針箱 さん プロフィール

  •  
針箱さん: 着物のこと、和裁のこと、針箱の今日のこと。
ハンドル名針箱 さん
ブログタイトル着物のこと、和裁のこと、針箱の今日のこと。
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/halibako/
サイト紹介文着物のお仕立て、お直し、和裁用品のお店 『針箱』の、日々のできごとをご紹介しています。
自由文着物のお仕立て、お直し、和裁用品のお店 『針箱』です。
茅ヶ崎の和裁所のwebでのご紹介をしています。
ブログでは、日々のできごとや仕立てについてのメモを書いています。
お仕事については、HPをご覧ください。
http://halibako.jimdo.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/02/22 19:35

針箱 さんのブログ記事

  • 滅赤
  • ”紫の匂いを消す”とされる”滅紫”というお色があります。暗い灰みを掛けて鮮やかさを押さえたお色みとなっています。やはり灰みをかけた”滅”を使ったお色から、今日は”滅赤”を見てみましょう。滅赤(けしあか) 16進表記【#896361】RGB(137, 99, 97)出典:みなぎ赤の強さが和らいだような印象で、比較的使いやすいお色です。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧 [続きを読む]
  • 蓑亀や唐松などの小裂
  • 蓑亀や様々な文様を織り出した小裂を見てみましょう。PieceDate:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art Logo岩に樹木。梅のような花もありますが枝ぶりは異なりますね。唐松。菖蒲や杜若のような細く長い葉の植物。鈴虫。そろそろ季節ですね。蓑亀。亀の文様で、甲羅からふさふさした尻尾のようなものが付いていることがあります。まるで簑を被って炒るようなので、蓑亀と呼ばれています。淡水にいる [続きを読む]
  • 山吹鼠
  • くすみ掛かった山吹色、山吹鼠といいます。鼠とありますが、ベースが山吹色なので鮮やかさも含むお色みです。山吹鼠(やまぶきねず) 16進表記【#b19a00】RGB(177, 154, 0)出典:みなぎ*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 山吹色着物のよろず 針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業時間 10:00ー18:00定休日 [続きを読む]
  • 三つ葉葵紋の小裂
  • 葵紋を文様としている小裂を見てみましょう。PieceDate:18th?19th centuryCulture:Japan出典:みなぎ三つ葉葵の紋を花としたかのように、枝葉も織り出されています。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 葵紋着物のよろず 針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業時間 10:00ー18:00定休日  水 所在地  〒2 [続きを読む]
  • 麦藁色
  • 梅雨明けはもう少し先ですが、真夏のような陽気になりました。そろそろ外出には日傘や帽子があるといいですね。夏の帽子の代表といえば麦藁帽子。通気が良いので涼しく快適です。その麦藁の色、麦藁色を見てみましょう。わずかに赤みを含む淡黄色。優しげな印象です。麦藁色(むぎわらいろ) 16進表記【#e5db97】RGB(229, 219, 151)出典:みなぎ*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がござい [続きを読む]
  • 雷文繋に鳳凰
  • 雷文繋を背景に鳳凰文様を織り出した小裂を見てみましょう。PieceDate:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art Logo長く伸びた尾羽が、斜め上下と繋がっています。唐草文様のような印象になりますね。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 雷文と雷文繋着物のよろず 針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332− [続きを読む]
  • 楝色
  • 藤色を濃く、深みを加えたようなお色、練色(おうちいろ)です。青みの爽やかな紫色。楝色・棟色・樗色 (おうちいろ) 16進表記【#7a71a2】RGB(122, 113, 162)出典:みなぎ楝(おうち)は栴檀(センダン)の古名だそう。春の終わりから梅雨に入るころ、薄紫色の細長い花弁の花を咲かせます。W sendan2061 (via Wikimedia Commons)着物のよろず 針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業時間 10: [続きを読む]
  • 蝶の丸の小裂
  • 蝶が羽で丸を描いた文様を織り出した小裂を見てみましょう。蝶の丸、臥蝶丸、浮線蝶などと呼ばれる文様です。二頭が向かい合い、対となって円を描いたものは”向かい蝶”と呼ばれます。鳥にも同様の文様が見られますね。代表的なものに、鶴、尾長などがあります。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 臥蝶丸文様 鶴の文様 鳥丸、尾長鳥丸着物のよろず [続きを読む]
  • 海棠色
  • 赤みの強い鮮やかなピンク、海棠色を見てみましょう。ハナカイドウの花の色とされています。海棠色 (かいどういろ)   16進表記【#f9204d】RGB(249, 32, 77)出典:みなぎソメイヨシノの後に咲くとされるハナカイドウ。蕾のほうがさらに鮮やかな色をしています。画像提供:足成着物のよろず 針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業時間 10:00ー18:00定休日  水 所在地  〒253− [続きを読む]
  • 葡萄文様の小袖裂
  • 葡萄文様をあしらった夏の小袖裂を見てみましょう。Fragments of a Summer Kosode (Katabira) with GrapevinePeriod:Edo period (1615?1868)Date:late 17th?mid-18th centuryvia The Metropolitan Museum of Art Logo葡萄の実は金糸で描かれていますね。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 葡萄文様 - 実も葉も蔓も 葡萄文様の摺箔 葡萄と栗鼠着物の [続きを読む]
  • 光悦茶 
  • 赤みの落ち着いた茶色、光悦茶を見てみましょう。 色名は江戸時代初期の文化人 本阿弥光悦にちなんだもの。光悦茶 (こうえつちゃ) 16進表記【#773328】RGB(119, 51, 40)出典:みなぎTeabowlArtist:Hon'ami Kōetsu (Japanese, 1558?1637)Date:ca. 1600via The Metropolitan Museum of Art Logo二瓶和裁のweb shop   針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業時間 月   10:00−21:3 [続きを読む]
  • 龍、宝珠、雲珠文様の小裂
  • 龍、宝珠、雲珠文様を織りだした美しい小裂を見てみましょう。派手さはありませんが良い彩りです。PieceDate:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art Logo左に龍の姿。その目の前にあるのが宝珠です。雲は瑞雲とされる雲珠文様。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 雲珠文様の小裂着物のよろず 針箱お問い合わせ mail@hali [続きを読む]
  • 紫檀色
  • 唐木三大銘木。中国を経由して輸入された木材を唐木、希少価値の高いものを銘木といい、このうちよく知られる、黒檀、紫檀、鉄刀木を”唐木三大銘木”としています。黒檀は昨日ご紹介しましたので、本日は紫檀を色名とした紫檀色を見てみましょう。家具やお仏壇、楽器など幅広く使われている木材で、現在は”ローズウッド”とも呼ばれています。実際の木材には色に幅があるようですが、色名としているこの色は赤みの強い褐色となっ [続きを読む]
  • 黒檀
  • 家具や楽器などに使われる木材のひとつ、黒檀。エボニーという名でも知られています。幹が黒褐色で、その色を黒檀としています。やや赤み掛かった黒。黒檀 こくたん#250d00R:37 G:13 B:0H:21 S:100 B:15L*:4.83 a*:14.05 b*:7.61C:0% M:65% Y:100% K:85%出典:日本の伝統色 黒檀念珠(正倉院模造)画像提供:東京国立博物館 着物のよろず 針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業時間 10:00ー1 [続きを読む]
  • 雪輪文様の小裂
  • 雪輪文様を織り出した小裂を見てみましょう。 13jun2017 PieceDate:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art Logo雪輪の輪郭の内側に様々な文様が描かれています。匹田(鹿の子)と網目のような文様との組合せ。青海波や麻の葉も。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 雪輪(ゆきわ) - 冬にも夏にも - 雪輪と外雪輪着物の [続きを読む]
  • 藍生壁
  • 生壁色に藍を掛けたお色、藍生壁。黄みと青みを含む濃い鼠色のような印象です。藍生壁 (あいなまかべ) 16進表記【#454550】RGB(69, 69, 80)出典:みなぎ渋めではありますが、青みの爽やかさと黄みの柔らかさで、組合せの色を選ばず使いやすいお色です。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 生壁色着物のよろず 針箱お問い合わせ mail@halibako.org [続きを読む]
  • 小葵文様の小裂
  • 有職文様の一つ、小葵文様を織り出した小裂を見てみましょう。 銭葵(冬葵)の花と葉を表した文様です。11jun2017PieceDate:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art Logo中央に花、囲むように四方に葉があしらわれています。花の部分葉の部分*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 襷(たすき)と文様8 - 小葵文様  小葵文 [続きを読む]
  • 浅支子
  • 支子(くちなし)と紅花の配合の割合で作り出される支子色の派生色から、色みの薄いものを見てみましょう。かなり明るいお色です。僅かに赤み掛かったごく薄い黄色。浅支子・浅梔子 (うす・あさくちなし) 16進表記【#ebf3dc】RGB(235, 243, 220)出典:みなぎ支子色を並べてみました。これまでにご紹介してきた支子3色と比べると、かなり薄いお色みとなっています。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹 [続きを読む]
  • 雲珠文様の小裂
  • 仏具などにも用いられる、雲珠文様を織り出した小裂を見てみましょう。白地に金の文様ですっきりしています。 PieceDate:18th?19th centuryCulture:JapanMedium:Silkvia The Metropolitan Museum of Art Logo玉(珠)状の雲を表す雲珠文様。雲珠緞子と呼ばれる名物裂もあるようです。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 仕覆と名物裂着物のよろず 針箱 [続きを読む]
  • 納戸鼠
  • 御納戸色には様々な派生色があります。その一つの納戸鼠を見てみましょう。納戸色に暗い鼠色を掛けたお色です。納戸鼠 (なんどねず)  16進表記【#354d4b】RGB(53, 77, 75)出典:みなぎ比較的渋めのお色みが多いですね。中でも納戸鼠(右端下段)は明度の低いものとなっています。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 錆御納戸/納戸7色 御召御納戸 [続きを読む]
  • 鳳凰丸の小裂
  • 鳳凰の丸を織り出した小裂を見てみましょう。PieceDate:18th?19th centuryCulture:JapanMedium:Silkvia The Metropolitan Museum of Art Logo長い羽を使って、円を描いている鳳凰丸文様。色数が少なくすっきりした印象です。背景は七宝繋。繋ぎの部分に小さな丸がありますので、これは星七宝と呼ばれるもの。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。鳳凰丸と [続きを読む]
  • 丁子鼠
  • 丁字茶色を掛けた鼠色、丁字鼠といいます。丁子鼠 (ちょうじねず)  16進表記【#746d4e】RGB(116, 109, 78)出典:みなぎ渋めのお色ですので、男物の八掛などにも良さそうですね。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 丁子茶 丁字染/香染着物のよろず 針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業時間 10:0 [続きを読む]
  • 鶴亀のかんざし
  • 久しぶりに簪(かんざし)を見てみましょう。飾りが長く垂れ下がった、びらびら簪と呼ばれるタイプです。Hair OrnamentDate:late 19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art Logo飾部分には鶴や...亀松吉祥文様が施されています。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 筥迫、びらびら簪 硝子のかんざしと笄 平打簪着物のよろず 針箱 [続きを読む]
  • 信楽茶
  • 赤みの強い白茶、信楽茶といいます。信楽の焼物のの色とされています。優しい印象のお色みですね。 信楽茶 (しがらきちゃ)  16進表記【#c18772】RGB(193, 135, 114)出典:みなぎ信楽自然釉壺Shigaraki Jar (Tsubo)Period:Edo period (1615?1868)Date:17th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art Logo*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧く [続きを読む]
  • 雨龍と鳳凰の小裂
  • 雨の季節ですので、雨龍文様を施した小裂を見てみましょう。PieceDate:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art Logo対になった雨龍が円を描くように織り出されています。お色が地味ですが鳳凰の姿も。背景は市松文様になっています。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 雨龍着物のよろず 針箱お問い合わせ mail@halib [続きを読む]