123 さん プロフィール

  •  
123さん: 知的財産と調査
ハンドル名123 さん
ブログタイトル知的財産と調査
ブログURLhttp://ameblo.jp/123search/
サイト紹介文特許調査を専門とする弁理士による、知的財産や特許調査に関する雑感です。
自由文独立開業し主に特許調査を担当しています。
2004年頃から、先行技術調査、無効資料調査、侵害予防調査、外国特許調査、文献調査、パテントマップ作成など、調査を専門にして来ました。
今後は、鑑定や無効審判、訴訟、特許の分析・価値評価などより高度な仕事にも取り組んで行きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供769回 / 365日(平均14.7回/週) - 参加 2011/03/07 15:26

123 さんのブログ記事

  • 営業秘密110番アドバイザーのコラム 第4回
  • INPITの営業秘密110番アドバイザーコラムを紹介します。 講演最初の出だし、掴みが重要とのことです。他に、時間厳守、平易に、伝わったのかが重要とのこと。 自分も時々セミナー講師を担当しますが、非常に参考になるコラムです。 http://www.inpit.go.jp/katsuyo/tradesecret/column.html#anchor4第四回 講師の心得/小原アドバイザー〜 伝わる講演をめざして 「つかみ」と「時間管理」〜私たちアドバイザーの [続きを読む]
  • ビジネス法務2017年6月号
  • 昨日発売のビジネス法務2017年6月号は、英文契約書が特集されていますが、知財関係の記事もいくつか掲載されています。 コメダ珈琲の不正競争事件、ピコ太郎の商標事件、Free vs マネーフォワードの特許訴訟事件です。 http://www.chuokeizai.co.jp/bjh/【特集1】 保存版英文契約書レビューのオールガイド 【実務解説】 ・店舗デザインへの不競法初適用コメダ珈琲そっくり店舗事件(青木博通)・ピコ太郎がPP [続きを読む]
  • 生かせ!知財ビジネス 弁理士会新業務の探索を開始
  • 日本弁理士会が、新業務の探索を模索しているという報道がありました。SankeiBizの生かせ!知財ビジネスです。 この報道によれば、新周辺業務は、「知財翻訳」「年金管理」「知財流通」とのこと。しかし、年金管理は特許事務所が普通に行っているサービスです。自ら翻訳を行っている弁理士、特許技術者、特許事務員も少なくありません。 年金管理で収益を上げようとすれば、日本だけでなく、主要国に事務所の支店を作り [続きを読む]
  • 「知的財産権法概論」
  • 知的財産法の近刊です。 著者名から推測するに、故紋谷 暢男先生の書籍を、ご子息が加筆したもののようです。 知的財産権法概論3,510円Amazon様々な事柄に関係する知的財産権。その全容を理解するためには、特許法や著作権法等の多くの法令や条約、裁判例等があり、容易なことではありません。これは、一つのものに多くの知的財産権が関係しているためです。本書は、複雑といわれる知的財産権を理論的・体系的・横断的 [続きを読む]
  • 平成29年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金
  • 先日、東京都の中小企業助成を紹介しましたが、特許庁・JETROの補助金も、アナウンスされています。 審査がありますので、外国出願を行う中小企業ならば、常に採択されるとは限りません。 http://www.jpo.go.jp/sesaku/shien_gaikokusyutugan.htm外国出願に要する費用の半額を補助します平成29年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金(中小企業等外国出願支援事業)経済のグローバル化に伴い、中小企業においても海 [続きを読む]
  • AIを使った図形商標検索システム
  • 各所で話題となっている、AIを使った商標検索システムDeepSearch Logoを試用してみました。 まずはフジテレビのマークから。ズバリのマークは見つかりますが、あとは動物のキャラクターなど、ハズレばかり。この商標、目玉を模していると聞きましたが、目玉のマークはフジテレビ以外、1件も出てきません。 次に、スターバックスのマーク。こちらは似たようなマークが結構出てきます。 最後にNT [続きを読む]
  • 「世界のソフトウエア特許 改訂版」
  • 発明推進協会の「世界のソフトウエア特許」、改訂版です。自分も初版を持っています。 改訂版では、ソフトウエア特許に関する動きと法律・裁判例・審査基準を集め、それらに解説を加えたとのことです。 https://www.hanketsu.jiii.or.jp/store/top_f.jsp籍名世界のソフトウエア特許 改訂版 著者等谷 義一  牛久 健司  新開 正史  河野 英仁 ISBN978‐4‐8271‐1280‐1 発行年2017年4月 頁数968 価格5,40 [続きを読む]
  • 知財管理 2017年4月号 目次
  • 知財管理 2017年4月号 目次が公開されています。 今号は第4次産業革命と知財が特集されています。タイムリーなテーマと言えるでしょう。 IT技術の進歩でより便利になるのは間違いありませんが、世の中がIT技術だけで成り立っている訳ではありません。 日経新聞は毎週のようにAIやIoTを取り上げますが、AIシステム「ワトソン」を売りたいI社など、IT企業に踊らされているように思えてなりません。&nbs [続きを読む]
  • 「IoT・AIの法律と戦略」
  • 本日発売の新刊です。大手法律事務所の先生が執筆しています。 IoTのほかにAI、ビッグデータ等を導入する際に企業が解決すべき法律問題について解説するとともに、IoT社会の実現に向けた企業の法務戦略を展望しているそうです。興味深い書籍です。 ところで、知財関係でも流行に過剰反応し、IoTやAIにばかり気を取られている方もいます。しかし、世の中がネット(IoT)やAIだけで成り立っている訳ではありません。  [続きを読む]
  • パテントサロンオフ会2017春
  • 昨晩は、表参道で開催されたパテントサロンオフ会に出席していました。 今回も10名以上の方と知り合いになれ、今後のビジネスやプライベートで役に立つ人脈ができたのではと思っています。 前回の2016秋に続いて、今回もライトニングトークがありました。1人5分のショートプレゼンテーションを行うというものです。8名の方からプレゼンがありました。 面白い内容もあったのですが、多くはプレゼンターのPRで [続きを読む]
  • 自動ブレーキの限界
  • 自動車ディーラーの試乗で自動ブレーキを試すよう勧めたところ、ブレーキが働かず、追突事故を起こし、書類送検されたというニュースがありました。 事故当時は夜間で雨が降っており、追突された車は黒色だったため、センサーの画像を元にした自動ブレーキが働かなかったのが原因です。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00010010-chibatopi-l12運転支援機能を搭載した日産のミニバン「セレナ」を試乗した [続きを読む]
  • 「情報の科学と技術」2014〜2015 J-STAGEに公開
  • INFOSTA(「情報科学技術協会)の機関誌、「情報の科学と技術」が、2014年から2017年発行分まで、JSTのJ-STAGEで公開されました。http://www.infosta.or.jp/posts/j-stage20170413/ 自分が執筆した特許調査書籍の紹介と、特許分類に関する記事も、掲載されています。 http://www.infosta.or.jp/posts/j-stage20170413/書評:「できるサーチャーになるための特許調査の知識と活用ノウハウ」東 智朗,尼崎浩史 著角田 朗 [続きを読む]
  • 弁護士法人の処分
  • アディーレ法律事務所が、過払い金の返還法律事務について、「1ヶ月間着手金無料」というCMを、実際には約5年に渡って続けていました。これについて、消費者庁から処分を受け、弁護士会からも懲戒審査相当と判断されたとのことです。 5年は60ヶ月ですから、約60倍の虚偽を流していたことになります。誰が見てもNGでしょう。 下記の記事の通り、弁護士法人が業務停止処分を受けると、一定期間全ての法律事務が [続きを読む]
  • 東京都知的財産センターの中小企業助成事業
  • 東京都知的財産センターの中小企業助成事業の公募が始まっています。 都内の中小企業に対して、外国出願、外国での模倣品調査対策、特許調査(他社調査、侵害予防、無効化等)について、一定の条件を満たし、審査に通ると、助成金が支給されます。 https://www.tokyo-kosha.or.jp/chizai/josei/index.html助成事業について外国への知的財産出願費用、外国侵害調査などにかかる費用の一部を助成します。更新日助成事業新 [続きを読む]
  • 特許紛争、専門家が裁定 特許庁が新制度創設
  • 特許紛争を専門家が裁定し、実施権契約や実施料を決める制度を特許庁が立案予定と、日経新聞と日刊工業新聞で報道がありました。 今年の産業構造審議会の報告書には、そのような話がなく、一瞬、飛ばし記事なのかと思いましたが、良く読んでみると、これから検討会を設置し、来年の法改正を目指すようです。 特許法83条、92条、93条の裁定制度は、今まで請求されたことはあるものの、一度も裁定通常実施権が設定 [続きを読む]
  • 「紛争類型別 事実認定の考え方と実務」
  • 訴訟実務に関する近刊です。元裁判官の方が執筆しています。 裁判官のなすべき正確な事実認定のあり方と訴訟代理人の主張・立証活動のあり方を紛争類型別に丁寧に解説しているとのことです。 知財訴訟にも役立つように感じます。 http://www.minjiho.com/html/information.html?date=20170406145629&db=minjiho2017/04/06『紛争類型別 事実認定の考え方と実務』は4月20日刊行です!『紛争類型別 事実認定の考え [続きを読む]
  • IP・eラーニング新規科目追加
  • INPITのIP・eラーニングに、今年になって10の新規科目が追加されています。 営業秘密、海外知財、職務発明、異議申立、証拠収集等です。無料で勉強できます。 http://www.inpit.go.jp/jinzai/ipe_learning/index.html【IP・eラーニング新規科目追加のお知らせ】─平成28年度、以下の科目を追加しました─科目名「ハーグ協定のジュネーブ改正協定(手続編)」 提供開 [続きを読む]
  • レンズと写真
  • 弁理士報酬の確定申告も終わり、還付があったため、新しいレンズを購入しました。タムロンの24-70mm F2.8と、ニコンの70-200mm F4ズームです。レンズを変えると、写りも別物になります。 料理の素材が悪くても、味付けでまずまずの食事は作れます。ですが、食材が良くないと本当においしいものは作れません。 カメラとレンズの関係も似ています。 レンズなど光学系が良くなくても、ソフトウェアによる画像処理で、 [続きを読む]
  • 「平成28年度重要判例解説の内容」
  • ジュリスト臨時増刊平成28年度重要判例解説が届きました。 今年は知的財産法の判例として、特許、商標、意匠に関する事件が解説されています。著作権、不正競争、種苗法等がないのは珍しいです。 http://www.yuhikaku.co.jp/static/H28juhan.html判例の動き――知的財産法 《茶園成樹》 1.均等論の要件(知財高判平成28・3・25)●西井志織2.特許権の存続期間の延長登録の要件――アバスチン事件(最三小判 [続きを読む]
  • 産構審 第9回弁理士制度小委員会 配布資料
  • 昨日、産業構造審議会の第9回弁理士制度小委員会 配布資料が公表されました。以下の資料です。弁理士制度の課題等が書かれています。 長澤委員の「第四次産業革命時代の弁理士のあるべき姿に関する意見」は、スーパーマンを要求しているようにも見え、現実的ではないです。善意に解釈すれば、事務所の組織力を高めて、組織で様々な課題に対応して欲しいと言うことなのでしょう。 櫻井委員の「弁理士事例と提言」には、 [続きを読む]
  • 2017年 発明の日記念 書籍バザール
  • 毎年恒例の、発明推進協会「発明の日記念 書籍バザール」です。 古い本中心ですが、欲しい書籍があれば、割安に購入できるチャンスと思います。 http://www.jiii.or.jp/tokyo/book-bazaar_h29.htm明推進協会は、ご好評いただいております発明の日記念「書籍バザール」を本年度も開催いたします。皆様のご利用をお待ち申し上げております。※「発明の日」(4月18日)は、専売特許条例(特許法)が明治18年4月18日に公布 [続きを読む]