内藤汐音 さん プロフィール

  •  
内藤汐音さん: 和紙雑貨 シロクマ
ハンドル名内藤汐音 さん
ブログタイトル和紙雑貨 シロクマ
ブログURLhttp://washizakka.blogspot.jp/
サイト紹介文「和紙雑貨 シロクマ」は、わくわくするような写真、イラスト、エッセイを展開します。
自由文都内PR会社で働きながら、武蔵野美術大学通信過程で、グラフィックやコミュニケーションのデザインを学んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/02/27 17:57

内藤汐音 さんのブログ記事

  • 結婚祝い用に色紙をカスタマイズする方法
  • 同僚Aの結婚祝い用に、関係者46人で桜の形のシールにメッセージを書いて色紙にペタペタ。外装は、家にあったリボンを両面テープで貼って、造花のヘアピンをねじって固定。それだけじゃさみしいので、ガーランドを折り紙とスタンプで作成して、両面テープとホッチキスで留める。シール貼りもあわせて、全部家にある素材で、約3時間で簡単にできた。こういうのって手間はかかるけど、作るうちに楽しくなってくる。※ちなみに洋風なの [続きを読む]
  • 365日イラスト/46 横になる
  • 「カラーリスト 色彩心理ハンドブック」。カラーコンサルタントが使っている本として紹介されたのだが大変読み応えがある。たとえば、国や地方ごとになじみのある特徴的な色使い「エリアカラー」。松山はオレンジ、ロンドンはえんじ、ソウルは緑など世界に色々な言語があるように、エリアカラーは、色の方言だ。色の使い方によって、その土地の感性がみえてくる。色でその土地らしさを伝えられたらどんなに効果的だろう。色のサン [続きを読む]
  • 手漉き和紙NPOのWebサイトをリニューアルしました
  • 本日、管理人が運営に関わっている手漉き和紙のNPO法人のWebサイトをリニューアルしました!特定非営利活動法人PIARAS―手漉き和紙を普及する会―公式Webサイトhttp://www.piaras.org/2016年秋から取り掛かって少しずつサイト再設計の作業を進めていき、5か月ぐらいかかりました。これまでfacebookページで流れ去っていた活動をwebサイト内にストックしていって、ここさえ見れば手漉き和紙の普及活動がよくわかるようなサイトにす [続きを読む]
  • 365日イラスト/45 眼帯
  • 眼帯 にも色々ある。念のため管理人の趣味ではないと書いておくけれど、ゴスロリ、球体関節人形、SM方面では、「イメージづくりのための眼帯」として有効活用されていることがわかったので、今回は、黒い眼帯をつけたマドンナを模写してみた。ムチとか持ってるイメージ。※1day1pict(http://1d1p.7.tool.ms/)からお題をお借りして描いています。鉛筆 ミドリ スパイラルリングノート B6 北国シロクマ柄 [続きを読む]
  • 手漉き和紙ワークショップ@町屋
  • 今日は、町屋の三河島水再生センターの「さくら祭り」だった。桜まだ咲いてませんというツッコミは知らないよ。雨にも関わらず、色々なブースがたくさん出展。管理人が運営に関わっている手漉き和紙のワークショップにも、春休み中の親子連れが70人ぐらいきてくれた!箸置き、マグネット、チャーム、みんななにに使うのかな?奈良県吉野郡のいろんな色のヒノキと、島根県のカラフルな石州勝地半紙で作る無料ワークショップ、明日も [続きを読む]
  • 365日イラスト/42 靴を履く
  • コンバースのハイカットスニーカーって、履くの60秒ぐらいかかってたなと思い出しました。シルエットは好きなんだけど。今はスリッポン派の管理人です。今日はflowers by nakedの展覧会を観に日本橋三越へ。草月の花々がとってもいい香りだった。※1day1pict(http://1d1p.7.tool.ms/)からお題をお借りして描いています。鉛筆 ミドリ スパイラルリングノート B6 北国シロクマ柄 [続きを読む]
  • 365日イラスト/41 寝顔
  • 今日は、「能」を観る機会があって、千駄ヶ谷の能楽堂へ。歌舞伎と違って音声ガイドがないので理解するのが難しかったし、拍手するタイミングも難しかったけど、演者の立ち居振る舞いが美しかった。前に野村萬斎と羽生結弦が対談した番組があったけど、どちらも通じるところがあるらしい。風姿花伝は健在である。でも、相変わらずゆっくりしたテンポの囃子が聴こえてきて、なんだかだんだん瞼が…必死に堪えようとするのだが、皆も [続きを読む]
  • 伊勢和紙、軍道紙を使った調理実習
  • 週末は、料理研究家の児玉友紀子先生による、手毬ずし三種と桜餅 の調理実習@渋谷区大和田文化センターに参加。料理を和紙で【包む】という一般的な方法に、桜リキュールでの香りづけなど新しいアプローチがあった。写真は包みを開いたところ。使用したのは、伊勢和紙の三椏和紙と、あきる野市の軍道の楮紙。どちらも、化学薬品を極力使わないで作られた手漉き和紙なので食品に触れても安全だ。調理実習など高校以来だったので大変 [続きを読む]
  • 365日イラスト/40 リーゼント
  • リーゼントは漫画のキャラクターで何人か特徴的な人が出てくるため、某スラムダンク の桜木をあまり似せない形でポーズだけ同じにしてみた。少年マンガって少女マンガでは絶対出てこない線がたくさんある。※1day1pict(http://1d1p.7.tool.ms/)からお題をお借りして描いています。鉛筆 ミドリ スパイラルリングノート B6 北国シロクマ柄 [続きを読む]
  • 365日イラスト/39 学ラン
  • 学ランて全然馴染みがないので、困りながら描いた。ファッション的には昔から色々なタイプがあるようだが、現代ではボンタンよりも短ランがオシャレかと思う。きゅんとしようと思って「君へ届け」の風早くんをイメージしようかと調べたら、なんとショックなことに、ブレザーだった。※1day1pict(http://1d1p.7.tool.ms/)からお題をお借りして描いています。鉛筆 ミドリ スパイラルリングノート B6 北国シロクマ柄 [続きを読む]
  • 日本橋三越で、草月と和紙職人がコラボした展示
  • 和紙の原料「楮」廃材を利用した生け花のオブジェが、3月13日まで日本橋三越で展示されています。三越伊勢丹グループの「2017花々祭」の一環として行っており、ウインドウディスプレイや館内入り口でみられます!草月の華道家と和紙職人が協力して実現したこの企画。管理人の関わっているNPO「PIARASー手漉き和紙を普及する会―」は、楮の軸を提供しました。今朝視察にいってきたところ、珍しい素材のせいか、とてもたくさんの人が [続きを読む]
  • 365日イラスト/38 無精ヒゲ
  • ほんとに無精でちょっと伸びた感じの無精ヒゲってこんな感じかな。描いているうちに違和感を覚えはじめたのだけれども、ヒゲをはやした人が身近にいないためということに気づいた。管理人の周囲は、ツルッとした人ばかりです。※1day1pict(http://1d1p.7.tool.ms/)からお題をお借りして描いています。鉛筆 ミドリ スパイラルリングノート B6 北国シロクマ柄く [続きを読む]
  • 365日イラスト/37 お姉さん座り
  • 今日は地元のスターバックスへ。スタバはとても混んでいることが多いのでめったに行かないのだけれども、チョコラティ バナナココ トール ソイミルク ホイップ抜き という呪文を唱えたところ、夕飯時だったのが功を奏したのか、なんとか席をとれてとてもラッキーだった。で、この絵は浴衣でとても季節外れなのだけれども、毎日パソコンを使う生活をしていると、なんだか身体性が薄れてきて、本物の蛍の光を見たいなという気 [続きを読む]
  • 映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』
  • 今日は、『ホームレス ニューヨークと寝た男』主演のマーク・レイ初日舞台挨拶の回に行った。究極のミニマリストは住居まで断捨離するのかと思いきや、家賃の高騰するマンハッタンで何とかサバイバルするためにとった方法だったのだ。それにしても、自分の好きなファッションの仕事をするため外面や格好は良く見せている反面、他人とは表面的な付き合いで寂しさを抱えて生きなければならないのは、本当に幸せなのかどうか考えさえ [続きを読む]
  • 365日イラスト/34 入浴中
  • 家の机の前とかリラックスする所には、お気に入りの雑貨や、よくデザインされた品位の高いものを置くと見るたびに気分が引き締まって、ていねいに行動できる気がする。品質の高いブログとか音楽でもいい。イラストはペンハリガンのバスオイル。出雲大社ならぬ、高級百貨店もパワースポットだと思う。詣でてみては!? [続きを読む]
  • 今月のお買い物 ADDICTION
  • あけましておめでとうございます。もうすぐ友達の披露宴ということで、新しいアイシャドウを発見。こちらはKOSEのADDICTIONという新しいブランドで、今人気の単色アイシャドウ。シュウウエムラ、MAC、NARS、RMK、マリークワントなどと比較すると、ベージュ系とブラウン系にものすごく偏っていて、他のブランドにない色もいくつか含んだ99色もの色展開がある。管理人の目では違いがわからないぐらいトーンの違いが細かく、粉も細か [続きを読む]
  • 今月のお買い物 Klaus Haapaniemi
  • 今月のお買い物、Klaus Haapaniemi のミニショルダーバッグ。フェルトの上に刺繍が施されている。フィンランドのアーティストだけど、 これは日本で生産したんだって。先日来日したらしいけど、国内のショップはまだほとんどないそう。この鹿の東欧ぽい不思議な雰囲気に一目ぼれして、ポップアップストアで発見した翌日に買いにいった。企画から商品化までこのクオリティで全部しちゃうなんて何て楽しそうなんだろう。 [続きを読む]