O子 さん プロフィール

  •  
O子さん: 旅とキャンプ
ハンドル名O子 さん
ブログタイトル旅とキャンプ
ブログURLhttp://houryou.naturum.ne.jp/
サイト紹介文女一人地味にキャンプとかアウトドアっぽい事してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/02/26 19:10

O子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • メスティンで燻製に挑戦
  • ある晴れた日暖かくなるとの事で若洲キャンプ場に行ってきました。ソロキャンプするつもりでしたが思わぬ強風に負けてしまい泊まらずにすごすごと帰ってきました。今回のキャンプの目的は燻製作り。最近スモーキーなウィスキーを好んで飲むようになりおつまみは何が合うのか調べていたら、スモーキーな酒には燻製があうとの事。なのでせっかくなら自分で作りたいと思ったのです。家でやると煙が凄そうだったからキャンプでやろうと [続きを読む]
  • 公園ランチ〜火気厳禁の場所でも調理できる道具〜
  • この時期毎日寒くて出かけるのが億劫です。キャンプは夜の寒さに尻込みしてしまい行けてません。でもたまには青空の下何か作って食べたりしたい。しかしその為にわざわざキャンプ場の予約を取るのは面倒だ。バーベキュー出来る公園もあるけれど殆ど事前の予約が必要。「一人で使用します」と言うのも恥ずかしい。山に行けば調理も出来そうだけど昼ご飯を食べる為だけに山を登る体力も気力もない。出来れば身軽にその辺の公園で調理 [続きを読む]
  • まだまだ真夏の沖縄キャンプ旅 2
  • まだまだ真夏の沖縄キャンプ旅 1沖縄にキャンプに行った時の続きです。座間味島は2泊しました。すっきりとした目覚め。朝日が綺麗です。キャンプ場の目の前が海なのですぐ行けます。10月後半の夜は25℃程で寝袋はかけなくても大丈夫。外にいると蚊に何箇所か刺されましたがすぐに痒みはなくなりました。夜も虫は殆どいなかったです。朝のコーヒーが何とも言えず美味しい。友達が持ってきてくれたお菓子やコーヒー等と昨日買 [続きを読む]
  • まだまだ真夏の沖縄キャンプ旅 1
  • 沖縄の座間味島でキャンプをしてきました。いつもは一人のキャンプが中心ですが今回は友達と一緒!今年の夏、久しぶりに遠方に住む友達と会いました。日頃キャンプの話をする人がいないのでここぞとばかりに熱く語ってしまってました。必死すぎてひかれたかな…と反省しましたが旅と海が好きな友達なので沖縄のキャンプに行ってみたいと。このチャンスを逃すなとばかりに話しを進め行ってきたのです。2年ほど前に座間味島でソロキ [続きを読む]
  • 新緑の風に吹かれてソロキャンプ 2
  • 今回キャンプをする前にかねてから欲しかったカメラを買いました。カメラの練習の為にもどんどん撮りたいけれど、テント周辺で撮影してると「あの人ブログやってるのかも」と思われそうで散歩風味の雰囲気を醸し出しながらでないとシャッターを押す事が出来ない。実際ブログをやっているのだけれど自意識過剰も極まりない。誰も見てないのに。今はブログの他にも写真を投稿する媒体が沢山あるのだけれどブログだけはやってるとばれ [続きを読む]
  • 新緑の風に吹かれてソロキャンプ
  • 3月以来久しぶりにキャンプに行ってきました。今まで山、川、海と数少ないながらもソロキャンプをしてきましたが湖ではキャンプをした事がありませんでした。電車やバスで行けるキャンプ場を探していて行ってみようと思ったのが河口湖方面。ブログとか見ていていつか行きたいと思っていたのが西湖。河口湖まで行けば路線バスで行けそうです。東京から河口湖まで高速バスで2時間ちょっと。途中車窓から富士山が見え期待が高まります [続きを読む]
  • 冬と春の合間のソロキャンプ
  • このところ暖かい日と寒い日の気温の変動が激しく毎日着る物に悩みます。多少は暖かい日が続いていたので日中の予想気温だけを見て寒さを甘く見ていたら痛い目にあったキャンプでした。行ってきたのは成田ゆめ牧場。最寄りの滑河駅から無料のバスの送迎があるので徒歩キャンプをする者にとりとても行きやすいキャンプ場です。駅からキャンプ場までバスで15分程で到着。私はキャンプ場への電話での予約が苦手です。「ご利用人数は? [続きを読む]
  • テントの試し張りとデイキャンプ
  • いつもキャンプはバックパックを背負って行きます。荷物を軽くしようと努力しつつも、これ以上の大幅な重量の軽減にはテントを変えるしかないと思うようになりました。しかし軽さを追求するにはお金がかかります。そうそうテントは買えずいつもネットで探して想像しては楽しむだけでした。軽さを求めるとどうしても高くなりがちなテントが多い中日本ではまだ発売されていないアメリカのメーカーのテントで軽さも充分、そして送料込 [続きを読む]
  • 浜名湖へソロキャンプ旅
  • 青春18切符の時期になったので鈍行列車を乗り継いで何処かに行きたいと思いました。電車もバスも乗り物大好き!以前より東海道新幹線や東海道線に乗り静岡の浜名湖付近を通った時に一度降りてみたいと思っていました。浜名湖周辺にキャンプ場はないものかと探してみたら、よくブログで名前を聞く渚園キャンプ場が浜名湖を通る弁天島駅の近くみたいだったので行ってきました。東京から数回の乗り継ぎを経て弁天島駅到着。渚園キャン [続きを読む]
  • 冬ソロバックパックキャンプ
  • 12月に入り奥多摩へキャンプに行ってきました。冬になると何かしらキャンプの荷物が増えます。キャンプはいつもバックパックを背負って行くので、冬以外でさえこれ以上荷物を増やしたくないと思っているのに、冬になりあれやこれや持ち物が増え(湯たんぽとかダウンパンツ他衣類)行く前から気持ちが萎える元々腰痛持ちなのですが最近肩まで痛くなってきて身体がぼろぼろです。(老化とも言う)なので重い荷物は本当に辛い。行く直 [続きを読む]
  • 一人で公園BBQ
  • 宿泊を伴うキャンプには中々行けないけれど一日どこか広々とした所でのんびりしたいと思いました。ついでに美味しいコーヒーが飲みたい。さらについでに炭火焼も楽しみたい。近場の公園にでも行くかと思っても公園は火気厳禁の場所が多いしBBQ出来る公園はあらかじめ予約が必要な所が多い。わざわざお金を払ってキャンプ場に行くのも勿体ないような気がする。ふらっとBBQ出来るようなとこはないかと思い見つけたのが今回行った利根 [続きを読む]
  • 再び海でソロキャンプ
  • 先月三浦半島でソロキャンプをしてから2週間程が過ぎました。(先月の写真)どこかへ行こうか迷い波の音が聞きたくて再び同じ海へ野営に行く事にしました。前日から準備はしていたのですが当日だらだらしていたらあっという間に10時過ぎてしまい、着くのはお昼過ぎてしまうかなと思ったら今日も止めようかなと一瞬頭をよぎりました。行くのは楽しみなのですが混んでる電車に乗っていく事を思うと憂鬱で。朝早く出発すればよいので [続きを読む]
  • 鋸問題
  • キャンプに行って焚き火をするのですが、薪が高く感じられ落ちている木を拾って燃やしたりしていました。細めの木は手で折っていましたが少し太くなると手では無理で悔しいけど置いてきたりすることがありました。燃えそうなよい木なのに〜。そんな時鋸(のこぎり)があったらなと思っていた。キャンプには電車で行く事がほとんどなので荷物にならないように小さくて軽いのがないかと探していたら見つけました。それがこれ。一応リ [続きを読む]
  • 浜辺でソロキャンプ 2
  • 駅から迷いに迷いましたが海岸に無事到着しテントも張り落ち着きました。しばらく編み物をしたり本を読んだりゆっくりして、本当なら夕食は早めに炭火焼肉をしてだらだらと飲んだり食べたりしたいと思ってました。しかし何故か全くお腹が空かない。夕食は肉だ肉だ!と張り切っていたのです。好きなキャンプにも来たし海も見て気持ちが満たされたのでしょうか。いつもは単なる大食いの他にストレス的な過食もあると思うのですが、お [続きを読む]
  • 浜辺でソロキャンプ 1
  • 神奈川県、三浦半島のキャンプが出来る海岸でソロキャンプをしてきました。元々は奥多摩の氷川キャンプ場へ行こうかと思っていたのですが台風の影響でテントでの宿泊は出来ないとの事。行く前に調べて良かった。いつもぎりぎりにならないと何事もしない性格なので、わかったのが前夜。今回は北海道旅行をした後だという事もありキャンプにお金をかける事も出来ず(いつものことだけど)どこに行こうかと迷い、前日にあらたに予約を [続きを読む]
  • 青森でソロキャンプ
  • 北海道の旅行を終え列車で青森に移動してきました。一度訪れてみたかった八戸市の種差海岸キャンプ場。写真は天気が悪く寒そうだけれど一応夏真っ盛り。海岸の側まで綺麗な天然の芝が生えています。何の花かわからないのですが黄色い花と海の青との色がとても綺麗でした。受付。1500円だと思っていたらソロは500円。得した気分。海を正面に望む場所にテントを張りました。贅沢です。雨が時折降ってきたけどそれに負けないくらいの [続きを読む]
  • 北海道 5 車窓より
  • 青春18切符を持って北海道を旅行したので一日の大半は列車に乗っている、または待ち時間という事が多かった。列車が見え段々近づいてくる瞬間いまだに嬉しい。しかし無人駅の時、しかも自分一人しか乗客がいない時は乗るまで緊張してしまう。懐かしいタイプの列車だったり鈍行しか乗れない切符なのにこんなに立派な車両で良いの…と思う事があったり海ギリギリを走ったり広々とした景色の中を走ったり自然と「線路は続くよどこまで [続きを読む]
  • 北海道 4 孤高のソロキャンパーの図
  • 焼尻島でキャンプをしてキャンプが連続3日になりました。そろそろ携帯などの充電や、思い切り洗濯をしたくなり旭川のホテルに一泊してから、北海道豊浦町にある豊浦海浜公園キャンプ場に来ました。8月のお盆前の平日。キャンプ場は空いてるだろう、むしろ完ソロになる心配をしたほうがと思ってた。しかし行くと完ソロの心配をしたのが笑えるほど混んでいたのでした。空いてる場所を探すとキャンプ場の隅。ひっそりとテントを張った [続きを読む]
  • 北海道 3 焼尻島でソロキャンプ 1
  • 今までそんなに数多くのキャンプ場に行った訳ではありませんが、私の中で絶景キャンプ場第一位になった北海道 焼尻島の白浜野営場は素晴らしかった。途中このような景色を眺めながら港からキャンプ場へ歩く事40分程。この時点で景色の雄大さに感動。途中、牧場がありました。この島の羊は高級で有名との事。前は海を見下ろし、周りは草原(牧草地?)海からの風が強いのでいつもより真剣にテントを張った。以前よりもピシッと張れる [続きを読む]
  • 北海道 2 天売島でソロキャンプ
  • 北海道、2カ所目のキャンプ地は離島の天売島。北西部利尻島の下の方に位置する人口300人程の島です。行き先を決める時、どこか島に行きたくて礼文島、利尻島、奥尻島等と迷った。しかし行った事のある人が少なそうというのと、自転車で一周出来るコンパクトなとこに引かれて天売島に決めました。そうすると近くの焼尻島にも行ってみようかとせっかくだから精神が沸き起こります。今回の旅行では二つの島に行きました。天売島のフ [続きを読む]
  • 北海道 1 電車でソロキャンプの旅
  • 4月以降キャンプとは無縁の生活でした。夏になり何処かへ行きたい病がふつふつと沸き起こり今までの分を挽回するかのように北海道9日間キャンプの旅をしてきましたこの時期お馴染みの青春18切符という5日間鈍行列車乗り放題の心強いチケットを握りしめ、広い北海道嫌と言う程電車に乗りキャンプを続けました。青森までは夜行バスでそれからは鈍行で東大沼〜天売島〜焼尻島〜旭川〜豊浦〜種差海岸(青森)と、駅又は港から歩いて行け [続きを読む]
  • 過去の記事 …