まゆら さん プロフィール

  •  
まゆらさん: 釧路 社会保険労務士事務所ラコンテ まゆらブログ
ハンドル名まゆら さん
ブログタイトル釧路 社会保険労務士事務所ラコンテ まゆらブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mayura47/
サイト紹介文釧路で開業している女性社労士のブログです。
自由文釧路を中心に活動する女性社労士のブログです。愛犬シンバの写真も随時更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2011/02/21 09:37

まゆら さんのブログ記事

  • 改正労基法案「脱時間給」を連合が条件付きで容認へ☆
  • おはようございます社会保険労務士の松井まゆらです。安倍首相と連合の神津会長が会談し、「高度プロフェッショナル制度」(いわゆる脱時間給)を創設することで事実上合意したことがわかりました。政府は、労働者の健康確保の措置を強化するようにとの連合の要請を踏まえて労働基準法改正案を修正し、秋の臨時国会に提出します。これまで「残業代ゼロ法案」と強く批判してきた連合が修正を条件に制度創設を容認するため、改正案成 [続きを読む]
  • 中小企業の賃金上昇率が2年連続アップ☆
  • おはようございます社会保険労務士の松井まゆらです。最低賃金について議論する厚生労働省の中央最低賃金審議会で、中小・零細企業の賃金上昇率(今年6月1日時点)が1.3%(前年比0.2ポイント上昇)で、2年連続の上昇となったことが示されました。この賃金上昇率を参考にして、月内にも最低賃金の引上げ幅の目安が決定される見通しです。今日も応援1ぽちお願いします。  ↓↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 協会けんぽ 2016年度は4,987億円の黒字に☆
  • おはようございます社会保険労務士の松井まゆらです。全国健康保険協会(協会けんぽ)が2016年度の決算を発表し、保険料収入や国の補助金から医療費などを差し引いた収支が4,987億円のプラスとなり、7期連続の黒字となることがわかりました。日本年金機構による社会保険未加入対策の強化や賃金アップ等による保険料収入の増加が要因です。今日も応援1ぽちお願いします。  ↓↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今年度から新設です☆人事評価改善等助成金☆
  • おはようございます社会保険労務士の松井まゆらです。今年度(平成29年4月1日)から新設された雇用関係助成金の1つに「人事評価改善等助成金」があります。本助成金は、生産性向上に資する人事評価制度と賃金制度を整備することを通じて、生産性の向上、賃金アップおよび離職率の低下を図る事業主に対して助成されるものであり、人材不足を解消することを目的として創設されました。今話題の“働き方改革”の施策の1つだと言えます [続きを読む]
  • テニス 3年連続全国大会出場☆
  • こんばんわ社会保険労務士の松井まゆらです。今日は我が家で嬉しい出来事が  息子が3年連続でテニスの全道大会 団体戦で優勝学生生活最後の部活動のイベント部員皆で勝ち取った団体戦 優勝おめでとう2年前は熊本、一昨年は岐阜、そして今年は千葉の遠征 今日の釧路はかなり暑かったですが それ以上に暑い遠征地でのテニス今日も応援1ぽちお願いします。  ↓↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 厚生年金の年代別受給額が明らかに☆
  • おはようございます社会保険労務士の松井まゆらです。厚生労働省は、厚生年金の年齢層別の受給額を初めてまとめ、社会保障審議会の部会で公表しました。厚生年金の平均月額(基礎年金を含む)は、85歳〜89歳の17万959円が最も多く、65歳〜69歳では15万118円、60歳〜64歳では基礎年金がない人が多いため8万8,353円となりました。今日も応援1ぽちお願いします。  ↓↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 最低賃金引上げへ議論開始☆
  • おはようございます社会保険労務士の松井まゆらです。厚生労働省の中央最低賃金審議会において、2017年度の最低賃金額の引上げの議論が始まりました。政府が今年3月にまとめた「働き方改革実行計画」では、最低賃金の年3%程度の引上げとともに、全国平均で1,000円とする目標が明記されています。今月末に引上げ額の目安が決まり、10月をめどに改定となる予定です。今日も応援1ぽちお願いします。  ↓↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 女性の就業率が過去最高の66% 男女共同参画白書☆
  • おはようございます社会保険労務士の松井まゆらです。政府が平成29年版「男女共同参画白書」を閣議決定し、平成28年の女性就業率が66.0%で過去最高となったことがわかりました。一方、女性管理職の割合(13.0%)が諸外国に比べ低いことや、国のデータベースに登録されていない企業が約5割あるため取組みの把握ができていないといった問題も指摘されました。〔関連リンク〕 男女共同参画白書(内閣府) http://www.gender.go.j [続きを読む]
  • 中小企業の働き方改革支援で協議会設立へ 政府方針☆
  • おはようございます社会保険労務士の松井まゆらです。政府は、経営基盤の弱い中小企業の働き方改革を進めるため、労務管理の負担を軽減するための助言や人材の仲介、ITを活用した職場全体の効率化等を支援する方針を示しました。2018年度中に、経営者の代表や金融機関、社労士等が参加する協議会を全都道府県に新設します。協議会からの要望を踏まえてきめ細かな支援策を打ち出し、長時間労働や低賃金の解消を目指す考えです。今日 [続きを読む]
  • 「厚生年金加入逃れ」対策強化 国税庁から毎月納税情報取得☆
  • おはようございます社会保険労務士の松井まゆらです。厚生労働省と日本年金機構は、厚生年金の加入逃れの防止対策を強化する方針を明らかにしました。今秋をめどに、国税庁からの源泉徴収義務のある企業の情報提供の頻度を「毎月」に変更します(現在は年2回)。こまめに情報を得ることで迅速な指導と円滑な加入につなげるということです。また、新規事業許可申請の際に厚生年金への加入状況を確認する対象業種に「飲食」「理容」 [続きを読む]
  • 障害者の就職9.3万人 7年連続で過去最多更新☆
  • おはようございます社会保険労務士の松井まゆらです。厚生労働省は、全国のハローワークを通じて2016年度に就職した障害者の人数は93,229人(前年度比3.4%増)で、7年連続で過去最多を更新したと発表しました。就職人数の内訳は、身体障害26,940人(3.8%減)、知的障害20,342人(1.9%増)、精神障害41,367人(7.7%増)。同省は、障害者の就職者数の増加傾向は今後も続くと見ています。〔関連リンク〕 平成28年度 障害者の職 [続きを読む]
  • 障害者の法定雇用率 来春2.2%に引上げ☆
  • おはようございます。社会保険労務士の松井まゆらです。厚生労働省は、企業に義務付けている障害者の法定雇用率を、来年4月に現在の2.0%から2.2%に引き上げることを決めました。就労環境の整備状況を見つつ2020年度末までには、さらに2.3%に引き上げるということです。来年4月から法定雇用率の算定基礎に精神障害者が加わることによる措置です。義務付けの対象となる企業規模を、現在の従業員50人以上から、45.5人(短時間労 [続きを読む]
  • 「介護保険法改正案」が成立 現役並み所得者3割負担へ☆
  • おはようございます。社会保険労務士の松井まゆらです。現役世代並みの所得がある高齢者が介護保険サービスを利用する際の自己負担割合を引き上げる介護保険法などの改正法が、参議院本会議で可決、成立しました。2018年8月から一部の利用者の負担割合が2割から3割に引き上げられます。また、今回の改正に伴い40〜64歳の現役世代で収入が多い人の介護保険料負担も増すことになります。今日も応援1ぽち☆彡お願いします。  ↓ [続きを読む]
  • インターンを通じた採用活動認めず 有識者会議提言へ☆
  • おはようございます。社会保険労務士の松井まゆらです。文部科学省などの有識者会議が「企業の採用活動に直結するインターンは認めない」とする結論をまとめました。中小企業などが、取得したインターン生の情報を活用した採用の解禁を求めていましたが、採用活動の早期化に繋がり学業の妨げになると判断しました。また、1日限りなど就業体験を伴わないものは「セミナー」「企業見学会」など別の名称を使うことなども求めるという [続きを読む]
  • 厚生労働省が公表した「外国人の活用好事例集」の概要☆
  • おはようございます社会保険労務士の松井まゆらです。今日の話題は、厚生労働省が公表した「外国人の活用好事例集」の概要から厚生労働省は今年4月、外国人労働者の活用事例に関する実態把握の調査結果から、「外国人の活用好事例集〜外国人と上手く協働していくために〜」を公表しました。外国人を雇用している企業約50社を対象としたヒアリング調査をもとに有識者で構成された研究会で結果の分析を行い、好事例となる取組内容を [続きを読む]
  • 大企業における残業時間の公表義務付けへ☆
  • おはようございます社会保険労務士の松井まゆらです。厚生労働省は、従業員数301人以上の企業を対象に、月当たり平均残業時間の公表(年1回)を義務付ける方針を示しました。従わない企業に対しては罰則を設ける見通しです。仕組みの詳細については来年から労働政策審議会で議論されますが、労務管理の事務負担が増えるため経営側からの反発が予想されます。2020年を目途に実施する考えで、法改正が必要な場合は2019年の通常国会 [続きを読む]
  • 6月から見直しが実施される「産業医の役割」☆
  • おはようございます社会保険労務士の松井まゆらです。今日の話題は、6月から見直しが実施される「産業医の役割」から近年、メンタルヘルス対策や過重労働対策等、労働者の健康確保対策の重要性が増しているところですが、それに伴い「産業医」に求められる役割が変化し、ストレスチェックをはじめとして対応すべき業務も増加しています。このような状況の中、昨年12月に「産業医制度の在り方に関する検討会報告書」がまとめられ、 [続きを読む]
  • 年金受給開始年齢「70歳以降」の選択肢も☆
  • おはようございます。社会保険労務士の松井まゆらです。自民党のプロジェクトチームは、一億総活躍推進本部による政府への提言(5月予定)に、公的年金の受給開始を70歳以降にできる案を盛り込むことを明らかにしました。年金の受給開始は原則65歳で、60〜70歳の間で選択することができます。70歳以降も選択肢に加え、その分受給額が増える制度が想定されています。今日も応援1ぽち☆彡お願いします。  ↓↓にほんブログ村 [続きを読む]