rena さん プロフィール

  •  
renaさん: 音楽家renaの日常
ハンドル名rena さん
ブログタイトル音楽家renaの日常
ブログURLhttp://renamusica.jugem.jp/
サイト紹介文墨田区在住音楽家、諸橋玲奈のブログ。日々音楽とピアノに関わり、ピアノ教師に奏者にと活動中♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/02/24 09:37

rena さんのブログ記事

  • 第6回諸橋玲奈ピアノ教室発表会、終了!
  • 久しぶりのブログ更新となってしまいました。twitterではつぶやいていたのですが、きちんと文章を・・・と思うと時間が取れず気が付けばあっという間に8月!皆さまご無沙汰しておりました。 先月末の7月30日、第6回諸橋玲奈ピアノ教室発表会が無事に終演いたしました。出演された生徒の皆さんはもちろんのこと、客席にて出演者の演奏に真摯に耳を傾けて下さったご来場者の皆様の温かい拍手により盛況な会となりましたこと、心よ [続きを読む]
  • 暗譜で練習が面白くなる!
  • 発表会まで約1ヶ月となりました。出演する生徒さん達は少し前から暗譜に取り掛かっています。 ”舞台上で暗譜で演奏する” この演奏スタイルは、シューマンの妻であるクララ・シューマンが始めたと言われています。それまでは作曲家とピアニストは兼業のようなものでした。 ”作曲家が自分の作品を演奏する”というスタイルが一般的で、もちろんピアノを習う良家の子女は沢山いましたが、あくまでそれは個人 [続きを読む]
  • フランス音楽講座
  • 先月から、ある講座を受講しています。作曲家の故入野義朗氏を記念するNPO法人JML音楽研究所で開講している、フランス音楽講座です。講師は青柳いづみこ先生。午前と午後の二クラスとも長らく満席の状態が続いていましたが、この度新規受講生の募集が!その告知を見てすぐに飛び付き、先月オーディションを受けてきました。写真は今月の講座で演奏した『ベルガマスク組曲』(ドビュッシー)のメヌエットの楽譜です。 この講座は月に [続きを読む]
  • ”毎日練習する”ことの意義
  • ピアノのレッスンに通う方にとって、”お家でピアノの練習をする時間”をより有意義にするために大事なこと。 それは、”なるべく頻繁にピアノの前に座る”ということです。これは1日のうちにに何度もということではなく(もちろんそう出来れば素晴らしいことではありますが)、なるべく毎日ピアノに向かうという意味。 そしてこのとても大事なことを実践するのは・・・・想像よりも大変です未就学児〜小学生の [続きを読む]
  • オーボエ作品集のCD
  • 素晴らしいCDが届きました! このブログにも何度かお名前が登場している村田理夏子先生が、オーボエ奏者のHelene Devilleneuve(エレーヌ・ヴィルヌーヴ)さんとCDをリリースされました。 作曲家はボザ、サンカン、ムーランク、デュティユー、デストネと、 全曲フランス音楽です。 先日、理夏子先生からCDが届き、早速聴いてみました。フランス音楽そのもの!と言える色彩感が素晴らしく、そして良い意味でとても聴きやすい これは [続きを読む]
  • コンサートと伴奏そして方向音痴
  • 先週末は中々ハードなスケジュール。土曜日は講座受講(これに関してはまたの機会にゆっくり書こうと思います)と伴奏合わせ、日曜日は友人のコンサートを聴いた後に伴奏の本番と、移動の多い二日間でした。(日頃教室で生徒さんのレッスンと自分の練習ばかりの私には大移動です) 週末二日間を振り返ると長くなるので・・・・今回は日曜日のことについて書こうと思います。 この日はまず大倉山へ。大倉山記念館で行われた、醍醐園佳 [続きを読む]
  • 発表会出演時の服装について
  • 本日から発表会のお知らせ兼申込書を配布予定です。このタイミングに併せて、今年はもう一枚お手紙を作成しました。それは、”ピアノ発表会でオススメの服装について”のお手紙。 毎年数名は初出演の生徒さんがいるものですが、発表会が近づくとお母様から「当日はどんな服装が良いですか?」というご質問をいただくことが多いです。これまでは、過去の当教室の発表会の集合写真をお見せして大体の雰囲気を掴んでいただ [続きを読む]
  • 発表会までの道のり〜壁の向こうの景色を見よう〜
  • ゴールデンウィークも終わり、日常が戻ってきました。twitterには何度かつぶやいていましたが、この連休が終わるといよいよ発表会の準備やレッスンが本格化連休がスタートする前に生徒さん達に渡した曲に、本腰を入れる時期到来です。 「発表会は○月○日」という期限がある中でいつもの教本よりも少し難しい曲にトライし、晴れ舞台の日までに今の自分に出来る最高の演奏を目指すこと。これは大変やり甲斐のあることであると同時 [続きを読む]
  • OTONA RANDSEL
  • ここ数年、自分自身の本番や伴奏合わせ、そしてレッスンに行く際に、いつも思っていることがありました。それは、手でバッグを持ちたくないということ。 バッグの中に楽譜とその時読んでいる本を入れて、その他に必要な物を色々入れると結構な重さになります。それを手で握って持つと指が疲れる・・・というか、感覚が変わってしまう気がするのです。 20代の若い頃にはそんな風に感じたことは無かったのですが、少しは成長して指先 [続きを読む]
  • 発表会の選曲
  • 当教室の一大イベント、夏の発表会に向けての準備がスタートしています。この数週間、準備の最初の一歩でありながら最も重要な”選曲”を行っていました。 毎年この作業には頭を悩ませます。(写真の楽譜の散乱ぶりから頭の中が見えるようです) 教室のtwitterでもつぶやきましたが、生徒さん一人一人に合った難易度、そして好みも反映した曲をソロと連弾でそれぞれ出演者全員分・・・となると、そう簡単にはいきません。 [続きを読む]
  • ゴールデンウィーク中のお休みに関しまして
  • 本日は、当教室のゴールデンウィーク期間中のお休みに関しまして、この場を借りてお知らせさせていただきます。 <ゴールデンウィークお休み期間>4月29日(土),30日(日),5月2日(火)〜7日(日) 上記期間中は体験レッスンの受講もお休みとなります。尚、体験レッスンのお申し込みや当教室へのお問い合わせに関しましては上記期間中も随時メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。※お休み中のためお返事に少 [続きを読む]
  • マリンバ発表会の伴奏終了
  • 4月9日のことになりますが、マリンバ教室の発表会伴奏が終了しました。今回は20人の伴奏をさせていただき、ソリストの皆さん達と舞台上で共に音楽を奏でることが出来ました。 毎回この発表会は台東区にあるミレニアムホールという会場で行われています。 (写真はリハーサル風景です) このホール、響きがとても良くて個人的に好きなホールなのですが、ひとつだけ難点がありました。それは空調。舞台上の空調から吹く風が譜面台の [続きを読む]
  • 当教室へのお問い合わせにつきまして
  • 前回のブログとも少し関連しますが、当教室へいただきましたお問い合わせメールについて、ご連絡とお願いです。 体験レッスンのお申し込みやレッスン内容等へのお問い合わせにつきましては、当教室webページの【お問い合わせ】欄にございます連絡フォームからメール送信にてお願いしています。 そして当教室ではメールを受信後、72時間以内には必ずお返事をさせていただいております。 ※2017年4月18日午前9時現在、当教室にお問 [続きを読む]
  • 新年度スタートと新規ご入会についてのお知らせ
  • 今週から新年度のレッスンがスタートしました。生徒さんのレッスン曜日や時間の移動につきましては、2月末の保護者様との面談後から調整を繰り返し、無事に新しいレッスンスケジュールを組むことが出来ました。調整にご協力いただきました生徒さん及び保護者の皆様には、大変感謝しております。心から御礼申し上げます。 ここで、ご入会をご検討いただいている方にお知らせをさせていただきます。2016年2月から現在まで、当教室we [続きを読む]
  • マリンバとの伴奏合わせ
  • 今週末にマリンバ教室の発表会伴奏をさせていただきます。この発表会の伴奏は確か4度目。1年半〜2年に一度の開催なので、随分と長いお付き合いをさせていただいております。 本番を9日に控え、先週は水曜、金曜、土曜とマリンバとの伴奏合わせがありました。(写真は合わせをしたスタジオです) 前回はちょうど2年前ということで、それ以来でお会いする生徒さんも。子供の生徒さんは2年という月日でびっくりするほど身長が高く [続きを読む]
  • 音楽大学合格
  • 先月のことになりますが、当教室進学希望コースに在籍の松永友佳さんが東京音楽大学声楽専攻<声楽演奏家コース>に合格しました。当教室では副科ピアノ及び楽典のレッスンを担当していました。 春から晴れて音大生となる友佳ちゃん。入学を機にレッスンは一旦終了ということで、先日ご挨拶に来てくれました。 その時はまだ実感が湧かなかったのですが、数日前に受験対策のための問題集などを整理してみて、今 [続きを読む]
  • 第14回おさらい会終了
  • 先週の日曜日に第14回おさらい会が終了しました。参加した生徒さん全員が自分なりの音楽を表現していて、見ていてとても頼もしかったです 舞台で演奏する時、ほとんどの場合は奏者の右側にお客様がいます。ですが当教室のおさらい会はレッスン室の広さの関係上、奏者の前方でお客様が聴いています。(この写真でいうと正面のカーテンのあたりにお客様がいます) これは本当にイレギュラーな状態ですし、しかもとても緊張します。視 [続きを読む]
  • 休符について〜気をつけるべき2つの傾向〜(2)
  • 休符について、前回の続きです。 2つ目の傾向は、無意識に「休符=お休み」だと感じてしまうこと。それにより、休符を見た瞬間に反射的に「あぁ、お休みだぁ・・・」と考えてしまい、頭も身体も文字通り「お休み」してしまうのです。ですが休符の時でも音楽は動き、展開しています。 音がない場所で作る音楽には、1つ目の傾向の際にも挙げた”緊張”という要素があります。例えば日常生活で、「息を呑むような瞬間」 [続きを読む]
  • 休符について〜気をつけるべき2つの傾向〜(1)
  • 皆さんは”休符”と聞いて、どんなイメージを持ちますか?今回は、非常に誤解されやすい休符について書いてみようと思います。 手元にある辞書、『新音楽辞典[楽語]』(音楽之友社)で”休符”を引いてみると、 「音楽で、音のない場所とその長さを記す記号。休符の長さは、同名の音符に準ずる。休符は音高がないので、譜表上の一定の場所に書かれるが、ひとつの譜表に2声以上が書かれる時は、いろいろな場所に [続きを読む]
  • もうすぐおさらい会です
  • 次の日曜、3月26日は第14回おさらい会です。毎年この時期のおさらい会は参加者が多い傾向にありますが、今回も14時と15時の回の二部制となりました 初参加の生徒さんもいれば、もう何度も参加している「常連」の生徒さんもいる今回のおさらい会。 そんな今や常連の生徒さん達も、数年前には初参加で小さな8小節程度の曲を2〜3曲披露していました。そこから数年経つと、たとえおさらい会といえどもブルクミュラーなどの少し長い曲 [続きを読む]
  • シューマン<クライスレリアーナ分析>の記事
  • 現在、レッスン室に月刊誌『ショパン』2016年12月号〜2017年2月号までの3冊を置いています。 敬愛する村田理夏子先生の『シューマン<クライスレリアーナ分析>』という記事が、上記の3ヶ月で連載されていました。 実は私、このシューマンの名作<クライスレリアーナ>が、ちょっと苦手だったのです。演奏会やCDなどで何度聴いてもイマイチその良さが分からず・・・。そのため、自分自身が弾いてみたいと考えたこともありませ [続きを読む]
  • 第2回懇親会〜大人の生徒さん達と〜
  • 皆さま、大変ご無沙汰しております気付けば2017年も2月半ばを過ぎ、本当に久しぶりの更新となってしまいました。 そんな(どんな?!)今日のブログは、大人の生徒さんを対象とした懇親会についてです。 日曜日、昨年からスタートした大人の生徒さん達との懇親会を行いました。 「発表会ほど仰々しくなく、演奏後にはみんなでお茶とお菓子をお供に楽しく過ごしましょう♪」というコンセプトでスタートしたこの企画。 何よりも大きな収 [続きを読む]
  • 冬休みについてのお知らせ
  • 早いもので今年も残すところ僅かとなりました。年内は本日がレッスン最終日です。ここで、当教室の冬休みについてお知らせさせていただきます。 <冬休み期間>2016年12月23日(金・祝)〜2017年1月5日(木) 上記期間中は振替レッスン及び体験レッスンの受講もお休みとなります。(受験生の特別レッスンのみ行います)尚、体験レッスンのお申し込みや当教室へのお問い合わせに関しましては上記期間中も随時メールにて受け付けておりま [続きを読む]
  • この教室の特色は?と聞かれたら
  • 以前、音大付属時代から仲良くしている友人に聞かれたことがあります。「玲奈ちゃんのお教室の特色はどんなところ?」 こうして聞かれるまで考えたことが無かったのですが、それ以来、何かの折にこの質問が頭をよぎることが何度かありました。そして最近、今の自分なりの結論がやっと固まってきたので、今日はそのことについて書いてみようと思います。 当教室の特色は、大きく分けて二つ挙げられると思います。まず1つ目は、 &r [続きを読む]
  • 指使いって何のためにあるの?
  • 今日は指使いについて。これについては数年前に一度、このブログで書いたことがあります。指使い(運指)というものが、いかに音楽的表現力を発揮するために重要なものかということ。更には能動的にではなく自発的に、指使いについて”自分に最も合うもの”を探し出そうといういうことについて書きました。 今回はちょっと視点を変えて。指使いって何のためにあるの?ということについて、考えてみたいと思います。 もし [続きを読む]