123 さん プロフィール

  •  
123さん: 知的財産と調査
ハンドル名123 さん
ブログタイトル知的財産と調査
ブログURLhttp://ameblo.jp/123search/
サイト紹介文特許調査を専門とする弁理士による、知的財産や特許調査に関する雑感です。
自由文独立開業し主に特許調査を担当しています。
2004年頃から、先行技術調査、無効資料調査、侵害予防調査、外国特許調査、文献調査、パテントマップ作成など、調査を専門にして来ました。
今後は、鑑定や無効審判、訴訟、特許の分析・価値評価などより高度な仕事にも取り組んで行きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供765回 / 365日(平均14.7回/週) - 参加 2011/03/07 15:26

123 さんのブログ記事

  • 「わかって使える商標法」
  • 商標法に関する新刊です。 アマゾンには情報がありませんが、出版特別セミナーの情報が公開されています。 知財事件を多く手がける弁護士の先生が書かれた書籍のようです。 わかって使える商標法3,780円Amazon http://jucc.sakura.ne.jp/seminar-3.html当センターへの商標に関わる相談、問い合わせが目立ってきました。編集・広告の現場は今、「商標」の取り扱いに戸惑っています。そこで私たちは商標法に的を絞った特別セミナー [続きを読む]
  • 弁理士知財キャラバン 支援企業ヒアリング
  • 弁理士会のパテント誌 今月号(2017年6月号)に「弁理士知財キャラバン 支援企業ヒアリング」が特集されています。 知財キャラバン研修では、経営コンサルタントの講師より、特許や商標の出願業務は将来性がないから、(知財コンサルではなく)経営コンサルの仕事をすべきという講義がありました。 しかし、この特集号に目を通した限りでは、キャラバンコンサルの内容は、特許や商標の出願戦略、及び権利の活用に関する話でした [続きを読む]
  • 弁理士の日 知財ふれあいフェスティバル
  • 日本弁理士会近畿支部のイベントです。 7/1は弁理士の日ですが、今年は大阪で「知財ふれあい フェスティバル」が開催されるとのことです。 サイエンスショー、発明工作教室、ブース展示、クイズなど、次世代の発明者(子供達)を対象とした内容のようです。 http://www.kjpaa.jp/seminar/48853.html知財ふれあい フェスティバル(イベントの部)身近に楽しむ知的財産 日本弁理士会近畿支部では、知的財産権制度及び弁理士制度 [続きを読む]
  • 鳥二郎
  • 先週末、事務所の沿線にある「鳥二郎」に行ってみました。 この会社は、2年前、鳥貴族に不正競争行為で訴えられましたが、結局和解に終わっています。http://ameblo.jp/123search/entry-12262028798.html 以下の鳥二郎経営理念は立派ですが、典型的な、安かろう、のお店でした。 お店に入っても、誰も出てこない、座席に案内され、オーダーのベルを押しても誰も来ない。お酒がいつまでたっても出てこない。ようやく来たと思った [続きを読む]
  • ジュリスト 2017年8月号 「特許紛争の現代的課題」特集
  • 1ヶ月後になりますが、来月発売のジュリスト2017年8月号では、 「特許紛争の現代的課題」が特集されます。 テーマとしては、それほど新しくないようにも思えますが、証拠収集、国際裁判管轄、国境を越えた侵害関与者の責任、審決取消訴訟の審理範囲と拘束力など、法学的には未解決の課題と言えるのかもしれません。 審決取消訴訟の審理範囲と拘束力については、従前、大渕先生が原稿を書かれることが多かったのですが、有斐閣と [続きを読む]
  • 「宮口式 弁理士試験一発合格バイブル」
  • 弁理士受験に関する新刊です。LEC専任講師の宮口先生が執筆しています。 自分が受験生の時は、入門講座が佐藤先生、論文ゼミは代々木塾、論文答練は代々木塾、正林先生のマスター答練が中心でした。 宮口先生の講座を受講することはあまりありませんでしたが、当時から宮口クラスは1回又は2回の合格者が多かったと記憶しています。 弁理士試験で学ぶ内容は、どれも知的財産法の基礎となる内容なので、短期合格が必ずしも良いと [続きを読む]
  • 平成29年4月分 特許出願等統計速報
  • 本日、平成29年4月分 特許出願等統計速報が公表されました。 3月に特許出願件数が多かった関係上、4月は減っていますが、昨年と比べて5%です。出願数の減少も下げ止まったと言って良いと思います。 特許異議も118件と少なくない件数です。 弁理士の業務も、出願代理以外に拡がりつつありますので、数年後に弁理士試験の受験者が増える下地ができて来るのではないでしょうか。 http://www.jpo.go.jp/shiryou/toukei/syutuga [続きを読む]
  • L&T 知的財産紛争の最前線 No.3
  • L&T(Law & Technology)の別冊No.3が、来月刊行されるようです。 今回も「知的財産紛争の最前線」が特集され、小泉教授、上野教授、飯村弁護士らの論文が掲載されます。 知財ブームがすっかり去ってしまった感もありますがブームが去った後に、きっちりと仕事をする出版社。そのような会社は、評価できると思っています。 [続きを読む]
  • 弊所事務担当の募集
  • 現在、弊所で特許調査マネージャー候補等の求人を出していますが、事務担当者の募集もすることにしました。 事務は正所員(時短勤務可能)またはほぼフルタイムのパートです。 電話対応、来客対応、経理補助(請求書発行)、書類のチェック等が仕事です。必ずしも、特許事務経験者である必要はありません。 弊所の場合、特許庁への手続は、特許異議の申立て、情報提供、商標権の移転等が中心で多くありませんが、お客様へ提出する [続きを読む]
  • BUSINESS LAW JOURNAL 2017年8月号
  • 昨日発売のBUSINESS LAW JOURNAL 2017年8月号で、商標関係が特集されています。 「類似商品・サービスへの対処法」というタイトルで、知的財産法学者、弁理士、弁護士、法務担当は執筆しています。 Business Law Journal(ビジネスロージャーナル) 2017年 08 月号 [雑誌] Amazonhttp://www.businesslaw.jp/contents/201708.html[特集] 類似商品・サービスへの対処法[Interview]知的財産法制からみたユーザーエクスペリエンス重 [続きを読む]
  • 特許庁「手続上の瑕疵のある出願の後願となる商標登録出願の審査について」
  • 今朝の日経に載っていた、手数料を払わない出願に対する審査の話です。 日経の報道とは異なり、既に下記の運用を行っているとのことです。 手続上の瑕疵のある出願の後願となる商標登録出願について、当該後願となる商標登録出願に手続上の瑕疵がないことが確認できれば、先願となる手続上の瑕疵のある出願が却下されるのを待つことなく、実体審査を開始する運用を行っている。 http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_shouhyou/shutsug [続きを読む]
  • 無関係の商標出願 特許庁、却下待たず次の審査
  • 以前から、世間を騒がせていた、手数料未払いで大量の商標出願がされていた件ですが、特許庁が対応策を決め、今日発表するそうです。 料金未払いの先願に関係なく後願の審査を進め、先願が却下されたらすぐに登録できるようにするとのことです。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS20H23_Q7A620C1EE8000/ タレントのピコ太郎さんの「PPAP」など、当事者とは関係のない第三者による商標出願が相次いでいるのを受け、特許 [続きを読む]
  • 音楽教室側、JASRACを提訴
  • 音楽教室大手のヤマハ音楽振興会などの原告団が20日、JASRAC側への支払い義務がないことの確認を求める訴訟を東京地裁に提起したそうです。 原告の主張が詳細に解説されていますので、引用させて頂きます。 1.「公衆」に対する演奏ではないこと 2.「聞かせることを目的とした」演奏ではないこと 3.著作権法の立法目的(法第1条)にもそぐわないこと http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2092785.html 日本音 [続きを読む]
  • 「弁護士 裁判官 検察官 司法が危ない (別冊宝島)」届く
  • 週末に別冊宝島の「弁護士 裁判官 検察官 司法が危ない」が届いたので、目を通しています。昨年は別冊宝島で「弁護士の格差」という冊子があり、購入しましたがその続編といえる内容です。 センセーショナルな部分も少なくありませんが、良く取材しているという印象です。 「弁護士の格差」でも採り上げられていましたが、弁護士は元々、年収が1億円を超える方と数百万円の方がおり、格差社会の典型とのことです。稼げる人と稼げ [続きを読む]
  • 地域金融機関から「知財ビジネス評価書」作成申込みを受付
  • 本日より、特許庁が地域金融機関から「知財ビジネス評価書」作成申込みを受付開始したとのことです。 この制度は知財を担保にするのではなく、融資等を検討している中小企業の知的財産を活用したビジネスについての評価書を、提携調査会社が作成し、地域金融機関に無償で提供するスキームです。 現在は低金利のため、知財ビジネス評価書を作成にコストを地域金融機関が吸収できず、有償のサービスは成り立たない状況のようですが [続きを読む]
  • 「法律家・法務担当者のためのIT技術用語辞典」
  • 法律家・法務担当者のためのIT技術用語辞典です。知財関係者にも有用と思います。 IT用語の基礎知識を、斯界の第一人者である著者の実務経験からまとめたとのことです。 法律家・法務担当者のためのIT技術用語辞典2,700円Amazon「ITビジネス法務」を検討する際、ややもすれば「いまさら聞けない雰囲気」のなかで「知ったかぶり」のままやり過ごすことなりかねないIT用語の基礎知識を、斯界の第一人者である著者の実務経験か [続きを読む]
  • INPIT近畿統括本部(INPIT-KANSAI)が7月31日にオープン
  • INPIT近畿統括本部について正式にアナウンスがありました。7/31オープンです。 大阪梅田で、出張面接審査やテレビ面接審査を受けられるというのが、一番のウリと思います。 http://www.meti.go.jp/press/2017/06/20170616003/20170616003.html本件の概要近畿地方に所在する中堅・中小・ベンチャー企業の知的財産の保護・活用を支援する「INPIT近畿統括本部」(INPIT-KANSAI)が、平成29年7月31日(月曜日)にオープンします。 [続きを読む]
  • 「たった一人のビジネスモデル 改訂版」
  • 発明推進協会書籍の改訂版です。 特許になる発明をどのように生み出すか、ビジネスに貢献する発明をどのような観点で創ればよいかにポイントを置いて説明した書籍とのことです。 たった一人のビジネスモデル 改訂版1,201円Amazon「発明手法」、「アイデアの出し方」などに関する書籍は、これまで数多く発行されていますが、本書では、単に発明を生み出す手法についてではなく、特許になる発明をどのように生み出すか、ビジネスに [続きを読む]
  • 知財管理 2017年6月号 目次
  • 本日、知財管理 2017年6月号 目次が公開されました。論説の2番目に拙稿「非特許文献調査」が掲載されました。 知財協の会誌委員の方々には、打ち合わせや査読等、ご指導頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。本誌発行の1ヶ月経過後、弊所ホームページでPDFを公開する予定です。 今月号も、延長登録、ハーグ協定、進歩性、異議申立て、商標関係など盛りだくさんです。 http://www.jipa.or.jp/kikansi/chizaikanri/mokuji [続きを読む]