ソングバード さん プロフィール

  •  
ソングバードさん: さきたま自然日記(別館)
ハンドル名ソングバード さん
ブログタイトルさきたま自然日記(別館)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/senaga-mmb
サイト紹介文埼玉を起点に、出会った鳥など花鳥風月を綴ったなんでも写真記録帳です。
自由文バードカービングの資料用に始めたデジスコ写真が高じて、今や何でもありの自然写真日記のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2011/03/04 14:00

ソングバード さんのブログ記事

  • チュウシャクシギとケリ
  • 5月27日、昨日までの雨が止んで、また暑くなりそうです。今日は朝から孫姫の運動会。 どんな活躍が見れるやら・・・・早朝から出かけますで、その前に、ブログもアップしておきますね。(在庫からですが…)5月4日、秋ヶ瀬近辺の田圃は寂しい状態が続いていたので、毎年ケリが見れるポイントを見に行ってみました。車でぐるっと回ってみますが、あのケリのけたたましい警戒の声も聞こえず。道端に車を止めて、今度は歩いて・ [続きを読む]
  • アマサギはチュウサギがお好き?(飛翔)
  • ここ10日ほど前から、田圃が急に騒がしくなってきました。タマシギやアカガシラサギ・シロハラクイナなど、すでに抜けてしまった鳥もいるようですが、連日賑わってます。いつも思うことですが、携帯やブログを含めたSNSの効果(?)はすごい!!まさに蟻が群がるごとく・・・・・・・(私も、ほんの一部、ご相伴に預かってるうちの一人ですが…))しかし、連日の真夏日で、昼間の田圃は暑そう〜!!毎年、来てくれた公園のフ [続きを読む]
  • 与野公園の薔薇 あ・ら・か・る・と!
  • 与野公園のバラ第2弾です。薔薇の花が、あまりにも種類が多すぎて全てを紹介できませんが、そのうちのいくつかを・・・・園内ではやはりピンク系のバラの花が一番多いでしょうか?そして、バラの代表格、深紅のバラ。 一番妖艶な感じがします。黄色いバラの花びらに、羽アリが1匹。その他にもいろんな色の花が咲いています。 それぞれ、微妙に色が違うんですよね。この園では初めてでしょうか? 今まで見たことが無い?(気が [続きを読む]
  • 与野公園のバラが見頃です。
  • アマサギの飛翔を載せる予定だったのですが、鳥写真が続いたので、先にバラの花を載せてみたいと思います。昨日の5月20日は与野公園の「バラ祭り」が盛大に開催されたようです。バラ祭りの日は人も多いので、その前の12日に撮った写真です。この日もほぼ満開の状態でした。今回は、花の色が綺麗に出るように、敢えて曇りの日の夕刻を選んで撮ってみました。使用したレンズは、久しぶりにカールツァイスPlanar T* 1.4/50 ZEと [続きを読む]
  • 田圃ではアマサギ(甘鷺)
  • 5月1〜8日にかけて、何度か公園近くの田圃にシギチを求めて・・・・・・・・遊んでくれたのはこのアマサギだけ!しかもチュウサギと一緒にいた1羽だけでした。サギの仲間では、最もきれいな夏のアマサギ。たくさん撮ってきましたので、2回に分けて載せてみます。田圃にも水が入り始めて、いよいよ田植えが始まったというのに、何処を探しても、シギやチドリの仲間は見当たりません。田圃の畦道をのんびり歩いてると、少し離れ [続きを読む]
  • 再びキジを追いかけて…
  • 連休前の在庫からです・・・・・そろそろキジのペアリングが出来てるのではないかと、いつのもポイントを再び見に行ってみました。相変わらず、3か所のポイントからは、大きな鳴き声が聞こえます。そして・・・・1羽の雄を見つけて、周りを見渡してみますが、雌の姿は見えません。しばらく様子を見てみてると・・・・何回か「母衣打ち」を見せてくれますが、今回は場所が悪い!!今度は、後姿の「母衣打ち」です。 後姿の母衣打 [続きを読む]
  • 亀が気になるチュウダイサギ
  • 下書きしていた記事が溜まりだしたので、久しぶりの連続更新です。I沼で、コアジサシを確認した後、ぐるっと沼の周辺を散策してみました。渡り橋の傍の杭に、何やら中型のサギがじっと固まってます。顔には婚姻色が出てます。口角が目の後ろで切れてるので、ダイサギ???・・・・・でも体が小さい。(チュウサギ程の大きさ)チュウダイサギのようです。(水面の赤い色は岸辺の家の屋根の色です。)ダイサギは、ペリカン目サギ科 [続きを読む]
  • コアジサシの給餌行動
  • 前回の続き・・・・・・コアジサシの雄から雌への給餌行動も始まってました。ちょっと遠いですが、浮き球の上での給餌!丸いボール状のところでは、さすがに足場が安定してないため、難しそうです。タイミングが合わず、足を滑らしながらの給餌です。杭にくくりつけられた板切れの上にも、カップルが一組います。確か、昨年も同じような板切れがあったような??? コアジサシのために置かれた板切れ????同じ場所でも、光と風 [続きを読む]
  • 今年もコアジサシがやって来た
  • 5月3日、GWの最中、そろそろコアジサシでも来てないかと、I沼を覗いて見ると、7〜8羽くらいのコアジサシがいました。その内の数カップルで、給餌行動も始まってるようです。まずは1年ぶりの優雅な飛翔から・・・・・いつ見ても飛翔姿がスマートで美しい!!羽がが透けて見える写真も好きで、敢えて逆光で・・・・・目線の高さで撮ると、角度のせいか、意外とずんぐり・むっくり体型ですね!!光と風の具合で、対岸の樹の緑 [続きを読む]
  • シャガ2017
  • GW中、いくつかの田圃を周ってみましたが、今年はシギチの渡来が遅れてるのか、見る事が出来ません。まだ田圃も田植えが始まったばかりで、時期的に早いのかも知れませんが、しばらくは田圃通いが続きそうです。今年は、クマガイソウなど春の野草を見に行くことが出来なかったので、花の記事も少なくなってしまいました。そこで、今回は、在庫から、ハナミズキの傍らの日陰に咲いていたシャガを載せてみます。シャガ3兄弟(?? [続きを読む]
  • コムクドリの食欲
  • 前回の続きで、今回はコムクドリの食事風景を中心に載せてみたいと思います。コムクドリたちが餌の小さな毛虫を見つける様子を見てると、何とも面白く、時間が経つのを忘れてしまいます。上から覗き込んだり・・・・・・首をかしげて、葉っぱの間を覗く仕草も・・・・・・餌を飲み込む瞬間です。 餌のイモムシが見えますか?(トリミングで大きくしてます。)こちらでも見つけたようです。 それにしてもすごい食欲で、枝から枝へ [続きを読む]
  • コムクドリ(小椋鳥)雄の模様には2タイプがあります。
  • I沼のコムクドリを探し始めて2日目、やっと2羽のコムクドリを見つけました。道路を挟んだ桜の枝の間にいる2羽の違うタイプの雄を見つけました。 少し間隔をとりながら、食事に夢中です。まずは襟巻タイプの雄から・・・・・・次は笑窪(えくぼ)タイプの雄です。コムクドリの事については、以前にも詳しく書いてますので、詳細は割愛しますが、雄の2タイプについて、面白いレポートを見つけました。コムクドリの雄は個体変異 [続きを読む]
  • アトリもすっかり夏羽に変身?
  • 4月19・22日連続で、I沼へコムクドリ探しです。どちらの日も、桜並木を元気に飛び回っていたのは、今シーズン全国的に大当たりのアトリです。すっかり夏羽に変身してる個体も多く、雄雌合わせて20羽以上いるのでしょうか。雌を上から撮ってみましたが、雌も、色がだいぶ濃くなっています。桜の樹の枝の間を忙しく移動しながら餌を探しています。餌にしてるのは、桜の実ではなく、葉や枝にいるまだ小さな芋虫です。器用に、 [続きを読む]
  • 春です!鯉も恋?
  • いよいよ5月に突入、GWも明日から本番に!今回も、春の陽気に誘われて、いつもの公園散歩の連続投入です。足元には、にたくさんのカントウタンポポの花が咲いてます。すでに綿毛の状態になってるタンポポがいっぱいです。いつものように、バックに花を入れて何枚か撮ってみました。ハナニラの花もまだまだ綺麗です。北アメリカ原産のハルジオン(春紫苑)の花が咲き始めると、虫たちの動きも活発になってきます。この時期は、ベ [続きを読む]
  • 公園散歩で見つけたハンカチノキなど
  • 最近、ちょっと運動不足で、体重がオーバー気味!!運動を兼ねた公園散歩が多くなると、花写真の在庫がいっぱい溜まってきます。M自然公園のハンカチノキが今年も見頃になりました。(4月24日)足元では、あちこちでムラサキサギゴケ(紫鷺苔)の群生が見られます。トキワハゼの花とよく似てるので、どちらか迷ったのですが、下記の見分け方の内、上唇の切り口が深いので、ムラサキサギゴケと判断しました。(間違っていたら指 [続きを読む]
  • 猛禽たちの活動も活発です
  • 春の広い田圃周辺では、猛禽たちの動きが活発になってきました。カップルが成立して、営巣し始めると、オスは餌を運ぶため、狩りの回数が増えてきます。そんな春の田圃を歩くと、猛禽の仲間に出会うことが多くなるのも、そんな理由でしょうか?まずはお馴染みのチョウゲンボウ。 足に獲物を掴んでるようです。ノスリにカラスがチョッカイをかけてるシーン、これも、お馴染みの光景ですね。ノスリにとってはありがた迷惑ですが、さ [続きを読む]
  • ハナミズキの並木道2017
  • 近所の街路樹のハナミズキの花が咲き始めました。4月18日(火)午後、時々日射しが射し始めたので、「ハナミズキの並木道」に出かけてみました。確か、ここを訪れたのは一昨年なので、2年ぶりです。2年前と比べて、枝振りが小さく、花の付き方も少ないように感じます。時期的に、少し早かったのか????ピンクや白・赤などの色が重なり合って、複雑な彩りを見せてくれます。(望遠レンズ使用)ピンクや赤系の花は小さくて、 [続きを読む]
  • 春の使者ツマキチョウ(褄黄蝶)
  • 4月10日、桜見を終えて、のんびり公園を歩いてると、小さな白い蝶が2頭、ヒラヒラとタンポポの間を飛んでます。飛び方を見るとモンシロチョウではなく、ツマキチョウのようです。 この公園で見たのは初めてです。暫くすると、2頭ともナズナの花にとまってくれました。前翅と後翅が重なって草色の網目模様しか見えませんが、わずかに見える前翅の先端部分が薄く黄色い色が透けて見えるので、両方とも雄??ツマキチョウ(褄黄 [続きを読む]
  • アメリカヒドリ??
  • 4月13日午後、久しぶりにI沼を覗いて見る事に・・・・・すぐ近くの道路は良く通るのですが、散策するのは昨年末以来です。田植えの準備のためか、いつの間にか沼の水は満杯! あれだけたくさんいたユリカモメも、今は数羽飛んでるだけ。ユリカモメに混じって、セグロカモメも2羽飛んでます。ヒドリガモやコガモたちもまだ少し残ってますが、その中に、何やらアメリカヒドリらしき鳥が混じってます。よく見ると、顔の当たりが [続きを読む]
  • キジの母衣打ち
  • 見沼代用水沿いの桜廻廊を、少し離れたところから撮るつもりで、復路は芝川沿いを北上します。以前にも書いたのですが、この辺りは、庭木などの畑が多く、キジの活動エリアになっています。キジも、縄張りを形成して、花嫁探しに忙しい時期! あちこちから大きな鳴き声が響きます。そんな中、1羽のキジの雄を見つけました。ゆっくり近づいてみます。 こちらに気付いてる筈なのに、逃げる様子もなく、のんびり羽繕い。しばらく様 [続きを読む]
  • ヒレンジャクとガビチョウ(画眉鳥)
  • 今回は、ヒレンジャクの??〜・・・・次の写真・・・・・・レンジャクを撮ってると、こんな光景をよく見かけます。お尻から何やらネバッとしたうんちが・・・・ヒレンジャクも、なにやら気になるようですね。よく見ると、あまり消化されてないようで・・・・実はこれが、ヤドリギ(宿木)が子孫を残すための手段なんです。。そもそも、レンジャクの仲間が大好きなヤドリギは、名前の通り、樹木に寄生する植物。果実の内部は粘りが [続きを読む]
  • 見沼代用水のソメイヨシノ桜廻廊2017
  • 今年の桜はピーク時に天気が悪くて満足な花見が出来ませんでしたが、例年以上に花芽がしっかりしていて、長く楽しめましたね。今回は、「桜巡り」最終回です。4月10日(月)、晴れたり曇ったりの日でしたが、見沼公園に最後の花見に出かけてみます。前日まで、雨が降ったり、風が強かったりしていたのであまり期待してなかったのですが・・・・・少し葉桜のところもありましたが、今年最後の花見が楽しめました。公園から見沼代 [続きを読む]
  • ヒレンジャク(緋連雀)
  • MFにヒレンジャクが長く留まってるので、4月4日、久しぶりに朝から出かけてみました。ところがポイントに着いてみると、鳥撮りさんが一人だけ。・・・・??????一時は50人くらいが押し掛けたと聞いていたのに・・・・・もう抜けてしまったか?しばらくすると、ヒレンジャクの鳴き声ががして、1羽だけ来てくれました。この枯れた幹がお気に入り?ヤドリギと地元の人が作った水飲み場の間を行き来していますが、時々、こ [続きを読む]
  • 桜とニュウナイスズメ(入内雀)
  • 3月22日、朝から風が強かったのですが、何とかなるだろうとK市の山桜の花に来るニュウナイスズメの様子を見にいってみます。現地に付くと、辺りは一面田圃で風を遮るものもなく、ニュウナイスズメどころか、撮影できる状態ではなく、早々に退散!!それでも、諦めきれず、翌23日、薄曇りで、風も前日ほどでないため、再び挑戦。現地では5〜6人くらいの鳥撮りさんがいましたが、目的のニュウナイスズメは、すぐにこちら側の [続きを読む]
  • 「六義園」の枝垂れ桜と「上野公園の桜」
  • 3月29日、「六義園」の枝垂れ桜の情報を調べてみると、そろそろ見頃だというので、久しぶりに都内まで出かけてみる事にしました。京浜東北線の「王子駅」で東京メトロ南北線に乗り換えて、「駒込駅」を降りると、すぐ前に「染井門」があります。ところが「染井門」の入場券売り場は、長蛇の列!「正門」の方が空いてると云われて、そのまま少しは離れた「正門」から入ることにします。門を入ると、すぐ目の前に、大きなしだれ桜 [続きを読む]