you さん プロフィール

  •  
youさん: 香味野菜の育て方|栽培と簡単レシピ
ハンドル名you さん
ブログタイトル香味野菜の育て方|栽培と簡単レシピ
ブログURLhttp://wasabi777.info/
サイト紹介文香味野菜の育て方と栽培、種類、レシピの紹介。ワサビ、ミョウガ、山椒、ネギ、ニンニクなど。
自由文レモン、ユズにも詳しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/03/05 10:45

you さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 行者ニンニクの育て方 栽培方法 耐寒性強く育てやすい
  • 行者ニンニクの自生地行者ニンニクの花、6〜7月に開花行者ニンニクの市販苗行者ニンニクの市販球根行者ニンニク(学名Allium victorialis subsp. platyphyllum)は、ネギ科(ユリ科)ネギ属の多年草です。もともとヨーロッパの高山に自生し、日本では、北海道、近畿より北の、森林や湿地に自生あるいは群生し、山の幸として親しまれています。味わい、香りが、一般のニンニクよりも強く、抗菌作用、ビタミンB1を活性化せるアリシン [続きを読む]
  • ユズの育て方 4月
  • 4月に入ると、気温も上がってきて、ユズは新梢を伸ばし始めて生育を開始しますユズは枝を伸ばして葉を展開しはじめますが、同時に害虫の発生も増えてきます。■ユズの育て方 4月・栽培環境地植えも鉢植えも、よく日を当てるようにします。気温が高くなってくると、風通しの悪さから病害虫が発生しやすくなるので、風通しを確認し、風の通りも良くしておきます。4月に入っても、夜に冷えることがあります。急激な冷えにより、新梢が [続きを読む]
  • サンショウの育て方と栽培方法 排水性良い場所で
  • サンショウの実サンショウの花サンショウ(山椒、学名:Zanthoxylum piperitum)は、別名ハジカミ、英名Japanese pepper、ミカン科サンショウ属の落葉低木です。和風料理や懐石料理には欠かせない、山菜・ハーブとして人気です。サンショウが、家庭に1本あると、お料理のレパートリーも広がり、飾りにも美しく楽しいです。■サンショウの育て方と栽培方法・栽培ポイントサンショウの栽培は、比較的容易ですが、割りと神経質な植物 [続きを読む]
  • ミョウガの育て方|株に元気がないときは?
  • ミョウガは、1回植えると、3〜4年は、そのままでも毎年収穫できます。しかし、だんだんと根茎が混み合い、株自体も老化して元気がなくなると収穫量が減ります。1.間引きをするミョウガの老化を防ぐためには、5〜6月か、11月下旬から12月上旬に、1m間隔で長さ40cmずつ根株を掘りとって、間引きをしてあげます。掘り起こした根株は、20〜30?間隔で植え付けます。ミョウガは連作が苦手ですから、新しい場所や用土に植え替えます。 [続きを読む]
  • ミョウガの育て方と栽培方法 地植えで
  • ミョウガ収穫の時期ミョウガの収穫、新鮮で美味ミョウガの花ミョウガ畑ミョウガ(茗荷 Zingiber mioga)は、ショウガ科ショウガ属の多年草です。東アジアが原産で、日本でも自生しています。「花ミョウガ」は、晩夏から初秋に生え、「ミョウガタケ」は、春の食材として美味です。ミョウガは、あまり土壌を選ばず、育て方が比較的にやさしく、料理の薬味に自家栽培ミョウガがあると、新鮮で香りが良く歯あたりのシャキシャキ感も楽 [続きを読む]
  • ミョウガの育て方 プランター栽培もできる
  • ミョウガ、大きめ深いプランター、鉢で育つミョウガの収穫は楽しいミョウガは、大鉢でも栽培できるミョウガ(茗荷 Zingiber mioga)は、特有の良い香りと歯ざわりをもつ、日本ならではの香味野菜です。土壌をほとんど選ばず育て方が比較的易しくで、病害虫の少ない野菜です。ミョウガの栽培は、プランターやトロ箱、深めの大鉢でもできます。ミョウガは、根が張りますので、できれば深さが20cm以上の、容器で育てると生長が良い [続きを読む]
  • ミョウガ 植え替え時期と方法
  • ミョウガの発芽■地植えの植え替えミョウガを地植えにしている場合でも、数年経つと株が混み合い生育が弱くなり、収穫量が減っていきます。そのため、地植えであっても、定期的に掘り上げて根の整理をすると収量が上がります。植え替えするまでの年数の目安は、3年〜4年です。・植え替えの時期1年中、植え替えできますが、10月中旬〜11月下旬と、1月〜3月が植え替えの適期です。・植え替え方法植え付ける場所を移動させる場所は、 [続きを読む]
  • レモンの育て方 3月
  • レモンの着果、6月くらいのようす3月、レモンが苦手な冬も、もうすぐ終わりを迎え、新たな生育期が始まります。3月は寒さに耐える時期と、イキイキと活動を始める時期のちょうど境目です。この時期を利用して、やっておきたい大切な作業がいくつかあるので、春以降のレモンの育ちが良くなるように作業して行きましょう。■レモンの育て方 3月・レモンの状態厳冬から解放されても、まだまだ活動的というわけではありません。根や芽 [続きを読む]
  • ユズの育て方 3月
  • 今年もたくさん実りますように!3月になると、真冬とは違う春の風を感じられる日がでてきます。ユズにとっては、生育期に入る直前のため、一番力を溜めている時期となります。3月はユズにとってとても大切な月です。植え付けや植え替え、剪定や追肥など、必ず毎年行う作業もあります。剪定などの作業は特に尻込みしがちですが、1つずつ整理しながら行えば、必ずやり遂げることができます。■ユズの育て方 3月・栽培環境地植えにし [続きを読む]
  • レモンの育て方 2月
  • 2月に実をつけていると株の負担になります2月も1月に引き続き、まだまだ寒い日が続きます。寒さに弱いレモンにとっては厳しい日が季節ですが、この寒さを乗り切ることができれば、春にはまた元気に新葉や新枝が発生します。■レモンの育て方 2月・レモンの状態木についていた実も、1月中には収穫を終えているはずなので、木には重たい実もなくスッキリとした状態になっています。気温が−3度を下回る地域や、鉢植えの木、まだ幼い [続きを読む]
  • ユズの育て方 2月
  • また花が咲き良い実が収穫できますように2月は1年の中でも、最も寒い時期と言われています。見た目には特に生長が見られないユズも、枝についた芽の中で、着実に花芽を形成している大事な時期でもあります。気温自体も低く、寒い日が続きますが、ユズの株に当たる風は、気温以上に冷たくなります。冬の寒い時期に、できるだけ好環境を作ってあげることが重要です。■ユズの育て方 2月・栽培環境引き続き、日当たりの良い場所に置き [続きを読む]
  • ユズの育て方 1月
  • 1月に入ると、12月までは実をつけていたユズも、実がほとんどなくなり身軽な状態になります1〜2月は、ユズの花芽分化時期で、好条件で育てるのが大切です。本格的な寒さで、霜が降り雪が積もることもありますが、ユズは、マイナス5〜7度までの耐寒性があるので、防寒対策を行えば、越冬できます。ただし、それは成木の地植えのユズの場合です。まだ若い木や、鉢植えの場合は、冷害を受けることが多いため、どのように寒い冬を乗り [続きを読む]
  • レモンの肥料は?
  • レモンの肥料食いはトップクラスです柑橘類は肥料食いであることが多いですが、中でもレモンの肥料食い加減はトップクラスです。枝の発生が多く、生育期に何度も花を咲かせる上に、実を育てるのにも体力を使います。十分な肥料を与えることで、充実した株を作り、収穫量を増やすことができます。[レモンの肥料は?] ■レモンに適した肥料肥料は大きく分けて、有機質肥料と無機質肥料の2つに分けられます。有機質肥料とは、名前の通 [続きを読む]
  • レモン 室内での育て方
  • レモンは、鉢植えにして、室内で観葉植物のように育てることができますただし、室内で育てるために気をつけたいことがいくつかあるので、それを踏まえた上で、室内で育てるようにしましょう。■レモン 室内での育て方1.日照を確保する外に比べると、どうしても室内は日照時間が短く、明るさも足りないことがほとんどです。温室など、日照条件が外と変わらない場合は問題ありませんが、リビングなどの室内で管理する場合は、日照不 [続きを読む]
  • レモンの育て方 1月
  • 1月は寒さにやや弱いレモンにとっては一番すごしにくい苦手な季節ですけれど、この寒い時期に、春以降の生育に備えて、しっかりと準備をしておくと開花や結実が良くなります。■レモンの育て方 1月・レモンの状態レモンは、葉や枝、根の水分を少しずつ減らし、耐寒性を高めている状態です。水分を減らしてじっと動かないようにしているため、ほぼ休眠している状態とも言えます。1月になっても、まだ枝に実が残っている場合がありま [続きを読む]
  • レモンの育て方 12月
  • 12月、色づくレモン12月に入ると、寒さが本格的になってきます。レモンが冬を乗り越えるための対策をする時期です。■レモンの育て方 12月・レモンの状態レモンは、黄色く色づき、収穫がピークになる頃です。木に残っているレモンは、できるだけ早く収穫するようにします。だんだんと気温が下がってきて、レモンには厳しい季節である冬がやってきます。−3度までは耐えることができますが、木の植え付け方や大きさによって、耐寒温 [続きを読む]
  • スダチとカボスの違い
  • こちらは、カボスですスダチとカボスの違いは?見てはっきりと分かるのは、果実の大きさです。持ってみれば、重さからわかるんです。スダチの大きさは、だいたいゴルフボールくらいです。重さは、1個30g〜40gが一般的です。カボスはスダチよりも大きく、テニスボールくらいあります。重さは100g〜150gと、スダチの3倍〜5倍もあるのです。冬になると、焼き魚や刺身、鍋がおいしい季節。それと同時に、柑橘類もおいしい時期にな [続きを読む]
  • スダチとカボスの違い
  • こちらは、カボスですスダチとカボスの違いは?見てはっきりと分かるのは、果実の大きさです。持ってみれば、重さからわかるんです。スダチの大きさは、だいたいゴルフボールくらいです。重さは、1個30g〜40gが一般的です。カボスはスダチよりも大きく、テニスボールくらいあります。重さは100g〜150gと、スダチの3倍〜5倍もあるのです。冬になると、焼き魚や刺身、鍋がおいしい季節。それと同時に、柑橘類もおいしい時期にな [続きを読む]
  • 秋まき 香味野菜
  • 香味野菜は少しずつ使うものが多いため、常備しているととても役立つ存在です秋から、種まきや植え付けで育てられる、人気の香味野菜をご紹介します。リンクから育て方詳細に移動することができます。■秋まき 香味野菜・ミツバ 種まき:9月〜10月中旬種からでもとても育てやすく、収穫までの期間も短いので、初心者の方にもおすすめです。一度種まきすると、何度か収穫できるのも嬉しいところです。日当たりの良い場所でもよく育 [続きを読む]
  • 葉ネギ プランターの育て方
  • 葉ネギ プランターでもじゅうぶん育てられます■葉ネギ 栽培データ英名・学名 leaf green onion・allium fistulosum L.形態 多年草原産地 中国西部、中央アジア草丈/樹高  20cm〜50cm栽培難易度(1〜5)  2耐寒性 強い耐暑性 強い特性・用途  耐寒性が強い、耐暑性が強い、初心者向き ■葉ネギ プランターの育て方・栽培環境葉ネギの栽培は、日照の良い環境が理想的ですが、1日のうち3〜4時間程度の日照があれば、 [続きを読む]
  • 葉ネギ 地植えの育て方
  • 葉ネギがあると、料理にとても便利です■葉ネギ 栽培データ英名・学名 leaf green onion・allium fistulosum L.形態 多年草原産地 中国西部、中央アジア草丈/樹高  20cm〜50cm栽培難易度(1〜5)  2耐寒性 強い耐暑性 強い特性・用途  耐寒性が強い、耐暑性が強い、初心者向き ■葉ネギ 地植えの育て方・栽培環境葉ネギは暑さにも寒さにも強いため、初心者の方でも育てやすい野菜です。日当たりと風通しの良い場所 [続きを読む]
  • 葉ネギ 地植えの育て方
  • 葉ネギがあると、料理にとても便利です■葉ネギ 栽培データ英名・学名 leaf green onion・allium fistulosum L.形態 多年草原産地 中国西部、中央アジア草丈/樹高  20cm〜50cm栽培難易度(1〜5)  2耐寒性 強い耐暑性 強い特性・用途  耐寒性が強い、耐暑性が強い、初心者向き ■葉ネギ 地植えの育て方・栽培環境葉ネギは暑さにも寒さにも強いため、初心者の方でも育てやすい野菜です。日当たりと風通しの良い場所 [続きを読む]
  • 過去の記事 …