ake さん プロフィール

  •  
akeさん: 京都で、着物暮し part2
ハンドル名ake さん
ブログタイトル京都で、着物暮し part2
ブログURLhttp://kimonokimono.blog17.fc2.com/
サイト紹介文京都在住43年、毎日更新ブログ。 着物生活の画像たっぷり、暮らし、本、映画、京の風景などを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供334回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2011/02/21 10:13

ake さんのブログ記事

  • 近江神宮 煎茶献茶式 絽色無地
  • 今月も来月も週末はフルにお出掛けの予定が入っています。しかも着物??でお出掛け先(^ ^)この前の日曜日は8年ぶり?近江神宮 小川流煎茶献茶式に参列させていただきます。JR経由で湖西線大津宮駅まで??タクシー??ねこさんをお誘いしました。お茶、お能、勉強会などご一緒できる気の置けない好き友です。梅雨どきの献茶式、ましてや山際の近江神宮は雨??は避けられず。葵祭下鴨神社の献茶式に正式に七世小川後楽を襲名され [続きを読む]
  • 読書ノートを更新しました。
  • 『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』  岡田麿里 著 幻冬舎本書は著者の作品とは関係なく、「不登校」であった一人の人間の記録として読みごたえのあるものである。 本書を読むことで「不登校」とは無縁だと思っていた人も、自分の人間関係が彼女の歩んだ道とほとんど変わらないエピソードを持っていた(いる)ことも知っていくのではないだろうか。それだけ、「不登校」は日常の中にあることを教えて [続きを読む]
  • 五花街の踊りの会 客席も華やか
  • 先週末の五花街の踊りの会「都の賑わい」の続きです。ロビーも観客席の周りも華やかに、お客さんとお供の芸妓 舞妓さん、そして女将さん先日NHk??ドキュメンタリーで拝見した富美◯の太田さんも、すぐお近くに(^ ^)お誘いくださった方は急用でお越しになれず??とてもいいお席で一人で観賞しました。各花街の流派、井上、若柳、花柳、藤間、尾上流、それぞれに選ばれた芸妓さんが芸を競う会。終了後、あらかじめ予約して置いた [続きを読む]
  • 澤田麻衣子 作品展 トーク in 銀座もとじ
  • この度、着物友だちの型絵染作家、澤田麻衣子さんの作品展が銀座もとじさんにて開催されました。関西 (ひぐさんは九州から!)から、いつもの着物友だちさんたちが応援に駆け付けられました。栗山の紅型 上布 まさのさんとはむちゃん九州から駆けつけたひぐさん、そしてお母さんのハハンさんと合流!麻衣子さんの作品、栗山工房の型絵染の上布などを身につけて??すばらしい応援団です。わたしは参加できませんでしたが、トーク [続きを読む]
  • 雨に紫陽花 雨にジャケット
  • 哲学の道の紫陽花もやっと雨に恵まれました。昨日の雨はレンコートが要るほどの雨量、でももう大昔に処分してしまい、持っていませんが、これが??大活躍しました。新婚で渡米した長女夫婦をミレニアム年に訪ねた際に買ったイッセイのとても軽い軽いジャケット。旅に嵩張らず、乾きが早く、軽いけど、けっこう暖も取れる、この万能繊維はなんなんでしょか?サマーウールセーターの上に羽織りました。またまた紺系のオール イッセ [続きを読む]
  • 涼しげな夏物の羽織
  • 今朝はかなり激しい雨??それでも用事があるので出掛けこと。出掛けに初咲きのクチナシを見つけて、嬉しくなってパシャ!今年は虫に食われて、数えるほどしか蕾をつけていないのです?今日は雨との予報でしたので、昨日夫の羽織を影干ししておきました。見るからに涼しそう。ランキングに参加しています。よろしくおねがいします。今日も していただけるとうれしいです。  [続きを読む]
  • 映画??20センチュリー ウーマン20に寄せて
  • 映画「20センチュリー ウーマン」はまさに70年代後半のアメリカ????女性学が盛んであり、一般女性にも影響力があった時代のある母と息子とその友人たちの物語でした。以下、少し長くなります。当時の女性学を背景にした性と女性の身体をテーマの映画が今時、制作されていたことに驚いた。ストーリーをチェックせずに見に行ったものだから。女性学=ウイメンズ スタディーの本の一節が画面に映し出されるではないか!その頃、日 [続きを読む]
  • 読書ノート更新 フィンランドの幼児教育など現地レポート
  • 共謀法が成立し、戦前の禍根の歴史を学ばない政治家とそれを選んだ国民の責任、問題山積の現政権は今後もまだ続くのかと思うと暗澹たる重いの朝です。こんな折りからタイムリーな本の紹介です。 こちら">こちらいつもタイムリーな本をご紹介くださている綾子さんですが、この度フィンランドに行って来られました。幼児教育、図書館事情など満載のレポートをご覧ください。わたしも興味深く拝読したことです。この梅雨休みを使って [続きを読む]
  • 絽目がうれしい季節の装い??
  • 季節の絽目が嬉しい。ウソつき替え袖は千鳥の柄入りでマイサイズの仕立てて貰ったネット注文品。草履は梅雨の季節ですね〜水玉わたしとしてはスッキリと着付けることができたかな?帯は京友禅作家に描いていただいたいお誂え。夏のお気に入りな一本(^^)ランキングに参加しています。よろしくおねがいします。今日も していただけるとうれしいです。  [続きを読む]
  • 和洋の茶系のコーデ、夏の葉っぱの帯二様。
  • 今回の勉強会は、よう話題が横にそれ弾みすぎて、テキストはあまり進まずでしたが、でも有意義だったとみなさんの声が声。ビクトリア朝時代のテキストなのに、今の日本、アメリカ、英国の政治の話になってしまうのでした。テキストは英国人の女性著者ですが、生殖の記述でダーウインのことにしっかり触れていて、改めてダーウインの凄さを知る。いつもながらもコスパよろしい河原町三条ムッシュいとうの木下ゼミ特製メニューが好評 [続きを読む]
  • わたしは蕗の葉っぱの麻の帯 夫のネクタイは蛍?
  • お江戸風?粋なコーデとなりました^ ^わたしって。こっち向きなのかしら?大島の格子柄に、麻のフキの葉っぱ帯は義母の遺した八寸ものに、芯を入れてかがってもらいました。半襟にレースを被せてます。隔月の夫との勉強会でした。蛍の季節、ネクタイはそれを見立ててるらしい??またに続きます。ランキングに参加しています。よろしくおねがいします。今日も していただけるとうれしいです。  [続きを読む]
  • 花戦さ シネマ歌舞伎 楽しみました。
  • 花戦さ??とシネマ歌舞伎 東海道膝栗毛  映画三昧猿之助さんが偶然ではありますが両映画に出演されていて、いつもながら上手い。花戦さはストーリーとしては権力者 天下人=秀吉 と茶道=利休の確執に対して、華道=専好は何が出来るか、できたかがテーマかな?萬斎さんのあのどうじゃ〜という表情がマンサイ(^ ^)映画??個人的には押さえた演技の利休の佐藤浩市さんがよかった。娯楽映画なので仕方がないと言えばそれまでです [続きを読む]
  • 6月になりました。全て夏仕様に替えました。
  • 水無月になりました。玄関の敷物を籐にかえたり着物の小物を夏仕様に、また長、半襦袢を完全に夏仕様に替えました。出るたびに汗になる着物ですが、夏着物が好き。たくさん襦袢を用意してカタモノ、タレものと使い分け、脱いだあと直ぐに洗濯機を回しております。もちろん半襟をつけたまま??半襦袢長襦袢本麻とローズカラーの夏仕様の二枚のみ。下は海島綿のお誂え裾除けを二枚、交互に使用。夏は何よりも洗えるものが一番!ラン [続きを読む]
  • ウチの庭に可愛い庭師さんが!
  • 5月も今日は晦日。真夏日まであった皐月、連休からもう単衣になった皐月てした。道行く人にもめでていただいているウチの真紅の蔓薔薇ももう終わりかけていて、いまは、ネコの額ガーデンは の山野草が花盛り。ユキノシタ昨年大原のお友達のところで作った苔玉に今年も咲いた 枝つきキキョウこれ、なんだった?ラズベリーの実鉢植えですが、ハッピーベリー、孫と育てているアサガオ今年は成り年先日、可愛い庭師さんが庭砂利を撒い [続きを読む]
  • 日本伝統工芸展 今度は高島屋 竺仙のよろけ縞 東京好み?コーデ
  • 日曜日でなくてもいい用事ですが朝一で街中へ。平日はいろいろご用があるから、日曜日は混んでいるのを承知で行ってきます。結髪がまたもっているので着物です。縞が着やすく思われた初心者の頃に買い求めた竺仙小紋よろけを、単に仕立てました。それで、今回は東京好みのコーデにしてみました(^ ^)ゑり善さんの八寸、頻度高い。帯揚げはきねやさん、爽やかなグリーンが単にちょうどいい素材。先の大丸の染織展でお出会いした両先 [続きを読む]
  • 日本伝統工芸染織展 型絵染 澤田麻衣子さん
  • 日本伝統工芸 染織展に行きました。澤田麻衣子さんがこの度、作家の登竜門である公募に入選され作家への道を歩みはじめられました。ちょうど会場におられた森口邦彦先生にご紹介して、せっかくですので、新人の麻衣子さんのためにご講評の機会を取っていただきました。お煎茶の杉本会でご一緒したり、フランス文化関係の活動でご一緒したり、旧知なんです。また、森口先生にあえてお願いして麻衣子さんの作品の前でツーショットも [続きを読む]
  • 3日間連続で着物 そのコーデ記録??
  • 先週末の3日間は着物三昧でした。3回とも季節の染め帯??コーデ覚書??コンサート. 夫婦で着物 ゑり善 紬 &銀杏塩瀬帯 ?源氏語り京ことば語りの会 & 奈良興福寺薪能 本塩澤 矢羽根塩瀬帯?? 葵祭 煎茶献茶式 七世後楽家元襲名 色無地 尾崎尚子 扇面葵帯元気にこうして着物でお出かけできるのは、あり [続きを読む]