自給自足Life さん プロフィール

  •  
自給自足Lifeさん: 無農薬自然栽培でカンタン持続可能な家庭菜園
ハンドル名自給自足Life さん
ブログタイトル無農薬自然栽培でカンタン持続可能な家庭菜園
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/taotao39
サイト紹介文信州安曇野の大地で育てる自給農園で、日々の営みや生命を通して感じることや想うことを発信するブログ
自由文自給自足、半農半X、田舎暮らしのコツ情報が盛りたくさんです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/03/03 22:31

自給自足Life さんのブログ記事

  • 自然菜園スクール『自然育苗タネ採りコース②』クン炭・春野菜種まき編
  • 本日、の予報。本日2本目のブログ。自然菜園スクール『自然育苗タネ採りコース』の続き、育苗土や踏み込み温床に欠かせないのがクン炭です。つまり、お米の籾の炭です。お米の籾は、ケイ素というガラス質が主成分のため、とても固くそのままでは分解されにくく、しかも多少くず米が混ざっているのでそのまま使うと鳥や獣の害を招きます。そこで、クン炭焼き煙突なる道具をつかって、鉄板越しに籾を焼いてクン炭を作ってから、使用 [続きを読む]
  • 自然菜園スクール『自然育苗タネ採りコース②』踏み込み温床編
  • 本日、。寒い日が続きます、先週自然菜園スクール『自然育苗タネ採りコース』では、踏み込み温床をみんなで踏み込んだり、クン炭を焼いたり、春野菜を蒔いたりしました。去年「冷床」(加温しない育苗の場所)だったところを今年は穴を掘り、「踏み込み温床」を作りました。奥のスペースは、去年穴を掘り温床にしていたところで、冬の間タマネギとホウレンソウを育てており、冬の間ホウレンソウは食べ終わったので、現在タマネギが [続きを読む]
  • 自然菜園スクール『自然稲作・発酵コース』3月
  • 本日、のちの予報。昨日は、自然菜園スクール『自然稲作・発酵コース』が開校しました。初回なので、ガイダンスと自己紹介を行ってから、まず、自然稲作では、「地域風土」×「品種」×「稲作(栽培)スタイル」によって真ん中を射抜くように行うことが、最も自然に稲が育つ方法になってくるキモの話や、後半予定している稲の芽出し、育苗の目標とその方法を座学で勉強しました。その後田畑の見学会を通じて、元農薬・化学肥料で行 [続きを読む]
  • 春の風物詩【田んぼの春起こし&野焼き(畦焼き)】
  • 本日、。全く、降っていなかったので久々ので、春の長雨でした。昨日は、春分でていたので、が降る前にやってしまいたい野良仕事がありました。田んぼによってどのような管理がいいのかは変わってきますが、湿地に生えている草に困っている田んぼは、冬期乾かすに限ります。うちの田んぼも粘土強くコナギ、オモダカなど湿地の草が生えやすい田んぼなので、冬の間しっかり乾くように秋起こししておきます。荒く耕した秋の田んぼの土 [続きを読む]
  • 自然菜園の挑戦(元田んぼを果樹園にする)
  • 本日、の予報。福寿草花は咲き、と水仙が芽ぶきは始めました。わずかですが、フキノトウも出てきました。春の足音がいつもよりも早い感じです。自然菜園5年目の自然菜園です。自宅から近いので、キッチン&シードガーデンと名付けており、不織布の下で、春キャベツが巻いてくれています。田んぼの雪もなくなり、昨日降った雪で真っ白でしたが、今朝はもう溶けておりました。3〜4人家族自給用の田んぼ4アール(400?=4畝)で、除 [続きを読む]
  • 堆肥の腐敗実験(堆肥と病虫害、保存性の関係)
  • 本日、。今月は、菜園教室の各コースが開校するので、事務手続き(PC)メールと資料づくりなど段取りが忙しくなってきました。あと来週から育苗が始まるので、超農繁期が始まります。3月はなるべく家庭菜園の失敗率を下げるために、写真は、城山公民館(夜間)自然菜園入門講座の様子1)菜園プラン2)無農薬栽培の考え方(イメージ)3)完熟堆肥チェックの仕方を中心に、お話しさせていただいております。というのも、この10年の [続きを読む]
  • 自然菜園スクールいよいよ始まる(入門コースのガイダンス&緑肥mix蒔き)
  • 本日、の予報。昨日帰宅すると、農文協さんから封書が届いておりました。ついに奇跡が起きました!『これならできる自然菜園』(農文協)、初版2012年の自然菜園シリーズ最初の本が、10版を重ね、累計28,000部 になり、これで拙著自然菜園シリーズが累計7万部を突破しました。これも一重に、皆様のお蔭ですし、新米の私を見出し、3年間も只管編集を支えてくださった農文協のベテラン編集者さんのお蔭の奇跡です。今日確認したとこ [続きを読む]
  • 自給稲作セミナー 美味しいお米を育てよう!(自然農法センター)
  • 本日、。今日は、久々にブログの更新です。今年の2月は関西での講演会、地域の活動など、いつもの年とも違っており多忙を極め、先週風邪をひき寝込んでいた関係もありブログ更新ができませんでした。風邪というのはその時辛いですが、(今回は高熱&3日間断食になりました)過ぎてしまうと身体がスッキリし、身体も軽くなりますし、なにより今回は空腹を味わうことにつながりとても良い休暇・養生になりました。食べない身体は、 [続きを読む]
  • 大阪講演会『自然菜園で自給自足Life』スモール・ファーマーズ・カレッジ
  • 本日、。2/4(土)は、大阪の摂津市に、スモール・ファーマーズ・カレッジさんの交流会イベント「Small Farmers Day」にゲストスピーカーとして行ってきました。会場には、約150人のスモール・ファーマーズ・カレッジさんの卒業生たちが、講演会に集まっておりました。第一部の一人目のゲストスピーカーは、兵田大和さんでした。一人目ゲストは脱サラハンターの兵田大和氏で、京都北山で活躍するハンター兼ジビエプロデューサーで [続きを読む]
  • 雪の中でも採れたてホウレンソウ(踏みこみ温床の再利用)
  • 本日、。2/25(土)26(日)に神奈川、東京で「自然菜園で自給自足」をテーマに講演会をさせていただくことになりました。FBイベントページのアドレスは以下の通りです。公開に設定してありますので、FBに登録していない方でもご覧にいただけます。https://www.facebook.com/events/1643843115916646/今年で自然農法を始めて20年。菜園教室を初めて10年目の節目に当たります。20年間の学びを8年間お世話になった関東、東京でお [続きを読む]
  • ダイズ・エダマメの自家採種(選別・保存)
  • 本日、の予報。種子豆クズ豆なかなか進まない仕事や、パソコン仕事、雪かきで疲れた時に、結構進むのがダイズ・エダマメの選別です。お盆の上に豆を転がし、転がらなかったクズ豆を除け、自家採種の場合は、写真のように、一番右の病気なく、綺麗な大粒を選びます。ちなみに、左は、カビ、中央は「紫斑病」の種子。これは、奥原早生エダマメの自家採種です。エダマメは、糖質が高かったり、種子として収穫の時期にカビやすいため、 [続きを読む]
  • のらのらプレゼント
  • 本日、。ここのところ、自然菜園スクール2017、自給自足Lifeスクールの募集に始まり、果樹の剪定講習会5日間、雪かき&小冊子づくりなど今年もなかなか忙しい幕開けでした。3年前の春の大雪はもうごめんですが、雪がないのも困りもの。現在、雪に覆われた田畑を観て一安心です。雪は、ミネラルを含み、積雪はカマクラ状態に大地を保湿してくれます。雪かきは大変ですが、これで今年も豊作となってくれそうな予感です。少しずつ整理 [続きを読む]
  • 道法正徳さんの自然栽培の果樹講習に参加して
  • 本日、の予報。ここ2日間、長野県松代町にある里山再生事業部 杏っ子の里ハーモアグリに通っております。というのは、去年から本腰を入れて果樹栽培を学び始めました。昔、師匠がみかんを自然農法で育てていたこともあり、ちょっとは果樹栽培を見学したことはありましたが、農薬・肥料を使わず、果樹栽培の方法が一般的に確立していないこともあり、本やちょっと見学した程度では、正直わからないことだらけで迷走しておりました [続きを読む]
  • 明けましてお芽出とうございます。
  • 本日、の予報。明けましてお芽出とうございます。本年もよろしくお願いいたします。もう知っている方もおられるかもしれませんが、2/25(土)26(日)に神奈川、東京で「自然菜園で自給自足」をテーマに講演会をさせていただくことになりました。FBイベントページのアドレスは以下の通りです。公開に設定してありますので、FBに登録していない方でもご覧にいただけます。https://www.facebook.com/events/1643843115916646/今 [続きを読む]
  • いよいよ、菜園教室2017年・募集開始!(ニンジンの自家採種と保存)
  • 本日、。昨日、お蔭様です、なんとかホームページから2017年度の「自給自足ライフスクール2017」 「自然菜園スクール2017」の募集要項を無事更新アップできました。元々パソコンが苦手だったこともあり、パソコンの得意な友人たちにお世話になりながら更新してきましたが、少しずつではありますが、自分でホームページをアップできるようになってきましたが、時間がかかりかなり疲れましたので、結局ギリギリの年内告知になってし [続きを読む]
  • いよいよ冬至(最終収穫その1とハクサイの保存)
  • 本日、。この3日間は、秋のように温かい日が続きました。朝は霜が降りましたが、日中は、温かく、今日を除いてハクサイ、キャベツなどの結球野菜を全部収穫し保存するのに適した日はないと思いました。そこで、霜が解けてから、野菜が全部自然解凍するように、不織布をすべて取り除き、太陽をしっかり当てて収穫準備をしました。ハクサイは、今年は良くできました。良く出来た背景には、新しい栽培方法の確立がありました。今まで [続きを読む]
  • 4年間のグループ自然菜園コンサル(せたがや自然農実践倶楽部)
  • 本日、。昨日は、東京のせたがや自然農実践倶楽部さん(通称:せた農さん)に最後のグループコンサルを行いに行ってきました。思い起こせば、5年前の「東京で自然農をはじめよう!」がすべての始まりでした。東京の一等地の住宅、公民館、小学校に囲まれた一角にある自然農の畑に通っている元生徒さん2人が中心になり、私に畑を指導してほしいと依頼がありました。その時の畑は、今とは全くと言っていいほど違い、ドクダミ、スギナ [続きを読む]
  • どんどん良くなる持続可能な無農薬・菜園プランについて
  • 本日、の予報。昨日学研プラスさんから朗報が届きました。皆様のお蔭で、『1?からはじめる自然菜園 』(学研プラス)5刷(累計15,500部)となりました。この本は、初めての方や狭い畑の方でもすぐに実践でき、勉強をされ、実践している方からすると魔法のような切り口でご紹介できればと、「野菜だより」(学研)さんの連載を1冊にまとめた本だけに、正直嬉しい限りです。この場をお借りしてお礼申し上げます。この本が生まれた [続きを読む]
  • 柿酢づくりと冬ハウス
  • 本日、、の予報。毎朝、天気の良い日は霜が降りております。タマネギは、そんな天候の中着実に根を張っているようです。土蔵の脇に、夫婦柿があります。今、果樹の勉強研究中で、この柿の剪定はとても勉強になっております。今年は柿が豊作で、干し柿も作ったのですが、食べきれないので、食用の柿酢でも実が余ったので、農業用の柿酢を仕込むことにしました。うちでは、育苗中と、野菜の定植などでストチュウ水を作る際に、酢を使 [続きを読む]