寅次郎@愛知 さん プロフィール

  •  
寅次郎@愛知さん: 航空機がある風景
ハンドル名寅次郎@愛知 さん
ブログタイトル航空機がある風景
ブログURLhttp://krmtora.blog136.fc2.com/
サイト紹介文地元セントレアの他、全国の空港で撮ったスナップもアップしております
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供376回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2011/03/05 08:42

寅次郎@愛知 さんのブログ記事

  • メタリックブルー
  • バスラウンジからの撮影機体を部分的に切り取ってみる直接は見えないが、夕景がランプカバーに写りこんでいるようだ硬いものは露出を絞って撮った例 [続きを読む]
  • あかりの暖
  • 雨の羽田、吹き付ける風とあいまって肌寒かった夕刻まで待ってようやく雨が上がったが、ホッとしている場合ではない路面が乾かぬ内が今日の見せ所、スプラッシュなどを撮っていたそして彼方に静かで温かい情景を見つけた [続きを読む]
  • ひねもすのたり
  • 25℃を越えそうだとの予報、のんびりするのに格好の一日だったしかし・・・・夕陽の撮影は悠長な状況ではなかった北から進入してくる機体を夕陽と絡めようと少々欲を張りすぎたのだ時間と共に立ち位置を南へ移動しようとしたが、ここらの交通事情では夕陽の速さに敵わない [続きを読む]
  • 散りゆく花
  • 光が無かったので露出で苦戦しながら撮影今年は桜とシンクロできなかったもう見るに堪えない葉桜だが今年を記録しておこうまだ前線は北上を続けているらしいので追いかけてみようか [続きを読む]
  • 村の秘密基地
  • 村の中にそびえる赤い鉄骨突如現れるこの不気味な光景にはいつも身震いする人知れず作られた秘密基地に遭遇してしまったような光景だからだ山上の滑走路へ誘導するために、その骨は高圧鉄塔よりも高い [続きを読む]
  • 鉄細工の影
  • 広島空港といえばやはりこの進入灯順光で仰いでも美しいが、逆光でシルエットにしても美しいしかしまだ高度が残っているため、これに絡めるのは意外に難しい表情のある空を背景にするには消去法でこの構図に落ち着いた [続きを読む]
  • 中国山地
  • 巨大な雨雲が力強く成長しているほんの20分ほど前まで霧に包まれて全く視界がなかった千歳からのJAL便はタッチダウンしたはずなのにゴーアラウンド日が暮れてからも艶やかな路面が一役買う [続きを読む]
  • 二つの日の丸
  • 前日から停泊しているのは知っていたが、一機がトーイングされて戻ってくる最中だった格納庫の前にはさすがに邪魔になる大きな機体一時的に退避していたのが帰ってきた一瞬だったすでに後継のB777が内装工事をはじめているらしい [続きを読む]
  • しゃがみ込み
  • ボンバルデアにバスで搭乗しようとしたときいつものように痛い視線を浴びながら最後の客を待つしゃがみこんで機体の下から出発機を狙ったおお、フランクフルト行きのA340じゃないかおお、スターアライアンス塗装機ではないか [続きを読む]
  • 夜の光
  • 桜が満開の週末はあいにくの天気だった雨雲予報をみれば夕刻に僅かながら雲が割れそうな気配を感じて羽田へすると政府専用機が2機とも停泊しているのが見えたこんな日は夜になってからのライティングがいい [続きを読む]
  • けじめ
  • もうすぐこんな季節がやってくる暑いよりは寒いほうが好きではあるが、力強い雲には魅せられるウイークデーの仕事を懸命にこなして週末には力いっぱい弾けるしっかりとけじめをつけて、メリハリのある時間を過ごすべきである新入社員のころ 「君は公私の区別が甘い、けじめをつけなさい」 と上司に注意されたすると横から先輩が 「彼はその辺のことはハッキリしています」、「いつも私だよな」と・・・・・30年経ってもブレな [続きを読む]
  • 山のある街
  • 旭川や富山などは、視程が良い日は景色が一変するこの日は朝から山が近くに見えていたので、すでに道中ハイテンション貴重な一便をどう撮るのか、試行錯誤が続く広角系一本勝負で集中力を高めた(はず) [続きを読む]
  • 産業革命
  • 移動手段として 馬 しかなかった時代凡人がスピードを求めると早馬の育成に人生を費やすだろうあの時代に車を作り出したり、飛行機を作り出した人そんな人がこの時代にいたら、次はどんなものを発明するのだろうという時代を語る作品だ [続きを読む]
  • 雪解けの音
  • こういう情景を見て、水の音が思い浮かんだら通だ雪解け水と信じているが、畑の脇を勢いよく流れている水規則正しく並んでいる木立がアクセントの作品これまではあまり絡めなかった木立墓地だからだ [続きを読む]
  • 春の球
  • 毎日ぼやっとした空の春夕刻の球も靄の向こう出発機がそれに向かって飛び込んでいく予感直視できないのですぐに眼を閉じてシャッターを押し続けた [続きを読む]
  • 心躍る輝き
  • 視程を懸念しながら現場へ向かった風向きは真南、北側から到着機が降りてくる状態山越えをして目の前に広がったのは眩い伊勢湾だった水面が大変美しく輝いていたので、今日の主役を決めた [続きを読む]
  • 新機材
  • カメラを選ぶ基準・・・・・・綺麗、軽い、便利などいろいろある一番大事なのは やる気にさせてくれることだグリップ感やシャッター音、官能的なカメラがいいそんなカメラを手に入れて試し撮りしてきた [続きを読む]
  • 単調
  • この時期特有のトロトロの濁った空夕刻になるとそれなりに色づくものの無表情こんな時にこそできることは、逆光なのにシルエットにせずに済むことそれでも奇麗だが、少し流して撮ってみた [続きを読む]
  • 試行錯誤
  • 伊丹の展望デッキには色々と小道具があるこんな目障りな小道具ではあるが、これはなかなか奥が深い露出が厳しいので思うように絞り込めないそれよりも格子の中に納まる機体や距離がまちまちだ [続きを読む]
  • 気持ち新たに
  • そろそろ桜の季節がやってくる元旦の厳かな雰囲気とは違い、開放的な色や風で新たな一年を抱く今日から新たな環境で暮らし始める人もいることだろう私も心を入れ替えて本業に打ち込みたい  四月一日 車川浩司  [続きを読む]