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …