心霊-都市伝説ナビ- さん プロフィール

  •  
心霊-都市伝説ナビ-さん: 心霊-都市伝説ナビ-
ハンドル名心霊-都市伝説ナビ- さん
ブログタイトル心霊-都市伝説ナビ-
ブログURLhttp://shinreitoshi.com/
サイト紹介文恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1106回 / 365日(平均21.2回/週) - 参加 2011/03/02 18:15

心霊-都市伝説ナビ- さんのブログ記事

  • 【不思議体験】満員の銭湯
  • 俺が小学生の頃、近所に百年近く続く小さな銭湯があった。 まあ老舗とはいえ時代の流れか、客入りはそれほど良くなかった。 俺の爺さんはたいそうお気に入りで、その銭湯に通うのが楽しみの一つだった。 何の前触れもなくポックリと死んだが、その前日も通っていたくらいだ。 ある週末の夜、親父に銭湯に連れて行ってもらった。 服を脱いで勢いよく浴室の扉を引くと、驚いた。 続きを読む [続きを読む]
  • 【恐怖人間】夢の女性と暮らしていきます
  • 私は防音設備の全然なってない某有名なマンションに仕事の都合で住んでるんですけど。 住み始めてから数日たった頃、奇妙な夢をよく見るようになりました。 黒いキャミソールを着た20代後半ぐらいの黒目が異様に大きい女性が出て来る夢です。 女性の特徴として体型は痩せ型(少しやせ過ぎなぐらい)、髪はショートで黒に近い茶髪な感じです。 夢の中で私は部屋の中央に立っていて、女性は玄関から少しづつ近づいてくる、と言うよ [続きを読む]
  • 【不思議体験】今は長崎鼻にいるんだ
  • 鹿児島出身の祖父(故人)から聞いた話をひとつ置いて行かせて下さい 祖父は某漁師町(イリノ、という名前を聞いたのをぼんやり覚えています)の網元の出身で子供の頃から海で遊んだり魚を獲ったりして、海に慣れ親しんで大きくなったそうです ある夜、じいちゃんが家で寝ていると、夢の中でひっきりなしに誰かが呼ぶ声がしたそうです で、放っておくのもアレなので、ひとまず応じてみる事に じいちゃん「誰だよ、こんな夜中に…」 [続きを読む]
  • 倉敷市の鷲○山スカイラインと由○山のお札の家
  • 実は昨日、女性二人だけで心霊スポットに行ってきたんだけど、そのときの話。 私は霊感が並だけど、友人Mは霊感が強い女性。二人ともオカルト好き。 三日前、Mに、岡山にある心霊スポットに行こうと誘われて、私も最初は渋っていたが、興味はあったので行くことにした。 場所も事前に調べ、吟味した結果、倉敷市の鷲○山スカイラインと、おまけで由○山のお札の家近辺まで行くことになった。 続きを読む [続きを読む]
  • 【恐怖体験】土下座のような体制で・・
  • 俺の父方の祖母は三階建ての日本家屋に祖父と二人で住んでて、盆とか正月には家族で帰省してた。 そんで、五年前の盆に帰省した時に祖父が俺の親父になんか縁側で話してるのを俺が偶然聞いたんだよ。 祖父は親父に真面目な相談してたみたいだったんだけど、その時は詳しく聞き取れなかった。 続きを読む [続きを読む]
  • 【不思議体験】DQNの災難
  • こないだ夜八時くらいに墓の花替えに行ったんよ その前に墓参りした時に花枯れそうくらいだったので、まあ入れ替えとこうかなとうちの墓があるのは市営の墓地で、山手から市街地に抜けるショートカットにもなるんで、出入口開いてる&夜でもちらほら人がいるんだけど、今日はなんかわーわーきゃーきゃー騒いでる奴らがいるなと思ったんよ 周りに団地なんかもあるし、迷惑だなーと思いながらうちの区画行ったら、DQNな感じの人たち [続きを読む]
  • 【切ない体験】零戦乗りの祖父
  • 今年大往生した母方の祖父ちゃんは、零戦乗りだった。 戦中予科上がりだけど、特乙や特丙よりも前に出たので、それなりに操縦士の中でもエリート意識はあったらしく、飛行時間をよく自慢していた。 こっちから聞けば積極的に当時の話を聞かせてくれた。 その中で印象に残ったいる話を一つ。 続きを読む [続きを読む]
  • 【不思議体験】真っ黒な人型とばあちゃん
  • 今年の1月1日に大好きだったばぁちゃんが逝っちまった。 病院から帰ると急いで門松とか正月関連のものを片付けてじいちゃんは親戚に連絡。 昼間は葬式の準備とか手伝いで忙しく泣く暇すらなかった。 4日くらいたって正月ムードも終わりようやく葬儀を行えるようになるのだがその前の晩布団に入り泣いていたんだがいきなり金縛りにあった。 続きを読む [続きを読む]
  • 【不思議体験】猫に会いに行こう
  • その頃私は朝5時くらいに散歩に行くのが習慣になってたんだけど ある日歩いてたら1匹の野良猫にあったんだ。 凄いやせてて、顔もこけてて今にも死にそうだったけど愛想があってかわいい子だった。 あいにく食べ物とか持ってなくて「ごめんね」っていってその日は別れたんだ。 次の日「昨日の猫に会えたらあげよう」と思ってキャットフードもって散歩に出た。 そしたら昨日あった猫が車に轢かれて死んでたんだ。 かなりショックだっ [続きを読む]
  • 【恐怖体験】実際に人が亡くなった溜池
  • 10年以上前、友人と近所の心霊スポットに遊びに行きました。 10代の頃によくあるノリです。時間は2時か3時頃だったと記憶しています。 そこにある、実際に人が亡くなった溜池を、友人が当時まだ珍しかったケータイカメラで撮影した時です。溜池の奥からくぐもった音で「くるしい、タスケテ」のような声が聞こえ、突然友人のケータイの電源が切れました。 続きを読む [続きを読む]
  • 【不思議体験】指きり地蔵様
  • 俺の実家の近所に「指きり地蔵様」と呼ばれてる地蔵がある。 指の部分がちょうど指きりできるみたいに変に曲がってるから「指きり地蔵様」。 小さい頃、その地蔵様と指きりをしたことがある。近所の婆様方には止められてたけどね。 どうしてもやりたかったんだ。 続きを読む [続きを読む]
  • 【不思議体験】不気味な人形
  • 私は進学校から、そこそこの地方国立大学に入学しました。 憧れのキャンパスライフ。期待が膨らみます。 朝、一人暮らしするために借りたアパートから出て、大学へと向かいました。 大学までは歩いて五分ほどの距離です。 その道の途中に、大きな交差点がありました。 歩行者信号が赤だったので、私はとりあえず青になるのを待っていました。 向いの歩行者道路には、老人夫婦が信号をまっているのが見えてました。 その老人夫婦、 [続きを読む]
  • 【不思議体験】大型トラックの男性
  • 昔親父が雪深い山の現場でバイトしてた時の事。 妻子をおいて、季節労働に来てる男性がいて、皆から頼られる リーダーとして、現場を仕切っていました。 ある日、現場に入ったばかりの若造二人が、猛吹雪の中調子コイて 飲みに行ってしまいました。 案の定、いつまで経っても帰ってこない。 続きを読む [続きを読む]
  • 【切ない体験】クマに生まれ変わったの?
  • 2年前、彼と死別しました。 彼が亡くなる3ヶ月ほど前、デートでの出来事です。 彼は私の膝枕が大好きで、公園のベンチで膝枕をしていたときのこと。 私が「なんか○○ってクマさんみたいだね」って言うと 彼は「そうかな? 生まれ変わったら優しいクマになってお前を癒してやるよ」って優しい笑みを浮かべて言いました。 彼はその後、病でこの世を去りました。 続きを読む [続きを読む]
  • 【不思議体験】Aに着いて行ったBが体験したのは・・ 前編
  • 友人のAとBから聞いた話を書きたいと思います。 Aが大学に進学し、アパートで一人暮らしを始めて2年目の頃の話。 近々雪も降りそうな初冬の深夜、Aは部屋に電気をつけたままコンビニへ行った。 新刊雑誌を立読みし、飲み物を買って部屋に帰った途端、携帯電話が鳴り出した。 時計を見ると、午前2時半。誰かと思い着信を見ると、友人のBだった。 Bは、Aと高校で同じクラスで、お互いに本を貸し借りする仲だったが、進学先 [続きを読む]
  • 【切ない体験】登校拒否元の私が飼ってもらった兎
  • あたしは色々あって、学校に行ってなかった。 今では馬鹿じゃねーの、とかその時の自分のことを思う。 毎日泣いて、死ぬことばっか考えてた。誰も信じられなかった。すんげー厨二病だったんだよな。 家族と会話しなかった。友人とも話さなかった。そんなあたしを見かねて親が一匹の兎を飼ってくれた。 最初は「どうせ死んじゃうんだからまた一人になる」とか考えて拒否ってた。 続きを読む [続きを読む]
  • 【不思議体験】テントの上の白いヒラヒラ
  • 10年以上前の、実話です。 当時小学生でしたが、自分の家族といとこの家族でキャンプすることが夏の一大イベントでした。 その年、静岡県のあるキャンプ場にいったときの話です。   いつも通りカレーをつくったり釣りをしたりして楽しみ、あっという間に次の日になりました。 朝、叔母さんが「昨日、トイレで夜起きたんだけど○○ちゃん(僕の名前)のテントの上に白いヒラヒラが見えたよ。タオルみたいな。風になびいててちょう [続きを読む]
  • 【恐怖体験】箕面線の桜井駅
  • 箕面線の桜井駅の事なんだけど飛び込みが多くて電車が止まったりなんて事が割りとあった。 そんな駅を通学で使ってて同じ学校に通ってる友達(加藤)に話したら数人 集めて肝試しに行こうってなった。 まだ高校生だったし本格的にやろうとは思ってなかったので深夜とかじゃなく学校が終わって直行で夕方くらいにって計画していた。 結局誘って来たのは加藤と共通の友達で同じクラスの新田だけだった。 続きを読む [続きを読む]