アユボワン さん プロフィール

  •  
アユボワンさん: スリランカのアーユルヴェーダで、ほっ。
ハンドル名アユボワン さん
ブログタイトルスリランカのアーユルヴェーダで、ほっ。
ブログURLhttp://ayubowan.seesaa.net/
サイト紹介文『緑の島スリランカのアーユルヴェーダ』『スリランカで、ほっ。』の著者のブログ。旅行アイデアも色々。
自由文facebookページ「スリランカ旅行倶楽部」http://www.facebook.com/srilanka.travel.clubもよろしく! 現在、著者が企画・案内するアーユルヴェーダ付きスリランカ旅行「S旅友倶楽部」の参加者募集中です!6月13日出発。内容・料金ともお得!いいとこどりのスリランカ旅行、体験のチャンス!詳しくはhttp://urx.nu/iR6x
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/02/27 13:00

アユボワン さんのブログ記事

  • ●雨につき、なんとなくつぶやき
  • 雨ですね。家で過ごしている日の雨は、昔から好きですが、なぜか今日はとてもドキドキする。雨の音が心と脳を強く刺激しているような・・・高校2年生ごろの夏の、こんな雨の日の感覚と自分の姿が浮かび上がってきて。何があったわけでもない、普通の日です。雨の音が生きているように感じていたあの頃、そして今日の雨もそんな音です。その音を聞いていると、理由もなくとてもドキドキして。そして、昔の自分と今の自分が重なって [続きを読む]
  • ●あれからずっと小林麻央さんが・・・
  • 9月30日発のスリランカ旅行、絶賛募集中ですよ〜。お気軽にメールくださいねさて、表題の通り、この一カ月、私は小林麻央さんのことを思い出さない日はない。もちろんお会いしたこともないし、生きてらした間は時々ブログを拝見して応援していても、毎日思い出すことはなかった。でも、今はきれいな空を見たり、暑い日差しに照らされたりすると、生きているからこそこの感覚と感情を味わえるのだよな、と思うのと同時に、ふと麻央 [続きを読む]
  • ●病気を語ることと、糸車を回すこと
  • なぜ、自分の病気のことをわざわざ本に書いたのか、ということは、いつかここに書こうと思っていた。そもそも私は、文章を書いているときは別として、自分のことを語るのが得意じゃない。人によっては、苦労話みたいなのを話すのが上手な人がいる。そういう人の方がきっと精神的な健康を保ちやすいので、うらやましいと感じたりもするけれど、私は、今まで生きてきた中で、誰にも言えずにいることがいくつかある。病気のことはその [続きを読む]
  • ●スリランカのアリはこんなです。
  • あった、あった、スリランカのビレッジに滞在していた頃撮影したアリの写真探したら出てきました。ヒアリが世間を騒がせているので、思い出したのです。接写した写真がない。このアリ、けっこう刺されると痛いんです。。。って、私は逃げ回っていたので刺されずに済みましたが。皆さんも気を付けて。それとついでに、先日のラジオ出演の模様を来週月曜の正午まで聞けるので、よかったらこちらNHK らじるらじる 新着聞き逃しの「 [続きを読む]
  • ●NHKさいたまで『迷走患者』を話す
  • ラジオ出演、無事に終えました。しゃべるのは苦手なはずが、べらべらしゃべってました。『迷走患者』を一人でも多くの人に読んで欲しい、という思いがそうさせたようです。人って、何とかしたいという思いがあると強くなれるんですね。それに、ドキドキも楽しもう!と、最近そんな心境なんです。ドキドキしてどうしよう〜って思いよりも、今私がドキドキしているのは生きている証と考える。この世に生きているのは、ほんの限られた [続きを読む]
  • ●『迷走患者』出版記念のS旅友倶楽部予告。一緒にスリランカへ!
  • 今回の出版を記念して、9月30日から久々にS旅をやろうと計画中です!何人かの方からは、お問い合わせいただいていますが、どうでしょう?スケジュールは合いますか?S旅友倶楽部は、私がとっても不定期に「一緒にスリランカへ行こう!」とお声掛けしている旅行。まだ詰め切れていないのであくまで予定ですが、9月30日(土曜)スリランカ航空便で、各自スリランカまで来ていただき、空港で岩瀬が出迎える。(と言っても毎回皆さん、 [続きを読む]
  • ●上馬塲先生との対話が好評だけど・・・
  • 上馬場先生との対談をたくさんの人たちに読んでいただけて大変光栄です。もやもやとしていた部分がすっきりしたという方が多く、公開してよかったと思っています。ただ一つ困ったことにですよ、あれを読むとどうもみんな、お腹がいっぱいになるらしいのです。二人の会話が面白かったという方がいたので、「ではぜひ、本も読んでみてくださいね」とお願いしたところ、「あれだけで十分です」と言われ。。。。えええ〜〜〜〜、それ、 [続きを読む]
  • ●上馬塲和夫先生と『迷走患者』を読んで
  • 『迷走患者』についてフェイスブック上で、上馬塲和夫先生と書簡のやり取りかと思うような長いコメントの交換をさせていただいた。上馬塲先生については、アーユルヴェーダを多少なりとも知っている人なら、誰もが一度は本を手に取ったことがあるであろう存在なので、説明の必要もないだろう。それはアーユルヴェーダの真髄について語った話でもあり、『迷走患者』をアーユルヴェーダ的に読むとどういう意味があるのかというのを解 [続きを読む]
  • ●『迷走患者』でラジオに出ます!
  • 来週木曜日、7月6日、NHKさいたま(ラジオ)で『迷走患者』のインタビューを受けることになりましたよ〜。わ〜い。って、ちゃんと上がらずにしゃべれるだろうか?!目をとめてもらえてうれしい!!!埼玉県内に住んでいる人しか聞いていただけないのですが、一人でも読者が増えるように頑張ってきますのでどうか、応援していてください。番組名:日刊さいたま〜ず時間:午後6時〜6時50分FM85,1MHz(秩父83,5MH [続きを読む]
  • ●雑誌『クロワッサン』で『迷走患者』が紹介されています!
  • 6月9日発売の雑誌『クロワッサン』最新号(6月25日号)で、岩瀬と新刊の『迷走患者』が、大きく紹介されました!照れくさいですが、せっかくなので見てくださーい。2/3ページで出ています!おかげさまで、『クレア』『and GIRL』『セラピスト』そして『さいたま新聞』にも昨日掲載されたようです。私、コロンボにいて見ていないもので。本当に、皆さんにご紹介いただきありがたいことです。皆さんも経験ないですか?自分の、この症状 [続きを読む]
  • ●6月18日京都の国際ヨガデーで著作ともどもお待ちしています!
  • コロンボからこんにちは。がんばり過ぎて、再び風邪を引き、鼻も喉もずりずり言わせながら昨夜到着しましたコロンボ。毎度とても寒いスリランカ航空機内に恐怖を覚え、長袖を二枚も着込んできたらさすがに降りると暑い。 本当は二週間滞在の予定でしたが、まれに見るわずか一週間の滞在で今回は帰国します。というのも、前回のブログでもお伝えしましたが、6月18日は「国際ヨガDAY関西2017in 京都」に参加します。イエイ! [続きを読む]
  • ●友達100人作ろうキャンペーン中
  • 友達100人作ろうキャンペーン実施中の岩瀬です。一年生でもないのに、しかもそんなCM覚えている人はどのぐらいいるかわからないけれど、突如「一年生になった〜ら、友達100人できるかな♪」のフレーズが下りてきて、GWが終わった後、やっと久しぶりに時間ができた私は、いろんな人と会う日々を過ごしていました。その間、ブログに書きたいことは山ほどあったのに、疲れてしまって全然更新できず…。書きたいことと言っても、新刊『 [続きを読む]
  • ●元製薬会社で今ロルフィングの大塚さん
  • また新刊の話で恐縮だけれど、この本の出版先を探しているとき、医療系の出版社も自分にとっての候補だった。想定する読者にはいろんなタイプの人がいて、その中で読んで欲しくてもなかなか届けるのが難しい相手が医療に携わる人たちと思ったから、医療系の出版社から出せれば、届くのではないかと考えたのだ。実際は、医療系の出版社ではないところから上梓したけれど、医療関係の人にもぼちぼち届いているはず。でも、レスポンス [続きを読む]
  • ●アーユルヴェーダ三部作
  • この一か月の間に二度も風邪を引いた岩瀬です。メンタル弱っていると簡単に風邪ひきますね。GW中に、私の本を読んでくれたという人から何通もお便りいただきとてもうれしかったです。私にとってこの本は言ってみれば最初に書いた『緑の島スリランカのアーユルヴェーダ』の”アンサー本”であり、二冊目『スリランカで、ほっ。〜仏教は心のアーユルヴェーダ』と合わせて、”アーユルヴェーダ三部作”としての意味合いがあります。ア [続きを読む]
  • ●アーユルヴェーダと境界線と
  • 私はたぶん、何につけ境界線が嫌いなんだ。ということに最近気が付いた。若い頃よく「国籍も年齢も不祥な自分でいたい」とぼやいていた。後年、そんな不便なことはないと分かったし、日本人でよかったとも思ったけど・・・。バカですね(( ´∀` )笑恋愛も、境界のない愛情を探した。彼氏でも、夫でも、友人でも、親子でも、兄弟でもない、そういう縛りのない愛情。それなら傷つかずに済むし、好きだという気持ちだけあれば、頑張 [続きを読む]
  • ●「夢をもとう」と言われても
  • 写真のサインは、先日泊まった大好きなホテルの通路に貼ってあったもの。ジョン・レノンとオノ・ヨーコの書き残したものですね。「夢をもとう」なぜだか、ものすごく引っかかって写真に撮りました。夢を持つことはとても大事なことだと思うし、実際にそれが私の背中をどんなふうに押してくれたかは、新刊「迷走患者」にも書いたけれど、「あなたの夢は何ですか?」と聞かれて、すぐに答えられる人ってどのぐらいいるのだろう?今の [続きを読む]
  • ●新刊『迷走患者』が雑誌『クロワッサン』の取材を受けました。
  • 悲しいこと、嫌なことがあって落ち込んだ時、みんなはどうやって立ち直るのでしょう。私はけっこう時間がかかるタイプ。でも最後に支えてくれるのはたいがい「自分らしく、最後までやりきれたからこれでいい」という気持ちだ。やれることはやった、伝えたいことは伝えた、それでも仕方がなかったのだからこれでいいという風に。若い頃ずいぶん逆の経験をした。例えば仕事でやりたいことをやりたいと言えなかった、おかしいと思って [続きを読む]
  • ●ドクターとの食事は美味し楽し♪
  • 今日はスリランカのお正月です。この時期は旅行をする人が多いのですが、前々回のブログにも書いた知り合いのドクターも日本に来ており、一緒に過ごしました。昨日は、上野のアメ横にいたのですがマッサージ屋さんに興味津々。足で踏むマッサージの写真を見て「これは南インドから来たものだ」とか、ハーブボールを見ては、「おお、使われているのか」と驚く。面白いですね。息子さんx2人+お嬢さんも一緒だったので、夕食をどこで [続きを読む]