壱つ屋 染太郎 さん プロフィール

  •  
壱つ屋 染太郎さん: 手仕事工房  壱つ屋
ハンドル名壱つ屋 染太郎 さん
ブログタイトル手仕事工房 壱つ屋
ブログURLhttp://yaplog.jp/hitotuya/
サイト紹介文日本の自然から生まれた色やデザインを大切にしながら、染色と縫製を手がける工房のブログです。
自由文日本の自然から生まれた色やデザインを大切にしながら、染色と縫製を手がける工房です。いろんな作品の制作工程をはじめ、素材やデザインの話題はもちろんのこと、DIYで作る店舗や工房のことなど、さまざまな情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/02/22 16:41

壱つ屋 染太郎 さんのブログ記事

  • 赤麻(あかそ)
  • 秋の初めころに採取し、染料農園の片隅に植えた赤麻が、どうらや根付いたようです。秋の長雨、その日も土砂降りの雨なかを慌てて、まるで引き抜くように採取したものなので、無事に根付くかが心配でしたが、さすが“野生の生命力!!”――、今では元気に生長しています。その名のとおり、赤い染料と朝のような繊維がとれる植物です。今年は、このまま冬枯れを迎えると思うのですが、来春にはまた新たな芽を出し大きくなるでしょう。 [続きを読む]
  • 赤麻(あかそ)
  • 秋の初めころに採取し、染料農園の片隅に植えた赤麻が、どうらや根付いたようです。秋の長雨、その日も土砂降りの雨なかを慌てて、まるで引き抜くように採取したものなので、無事に根付くかが心配でしたが、さすが“野生の生命力!!”――、今では元気に生長しています。その名のとおり、赤い染料と朝のような繊維がとれる植物です。今年は、このまま冬枯れを迎えると思うのですが、来春にはまた新たな芽を出し大きくなるでしょう。 [続きを読む]
  • 綿の実(河内木綿)
  • 秋の長雨のせいで元気がなかった和綿(河内木綿)ですが、このところの晴天続きで、少しは元気を取り戻しつつあります。↓下を向いて実を付ける和綿。ただ心配事が…。というのも、たくさんの実を付け、まだ花を咲かせているのですが、このところ実がはじけません。綿の栽培一年目――。まだまだ分からないことばかりです  日曜日/10:00〜17:00火・金曜日/18:00〜21:00大阪市阿倍野区阿倍野筋5丁目3-12Tel / 050-7303-5790※お [続きを読む]
  • 綿の実(河内木綿)
  • 秋の長雨のせいで元気がなかった和綿(河内木綿)ですが、このところの晴天続きで、少しは元気を取り戻しつつあります。↓下を向いて実を付ける和綿。ただ心配事が…。というのも、たくさんの実を付け、まだ花を咲かせているのですが、このところ実がはじけません。綿の栽培一年目――。まだまだ分からないことばかりです  日曜日/10:00〜17:00火・金曜日/18:00〜21:00大阪市阿倍野区阿倍野筋5丁目3-12Tel / 050-7303-5790※お [続きを読む]
  • 角真綿作り
  • 市販のシルクの布は、きれいすぎる。なので、染めても“あじ”がない――。なんとも言えない品があって、しかも手作り感のある、僕が「いいなぁ〜」と思うものは高価だ!!ってな訳で、自分で作ることにします!!手順は、以下のとおりです。① 繭を入手する。② 繭を煮る。③ 似た繭で角真綿を作る。④ 角真綿から糸を紡ぐ。⑤ 紡いだ糸を染める。⑥ 染めた糸を織る。と、作業工程の想像はつくのですが、さすがに経験はありません…。 [続きを読む]
  • 角真綿作り
  • 市販のシルクの布は、きれいすぎる。なので、染めても“あじ”がない――。なんとも言えない品があって、しかも手作り感のある、僕が「いいなぁ〜」と思うものは高価だ!!ってな訳で、自分で作ることにします!!手順は、以下のとおりです。① 繭を入手する。② 繭を煮る。③ 似た繭で角真綿を作る。④ 角真綿から糸を紡ぐ。⑤ 紡いだ糸を染める。⑥ 染めた糸を織る。と、作業工程の想像はつくのですが、さすがに経験はありません…。 [続きを読む]
  • レモングラス染め
  • 生徒さんのタイシルク(ストール)のレモングラス染めにチャレンジし、とても美しい色を表現されました。レモングラスを煮出して染める技法ですので、作業中の工房(教室)は爽やかなレモンの香りに包まれます。そんなアロマ効果のなかでの作業は、とてもリラックスした雰囲気のなかで進めることができます。タイシルクの光沢ともあいまって、本当に美しい色に染め上がったストール。作業も色も楽しむことができます。ぜひ!! 体験 [続きを読む]
  • レモングラス染め
  • 生徒さんのタイシルク(ストール)のレモングラス染めにチャレンジし、とても美しい色を表現されました。レモングラスを煮出して染める技法ですので、作業中の工房(教室)は爽やかなレモンの香りに包まれます。そんなアロマ効果のなかでの作業は、とてもリラックスした雰囲気のなかで進めることができます。タイシルクの光沢ともあいまって、本当に美しい色に染め上がったストール。作業も色も楽しむことができます。ぜひ!! 体験 [続きを読む]
  • 伊東マンショ
  • 先日、大阪(関空)から飛行機に乗って雲海を越えて…この絵を見るために宮崎市にやってきました。この絵に描かれているのは、天正遣欧少年使節の一人「伊東マンショ」。わずか13歳で遣欧使節に選ばれ、2年半の月日をかけてヨーロッパへ赴き、スペイン国王フェリペ2世に歓待され、ローマ教皇グレゴリウス13世に謁見し、帰国後は京都び聚楽第(じゅらくだい)で、豊臣秀吉にも会った人物です。今までは この絵しかなかったのですが… [続きを読む]
  • 伊東マンショ
  • 先日、大阪(関空)から飛行機に乗って雲海を越えて…この絵を見るために宮崎市にやってきました。この絵に描かれているのは、天正遣欧少年使節の一人「伊東マンショ」。わずか13歳で遣欧使節に選ばれ、2年半の月日をかけてヨーロッパへ赴き、スペイン国王フェリペ2世に歓待され、ローマ教皇グレゴリウス13世に謁見し、帰国後は京都び聚楽第(じゅらくだい)で、豊臣秀吉にも会った人物です。今までは この絵しかなかったのですが… [続きを読む]
  • 日本茜(にほんあかね)の花
  • 染料植物ばかりを栽培している ひとつ屋の染料農園。藍(あい)をはじめ、刈安(かりやす)や黄金花(こがねばな)など、草木染の材料となる貴重な植物を育てているのですが、なかでも大切にしているのが「日本茜(にほんあかね)」です。ほんとッ!! 貴重なんですよ。今は、その日本茜の花が満開です。たくさんの種がとれれば、来年は栽培面積を増やそうと思っています。がんばれっ!! 日本の茜!! 日曜日/10:00〜17:00火・金曜日 [続きを読む]
  • 日本茜(にほんあかね)の花
  • 染料植物ばかりを栽培している ひとつ屋の染料農園。藍(あい)をはじめ、刈安(かりやす)や黄金花(こがねばな)など、草木染の材料となる貴重な植物を育てているのですが、なかでも大切にしているのが「日本茜(にほんあかね)」です。ほんとッ!! 貴重なんですよ。今は、その日本茜の花が満開です。たくさんの種がとれれば、来年は栽培面積を増やそうと思っています。がんばれっ!! 日本の茜!! 日曜日/10:00〜17:00火・金曜日 [続きを読む]
  • 藍の抜染Tシャツ
  • 先日のワークショップでは、藍でムラ染めにしたTシャツに抜染(型染)で模様を施す方法をレクチャーさせていただきました。とても簡単でありながら応用がきき、さらに奥の深い技法です。ご覧のとおり、とても素敵なオリジナルのTシャツを染めることができます。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。 日曜日/10:00〜17:00火・金曜日/18:00〜21:00大阪市阿倍野区阿倍野筋5丁目3-12Tel / 050-7303-5790※お問い合わ [続きを読む]
  • 藍の抜染Tシャツ
  • 先日のワークショップでは、藍でムラ染めにしたTシャツに抜染(型染)で模様を施す方法をレクチャーさせていただきました。とても簡単でありながら応用がきき、さらに奥の深い技法です。ご覧のとおり、とても素敵なオリジナルのTシャツを染めることができます。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。 日曜日/10:00〜17:00火・金曜日/18:00〜21:00大阪市阿倍野区阿倍野筋5丁目3-12Tel / 050-7303-5790※お問い合わ [続きを読む]
  • アカソ(赤麻)
  • しとしとを秋の長雨が続く先日のお彼岸、久しぶりに息子を連れて母の実家へ行き、お墓参りをしてきました。母の実家は岐阜県のとある山里――。周辺は染料植物の宝庫です!!今回の目的は、もちろん!! お墓参り!!のはずですが…、やはり染料植物が気になります――。で、今回どうしても採取して、僕の染料農園に植えたかったのがこの あかそ(赤麻) です!!文字どおり、赤麻(あかそ)は"赤い麻"で、木綿が日本に移入される前には、 [続きを読む]
  • アカソ(赤麻)
  • しとしとを秋の長雨が続く先日のお彼岸、久しぶりに息子を連れて母の実家へ行き、お墓参りをしてきました。母の実家は岐阜県のとある山里――。周辺は染料植物の宝庫です!!今回の目的は、もちろん!! お墓参り!!のはずですが…、やはり染料植物が気になります――。で、今回どうしても採取して、僕の染料農園に植えたかったのがこの あかそ(赤麻) です!!文字どおり、赤麻(あかそ)は"赤い麻"で、木綿が日本に移入される前には、 [続きを読む]
  • レモングラスの色と香りを楽しむ!!
  • 5月の連休に藍畑の片隅に植えおいたレモングラス。真夏の太陽のもと立派に生長したので、秋の気配が漂い始めたころに収穫して乾燥させて保存していました。先日、これを使って受講生さんがコットン&シルクのストールを染められました。葉や茎を煮出して染料を作るレモングラス染めは、その作業がとても楽しみ!! 工房のなかはレモンの香りいっぱいになり、アロマ効果に癒されます――。そして染め上がったいろも、なんとも素敵な [続きを読む]
  • レモングラスの色と香りを楽しむ!!
  • 5月の連休に藍畑の片隅に植えおいたレモングラス。真夏の太陽のもと立派に生長したので、秋の気配が漂い始めたころに収穫して乾燥させて保存していました。先日、これを使って受講生さんがコットン&シルクのストールを染められました。葉や茎を煮出して染料を作るレモングラス染めは、その作業がとても楽しみ!! 工房のなかはレモンの香りいっぱいになり、アロマ効果に癒されます――。そして染め上がったいろも、なんとも素敵な [続きを読む]
  • 藍の絞り染め――ランチョンマット
  • 6月のオープン以来、たくさんの方にワークショップへのご参加いただいています(本当に!! ありがとうございます!!)。そのなかでも最高齢で84歳の女性の作品 『藍の絞り染め――ランチョンマット』 です。「昔から縫うことは苦にならない」とおっしゃる作品は、絞り染めはもちろんのこと、すべては手縫いです。帯芯を入れてしっかりさせた分、作業は大変だったと思います。それゆえに、素朴な温かみと品(ひん)の両方をもつ作品で [続きを読む]
  • 藍の絞り染め――ランチョンマット
  • 6月のオープン以来、たくさんの方にワークショップへのご参加いただいています(本当に!! ありがとうございます!!)。そのなかでも最高齢で84歳の女性の作品 『藍の絞り染め――ランチョンマット』 です。「昔から縫うことは苦にならない」とおっしゃる作品は、絞り染めはもちろんのこと、すべては手縫いです。帯芯を入れてしっかりさせた分、作業は大変だったと思います。それゆえに、素朴な温かみと品(ひん)の両方をもつ作品で [続きを読む]
  • 9月の河内木綿(かわちもめん)
  • 5月の連休に蒔いた和綿(河内木綿)の種――。こんなにも小さかったのに、梅雨明けのころからグングンと大きくなり、今では人の背丈ほどもあります。まだまだたくさん綿が収穫できそうです―― 日曜日/10:00〜17:00火・金曜日/18:00〜21:00大阪市阿倍野区阿倍野筋5丁目3-12※土曜・祝日、その他の営業日はカレンダーをご覧ください。    [続きを読む]
  • 9月の河内木綿(かわちもめん)
  • 5月の連休に蒔いた和綿(河内木綿)の種――。こんなにも小さかったのに、梅雨明けのころからグングンと大きくなり、今では人の背丈ほどもあります。まだまだたくさん綿が収穫できそうです―― 日曜日/10:00〜17:00火・金曜日/18:00〜21:00大阪市阿倍野区阿倍野筋5丁目3-12※土曜・祝日、その他の営業日はカレンダーをご覧ください。    [続きを読む]
  • 食べてよし!! 染めてよしっ!!
  • 先日、畑の片隅にニンジンの種をまきました。染料植物ばかりを栽培しているので、めったに食べるものを栽培をしないのですが、このニンジンだけは別なんです。というのも、ニンジンの葉はとても美しい緑を染めることができます。↓ジンジン葉で染めたストールとマフラーまさに、食べてよし!! 染めてよし!! のニンジンなんです。たくさんの葉が収穫ができたましたら「ニンジン葉染め」のワークショップを開催する予定です。楽しみに [続きを読む]
  • 食べてよし!! 染めてよしっ!!
  • 先日、畑の片隅にニンジンの種をまきました。染料植物ばかりを栽培しているので、めったに食べるものを栽培をしないのですが、このニンジンだけは別なんです。というのも、ニンジンの葉はとても美しい緑を染めることができます。↓ジンジン葉で染めたストールとマフラーまさに、食べてよし!! 染めてよし!! のニンジンなんです。たくさんの葉が収穫ができたましたら「ニンジン葉染め」のワークショップを開催する予定です。楽しみに [続きを読む]
  • 縫い絞りのチュニック
  • ご自分で染めた布で洋服を作ってみたい…と、先日から染色を始められた生徒さんがあられます。洋裁は得意で、手縫いも苦ではないとおっしゃるので、まずは藍での縫い絞りをレクチャーさせていただきました。3時間のワークショップで、きれいに染めていただけたと、ひと安心した翌々日のこと…。もう素敵なチュニックに仕立てられ、ご来店くださいました。びっくりッ!! 本当に素敵な作品です!! これからもレクチャーさせていただく [続きを読む]