感動の家創り さん プロフィール

  •  
感動の家創りさん: 感動の家創り
ハンドル名感動の家創り さん
ブログタイトル感動の家創り
ブログURLhttp://ameblo.jp/okamototakugon/
サイト紹介文「自分の家は自分で創る」
自由文「自分の家は自分で守る」そのための個々のご相談をメールにて受付て下ります!無料ですがメールのみの対応となるます。また、送られた個人情報はご本人の目的達成以外には用いません。              
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供286回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2011/03/01 14:45

感動の家創り さんのブログ記事

  • 若旦那・新潟南口
  • 今日は代理店様の展示会をコナシ、若旦那へ カメノコの十秒炙りをいただきましたカメノコとは・・・の〜〜〜〜〜⑧「しんたま」カメノコとはシンタマの部分で、赤身が多くやや硬い部分です肉厚の部分は柔らかそうに見えますが、ステーキなどにするとやや硬いため、焼肉や煮込み中心に商品化されていますだぁ〜そうです!味わいはロースを食べているかのようで(実際、ロースです)ワサビが良く合いました! でぇ〜肉が [続きを読む]
  • 女は強し!
  • 昨夜は一匹の蚊に2度ほど睡眠を邪魔され快眠とはいかなかったまだまだ、刺すような蚊ではないのだが耳元での不快音はイヤなものだ先ほど、その話をすると嫁:「あ〜ん、それならツブしたよ!」さすが、と言うか真っ暗な寝室でどうやってツブすのか? 女は強し!ですね〜〜〜! [続きを読む]
  • 「シェナカ」???
  • 昔、クイズ番組で司会者:「〇〇さん〜! あと1問正解でハワイ旅行ゲットです=!」となり〇〇さん:「うんっ〜がんばっぺ=!」       〇〇さんは東北のとある片田舎にお住まい司会者:「体の部分で(し)で始まる部分をお答え下さい?」〇〇さん:「う〜っと! う〜っと!」 「え〜っと?」          「あっつ!」       「シジャカブっつ!」→「ヒザカブ」「ヒザカブ」とはひざかぶ【膝株】[動カ五] [続きを読む]
  • 心でガッツ・ポーズ
  • 今朝、我が家の会話 私:嫁に「昨日、わからぬメール来たけど、何ぃ〜?」嫁:「息子に送ったので、転送しおいてぇ〜」私:「ショートメールだから転送できないよ=!」息子:「今、目の前に居るんだから口で言えばぁ〜」息子:「自分のミスなのに、まずは謝れないのは    ”女”独特の甘えだよぉ〜ん」息子:「”女”はヤダヤダ=!」嫁・私「・・・・・・・」 私:心でデッカイ・ガッツポーズ!!!!! [続きを読む]
  • バジリコ・スパにはお醤油
  • キャンティ・六本木http://www.chianti-1960.com/ 六本木のはずれ、飯倉片町。郵政省のはす向かいの白い小さなビルの地下に「レストランキャンティ」が昭和35年(1960年)に誕生しました。東京オリンピックへの前奏曲によって著しく様変わりした六本木で、キャンティもまた、文化、ひいては風俗の面で「変革」の一翼を担おうとしていました。キャンティは当時の日本には見られなかったスタイルの店で、レストランとはいえ商 [続きを読む]
  • 落ち込んでる商社マン
  • 落ち込んでる商社マン販売をして頂いている代理店の営業さんよりクライアントの請求単価が間違っているとの指摘...3日前より対応を商社の営業さんに頼んでいましたが是正されず、今日は代理店様よりお叱りの電話が・・・ドウナッチャッテルのか??? 調べると違うクライアント・コードの入力ミス=! 人間ミスは付き物だがこの商社営業、後回しで忘れてしまっていたらしい効くところによると全国展開中支店の中でこの [続きを読む]
  • 旬魚旬菜 極Dining若旦那
  • 今日は「旬魚旬菜 極Dining若旦那」駅前店大滝さん高橋さん五井さんありがとうございましたチコット見かけた「ゆ〜ちゃん」もありがとうございました 昨日に続けて新鮮トマトと白エビのから揚げ岩ガキのおかわりと〆は稲庭うどんをずるずると・・・ 明日は数件回って、会社に戻ります [続きを読む]
  • スマホ・傘トラブル
  • スマホの操作はのように両手を使いますね〜この時に荷物と傘をこんな感じで「ひっかけている」のを良くみかけます危険なのはもちろんですが他人のケガと洋服が汚れてしまいトラブルが頻発しています自分の荷物や傘の管理もできない奴にスマホを操作する権利はありません クソガキ=!解ったか=! [続きを読む]
  • 今年、8回目の新潟
  • 今週と来週は各・水曜日から週末で新潟入りです雨の多い新潟ですが、とりあえず今日は「ピーカン」で今週末まではお天気安定のようです 実は先週、部長から8月いっぱいで移動を内示され今回の新潟入りには少しだけいろいろな事が胸にこみ上げます先輩課長がほとんど出荷がなかった新潟で奮起し少しずつ量を伸ばして来た土俵を一緒になって伸ばしてきました 少し、ナーバスになります [続きを読む]