GAN さん プロフィール

  •  
GANさん: The seaside of shonan
ハンドル名GAN さん
ブログタイトルThe seaside of shonan
ブログURLhttp://shonan1990.blog57.fc2.com/
サイト紹介文湘南在住のGANによる徒然日記。 鉄道旅行記など中心に、日々グダグダと書いています。
自由文最近は旅行記がblogのメインになりつつあります。
ご興味がある方は是非ご覧いただければと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/03/04 09:37

GAN さんのブログ記事

  • 北海道駅巡りの旅 その1
  • 1日目-1(3/23) 【北海道、そして留萌本線へ】羽田空港7:30→新千歳空港9:00 JAL503便3月23日、旅初日。羽田空港が今回の旅のスタート地点。出張で貯めたマイルで特典航空券を予約し、休みを2日も頂き、ようやく訪れた北海道行きのチャンス。少しの時間も無駄には出来ないと、羽田7時半発の飛行機で北海道へと渡ります。2012年12月の一人旅以来、およそ4年4か月ぶりの北海道へ、いざ。新千歳空港9:15→札幌9:52幸い、一番懸念し [続きを読む]
  • また日常へ
  • 旅から帰ってきました。画像の整理と現像が大変そうですが、時間を見つけ、鮮度の落ちないうちに旅行記としてまた書いていきたいと思います。旅の行き先は北海道。相次ぐ駅の廃止や、路線廃止検討の報を受け、のんびり駅巡りができるのも今のうちだけかもしれない…と。ほんと印象的な風景に多く出会えた、いい旅でした。あー、明日仕事行きたくないなぁ…。はぁ…。 [続きを読む]
  • 江ノ電ぶらり散歩 その4(最終回)
  • 【鎌倉高校前〜江ノ島】江ノ電散歩最終回。稲村ヶ崎駅から歩いてやって来たのは鎌倉高校前。スラムダンクファンの聖地でもあり、今や中国人観光客で連日の大賑わい。マナーを守ってくれるならいいですが、中には高校に無断で侵入してしまうケースもあるようで…。この日の方々は比較的マナーを守っていたように思いますが。ここまでくると江ノ島もすぐ近く。縮小率は落としていますが…結婚式の前撮りなのか、こういうコスプレなの [続きを読む]
  • 旅に出ます
  • 買いました、青春18きっぷ。(ヤフオクで買ったため、4回分のみ)18切符を買うのは2013年春の九州旅以来、実に4年ぶりです。そんなに買ってなかったのか・・。無事にお休みをいただいたので、少し旅に出てきます。 [続きを読む]
  • 江ノ電ぶらり散歩 その3
  • 【稲村ヶ崎駅〜鎌倉高校前駅】江ノ電散策の続き。稲村ヶ崎駅から再び江ノ島方面へ歩く…。少し歩くと、江ノ電の見どころの一つ、併用軌道が現れました。道路と線路の間には柵も何もなく、間近を列車が走っていく様は迫力満点。線路脇の至る所に「線路内立入禁止」の看板があるにもかかわらず、こうして線路を渡らなければ辿り着けない場所がある…。こういった妙な矛盾もまた江ノ電の魅力の一つ。線路の向こう側に門や階段を見つけ [続きを読む]
  • 江ノ電ぶらり散歩 その2
  • 【長谷駅〜稲村ヶ崎駅】江ノ電散策の続き。長谷駅から再び江ノ島方面に向かって歩きます。江ノ電らしさを出そうと試みた一枚ですが…中途半端。。途中、良い感じの神社があったので立ち寄ってみることに。御霊神社、別名権五郎神社とも。創建は平安後期とも言われ、関東平氏にゆかりのある由緒ある神社のようです。境内の目の前を江ノ電が走っており、鳥居と江ノ電を一緒に写せるなかなかの好撮影スポット。ちょうどタイミングよく [続きを読む]
  • 江ノ電ぶらり散歩 その1
  • 【鎌倉駅〜長谷駅】今日から数回にわたってお伝えするのは、先日ふと思い立って江ノ電沿線を散策してきた際の記録です。今回は徒歩メインの予定ですが、一応600円で買えるフリーパス「のりおりくん」を買い、鎌倉〜和田塚の一駅はまず電車で移動。時期柄、行き先表示はひな祭り仕様。和田塚で下車。適当にぶらぶらしてみます。細い路地の奥に駅の入り口があったり…線路脇にすぐ甘味処があったり…いきなり江ノ電らしさ全開です。 [続きを読む]
  • 秩父鉄道駅巡り 目次
  • 秩父鉄道駅巡り その1  【大麻生駅】秩父鉄道駅巡り その2  【野上駅】秩父鉄道駅巡り その3  【樋口駅】秩父鉄道駅巡り その4  【大野原駅】秩父鉄道駅巡り その5  【三峰口駅】秩父鉄道駅巡り その6  【白久駅】秩父鉄道駅巡り その7  【武州日野駅】秩父鉄道駅巡り その8  【武州中川駅、影森駅】秩父鉄道駅巡り その9  【御花畑駅、浦山口駅】秩父鉄道駅巡り その10 【皆野駅】秩父鉄 [続きを読む]
  • 秩父鉄道駅巡り その13(最終回)
  • 【親鼻駅、波久礼駅】上長瀞17:12→親鼻17:14秩父鉄道の駅巡り、最終回。上長瀞から一駅、薄暮の親鼻駅で下車。ホームは千鳥配置となっていて、構内踏切を渡ることで駅舎へアクセスできます。1914年の開業。屋根に特徴のある木造駅舎。ここもまた6分のみの滞在で、どの写真もただ撮っただけ…。屋根に特徴のある駅舎…と書いておきながら、この時は上を見上げることもなかった…。慌ただしくて、この駅に関しては空の色が綺麗だっ [続きを読む]
  • 秩父鉄道駅巡り その12
  • 【長瀞駅、上長瀞駅】ダラダラと続けていた秩父鉄道駅巡りもフィナーレが近づいてきました。次に下車したのは長瀞駅。1911年開業。駅舎は後年建てられたもののようで、ネットでは1914年ないし1923年の竣工との情報がヒットします。リニューアルはされているものの、古くてモダンな雰囲気が素敵です。駅舎内。電灯がまた良い雰囲気。 一大観光地だけあって、駅員さんも多数いらっしゃいます。ちょうど列車が到着したタイミングだっ [続きを読む]
  • 秩父鉄道駅巡り その11
  • 【和銅黒谷駅】皆野15:30→和銅黒谷15:34秩父鉄道駅巡りも残り3回。皆野駅から西武線に直通する池袋行きに乗り、隣の和銅黒谷駅にて下車。和銅の採掘地跡が近くにあり、その和銅を元に日本初の流通貨幣「和同開珎」が造られたということから、「日本通貨発祥の地」を名乗る駅。オーソドックスな木造駅舎ですが、各部手直しが行われていて、あまり古さは感じません。どうやら2008年、駅名が改称(黒谷→和銅黒谷)された際に駅舎の [続きを読む]
  • 秩父鉄道駅巡り その10
  • 【皆野駅】浦山口14:35→皆野15:02秩父鉄道駅巡りの続き。 浦山口駅から列車に乗り、皆野駅で下車。今回の駅巡り13駅目。ほとんど読めなくなってしまっていますが、ハイキングコースがいくつもあるのでしょうか。1914年開業。赤い屋根の木造駅舎と、居心地悪そうにチョロっと生えた一本松が印象的です。相変わらずポスターや看板類の多さがすごい…。あまり大きくはない駅ですが、駅前の両サイドにタクシー会社。観光客も多いので [続きを読む]
  • 秩父鉄道駅巡り その9
  • 【御花畑駅、浦山口駅】武州中川から乗ってきた5000系を見送ります。下車したのはその名も御花畑駅。メルヘンチックな名前故、ちょっと降りるのを楽しみにしてたんですが、当然のことながら何てことはない普通の駅。強いて言うならば、駅舎が登録有形文化財ということくらいで…。駅前は一面の御花畑どころか住居や商店が建て込んでおり、駅舎の写真も満足に撮れぬほど手狭です。何でこんな写真を撮ったのか…一瞬思い出せなかった [続きを読む]
  • 春色
  • 近所に桜が咲いていました。河津桜でしょうか。いよいよ春が近づいてきましたね・・。(CANON EOS 6D+CANON EF40mm F2.8にて 2017年3月5日撮影) [続きを読む]
  • 秩父鉄道駅巡り その8
  • 【武州中川、影森駅】秩父鉄道駅巡りの続き。隣の武州日野駅から徒歩で武州中川駅へやって来ました。武州日野駅同様、1930年開業。後年建て替えられたのかコンクリート製の駅舎で、駅舎内も広くはありません。壁には、在りし日の1000系(元101系)の写真が。手書きの味わいある路線図。こうして見ると、張り紙とか案内版の類の数が夥しい…。ホームに出て列車を待ちます。武州中川13:55→御花畑14:11やって来たのは、元都営地下鉄の5 [続きを読む]
  • ただ私のカメラ遍歴を綴るだけの記事
  • 今日実家に戻った際、私が最初に使っていたデジカメをたまたま押入れで見つけました。思い返すと、父親からそのデジカメを譲り受けてから早くも12年以上。これを機に、自身の「相棒」とも言うべきカメラとの思い出を振り返ってみようと思います。(ホント誰得…)初代 【OLYMPUS CAMEDIA C-3000 Zoom】2005年頃まで使用これがその初代デジカメ。2000年9月に発売されたカメラで、画素数はたった334万画素しかありません。スマホのカ [続きを読む]
  • 秩父鉄道駅巡り その7
  • 【武州日野駅】白久12:56→武州日野13:00白久駅から再び列車に乗り一駅、隣の武州日野で下車。他に乗降客は皆無。山に囲まれた小駅。よほど日当たりが悪いのか、この駅周辺だけ雪が残っていました。こうして写真を撮ってる間も、駅員さんはずっと私一人のために改札で立って待っていて下さって…。申し訳ないことをしてしまいましたが、それでも切符を見せると嫌な顔一つせずに「ありがとうございました」、と。秩父鉄道、また一つ [続きを読む]
  • 秩父鉄道駅巡り その6
  • 【白久駅】三峰口→白久(徒歩)三峰口駅から徒歩でお隣・白久駅を目指します。距離は1.4km程度。途中で見つけた踏切が良い感じだったので一枚。畑と山と、静かな家並み。時期柄「ささらさや」で登場するような緑豊かな風景とは程遠いですが、長閑で心癒される良い場所です。歩くこと15分強、白久駅に到着。件の映画ではここもロケ地になったようですが、正直印象が薄く、「あ、ここ映画に出てた!」という感動はなく…。でも時が止 [続きを読む]
  • 秩父鉄道駅巡り その5
  • 【三峰口駅】大野原11:26→三峰口11:53大野原駅から三峰口行きに乗り込み、一路終点を目指します。影森から先は一層山間部の風景となり、カーブが増えるためか走る速度ものんびり。そして秩父鉄道の終着駅、三峰口。随分遠くまで来たような感じですが、ここもまだ埼玉県。感覚的には群馬あたりまで来た感じですが。側線には、この時期ならではの臨時列車、「ロウバイ号」が停車中。駅舎は終着駅にふさわしい佇まい。ガッキー主演の [続きを読む]
  • 秩父鉄道駅巡り その4
  • 【大野原駅】樋口10:43→大野原11:08樋口から再び三峰口行きに乗り込み、先へ。観光客はやはり野上と長瀞でほとんどが降りてしまい、長瀞から先はご覧の有様。和銅黒谷〜大野原で車窓右手に見える、秩父太平洋セメントの本社。なかなかの巨大施設で、側線に多数留置された貨車と共に、沿線の見所?の一つと言えるかもしれません。次に下車したのは大野原駅。屋根は木造ではないものの、好ましいくたびれ具合。かつては秩父太平洋セ [続きを読む]
  • 秩父鉄道駅巡り その3
  • 【樋口駅】野上10:30→樋口10:33秩父鉄道駅巡り。野上駅から一駅戻り、樋口で下車。国道140号と線路に挟まれているため、スペースの関係からか駅舎はホーム上にあります。あちこちにトイレの利用時間が書いてあったんですが…そんなにトイレだけの利用が多いのか…?確かに、パッと見綺麗そうなトイレでしたけども。ホーム上にある待合室。ホームの三峰口方には年季の入った板張りの駅員詰所?がありました。これがこの駅一番の見 [続きを読む]
  • 秩父鉄道駅巡り その2
  • 【野上駅】大麻生9:41→野上10:17秩父鉄道駅巡りの旅。大麻生から、三峰口行きの普通列車に乗り込み、先へ進みます。途中の武川で、秩父鉄道名物の貨物列車と遭遇。まだ山影は遠く、ひらけた景色が続きます。途中、大勢のハイカーとともに野上駅で下車。野上駅を起点とし、宝登山のロウバイを楽しめるハイキングコースがあるようです。翌日が雨の予報だったため余計この日に観光客が集中したようで、列車到着直後、駅は大賑わいで [続きを読む]
  • 秩父鉄道駅巡り その1
  • 【大麻生駅】2月最初の土曜日、味のある駅舎が多く残るという秩父鉄道へ行ってきました。今日から綴るのは、その慌ただしい駅巡りの顛末記…。旅の始まりは熊谷駅。SLの運転もないし、寒い時期だから観光客も少ないだろう…と高を括っていたものの、熊谷駅の秩父鉄道乗り場は結構な混雑で、窓口でしか買うことのできないフリー切符を買うにも一苦労。危うく列車に乗り遅れるところでした…。熊谷9:09→大麻生9:19列車もそこそこ混 [続きを読む]
  • 西湘・御殿場駅巡り その5(最終回)
  • 函南駅から少し東京方面へ進み、次に降りたのは真鶴駅。下車するのは今回が初めて。ホームから見た駅舎の様子。屋根には鶴?平等院の鳳凰のようにも見えますが。1922年開業。翌年に関東大震災があったため、開業当時からのものかはわかりませんが、瓦葺きの古い木造駅舎が残ります。駅舎内のスペースが狭いため、駅舎の隣にも吹きさらしの待合スペースがあります。いくら温暖な西湘とはいえ、冬は寒いだろうに…。ほっこりした気分 [続きを読む]