やまひこ さん プロフィール

  •  
やまひこさん: 英彦山からの便り
ハンドル名やまひこ さん
ブログタイトル英彦山からの便り
ブログURLhttp://www.hikosan.sblo.jp/
サイト紹介文山伏の里英彦山の、暮らし・行事・四季を、写真、文、俳句で。 標高600mからの発信!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供406回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2011/02/21 21:00

やまひこ さんのブログ記事

  • 北岳コース〜北西尾根へ
  • 4月26日(水)このところ中途半端に例えば朝の2時間程だったり、午後から半日だったりの用事が出来て、山に登れていない日が続いている。そのあたりは自分の気持ち次第だと割り切って、用事はうっちゃり(!)、午後からは雨が降るかもしれないという予報は無視して(!)、昨日は北岳コースを登りました。やはり、登って良かった〜。気になっていた花達も咲いていたし、初夏の陽気に汗をかきスッキリしました。・写真をクリ [続きを読む]
  • 朝倉市からの皆さん
  • 4月25日(火)昨日は、朝倉市からの団体さんのご案内でした。天気も良く青葉若葉も輝き、どこからかウグイスの鳴き声も聞こえてくるような、絶好の史跡巡り日和りでしたね。皆さん有り難うございました。これからも英彦山を宜しく!★ つれづれに一句  鶯の 高音高音に 日の匂ふ   yamahiko    ・うぐいすの たかねたかねに ひのにおう・写真を すると、拡大されます。花公園のツクシシャクナゲ、満開です [続きを読む]
  • 玉屋神社へ
  • 4月24日(月)半日コースの山歩き、南岳コースの玉屋神社へ行ってみました。久し振りでしたが、やはり変わらぬ静けさでここは英彦山の中でも特別な聖地だ。・写真を すると、拡大されます。智室谷を抜けて玉屋谷に至るこのコースは、ほとんど杉木立の中を歩くことになり、少しづつ高度をあげて、最後の登りが終わると玉屋神社に到着だ。初めての登山者は、突然広がるこの景色に驚くだろうし、思わず立ち止まり深呼吸した [続きを読む]
  • 風光る
  • 4月23日(日)もう麗らかと云うより他はないような、昨日の英彦山です。風薫る、風光るという季節の到来で、ワクワク感でいっぱいになりますよね。・写真を すると、拡大されます。朝からハイカーが多いなと思っていたら、JR九州ウォーキング大会の参加者の皆さんが参道を行き交っていた。うらうらと英彦山ウォーキングだ、こんにちは〜!絶好の天候の下、あぁ山に登りたくなってきた。★ つれづれに一句  笑み交 [続きを読む]
  • 春惜しむ
  • 4月22日(土)そろそろゴールデンウイークの、話題が聞かれる頃になってきました。天気は・・、どこかに行こうか・・・など、どちらにしても英彦山が賑わうシーズンだ。生気に満ちた、新緑を楽しんで欲しい。・写真を すると、拡大されます。昨日の、穏やかな夕景です。日暮れの時間がすっかり遅くなり、暑くなく寒くなくの快適なひと時だ。★ つれづれに一句  静かなる 暮れゆく空に 春惜しむ yamahiko     [続きを読む]
  • 英彦山桜スポット、総集編
  • 4月21日(金)参道もすっかり葉桜になり、つかの間の静けさに戻っているようです。桜の期間と云うのは本当に短く、桜の追っかけであれこれ、あたふたとした気忙しくも心楽しい日々でした。天候などの都合で、行けなかったところもありそれがチョット残念ですが。お馴染みのところもあれば、こんなスポットもあったのか〜!、と思っていただけたら有難く、カメラさんたちの参考になれば尚嬉しい。2017年春、桜スポットの覚 [続きを読む]
  • 山桜、遅桜へ
  • 4月20日(木)好天に誘われて、昨日は山へ入りました。山頂は目指さない、南岳コースの梵字岩までひと歩きという訳で、気になっている山桜スポットがあるのです。・写真を すると、拡大されます。梵字岩、ここを撮るのは日当たりの時間を考えないといけないが、いまだに上手くそれに合わせられた試しがなく、今回もチョット岩が暗いですが。直径約3mの月輪の中に左から、釈迦如来、大日如来、阿弥陀如来を表す梵字が彫 [続きを読む]
  • 嵐が去り
  • 4月19日(水)春の嵐が去った昨日、予想通り雲海がたなびく絶景になった。花見ヶ岩から、神々しいまでの英彦山の朝です。・写真を すると、拡大されます。そろそろ目覚める頃の、英彦山集落。薄く霧が立ち込め始めたと思ったら、たちまち上仏来山に流れて行く。銅鳥居付近を覗き込むと、次々に湧き上がって来て、かすかに国道が見え隠れしています。霧が霧を呼んでいるかのような、変幻自在。春の嵐が大気中のチリも何 [続きを読む]
  • 風と遊び、涌蓋山(1500Ⅿ)へ
  •  4月18日(火)もうこんなに、日にちが過ぎてしまった。涌蓋山山行レポ、登ったばかりの臨場感のあるうちにと思いながら、英彦山のあれこれを優先して、今日になりました。4月13日・コースタイム八丁原登山口(8:45)〜一目山(9:10)〜みそこぶし山(10:20)〜涌蓋山山頂(11:50)〜ピストン〜下山完了(14:22)・写真を すると、拡大されます。どこか広々としたコースはないかと考え、今回 [続きを読む]
  • 新人研修会のご案内
  • 4月17日(月)いきなり初夏の陽気になり、昨日はコジュケイの鳴き声も聞こえてきた英彦山です。コジュケイの姿は中々見ることはできないが、「チョットコイ!チョットコイ!」という甲高い声が梢から聞こえると、あぁもう夏が近いんだなと実感するものです。その爽やかな風の中、昨日は添田町観光ガイドボランティアの勉強会でした。松養さんと組んでの、案内役です。・写真を すると、拡大されます。   新人ガイド [続きを読む]
  • 桜の開花状況、有り難うございました
  • 4月16日(日)花見ヶ岩からの、桜の遠望です。上仏来山も英彦山集落もすっかり、山桜で埋め尽くされているようで、この景色を望む場所として「花見ヶ岩」と呼ばれるようになったとたと云います。日本人が古来から愛でてきた山桜こそ、英彦山にふさわしいと思う。・写真を すると、拡大されます。守静坊の枝垂れ桜は、先日来テレビ新聞で紹介されたこともあり、最後の花姿を見届けるかのように、沢山の人出になりました [続きを読む]
  • 桜の開花状況・龍門峡、深倉峡の山桜
  • 4月15日(土) 守静坊の枝垂れ桜に始まった英彦山の「桜の開花状況」も山桜のシーズンになり、そろそろ後半に差し掛かって来たようです。これ以上の好天はないと思われるような昨日は、龍門峡と深倉峡を廻ってきました。・写真を ると、拡大されます。水辺の山桜が輝く、龍門峡です。駐車場横の苔庭を覗いてみると、まったく別の桜の光景です。深倉峡へ行ってみよう。どこに眼をやっても、桜、桜で眩しいほど。奇岩との [続きを読む]
  • 涌蓋山へ、只今編集中〜。
  •   4月14日(金)朝から晴れ上がった昨日、こんな日はじっとしていられないものですね。どこか広々としたコースはないかと考え、涌蓋山(1500Ⅿ)へ登ってきました。爽やかで気持ち良かった〜〜。今時は便利なもので、どこにいても電話は通じテレビ局カメラマンからの問い合わせが掛かってきた。取材のお願いをしていた守静坊の枝垂れ桜の問い合わせで、「今日は九重に来ているんです、撮影宜しくお願いします〜!」、「は [続きを読む]
  • サクラの開花状況・銅鳥居周辺、日岳の一本桜、守静坊の枝垂れ桜
  • 4月13日(木)街の桜が散る頃に、英彦山が咲き始めるのはいつものことで、ようやく周辺も満開になって来たようです。2日間雨だったので、さっそくグルリと廻ってきました。・写真を すると、拡大されます。銅鳥居と参道付近。見頃になり、散策の人たちも多い。   日岳の一本桜も、満開。畑の奥に、杉林を背景にして。守静坊の枝垂れ桜。昨日の西日本新聞で、紹介されていましたね。これからは山桜が見ごろになって [続きを読む]
  • 本を頂きました
  • 4月12日(水)礼状と共に、一冊の本を頂きました。「開山一千三百年記念 那谷寺の歴史と白山・奉澄」・写真を すると、拡大されます。これにはちょっとしたいきさつがありまして、以前ブログの画像「彦山牛王宝印」の使用許可の問い合わせがあり、どうぞお使いください、と返事をしていた。そして本の刊行にあたり、協力の感謝の意として贈られてきたようです。石川県の那谷寺は白山信仰の寺で真言宗別格本山、養老元年 [続きを読む]
  • シャクナゲまつり
  • 4月11日(火)サクラが咲き、これから英彦山を彩る色々な花達。英彦山花暦の始まりで、今日はイベントのお知らせです。・英彦山花園シャクナゲまつり  4月15日(土)から  詳細はこちらをご覧ください http://soeda-kankou.com/sm/英彦山の山中に自生している、ツクシシャクナゲ。そう云えば去年は、何年ぶりかと思うほどに花を咲かせて登山者の間でも話題になったものでさて今年はどうなるだろうか。・写真を [続きを読む]
  • 祭り果て
  • 4月10日(月)このところ毎日のように通っている、守静坊の枝垂れ桜です。今年の桜は全国的に不運に見舞われたようで開花が遅れ、咲いたかと思えば雨続きになり、どうもタイミングが合わなかった。・写真を すると、拡大されます。ようやく、晴れの下で見上げる枝垂れ桜。   いつもとはチョット違う角度から見ても、枝ぶりの大きさと美しさが際立つ。そしてここは、椿の里でもあります。★ つれづれに一句  落ち椿 [続きを読む]
  • 桜の開花状況・守静坊の枝垂れ桜、神幸祭「お下り」
  •   4月9日(日)桜の開花状況専門サイトのようになりますが、検索も「英彦山の桜」で増えていますのでやはり季節の旬ということになりますね。昨日は英彦山神宮の神幸祭「お下り」でしたが、雨が降り続く一日になりました。・写真を すると、拡大されます。守静坊の枝垂れ桜。いよいよ色づきが増して、霧雨の中もうたくさんのカメラさんが入れ替わり立ち代わり来て見頃・撮り頃になってきました。★ つれづれに一句   [続きを読む]
  • 野峠口から犬ヶ岳へ
  •   4月7日(金)どうも今週後半からの天候があやしくなってきた、今のうちにどこかに出かけよう〜!というわけで4日は犬ヶ岳(1、131Ⅿ)へ登りました、今回は野峠口から。この山はシャクナゲや、ミツバツツジの頃が定番のようになっているが、まだ芽吹き前のこの時期も好いだろう。・写真を すると、拡大されます。我が家から野峠登山口までは僅かな距離なので、登山靴も掃き身支度をしたままで車に乗り込むという [続きを読む]
  • グルリと花巡り
  •  4月6日(木)週間天気予報を見ると、今週中の晴れマークが消えてしまった。雨が降り出すまでの今の内だと思って、山の花を巡ってきました。今年は何もかもの開花が遅くて、もうチョット待とうかなとも考えたがとにかく行ってみよう〜。・写真を すると、拡大されます。この時期の山内の花と云えば、ゲンカイツツジ。玉屋見口は、やはりまだまだでしたね、豊津の信ちゃんのブログでも教えてもらっていたけど一カ月前から [続きを読む]
  • 暮れ遅し
  • 4月5日(水)昨日の夕景です。このところ夕焼けらしい夕焼けがなかった、春霞なのかPMなのか天気の良い日でもトロンとパッとしない空だったから、久し振りにカメラを持ったまま暫く見惚れてしまった。・写真を すると、拡大されます。真っ赤に焼けた空ではないが、雲が面白かった。あぁ・・こんなことなら、花見ヶ岩へ行けばよかったかな。なそれでも家を一歩出るとこんな空が広がっている、山棲みは好いもんだと思う時 [続きを読む]
  • 日差し濃し
  • 4月4日(火)★ つれづれに一句  影を生む 日差しとなりて 春深む   yamahiko    ・かげをうむ ひざしとなりて はるふかむこのところ草刈りとか、鹿除けネットの修理など地味系の作業ばかりしていたので今日はちょっと出かけたいなぁ。じっとはしていられない、春の日差しですからね。今朝の西日本新聞に、参道のミツマタが掲載。 [続きを読む]
  • もうすぐ神幸祭
  • 4月3日(月)この時期を待ちかねたように、あちこちではイベントがめじろ押しのようですね。それは観光客の集客にも役立ち、大きな意味では地域起こしにも繋がっているとあって、智慧を凝らしたものや春ならではの参加型ものが多いが、その土地に受け継がれてきた古式ゆかしい神事・祭りのシーズン到来でもあります。英彦山神宮の、神幸祭が近づいてきました。田川地方の先駆けとなる春の祭りで、五穀豊穣、国家安泰を祈願するも [続きを読む]
  • 三椏(ミツマタ)の花
  •  4月2日(日)ようやく咲き始めた、参道のミツマタ。今年は寒さが戻る日が多く、そのおかげで例年より10日遅れかな・・・。といってもまだ7、8分咲きと言う感じで、これから日毎に見ごろになって来る。・写真を すると、拡大されます。来週の神幸祭には、ちょうどミツマタが花の盛りを迎えているかも・・。珍しく日差しがカンカン照りで、黄色が黄色に写ってない〜。撮影の時間帯を考えないといけませんね、チョット [続きを読む]