ひろ さん プロフィール

  •  
ひろさん: 天理教よふぼくの集い
ハンドル名ひろ さん
ブログタイトル天理教よふぼくの集い
ブログURLhttp://silver.ap.teacup.com/moonlightneo/
サイト紹介文無い命を救けていただいた御礼の“ひのきしん”として、天理教の御教えなどを書かせていただいています。
自由文宇宙の法則(天の理)を元に、自分自身の体験談や、心の使い方、前生の“いんねん”などについてを書かせていただいています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2011/02/23 19:25

ひろ さんのブログ記事

  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\尋ねる事情/\/\の処、どうしてこうしてと思う。思う処まあ一寸ほんのざっとにして、何程大層する事は要らん。これがきっしよう、どういう事、こういう事思う。何も別段大層の事は要らん。元にひながた通り/\、変わった事は要らん。一寸前々祀り方どうもならん。社というさしづを以て、ひながた生涯定め、ひながた通りして諭してくれ。きっしようの事、これだけ一つ運ぶ。そこで尋ね、尋ね通り日々の処治まり一つ社 [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\尋ねる事情、身上に不足なるは、どういうものと思う処は、よう聞き分けにゃならん。一名々々に皆違うでな。この理を諭し置こう。めん/\にも人に諭して居るやろう。聞いて居るやろう。めん/\も身上に不足なる処は、悟らにゃならん。内々の処よう思やんせよ。蒔いたる種は一度は皆生えるものである。前生いんねんこの理を聞き分けにゃならん。前生の理を見て、身上あって楽しみ。身上無うては楽しみ無いである。十分の [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\事情々々に尋ねる。又々事情に尋ねる。どういう事であろ。又々どういう事である。心大丈夫定め。同じ中にめん/\内々事情思う事情である。よう事情聞き分け。事情速やか発散。内々家内何たる事情、どういう事情である。一人遠く事情、どういう事情である。日々の処なれど、事情先長く事情、道一つ一時の処何たる処思う処案じる。事情無くしてめん/\長く事情に思え。よう聞き分けにゃならん。これだけ早く事情、これだ [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\尋ねる事情、身上に一つの事情尋ねる処二度三度、これまでの事情どういう事、心で思う。大抵順々聞き道を通る処、一時身上に迫る処、聞き分けてくれ。人間という、生まれ更わり出更わり、日々暮らす中、通る中、不自由は無し。身上に不自由なるはいんねん一つという。いんねんというは、皆世界通るであろ。聞いてるであろう。皆世上を見て通れば、いんねんのさんげも出けるであろう。どうなろうこうなろうと思う。一時ど [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\事情以て事情尋ね出る。身の処という、事情よく聞き取りてくれるよう。身上不足なりて、どうもならんと思う。身の内不自由どういうものであろうと思う。何も難儀さそう不自由さそと思う親があるか。救けにゃならん救からにゃならん。なれど、めん/\長らえて事情運び、一つの理も運び、一つの道も通りたるなれど、身に不足がどうであろう。よく聞き取れ。事情は世界という。身上に不足あれば、たんのう出けやせん。なれ [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\第一身上の事情尋ねる。長らえてどうも一時身上不足なりて一時という。大抵話の理も聞かしてある。身の処どういうものと思う。長らえて信心すれども、身の処どういうものと思う。思うは一つの理であろう。よう聞き分け。親が子供憎い親はあろうまい。救からんやならんが一つの理や。それに身上ならんというは、よう聞き分け。めん/\の身上程大事なものあろまい。大事の身上不足なるは、いんねん一つの理。いんねんの理 [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『よう事情聞き分け。安楽の理は通るであろう/\。安楽の理を、よう聞き分け。安楽の道は、安楽やないで。この上生まれ更わりの道は無きようにせねばならん。どんな事も、難儀さすような道は運ばさせんで/\。運ぼと思ても運ばさせんで。確かに心を治めるよう。』(M23.09.21)? [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\尋ねる事情/\、余儀無くの事情通るなれども、どんな事こんな事という。いんねんという/\理を鮮やかという、一つという、これを遁れようという。これはどうなろうと思う。これは内に掛からんようと、一つ思う。又身上に掛かるという。よう聞き分け。この理を諭す。難しいと思えど、さしづ通りの理が見えるかと思うて、これ心に一つ治め。いんねんというは、大難小難とする/\。これが結構と思う。成るだけ一つ大層な [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\身上に心得んという事情を尋ねる。よく聞き取れ。どういう事が間違うて身の処不足なると思う処、皆同んなじ神の子供、その内に段々ある。心得んと言えば、だん/\心に事情を沸かす。ほんの些かの事情を心に沸かさんよう。事情は世界という。めん/\心にたんのう一つの理を治めば、身は速やかという。身上案ぜる事は要らん。前生いんねん真実をたんのうという。』(M23/09/04) [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\尋ねる事情、一段一つの理を書き取って諭してくれるよう。いんねんと言うた訳では分かり難ない。理をしいかり聞き分け。思うよう成るもいんねん成らんもいんねん。皆んなだん/\いんねん知らず/\越せば、どんないんねんが持って出るやら分からん。どねしても成らんがいんねん。金銀力で行けば、世上に一つの理もあるまい。金銀力で行かんがいんねんという。これを聞き取って、一つのいんねんとは、世界見れば知らず/ [続きを読む]
  • 今日、奇跡がおきました!!(*^o^*)
  • 今日、約一か月ぶりに母の入院している病院におたすけに行かせていただくことが、できました。(*^o^*)ほんとに信じられないくらいの快復で、普通に車を運転して一人で行かせていただくことができました。(^o^)結局、よろづに救急車で運ばれたときに、ちゃんと治療をしてもらえていたら、たぶんここまでひどくならなかったようにの思うのですが、3つ病院にかかりましたが、どこも異常がないからと入院も出来ませんでしたが、3つ目 [続きを読む]
  • 今日(もう昨日だけど)天理よろづ病院に救急車で緊急搬送されました。(´・_・`)
  • 1月の後半から、ほとんど毎日母のおたすけに行かせていただいていたが、家では一人きりなので、ずいぶん無理をしながらでも精一杯がんばらせて病院に通わせていただいていました。ところが、この前の日曜日くらいから急にしんどくなって熱も38度くらいまででていました。何も食べられずに寝ていたのですが、あんまりしんどいのでお医者さんに往診に来てもらい注射を打ってもらい薬もいただいて様子をみていました。今日(もう昨日 [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\是非一つの事情尋ねる/\。一つの事情身の処/\、長らえて/\身上不自由なる処事情、神一条の道、一つの心に治め。一時の処、又々、どうでもいかなる理も聞き分け。聞いて理は無いという心を持たず、事情はいんねん/\遁れるよう。たゞいんねん分からん。いんねん遁れるよう。日々という、いんねんの事情、世上の理を見て心にたんのう。不足あってたんのうは、どうしてもならんというのがいんねん。一時ではない。成 [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\尋ねる処/\、心鎮めてしっかり聞き分けてくれ。生涯のさしづ一度にして置こう。神一条の道、身の内かしもの道具、心通りに身はどうでも出ける。身の処道具誠と心定めば、誠は弱いものである。なれども、長い堅いものや。誠は天の理や。それ神が直ぐ受け取る。誠と真を定めて通れば、世界から見る。成程の人や、成程の内やと言う。世上に理を出ける。自由自在や。それ身の処も自由自在や。道具誠一つの道も第一や。又々 [続きを読む]
  • 最近一人ぼっちになっちゃってます。(⌒-⌒; )
  • 先月の24日ころ母が体調不良で入院しました。現在は、神様のおかげでずいぶん元気になって来ています。(*^^*)母が入院してしばらくしてから、ミィちゃんが家に帰って来なくなってしまいました。何があったのか?こういうことは初めてなので、ずいぶん心配しています。(・_・;現在、地球規模でも大きな変動が起きていますが、その軸(惑星の位置)に関わっている人間にも大きな変動があるようなので、まだ大難を小難にしていただいて [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\事情々々心得ん、どういう事である。又小人軽き事情という。一時余儀無き尋ね、又一つどういう事であろ。余儀無き幾度幾度尋ね身上の事情あれば、何でも事情有れども、身に事情無い。聞き分け。聞き分けにゃ分かろまい。一寸気休め、こうして居ればよい。前々より諭したる処もある。その日々心身の処、一寸の処どうなろ。内々小人一つ軽き、どういうものであろ。内々これで十分、日々治めて居る。日々変わる/\、順々理 [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\幾度尋ねる。だん/\の事情、身上一つの理を案じる。案じる事は要らんという。案じる。これ案じはせん中に、案じる/\理であろう。一日の日はどれだけ案じても、一日の日は経つもの、どんな日も一日経つもの。案じはせん、身の不足案じはせん。一日の日というは、どんなにも経つ。越さにゃならん。身上不足あれば一日の日、どうでもこうでも案じる。一日より月々、月々と言えば生涯、案じはせん、言やせん。案じる身上 [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『一つの事情から又一つ余儀無き事情、事情聞き取ってどういう事情を諭すなら、よう聞き取って事情は一つの日あって何とも無くして事情思い、何とも無くして何が間違うてどういう事であろう。どういう事も諭し置く。よう聞き取って一年より二年、二年より三年、だん/\年限経てば年限の道はあれば一つの身に掛かる、一つの理である。世上どういう理もある、事情もある。一寸世上の理に持たねばならぬ。一寸の事はこれだけ/\通し [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\何かの事情、尋ねる処、遠くの所、心の理がある/\。先ず一寸どういう処に身に障る。さあ/\事情何かの尋ねるから理を諭そ。内々一つの事情、互い互い一つだん/\他の所、遠くの所、それから/\大層一つの理を通れば鮮やか。一つの理があれば、だん/\多くの理が分かり来れば、たすけ一条の事情運ぶは生涯の理、遠く実に運ぶなら、一度は千度に向く。事情一つ治めあるなら身も治まる。心次第々々々。さあ/\尋ね事 [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\幾重尋ねる事情、小人一時事情、未だ/\日々の事情運ぶ、日々尽す、何でなあと思う処、日々案じ、見る聞く案じる、日々に事情、一寸事情、暫く案じ案じるばかり、案じの理であろう。よく聞き、案じばかりどうもならん。案じの理を見る。皆事情よう聞いて置け。難儀さそうであろうまい、不自由さそうであろうまい。聞き分けてみよ。親が難儀不自由さそう親はあろうまい。聞き分けてくれ。長らえて理で、案じの理が速やか [続きを読む]
  • 神様のおさしづ
  • 『さあ/\所々へは皆んな事情が下ろしてある。取り決まりがある。それ/\の掛かりがある。見分け役あり、遠くの所にてはどういう者もあるによって、遠く所には遠く道がある。遠く事情は遠く所や無くば分からん。よう、道を見分けてくれねばならん。今の処というは、路銀の処も使い果たして居る処へ、路銀と言うてすれば大層をすると言う者もある。出し尽して了うてどう成ったやらと思う。なれど皆尽した理は世上にある。一時困っ [続きを読む]