ake さん プロフィール

  •  
akeさん: 京都で、着物暮し part2
ハンドル名ake さん
ブログタイトル京都で、着物暮し part2
ブログURLhttp://kimonokimono.blog17.fc2.com/
サイト紹介文京都在住43年、毎日更新ブログ。 着物生活の画像たっぷり、暮らし、本、映画、京の風景などを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供340回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2011/02/21 10:13

ake さんのブログ記事

  • 能 邯鄲を学ぶ
  • ひどい雨の日の中、能のカルチャー教室 味方玄先生へ7月1日の大津 能楽会館で公演 のある「邯鄲」を学びました。中国故事として知られる「邯鄲の夢」から来た能なのですが、まだ舞台を見る機会に恵まれずにいましたので公演が楽しみです。宿で女将から邯鄲の枕を供され、ご飯を炊く間 一炊の間に見た夢 =一睡の夢舞台の見所からは見えにくいだろうからと唐団扇と邯鄲男と名前まで付いている専用面を雨の中、わざわざお持ちくださ [続きを読む]
  • さくら色から黄色に
  • 疏水べりはいま山吹が満開となっております。名残のさくら色は八重桜??わが家のモッコウバラも道行くひとに愛でてもらっております。ランキングに参加しています。よろしくおねがいします。今日も していただけるとうれしいです。  [続きを読む]
  • ゼミの皆さんの着物??
  • ゼミ生を代表して、ねこさんが長年にわたるゼミへの熱い思いを込めた祝いスピーチをしてくださいました。大柄な花がお好きで、よく似合われています。爽やかなブルー(^^)先生もブルー????藤かしら?ハルさんはお祝いのお席??とのことで威儀を正して江戸小紋 鮫小紋。帯と帯周りも同色系に纏められてとても上品なコーデ。新品よりもお高く付いてますでしょうねえ。嫁入りタンスの帯の染め替え(^^)素敵でしょう!ランキングに [続きを読む]
  • 皆様に先生の誕生日を祝っていただきました。
  • 木下ゼミはもう5年半続いている。当日がちょうど先生の誕生日??にまたまたあたり、みなさんが一緒にお祝いしてくださいました。皆様とレストランにもお心遣いをいただき、先生、うれしいサプライズでした????いいメンバーで、いい会が続いております。英国ヴィクトリア朝時代に(日本では無名の)女性が書いた文献『女性の本質』を先生が発掘し、明治の擬古文調に先生が翻訳したものをわたしたちが輪読演習。とても難解な文章 [続きを読む]
  • 待たせていた白大島を着ました!
  • 昨日は一週間ぶりの着物でした。こんなに着なかったのは珍しいかも?待たせていたわがお宝白大島をきました。わたしにはとても手が出なかった素晴らしい白が、ある年に着物友さんから贈られました。お母様の新品の遺品(^^)洗い張りして送られてきました。着物縁に感謝して毎春纏わせていただいております。帯は博多織の西村織物 わがお印(^^)葡萄蔦葉!!袖丈がマイサイズではない三寸なので、既製品の薄桃(^^)長襦袢を併せました [続きを読む]
  • 澤田麻衣子さん 『日本伝統工芸染織展』公募展入選
  • 嬉しいお知らせです。昨年の銀座もとじさんと着物雑誌の公募展大賞受賞につづいて、権威ある公募展に入選されました。 昨年の受賞作こちらです。  澤田麻衣子Blog第51回日本伝統工芸染織展開催地 会期スケジュール東京 日本橋三越本展 5月10日〜15日岡山 岡山天満屋  5月17日〜22日京都 大丸京都店  5月24日〜29日福岡 岩田屋本展  6月7日〜12日ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー追記昨日、無事 [続きを読む]
  • 花散り?? 出番待ちの帯と帯留め
  • 花散り、ウチの庭はしばらくこの二種が楽しめます。道行くひとにも愛でてもらって^ ^昨年は茂り過ぎたので、今年は少し大人しい枝ぶり。そして出番を待つのは??枝丸風にしていただくことを京友禅作家津田瑞穂氏にお願いして描いて貰った好みのデザイン。この帯に併せてガラス工芸の方に帯留めを作ってもらいました。チューリップに蝶々????わがデザインオリジナル!出番はGWになるでしょうか?ランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 桜散り新緑の道
  • 主役が入れ替わった「哲学の道」新緑の道となります。ドウダンツツジもみじの赤ちゃん??ウチの桜主役交代、ハナミズキつかの間ですがラズベリーの真っ白の花が楽しめます。ランキングに参加しています。よろしくおねがいします。今日も していただけるとうれしいです。  [続きを読む]
  • 読書ノートを更新しました。
  • 懸命に過去の過ちを訴えても、あっという間に現実が作品を超えてしまう今の現状に恐ろしさを感じる。 引用わたしもタイムリー過ぎる本の紹介に驚いている。またもキナ臭い戦の理由と無差別攻撃!!  本はこちら ランキングに参加しています。どうぞよろしくおねがいします。今日も していただけるとうれしいです。   [続きを読む]
  • 今の世に御殿女中!
  • 森友に判官贔屓少し有り今の世に御殿女中有ったのかノンキャリは職務に耐えてご栄転政界は天然ボケが生き延びるお役人決まりも便利に解釈し政界は夫強気で妻も妻   深窓ランキングに参加しています。どうぞよろしくおねがいします。今日も していただけるとうれしいです。  [続きを読む]
  • 好物の京の筍 をいただきました。
  • ありがたくもこの時期に名産地から贈ってくださる方があります。ありがとうございます。今晩は筍三昧ですね。筍ご飯にステーキ 木の芽和えなどなど木の芽共に庭はいまから新緑の季節を迎えます。ハナミズキとモッコウバラの新緑^ ^ランキングに参加しています。よろしくおねがいします。今日も していただけるとうれしいです。  [続きを読む]
  • 能のある社中の会 名残の桜色の帯
  • シテ方 味方玄先生のお社中の会に参りました。素人さんの素謡 舞囃子 仕舞などの発表会ですが、お囃子方、地謡は一流の能楽師が揃われますのでお能好きには心地いい時を過ごさせていただけます。着くなり、お二階のお茶席へ美味しい蕨餅を頂戴しました。約3時間 お囃子の音が心地よく いい時間を過ごさせていただきました。素人さんの中に番組表にマークまでして感心した舞囃子とお仕舞いの方何人もいらっしゃる?? [続きを読む]
  • 文楽鑑賞 皆さんの装い
  • Tセンセは松王丸に因む松の柄の紬乙女さんはもう次の季節の花を先取りされて 藤の花の型絵染@澤田麻衣子 作みようがさんは花冷えゆえの羽織は 源氏香自作の袋そしてわたし??いつもご一緒に文楽鑑賞をありがとうございました。ランキングに参加しています。よろしくおねがいします。今日も していただけるとうれしいです。  [続きを読む]
  • 鴨川ファミリーの末っ子君 入学式 桜満開の鴨川
  • また雨になりました。花散らしの雨??昨日は鴨川の孫の入学式でした。幸いお天気は曇りながら雨には遭わずにすみました。ママに着物を着せるので、朝早くから鴨川マンションへ??例年よりも一週間遅く、ちょうど満開です。末っ子の入学式、少し華やかなコーデにしてあげよう??と任されたコーデと着付け。ここまでよう頑張ったパパとママ。ばあばは嫁入りのピンクの色無地の染め替え。地紋があの頃のものはいいですね。帯は思案 [続きを読む]
  • 素晴らしいお能 3番 清経 大原御幸 道成寺 を 堪能 外は雨の週末
  • きつい雨??岡崎公園楽しみにしていたお能 一日中観世会館です。桜色の傘とトンボ帯留めに型絵染め帯お能の覚書今回は二階席??最前列!これもいいかな?全体をみとうせる、特に道成寺などは。味方さんの大原御幸はお勉強もバッチリ??白洲正子さん、そして梅原猛さんのお能の本を読み、一度見たかった、聴きたかった清経。梅原さんに至ってははっきりと夫婦の性愛について触れられている。聴きたかったのは、清経 [続きを読む]
  • 読書ノートを更新しました。
  • 今回紹介されているのは、トランスジェンダーに関する本。副題「安富教授と困った仲間たち」。安富教授とは、1963年大阪生まれ。現在東京大学東洋文化研究所教授。現役の経済学者である。と書くだけでピンとこない人は多いかもしれないが、一昨年辺りから女性の恰好をしてテレビに出演している東大の教授と言えば、脳裏に顔を思い浮かべる人もいるのではないだろうか。(中略)本書のスタートは「親子問題」であったが、その問題は [続きを読む]
  • 孫娘の入学式 江戸小紋で参列して来ました。
  • 昨日は孫娘たちの入学式。三週間違いで生まれた二人。京都の孫は小中一貫校なので6年からもう中学校の校舎で学んでおりましたので、遠方の大阪の孫娘の方に??行って来ました??お式が午後なので行きやすかったこともあり??真ん中が京都の孫二人とも制服がステキ??難しくなるお年ごろですが、それぞれいい中学生時代を送ってほしいものです。こんなショットまで撮れてました??葡萄の江戸小紋 グレーと 薄紫のグラデ [続きを読む]
  • 夜桜の塩瀬帯 ヘタレてもわがお宝なり??
  • 青空^ ^今日は下鴨の夫の姉を誘って??花見をして来ました。姉に負担がかからないように近場がいいと、先日下見をしておいた近衛の糸桜。あとは御所西でランチ??夫が着物にするというのでわたしも急遽、着物にしました。桜桜??今年も出ました、義母の夜桜。久しぶりに帯枕に帯飾りを付けて見ましょ。着物師匠でもある真由美社長さんから教えてもらった香袋を帯枕に通して下げる。クラシックな紫の帯 ヘタレてますがわ [続きを読む]