ソングバード さん プロフィール

  •  
ソングバードさん: さきたま自然日記(別館)
ハンドル名ソングバード さん
ブログタイトルさきたま自然日記(別館)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/senaga-mmb
サイト紹介文埼玉を起点に、出会った鳥など花鳥風月を綴ったなんでも写真記録帳です。
自由文バードカービングの資料用に始めたデジスコ写真が高じて、今や何でもありの自然写真日記のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2011/03/04 14:00

ソングバード さんのブログ記事

  • バンの雛がみんなの人気者
  • 行田「古代ハスの里」のスイレン池に、バンの雛が4〜5羽いて、みんなの人気者になってます。雛からの距離も近く、親が近くに居ないのに、別に驚く様子もないことから人間には慣れてる様子です。大きな足は生まれつき!! この足で、スイレンの葉の上を行ったり来たり!! 時には居眠りする姿もみいることが出来ます。すぐ傍ではコウホネの花が咲いてましたが、時期的には遅かったようです。少し離れたオニバスの池では、まっだ [続きを読む]
  • 蓮の花って、こんなに種類が多いの?
  • 行田蓮=古代ハスであることは前回書きましたが、今回は、「古代ハスの里」に咲くその他の蓮の花です。この里には古代ハスが咲く池の他に、駐車場のすぐそばに「世界の蓮園」があります。そこでは、どんな花が咲いてるのでしょう?ここで咲く花の一覧がリーフレットに載ってましたので、まずはそれをご覧ください。ここに載ってる花がすべて一同に咲いてる訳ではなさそうで、中には咲き終わったものや、これから咲く花も・・・・・ [続きを読む]
  • 初めての「古代蓮の里」
  • ハス巡り第3弾です。7月7日、早朝6時前に自宅を出発。久しぶりの早出です。車で約1時間程の行程ですが、現地に着いたのが午前6時50分ごろ。すでに広い駐車場の1/3くらいが埋まってます。さすがに皆さん、ハスの花が午前中が見頃なのをよく御存じです。同じ県内にあるにもかかわらず、実は、このハスの里に来るのは初めてなんです。 この日は早朝から雲一つない青空が広がり、朝の日差しも強く、少し歩くだけで汗ばんで [続きを読む]
  • 久しぶりのコアジサシで挑戦?
  • 7月8日午前中、I沼の古代ハスも咲き始めたようで、そろそろ「セイタカシギでも来てるのでは?」と、出かけてみました。今年はカラ梅雨で、この日も朝から日差しが強く、9時過ぎにはジリジリしてくる暑さです。肝心のセイタカシギの姿はなく、10数羽のコアジサシが、巣立った雛を連れてきています。比較的近くで魚を捕るために飛び込んでくれるので、今回ちょっと面白いことを試みる事に・・・・・比較的遅いシャッタースピー [続きを読む]
  • ハスにカワセミを求めて?(公園の蓮)
  • 毎日暑い日が続いてますが、A公園ではフクロウの巣立ちが・・・・・田圃ではヨシゴイが・・・・・ズボラな私は、この暑い日差しの中、出かける気にもならず、エアコンの効く部屋に避難状態の日が続きます。そんな中、2年前に撮った蓮の花とカワセミの事を思い出し、再挑戦することに・・・・・(理由は?日陰で撮影できるんです。)場所は、カワセミとハスのコラボ写真が撮れるKM公園で、車で約1時間。この日、現地に到着する [続きを読む]
  • ミツバチはハスの花が大好き
  • 原市の古代ハスには、たくさんのミツバチ(?)がやって来ます。朝の陽の光が射して、花弁にハチの姿の影が・・・・・脚にはいっぱい花粉を付けてますね。まさにミツバチマーヤの世界です。(時代遅れ???) このハチたちのお蔭で結実し、古代ハスも次の世代に引き継がれていくんですね。古代ハスも綺麗に、大きな花を咲かせて、ハチたちを待ってるようです。早く咲いた花はすでに散り始めて、その代わり、隣の花が次々と咲いて [続きを読む]
  • ハスの花巡りシリーズ≪原市の古代ハス(1)≫
  • ハスの花が見頃になったので、ハスの花巡りの特集を組んでみました。まず第1回目は、地元の「原市の古代ハス」からです。ここは近い場所から古代ハスが見れるので、撮影ポイントとしては最高!! 今年も7月5日早朝(午前6時半)に訪れてみました。現地に着くと……前日の雨が予想以上に降っため、園内は水浸し。運良く車に長靴を積んでいたので、早速履き替えて撮影開始です。今回の使用レンズは広角10−20mm・100m [続きを読む]
  • 仮面ライダー(?)・ベニイトトンボなど
  • 毎日暑い日が続いて、出かけるのも億劫になりますが、今シーズン初めてのトンボ探しです。6月24日、いつものM公園、そろそろベニイトトンボが出てる頃だろうと探すと・・・・・まず出迎えてくれたのが・・・・・・仮面ライダー???ショウジョウトンボの雌?(未成熟タイプ)です。 赤とんぼが透けたような姿をしていて綺麗です。訂正:ショウジョウトンボの雌の未成熟タイプだと思っていたのですが、その後よく見てみると、 [続きを読む]
  • オオバンと睡蓮
  • 白いスイレンを撮り終えて、公園を一回りすると、この公園の池に1羽だけ残ったオオバンがスイレンの花の中に居ます。前に紹介したことがありますよね。カルガモも今は子育てが忙しく、隣の池に引っ越してるため、このオオバンがこの池の唯一の住人です。・・・・・・・・・・・・・でも、ちょっと寂しそう!!前回は白いスイレンを中心に紹介しましたが、ピンク色のスイレンの群生です。もちろん、一番数が多い赤系のスイレンの花 [続きを読む]
  • 涼をお届け!・・・・・白い睡蓮
  • 毎日蒸し暑い日が続いて、我が家のエアコンもそろそろフル活動!!今回は少しでも、白いスイレンの花で清涼感を味わっていただければ・・・・・M公園のスイレンも、初めは赤が主体だったのですが、白いスイレンの花が一斉に咲き始めました。雨上がりで、今にも雨が降り出しそうな日でしたが、敢えてこの時を選んで、長靴装備で公園に出かけてみます。次の4枚の写真は同じモデルさん(3つの花)なのですが、少しずつ切り取り方を [続きを読む]
  • 干上がった公園散策(キビタキ・ミドリシジミの鱗粉)
  • 今年の梅雨はどうなってるのでしょう?西日本や北陸の一部では集中豪雨の被害が出てるのに、関東地方はお湿り程度。昨日と一昨日は少しまとまった雨も降ったようですが、荒川水系の水不足が心配です。(10%の取水制限が開始されました)梅雨入りしたにもかかわらず、カラカラ天気が続いていた6月17日、久しぶりに虫探しにA公園に出かけてみます。普段この公園にはいくつかの池があり、カワセミの姿などが見れるのですが、ほ [続きを読む]
  • ミドリシジミ♀の多形現象
  • さて、次はミドリシジミの女の子を紹介します。もちろん雄に比べて地味ですが、ミドリシジミの仲間には、「多型現象」が見られます。この「多形現象」は、遺伝子と関係があるらしく、翅の表の模様が、いくつもの違った形の色や模様を持っていることを言います。その模様の形態によって、人間の血液型のように分類されていて、A型・B型・AB型・O型・OA型・OAB型の6種類に分けられてます。この事は以前のブログでも書いて [続きを読む]
  • ミドリシジミ(緑小灰蝶)の♂2017
  • 今年もA公園名物(?)のミドリシジミをいっぱい見てきましたよ。載せるのが遅くなって、賞味期限切れみたいになってしまいましたが、見て下さいね!!6月3日、そろそろミドリシジミ(緑小灰蝶)が羽化してる頃だろうと、A公園に様子を見に行ってみました。時間は午前9時過ぎ、ミドリシジミは午前9時過ぎには高い枝の上に移動須してしまうため、時間的には少し遅いのですが・・・・ポイントを入念に調べてみると、1頭だけ葉 [続きを読む]
  • ムラサキサギの飛翔
  • 第2弾は、ムラサキサギとアオサギの飛翔姿を比較して見ましょうか。本当は飛び立つ瞬間を撮りたかったのですが、ちょっと油断した好きに飛ばれてしまいました。慌てて、後追いで撮影した内の何コマかを載せてみます。(25%ほどトリミングしてます。)驚いたのはその大きさと飛び方!  かなりダイナミックです。アオサギなどが飛び立つ時は、「ギャー!」とか「ガー!」とか、鳴くことが多いのですが、この時のムラサキサギは [続きを読む]
  • ムラサキサギがやって来た
  • 折角のムラサキサギの写真、後で載せようと思ってるうちに、忘れてしまってました。埼玉ではなかなか見れない鳥なので、少し時期がずれてしまいましたがご覧下さい。6月11日午後、前日の10日にI沼にやって来たというハジロクロハラアジサシ、まだ居てくれることを期待しながら出かけてみます。I沼に着くなりMさんにお会いして、話を聞くと、「ハジロクロハラアジサシは、前日には抜けてしまったようだ!」とのこと。 残念 [続きを読む]
  • 指扇氷川神社のアジサイ2017
  • 関東地方にも、今朝から、やっと梅雨らしい雨が降ってます。沖縄は、早々と梅雨明け、本州はこれから梅雨本番! 水不足も心配ですが、豪雨も心配! 最近の異常気象には困ったものですね。6月9日、こちらは2年ぶりの指扇氷川神社のアジサイです。翌週の6月17・18日がアジサイ祭りだというので、その前にアジサイの様子を見に行ってきました。現地についてビックリ! 2年前とは様子が違います。空梅雨が続いて水が不足し [続きを読む]
  • 隙間から花菖蒲を覗くと・・・・!
  • 花菖蒲の続きです。今回は、花の間から覗き見た花菖蒲!! どんなふうに見えるでしょうか?紫系の花が主体ですが、真っ白な花菖蒲も咲いてました。ぐっと近寄って切り取ると、また雰囲気が違ってきます。*今回は連載のため、コメント欄は閉じてます。 [続きを読む]
  • カッコウのいる樹
  • オオヨシキリの声が聞こえ始めると、カッコウやホトトギス・ツツドリ達もやって来ます。MFでも林の中はホトトギスの鳴き声が響き、田圃ではカッコウの鳴き声が・・・・林の中のホトトギスは飛び回っていてなかなか撮らせてくれないので、今回は田圃のカッコウです。田圃を歩いてると、1羽のカッコウが、周辺を移動しながら、樹や電線などに止まって声高らかに・・・「カッコー・カッコー!!」そのうちの一つに、お好みの樹があ [続きを読む]
  • 染谷の花菖蒲2017
  • 2年ぶりに「染谷の花菖蒲」を見に行ってきました。6月7日、この日は朝から曇り空で、花菖蒲を撮るには最適の天気(?)この日のレンズは180ミリマクロと70−200ミリの2本立て、いつもの手持ち撮影です。自宅から車で20分程、2年ぶりの訪れたこの菖蒲園、見事な花を咲かせてました。この園には、約200種20000株の花菖蒲が植えられており、彩りも見事です。最近は花菖蒲も品種改良されて、様々な色や形を楽し [続きを読む]
  • オオタカ(大鷹)の交尾成功??
  • ・・・・・・・・前回の続きです。この日2時間ほどの観察の間に、交尾行動は合計3回見る事ができました。2回目は一瞬の事で、撮影に失敗しましたが、3回目は上手く交尾が出来たのか?雌がお気に入りの場所です。 この場所で雄を待つことが多いようです。実はこの時、雄は雌のすぐ斜め上のところに、待機(?)しています。そして3回目の交尾です。雄は雌の上体を下げさせようと、雌を押さえつけるような仕草を見せます。そし [続きを読む]
  • オオタカ(大鷹)の交尾(パート1)
  • A公園で、オオタカが営巣しそうになった4月に撮った写真!(営巣の可能性があったので、ブログに載せるのを保留してました。)もしそのまま営巣していたら、今頃は可愛い雛の姿が見れたところなのですが、結局うまく営巣できなかったようです。カップルが若かったからなのか、カラスなどの邪魔が入ったのか、人間のせいなのか分かりませんが、残念な結果に終わりました。オオタカが営巣しそうだという話を聞いたのは、4月3日。 [続きを読む]
  • 何年ぶりだろう新宿歌舞伎町
  • いつもは池袋で集まる、現役の頃の同僚たちとの飲み会。幹事の発案で、たまには新宿でやろうということになり、久しぶりに新宿東口で待ち合わせをすることになった。新宿駅西口や南口にはたまに来ることはあっても、東口は何十年ぶりだろう。待ち合わせ時間より少しは早く着いて、近くを散策することに…よく利用する南口から出て、東口を目指すものの、辺りの風景は一変していて、東口まで結構手間取ってしまった。東口で、まず目 [続きを読む]
  • タマシギの子育て失敗??
  • 5月中旬、田圃が賑やかになって来ました。車で田圃を周ってると、何やらバーダーさんたちが・・・・どうもタマシギが営巣してるようです。その後23日に覗いて見ると・・・・・・オスが卵を大事に暖めています。この日は日差しも強く、しばらく待ってみたものの、動きそうもなく、暑さに負けて早々に退散。翌24日は早朝から・・・・・・それにしても遠い!!しかも周辺が土のため、一度目を離すと、改めて位置確認するのも大変 [続きを読む]
  • 見沼自然公園のスイレン2017
  • 久しぶりに公園散歩です。そろそろスイレンが見頃になってるだろうと期待しながら出かけてみました。久しぶりの公園は、新緑からすっかり深緑に衣替えしていて、もう夏の様相です。スイレンも見頃ですが、まだ赤色が主体で、これから夏の終わりまで徐々に彩りも変わっていくことと思います。ハナアブでしょうか?   白いスイレンがお気に入り?水映りのスイレンを狙ってみましが、葉の方が多くて、上手い位置取りが出来ません。 [続きを読む]