やまひこ さん プロフィール

  •  
やまひこさん: 英彦山からの便り
ハンドル名やまひこ さん
ブログタイトル英彦山からの便り
ブログURLhttp://www.hikosan.sblo.jp/
サイト紹介文山伏の里英彦山の、暮らし・行事・四季を、写真、文、俳句で。 標高600mからの発信!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供405回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2011/02/21 21:00

やまひこ さんのブログ記事

  • 夏、北の大地へ
  •  7月22日(土)猛暑の九州を逃れて、今日から北海道へ行ってきます。とはいってもあちらも変わらぬ暑さかも、こればかりは行ってみないと分かりませんね。今回で3回目の北海道、そしてこれが最後になるかもしれない北海道行きです。厳粛に表彰式に臨み、あとは夏の北の大地を満喫してくるつもりです。・写真を すると、拡大されます。★ つれづれに一句  旅心 誘ふ夕焼け 空なりし   yamahiko    ・たびご [続きを読む]
  • 英彦山・7月の花、植物たち
  • 7月21日(金)月末にはまだ日にちを残しているのですが、明日から北海道行きなので、7月の花の覚書をまとめました。・写真を すると、拡大されます。    オオヤマレンゲ、クリンソウ(花後)、キノコ、ナンテン、キンシバイ、ユキノシタ。    バイカツツジ、ウチョウラン、キノコ、フガクスズムシソウ、マタタビ、マタタビ。    サワギク、クモキリソウ、ヤマアジサイ、ミズタビラコ、キノコ、キノコ。  [続きを読む]
  • 南岳コースへ巡視
  • 7月20日(木)・写真を すると、拡大されます。今日は南岳コース大雨被害の、その後の確認へ。少しでも早い時間から登った方が涼しいかなと、7時には出発する。夜中に降った雨の名残で、山中にたっぷり湿度を保っているような重苦しい暑さの中の登山はたちまち汗まみれになるが、木立に差し込む朝日は神々しく気持ちが紛れる。奉幣殿からの分岐には、注意喚起の立て看板が設置されていた。前回のコースをまた辿ること [続きを読む]
  • 北海道へ
  • 7月19日(水)今週末の22日(土)から、夏山遠征で北海道へ出かけます。北海道行きは、毎年この時期になると計画を立てかけては、うやむやになりもう諦めていたのです。九州からでは、あまりにも遠い北の大地。それが行けることになったのは、前段のお話があります。私は平成4年から環境省の自然公園指導員として活動をしており、その長年の功績が認められ本年度の環境大臣表彰を戴くことになり、授与式が北海道の釧路市で [続きを読む]
  • 雨・雨
  • 7月18日(火)・写真を すると、拡大されます。窓を打つ激しい雨音を聞きながら、これを書いています。そろそろアジサイも、色褪せてくる頃になった。と云うよりも、ゆっくりアジサイを楽しむ余裕などなかったような今年の梅雨でした。大雨、竜巻、決壊、冠水、避難指示・・・。今日は30分毎に、雨が降ったり止んだりの天候不安定。見上げると、黒い雲がこちらに向かってくる!安易に云いたくはないけども、やはりこれ [続きを読む]
  • 鹿威し(ししおどし)を新しく
  • 7月17日(月)・写真を すると、拡大されます。3連休最後の日、皆さんはどのように過ごされましたか?猛暑到来、英彦山の参道石畳も白く乾ききって余計に暑さがつのります。今日は財蔵坊の、鹿威し(ししおどし)を新しくする作業で汗をかきました。もともとは、農村地帯で田畑を荒らす鹿や猪、鳥を山水を引いた仕掛けの音でおどして追い払う農具でした。しかしその風流さが心地よいと、庭園などで見られるようになり [続きを読む]
  • 夕立の後は
  • 7月16日(日)・写真を すると、拡大されます。久し振りに、財蔵坊へ。どこも大きく開け放ち、梅雨時には溜まりがちだった湿り気を追い払い、さて夏に向けて綺麗サッパリさせないとね。この時期は草も茂るが、庭木の枝は伸び放題だ。木立を抜けてくる風は涼しく、それだけで避暑気分にさせてくれるものだが、それも限度があり少しだけ刈り込むことにしよう。いくら英彦山が街中に比べると涼しいといっても、日中の暑さは [続きを読む]
  • 夕涼み
  •  7月15日(土)・写真を すると、拡大されます。いきなり、暑くなりましたね。英彦山も日中は32℃まで上がり汗まみれの一日に、それでも日暮れ近くには気温が下がり始めこんな時は夕涼みが最高だ。コンクリートに囲まれた街中ではいつまでも余熱が籠り、こうはいかないだろう。山風の涼しさが、こうも有難いとは。★ つれづれに一句  端居して 一人に余る 風の来て   yamahiko     ・はしいして ひとり [続きを読む]
  • カウベルの響きが
  • 7月14日(金)・写真を すると、拡大されます。カラン・コロンと、好い響きのカウベルです。平成7年に行った一カ月のヒマラヤトレッキング、ネパールの草原に放牧されていたヤクには、必ずと云っていい程このカウベルが付けられ、牧歌的な音を響かせていた。適度に錆びた色も気に入り地元の土産屋で買い求め、いつしかそのままになっていた。夏山遠征で、北海道行きを予定しています。目指す山系はヒグマの生息地(!) [続きを読む]
  • 注意喚起、南コース巡視へ
  • 7月13日(木)先日の10日には、北岳から中岳、正面コースの大雨被害の巡視に行き、幸いな事にさほどの問題もないことを報告しました。http://hikosan.sblo.jp/article/180305431.htmlかなり荒れているという情報が入った、南岳コースの巡視に今日歩いてきました。いち早い情報提供、有り難うございました。ブログ「一人ですけど、なにか?」 http://na2co3bigtree412.blog.fc2.com/ブログ「路傍の石」 http://blog.goo.ne. [続きを読む]
  • 太陽に負けない色、コオニユリ
  • 7月12日(水)・写真を すると、拡大されます。太陽に負けない朱色、コオニユリが咲き始めた。でもこれは国道の横で、山中で咲くのはもう少し待たないといけませんね。季節は、どんどん巡っていきます。猛暑日、真夏日、と云う言葉が聞かれる頃になってきました。英彦山は街中に比べると、気温が低いので夏の涼しさは格別ですが、それでも最近の大気温の上昇からは逃れることはできず、それなりに(?)暑くなってきた [続きを読む]
  • 蜩の鳴く夕べ
  • 7月11日(火)・写真を すると、拡大されます。このところ雲が分厚いので、夕焼けを見ていないような気がします。それでも遠くから聞こえてくるヒグラシの声で、夕方を感じることが出来る。朝夕にヒグラシの鳴き声が、聞こえる頃になってきました。昼に鳴きしきるセミとは違って、カナカナ・・・と云うその声は、どこか軽やかでもの寂しげでもあり、雲の流れを見上げると涼し気でもある。英彦山の人達は、ヒグラシが鳴き [続きを読む]
  • 北岳〜中岳〜正面コース、大雨後の巡視へ
  •  7月10日(月)・写真を すると、拡大されます。色んな用事やら、いつ降り出すかもわからない天候を気にしていたら、いつまでも山に登れない。この度の大雨で登山道の状態が心配でならず、何もかも打っちゃって(!)、北岳から中岳、そして正面コースの巡視に行ってきました。ザックリ云うと、新たな崩落や土砂の流出もなくどうにか無事の状況でした。高住神社は境内の片付けも終わり、何事もなかったかのように(おそ [続きを読む]
  • せせらぐ音
  • 7月9日(日)・写真を すると、拡大されます。★ つれづれに一句  石くれに せせらぐ音を させて夏   yamahiko   ・いしくれに せせらぐおとを させてなつ山水の一瞬の煌めき、小気味よいせせらぎの音。まだまだあやしい空模様だけども、僅かに日が射しこむとき、あぁもうじき梅雨が明けるのかと思う。今年ほど、梅雨明が待たれることがあっただろうか。 [続きを読む]
  • 梅雨湿り
  • 7月8日(土)・写真を すると、拡大されます。山水の勢いは、少しづつ治まって来たようです。それでも今朝から雨は降ったり止んだりを繰り返し、止み間には急に日が射しこんだりと、空模様は安定していません。梅雨末期の英彦山は、山から里からこれ以上はないというほどの湿度になるものですが、今年はそれがひときわ強く、不快指数は極まりない日和です。朝方、財蔵坊へ行き少しでも風を通すつもりだったのですが、外 [続きを読む]
  • 止まない雨に
  • 7月7日(金)・写真を すると、拡大されます。こういう災害の後は、あまり動かない方が好いという事は分かっているのですが、今日ばかりはどうしてもと云う用事があったので、添田町の方へ下りました。大雨以来のことで、被災した地域を何か所か通りましたが、土砂などの瓦礫の片付けに追われている場面には気の毒でカメラを向ける気持ちにはなりません。彦山駅前の東峰村の分岐地点は、大方処理も済みつつあるようです [続きを読む]
  • 大雨特別警報は解除へ
  • 7月6日(木)本日2回目の更新です。この度の大雨で被災された方々へ、心よりお見舞い申し上げます。福岡県の大雨特別警報は解除され、とにかく何かしないといけないと思い、外を少し歩いてきましたが昨日は川のようになった我が家の前は水が引いて、今は落ち着いて来たようです。・写真を すると、拡大されます。車の行き来もなく静まり返っている、別所駐車場です。災害派遣チームの皆さん、心強いです、有り難うござい [続きを読む]
  • 朝を迎えました
  •        7月6日(木)おはようございます。どうにか無事に、朝を迎えることが出来た英彦山です。まだ周りの状況が分かりませんし、更に下流の被害も情報が入っていませんが、今日もまだ警報は解除されていませんので、落ち着いて行動したいと思います。これほどの豪雨になった、山中の状況が気がかりですが今は確認もできません。国道などはかなり寸断されているようで、こちらを張り付けておきます。・福岡県道路情報http [続きを読む]
  • 大雨特別警報
  • 7月5日(水)本日2回目の更新です。英彦山は、大雨が断続的に降り続いています。午後から滝のように急に降り始め、真裏の疎水があふれ家の中まで入りかけ、どうにか土嚢袋でそれを防いだりして、夕方を迎えました。大雨・大風などの厳しい気象には慣れている英彦山ですが、今回は特別な降りかたで落ち着かない時間を過ごしています。福岡県に大雨特別警報 最大級の警戒を 気象庁はきょう5日午後5時51分に「大雨特別警報」 [続きを読む]
  • 梅雨籠り
  •  7月5日(水)・写真を すると、拡大されます。これは家に籠ってやり過ごすしかないと思っていた台風3号は、足早に通り過ぎて行った。英彦山は日常の範囲内の雨と風で済んだし、どうにかホッとしています。皆さんも大丈夫でしたか?午後からは台風一過の様な日差しになり、外歩きへ。雨粒キラリンが嬉しい。それも一瞬の事で、たちまち雨の暗さになったので、又もや家に引き籠り状態です。台風一過とはならないようで、 [続きを読む]
  • 台風接近中
  • 7月4日(火)・写真を すると、拡大されます。やはり、このまま梅雨明けとはならないようです。台風3号が九州に接近中で、北部九州に上陸しそうだとか。台風接近を思わせる、恐ろし気な昨日の夕景です。★ つれづれに一句  荒梅雨の 兆しは雲の 流れにも   yamahiko    ・あらつゆの きざしはくもの ながれにも本日のおまけ。苔の中から、梅雨茸。 [続きを読む]
  • 北岳まで
  • 7月3日(月)・写真を すると、拡大されます。いきなり真夏日になったような昨日、それでも来週は叉雨模様になりそうだし台風も発生したということで、今の内に山に登ろう〜!あれこれの用事やらで、ここしばらくは山から離れていたのでね。北岳コースの望雲台は、久し振りだな。晴れてはいるが、やはり梅雨時らしく雲が次々に湧いて風が心地よい。空気が澄んでいるので、遠くまで見渡せる。香春岳と、平尾台の稜線が広 [続きを読む]
  • 英彦山・6月の花、植物たち(その2)
  • 7月2日(日)英彦山・6月の花、覚書きの続きです。・写真を すると、拡大されます。    ニガナ、ノイバラ、ウツボグサ、ルイヨウボタン、ヤシャビシャク、マルミノヤマゴボウ。    キノコ、コバナノフユイチゴ、モミジウリノキ、ジンバイソウ、ヒメジョオン、ネズミモチ。    カタバミ、マユミ、シロツメグサ、ウメモドキ、カタバミ、ニワゼキショウ。    ジキタリス、ウンゼンマンネングサ、ギンパイソ [続きを読む]
  • 英彦山・6月の花、植物たち(その1)
  • 7月1日(土)6月の英彦山の花・植物などの覚書きです。この記録をつくるようになり、今まで以上に小さな花にも目を止めることが多くなったのですがこうやって見ると、「雑草」と云われるものも充分に美しく個性的だと思います。数が多いので、2回に分けます。・写真を すると、拡大されます。    ホオ、ドウダンツツジ、セッコク、セッコク、キイチゴ、セッコク。    オオヤマレンゲ、ヤマアジサイ、フタリシズ [続きを読む]
  • ドクダミの花
  • 6月30日(金)・写真を すると、拡大されます。ドクダミの白い花が、庭や畑の隅に目立つ頃になってきました。この花は別名「十薬」とも云われ、この季節の季語にもなるほどのスーパー万能薬でもあり、暮らしに馴染み深いものです。体調が整う効能があるという事で、街でも「ドクダミ茶」として乾燥したものが売られているが英彦山では昔ながらにせっせと採って来ては、軒下に干して刻み保存したりしている。それを煮出 [続きを読む]