GAN さん プロフィール

  •  
GANさん: The seaside of shonan
ハンドル名GAN さん
ブログタイトルThe seaside of shonan
ブログURLhttp://shonan1990.blog57.fc2.com/
サイト紹介文湘南在住のGANによる徒然日記。 鉄道旅行記など中心に、日々グダグダと書いています。
自由文最近は旅行記がblogのメインになりつつあります。
ご興味がある方は是非ご覧いただければと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/03/04 09:37

GAN さんのブログ記事

  • ちょっと寄り道、会津駅巡り その4
  • 2日目-2(5/1) 【湯野上温泉駅】芦ノ牧温泉8:16→湯野上温泉8:30会津鉄道の旅の続き。芦ノ牧温泉から「AIZUマウントエクスプレス」に乗り込み、先へ進みます。普通乗車券だけで乗車できる列車ですが、なかなか豪華な内装でした。芦ノ牧温泉南駅を出た直後に眼下に現れるダム湖、若郷湖。阿賀野川の上流部分にあたり、付近には大川ダムがあります。そして、咲き誇る桜に誘われ途中下車。芦ノ牧温泉から列車で15分ほどの距離ですが [続きを読む]
  • ちょっと寄り道、会津駅巡り その3
  • 2日目-1(5/1) 【芦ノ牧温泉駅】2日目のスタートは会津若松駅。天気予報によれば、今日は一日不安定な天気らしく…朝からどんより。ホームにはこんな車両が停まっていました。会津若松6:58→芦ノ牧温泉7:19さて、本日は会津鉄道〜東武鉄道経由でのんびり関東に戻ります。このルートはかつて幼少の頃に乗ったことがあるようなのですが、当然記憶はなく…。実質初乗車の路線だけに、車窓も楽しみです。列車は西若松で只見線から離 [続きを読む]
  • 軽快
  • 今日は「軽快」というキーワードで2つ、最近の出来事を。1つ目。先週末の話ですが、デスクトップのストレージをSSDに付け替えました。といっても、写真の保存にはこれまで通りHDDを使用し、OSはじめ各種起動部分だけをSSDに乗せ換えた感じ。まだPC自体買ったばかりでソフトもあまり入っていないので、120GBにしました。やはりSSDの起動は恐ろしく早く、換装後は立ち上げからパスワード入力画面までものの10秒。ligtroomの起動 [続きを読む]
  • ちょっと寄り道、会津駅巡り その2
  • 1日目-2(4/30) 【会津柳津駅】会津坂本→会津柳津(徒歩)会津駅巡りの続き。会津坂本を後にし、昏れなずむ道を歩く…。やがて日は山陰に。そして会津坂本駅から歩くこと45分、静態保存されたSLの奥に目的の駅が見えてきました。1928年開業の会津柳津駅。只見線では数少ない、古い木造駅舎が残る駅。ギリギリ明るさが残ってるうちに駅舎が拝めて良かった。。1993年以来無人駅ですが、待合室は広く、手入れも行き届いています。 [続きを読む]
  • ちょっと寄り道、会津駅巡り その1
  • 1日目-1(4/30) 【会津坂本駅】郡山15:45→会津若松16:50GWの帰省ついでにいくつか駅を巡ってきたので、今日から数回にわたり、その時の様子をお伝えしていきます。今回の起点は福島のジャンクション、郡山。まずは「フルーティア」を連結した磐越西線で会津若松へと向かいます。車内はGWとは無縁な感じの空きっぷり。のんびりと車窓を楽しむ至福の時。風光明媚な磐梯山の大パノラマ。沿線にはまだ桜も結構残っていて、斜陽に照 [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 目次
  • その1(3/23)  1日目−1  【北海道、そして留萌本線へ】その2(3/23)  1日目−2  【大和田駅】その3(3/23)  1日目−3  【藤山駅】その4(3/23)  1日目−4  【北一已駅】その5(3/23)  1日目−5  【秩父別駅】その6(3/23)  1日目−6  【北秩父別駅】その7(3/23)  1日目−7  【石狩沼田駅】その8(3/24)  2日目−1  【宗谷本線 [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その22(最終回)
  • 4日目-3(3/26) 【恵比島駅、そして帰路】長々と続けてきた北海道旅もいよいよ最終回。真布駅から歩いて辿り着いた恵比島駅が、今旅最後の訪問駅です。ちなみに、駅舎は左側ではなくて…このトイレ的な物体が恵比島駅舎。一方左側の立派な建物は、1999年にNHKで放映されたドラマ「すずらん」のロケで使われたセットなんです。駅前のこちらの建物(中村旅館)もドラマで使われたものみたいですね。あいにく私はドラマ自体見たこと [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その21
  • 4日目-2(3/26) 【真布駅】峠下7:12→真布7:24北海道旅、最終日の続き。朝一で峠下駅を訪問したのち、真布駅へ。くだらないことをしてみる。板張りのホームに木造の待合室が備え付けられた駅。駅の造りとしては、初日に訪れた北秩父別と酷似しています。ただ待合室は結構大きく、天井も高いです。北秩父別のように、出入りする度、頭をぶつける…なんて心配も無用。笑でも、その待合室の中が香水か何かでやたらと臭く…長居でき [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その20
  • 4日目-1(3/26) 【峠下駅】旭川5:18→深川5:36 特急ライラック2号北海道旅も最終日。残された時間はあと僅かですが、どうしても行きたい場所があり、朝一の特急で深川へ。3月の北海道とはいえ、5時半頃にはだいぶ明るくなってきました。深川に到着。ここからは、今旅二度目の留萌本線。深川5:44→峠下6:10この朝一の列車(4921D)ですが、2012年12月の北海道旅で乗車したのと同じ列車、そして列車番号も当時と変わっていません [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その19
  • 3日目-7(3/25) 【塩狩駅】北永山16:58→塩狩17:26北海道旅の続き。3日目の最後に訪れたのは、塩狩駅。残照に染まる山並みをバックに列車が去っていくと、駅には静寂が訪れます。塩狩峠のサミットに位置する当駅の標高は256m。そのため、他の駅に比べて雪の量も多く、冷え込みも厳しい…。赤く燃える木々。間もなく日が落ちます。ここには古い木造駅舎が健在。駅としての開業は1924年とのことで、あるいはその頃からの駅舎なのか [続きを読む]
  • 藤の庭
  • 今日は日帰りであしかがフラワーパークへ。GW、晴天、そして藤の見頃という条件が重なり大変な混雑でしたが、噂に違わぬ素晴らしい景色に心癒されました。その他の写真は、新しく立ち上げた以下のBlogに掲載しています。(右側のリンクにも追加しました)http://preciousjunk.jugem.jp/めっきり鉄道旅に出かける機会が減ってしまったここ最近。今でこそ北海道旅行記を書いていますが、それを書き終えてしまえば、またいつこのblog [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その18
  • 3日目-6(3/25) 【永山駅、北永山駅】北海道旅3日目の続き。「快速なよろ」で旭川に向かう途中、永山駅にて途中下車。広い待合室のある有人駅。駅舎は古いのか新しいのかイマイチ分かりませんが、古いものをリニューアルしながら使っているのでしょうか。ここまでくるとすっかり旭川の市街地。駅前に停められた多くの車が、この駅の利用者が多いことを物語っています。永山→北永山(徒歩)そんな永山駅でしたが、正直あまり惹か [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その17
  • 3日目-5(3/25) 【上幌延駅】北海道旅3日目の続き。南幌延駅から歩くこと30分、上幌延駅に到着。駅前には民家があり、これまでの駅に比べると辛うじて生活感が感じられます。辛うじて。安牛駅と同様、砂利敷きのホームに貨車改造の駅舎が置かれたスタイル。でも周りが開けているため、受ける印象は安牛と大分異なります。駅舎内。なぜか、小学校の職員室とかでよく見るオフィスチェアが1脚。一方下沼駅には、やはり小学校で使 [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その16
  • 3日目-4(3/25) 【南幌延駅】雄信内10:10→南幌延10:19北海道旅3日目。雄信内駅を後にし、再北上。南幌延駅で下車。板切れホームのみがある駅。一応水平をとって撮影したんですが、ご覧の通り駅名標自体が傾いているため、幌延町が作成する携帯クリーナーでも「右肩上がりのダンディズム」の二つ名が付いています。ただ利用者は右肩上がりどころか…糠南駅などとともに、廃止候補として挙げられている駅の一つ。この周囲の風景を [続きを読む]
  • NEW PC
  • 私事で恐縮ですが…パソコンを買い換えました。これまで使っていたのは、大学入学を機に買った東芝のノートパソコン。初のマイパソコンでした。パソコンの用途は画像取り込みとiTunes、画像処理くらいだし、撮り溜めた画像は殆ど外付けHDDに入れていたため、まあスペック的に十分とは言いがたいけど、困るほどでもなく。ただ、如何せん購入から8年。いつどうなるかわからないし、何よりフルサイズ機のraw現像にはスペック的にも限 [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その15
  • 3日目-3(3/25) 【雄信内駅】北海道3日目。安牛駅から歩くこと1時間20分、ついに辿り着いた雄信内。長い道のりを歩いた末に、目の前にこの駅舎が見えてきたときの感動と言ったら、もう…。かなり年季が入ってはいるものの、窓サッシや車寄せ部分の柱などは最近改修されたようで、やたらと綺麗でした。冬場は除雪作業員の詰所にもなるようですので、駅としてはほぼ存在意義を失った今でも大切にメンテナンスされているんでしょう [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その14
  • 3日目-2(3/25) 【安牛から雄信内へ】安牛駅→雄信内駅北海道旅、3日目。7時過ぎに安牛駅を後にし、6.5kmの駅間歩きに挑みます。背中には10kg超のザック。ホント行けるのか…。車通りは決して多くありませんが、たまに通る車は恐ろしいスピードで脇を駆け抜けていくため、なかなか神経を使います。。それでも辺りに広がる景色は素晴らしくて。そのまま額に入れて持って帰りたいくらい。このあたりでは牛の姿も見受けられました。 [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その13
  • 3日目-1(3/25) 【安牛駅】北海道旅、3日目は最北の街からスタート。南稚内5:24→安牛6:34まだ薄暗い中、始発列車に乗り込んで稚内の地を離れます。南稚内を出ると車窓に広がる、宗谷丘陵の風景。ここは本当に日本か…?と疑いたくなる、最果て感。利尻富士は…下半分のみ…。宗谷本線の車窓はやはり唯一無二、ここにしかない風景。南稚内から南下すること1時間、本日最初の下車駅が近づいてきました。安牛駅。利用者はほぼいな [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その12
  • 2日目-5(3/24) 【南稚内へ】始発で旭川を発って問寒別、糠南、北星と巡った旅二日目。訪問駅は僅か3駅だけですが、この日はあと宿のある南稚内へ移動するのみ。宗谷本線の本数の少なさと移動距離の長さが駅巡り泣かせです。。途中、音威子府にて長時間の停車。音威子府村は北海道で一番人口の少ない自治体。今や人口は1000人を割り込んで800人ほどですが、そのうち、100人以上が村内の美術工芸高校に通うため、寮で暮らす高校生 [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その11
  • 2日目-4(3/24) 【北星駅】糠南12:15→北星14:08北海道旅、続き。糠南駅の滞在を終え、宗谷本線を旭川方面に戻ります。無駄に思えるこの移動も、本数が少ない路線ならではの苦肉の策…。糠南駅から戻ることたっぷり2時間、ようやく下車する駅が見えてきました。北星駅。ここも宗谷本線の中ではあまりにも有名ですが、昨年利用者僅少により廃止が検討されていることが報道された、秘境駅の一つ。百聞は一見にしかず、無くなる前に [続きを読む]
  • 広角レンズ
  • 今日は旅行記を休み、機材の話。新カメラを買ってからというもの、完全に「撮る楽しさ」が再燃してしまい、順調にレンズ沼に嵌まってきてしまっています。以下、現在の所有レンズ。①CANON EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM②TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD③CANON EF50mm F1.8 Ⅱ④CANON EF40mm F2.8①はカメラ本体と同時に買ったもので、廉価版のフルサイズ対応レンズ。中古品で、だいぶお安く買っていますが、大体はこのズー [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その10
  • 2日目-3(3/24) 【糠南駅】問寒別駅から歩くこと30分弱。宗谷本線随一の秘境駅、糠南へ。インパクトが半端ない…。周りには見渡す限り何もありません。ところどころロールが転がっているところを見ると、牧草地か何かなんでしょうかね。そんなロケーションに加え、このホーム上の物置、もとい待合室の存在も、この駅の魅力を高める一因。ご覧の通り、正真正銘の物置です…。そんな物置の中に貼ってあった各駅の見所を記したポス [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その9
  • 2日目-2(3/24) 【問寒別駅】宗谷本線に揺られること4時間、問寒別駅で下車。旭川から既に170?以上走って来たことになりますが、稚内はここから北にさらに80?。遠い…。ホームには何やら動物の足跡が…こんな光景も北海道らしいですね。貨車改造の駅舎が佇む北海道らしい駅ですが、駅舎リニューアルされ小綺麗な感じで、もはや貨車だった当時の面影はあまり残っていません。近年宗谷本線のダルマ駅はリニューアルが進んでいる [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その8
  • 2日目-1(3/24) 【宗谷本線を北上】旭川6:03→問寒別9:59北海道一人旅、二日目。晴れ渡った旭川駅がスタート地点。今日は宗谷本線の旅。昨年春のダイヤ改正でただでさえ少ない普通列車が減便されてしまい、もはや駅巡りも至難の技…ですが、今日から二日間、徒歩も絡めてできるだけ多くの駅を回りたいと思います。旭川から稚内に直通するただ一本の列車、321Dに乗って最初の目的地へ。列車は2両編成で、後ろ1両は名寄止まり。15 [続きを読む]
  • 北海道駅巡りの旅 その7
  • 1日目-7(3/23) 【石狩沼田駅】北秩父別18:23→石狩沼田18:27北海道旅初日、最終回。北秩父別から深川方面の列車は既にないため、一旦留萌方面に戻り、石狩沼田駅で下車。現在は駅舎側のホームしか使われていませんが、右側にはかつて使用されていたホームがまだ残っています。現在使われていないホームにて、雪に埋もれた駅名標。かつては札沼線も分岐していた石狩沼田駅。コンクリ造りの比較的大きな駅舎は1972年の改築とのこ [続きを読む]