新橋もと さん プロフィール

  •  
新橋もとさん: 新橋もとブログ
ハンドル名新橋もと さん
ブログタイトル新橋もとブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/moto-shinbashi/
サイト紹介文新橋もとという和食屋で、入荷したての旬な日本酒を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供268回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2011/03/06 23:01

新橋もと さんのブログ記事

  • 秋刀魚・松茸・秋の酒
  • 秋刀魚が歴史的な不漁なんです(泣)各地の秋刀魚イベントが中止もしくは延期されております。そんなニュースを観ればみるほど、やっぱり秋刀魚食べたいッ‼?という事で、秋刀魚を京橋もとでは こんな感じでご提供。秋刀魚で松茸を巻いて炭火でじっくり焼き上げます。はて?この形どこかで見たな・・・ 大きい声では言えないけどちょっとだけ「王蟲」に似てる・・・※思いのほか画像がグロかったので加工致しました(苦笑)お皿 [続きを読む]
  • 川中島幻舞シークレットライブ2017
  • 先日は「川中島幻舞 シークレットライブ2017」を2部に分けて開催!京橋もとに足繁く通ってくださっている常連様の中から特に「川中島幻舞 愛」に満ちたお客様に、お店側からお声をかけさせて頂いた選抜メンバーが集う会。そしてこのメンバーを迎え討つのが長野より降臨した〜千野麻里子杜氏!いつもお美しゅうございます。お酒を一つひとつ丁寧に説明してくださいました。前回と酵母を変えたり、新たな酒米に挑戦したり、お話を聞 [続きを読む]
  • 週末はスパイス曜日
  • 週末になるとスパイスを注入したくなります。新宿・伊勢丹付近を歩いていると、細い路地奥から何やらスパイスの香りが・・・嗅覚を頼りにフラフラと歩いていくと〜ここか! 「ガンジー」さん。階段を上がると昭和の純喫茶を思わせる店内。スティービーワンダーの歌声を聴きながら注文したのは「トマトとチーズのカレー」店名は「ガンジー」ですがインドカレーではなく「欧風カレー」なんです(笑)丁寧に焙煎した様々なスパイスの [続きを読む]
  • その違い、体感すべし!
  • 日本酒の愉しみ方に「飲み比べ」がございます。今回は是非試して頂きたいオススメの飲み比べ6本をご紹介!最初は〜今年もやってまいりました‼?「而今 純米吟醸 東条山田錦&吉川山田錦」酒米の王様・山田錦 その最高峰に君臨する兵庫県東条産と吉川産山田錦で醸した而今。東条と吉川は直線距離で十数キロしか離れてはおりませんが・・・違うんですよ。味わいが‼?是非、ご自分の味覚を試して頂きたい!そしてお次は〜同じく三重 [続きを読む]
  • 空色の箱の中身は・・・
  • 何やら綺麗な空色の箱が届きました。中を恐る恐る開けてみると・・・おぉっ! 蒼空だぁ〜‼?京都伏見のお酒「蒼空」このかわいい瓶は夫婦2人で飲みきれるようにと500mlサイズ。冷蔵庫のポケットにスッポリ入る有難い大きさ。イタリア・ベネチアのガラス工房で作られた拘りの瓶なり。先日、京都・滋賀へ「大人の社会科見学」に行っていた常連さわ夫妻&タニツク姉妹からのお土産なり(嬉)いつもありがとう〜ッ‼?特にこの「こげ [続きを読む]
  • 子持ち鮎のコンフィ
  • 【お知らせ】本日 12日(火)は取材のため18時オープンとさせて頂きます。ご了承ください。さてさて、またこの季節がやって来ましたよ!「子持ち鮎のコンフィ」ヘルシーなグレープシードオイルでじっくり「煮る」事で頭から尻尾まで骨ごと柔らかにお召し上がり頂けます。この旨味たっぷりな一皿には「十旭日 純米吟醸 佐香錦55 おりがらみ生」地元島根県の酒造好適米「佐香錦」で醸した一本。島根の「十旭日」と言えばしっかりし [続きを読む]
  • 分福・毛塚社長 来る!
  • 群馬県 館林 「分福酒造」の蔵元・毛塚社長ご来店なり!久々の再会も束の間この日は偶然にも毛塚社長の大学の後輩や館林在住の分福好きの常連様がいらっしゃってカウンターは大盛り上がり(笑)また当日 結婚18年目の記念日だったご夫婦がいらっしゃったので、みんな「分福」で乾杯したのでした!「福を分け合う」から「分福」まさにそんな一日でした。葉石かおりさん監修『日本酒のペアリングがわかる本』には分福も登場しており [続きを読む]
  • 大吟醸に酔いしれる。
  • 今日はじっくり味わいたい大吟醸クラスのお酒を3本ご紹介します。「龍神丸 大吟醸 生原酒 40」1880年創業 和歌山県・高垣酒造が醸す超限定秘蔵酒「龍神丸」漫画「もやしもん」に登場した経歴あり。低温でじっくり醸した丸み、奥行きのある高貴な香りと口溶けの良い甘味。まさに「王道の大吟醸」なり!お次は〜「東北泉 純米大吟醸 瑠璃色の海」今思えば、私が日本酒の世界に入るきっかけとなったお酒のひとつ。十数年が経ちますが [続きを読む]
  • 秋刀魚食べたい!
  • 秋と言えば〜「秋刀魚」ですよね。でも・・・秋刀魚が高い! しかも細い(号泣)コース料理で「秋刀魚塩焼き」は入りませんが、もし一緒に合わせるならば「賀茂金秀 特別純米 秋の便り」やっぱコレだよね!今年もやってまいりました。 秋らしいラベルデザイン。味わいも秀逸!金ちゃんもバシッとおススメなり!ちなみに秋刀魚は「焼き」だけじゃなく刺身も旨いッ‼?脂の乗った秋刀魚の刺身と合わせるなら「奥播磨 純米吟醸 黒」 [続きを読む]
  • 宏美さんの器 到着!
  • 益子の陶芸家・鈴木宏美さんから器が届きました!お茶碗と湯呑みです。手に取ると優しい気持ちになれる器なり。「半年待った甲斐があったね!」宏美さん、ありがとうございました。大事に使わせて頂きます!さて、お酒も木曜、金曜で20本以上入荷予定! 今から楽しみなり。と、その前に「秀鳳 純米大吟醸 愛山 原酒」昨年も旨かった! そして今年もやっぱり旨かった‼?「鶴齢 純米吟醸 愛山」愛山初挑戦! さすが鶴齢、ハズしま [続きを読む]
  • こんなカーテン 欲しい。
  • こんなカーテンがあったら・・・いいね。ノドグロの風干しを只今製作中‼?干すと旨味が増すのです。ただ焼いてお出しするなんて事は致しません。 ひとひねり入れます(笑)そんな「ノドグロ・カーテン」を眺めながら飲みたいお酒は〜「遊穂のあお」「たけのその パンダの旅 誕生」「杉勇 辛口生酛純米」暑さも一段落して、燗酒も欲しくなってきましたな!「東京街人」掲載中! [続きを読む]
  • 9代目佐藤弥右衛門氏 来る!
  • 福島県喜多方市で1790年から続く大和川酒造 9代目蔵元 佐藤弥右衛門会長がご来店!とっても気さくでお話しも楽しい方なんです!大和川酒造は自社田で山田錦や夢の香を栽培。精米から醸造まで一環して行う拘りの酒蔵なり。仕込み水は飯豊山の清らかで柔らかな伏流水。「弥右衛門」の優しい酒質は、この軟水にあり。特にその「優しい酒質」を実感できるのが「弥右衛門 純米 辛口」自社田で育てた「夢の香」で醸した辛口純米。口当り [続きを読む]
  • 八王子の「坐忘」さん。
  • 昨日は常連・白石ファミリーと東京・八王子の「坐忘」さんへ。以前から気になっていたお店で、やっと来店が叶いました!まずは「蕎麦味噌」蕎麦屋さんで飲むなら必須です。香ばしい蕎麦の実、少し焦げた甘い味噌が堪りません!「銀杏豆腐」沖縄のジーマミー豆腐に似たモチップルッな食感が楽しい!中には新物の銀杏がゴロッと。「これは旨いッ‼? 」ここで意外な一品が・・・「粗挽き蕎麦」コース前半ですが、酔っ払う前&満腹に [続きを読む]
  • 絶品‼? 冷菓子「朱玉」
  • 常連「タロー母」より頂いた甘味があまりにも美味しかったのでご紹介!京都の老舗料亭・和久傳のおもたせ部門・「紫野 和久傳」の季節限定スイーツ「紫野和久傳 朱玉」琥珀色のゼリーの中には〜ゴロッと大きくカットされたいちじく‼?軽くコンポートしてありますが「生」に限りなく近いフレッシュな食感!いちじく好きには堪りませんッ‼?ゼリーは和三盆の品の良い甘さと、白ワインと酢橘の酸を感じる二層構造!「よく出来て [続きを読む]
  • 旨し! 山形正宗「秋あがり」
  • まだまだ日中の蒸し暑さはございますが、秋のお酒が出始めております。特におすすめしたいのが「山形正宗 秋あがり 純米吟醸」兵庫県産山田錦で醸し、春先に搾ったお酒をプラス2℃で低温貯蔵。選抜されたタンクから「秋あがり」として出荷されました。蔵元の水戸部さんが「山形正宗の名刺代わりにしたいお酒」と太鼓判を押すこの「秋あがり」口に含むと桃に似た柔らかな果実香、心地よい酸とともにじんわり旨味が広がります!落ち [続きを読む]
  • 抱き合わせ販売
  • 本日の仕込みに使う梨やら玉葱やらの中に一つだけ濃い色の玉葱が・・・「店長 これ、玉葱じゃないっすね。」ならば一体何だろう・・・「築地の八百屋で仕入れた時は気づかなかったんですけどね。」えっ? 組み立ててんの⁈「ん⁈ コイツ動くぞッ‼?」完成しましたッ‼?ヤダ、超カッコ良いッ‼?これ、現在 超入手困難な「ザク頭 第2弾」じゃん‼?まさか築地では玉葱と抱き合わせで販売してるとは・・・「んなワケないでしょう [続きを読む]
  • 冷し麺食べ納めの儀
  • もうすぐ夏が終わる。いや、もう秋になって欲しい・・・暑いから(泣)今年も「個人的」に大変お世話になった「冷し麺」達を食べ納めしてまいりました。神楽坂・田中屋さんの「冷しラーメン」今年初めて知ったお店なり。そのキリリと冷えたスープは 岩手・龍泉洞を彷彿とさせる「透明度」平打ち麺の喉越しも素晴らしい!お次は古巣・新橋よりきたかた食堂さんの「無化調冷し鯛麺」鯛の出汁に鯛のなめろうを混ぜながら食す冷し麺な [続きを読む]
  • けんちのさんとまりこさん。
  • 本日は「川中島 幻舞」を醸す長野最古の酒蔵 「酒千蔵野」よりご来店の〜千野健一&麻里子ご夫妻!このツーショットは中々レアでございます!新橋時代、ご夫婦で何度かご来店くださっていたのに その日に限って「臨時休業」やら「酒の会」で入れず(泣)今回 やっとご夫婦揃ってご来店頂けて嬉しい限りッ!おや? 麻里子さんが手にしているのは・・・ひょっとして葉石かおりさん監修の「日本酒のペアリングがよくわかる本」この本 [続きを読む]
  • 美智子 来る!
  • 茨城県 結城市・結城酒造の「結 ゆい」最近、口にする度に「旨いなぁ〜!」と声に出している気がします。その「結」を醸す 蔵元杜氏・浦里 美智子さんがご来店なり!いつも思うんですが、美智子さんの笑顔は周囲をシアワセな気持ちにさせてくれます。お酒の話に始まり、「美智子最大級のモテキ」を迎えた高校時代の武勇伝⁈まで 本当に楽しい話が尽きないステキな方なんです?その明るいキャラクターとひたむきに酒造り取り組む姿 [続きを読む]
  • ハワイ帰りの男
  • 「今、成田空港なんですけど 行ってもいいですか?」ハワイ帰りの上喜元・内藤大輔氏からの電話だった。本人いわくハワイは仕事だったらしい(笑)他のお客様もお帰りになったし、久しぶりにやりますか? 「燗酒研究会」燗付けする人によって 全く違う表情になるのが燗酒の醍醐味。どんな方に、どんなシチュエーションでこのお燗酒を召し上がって頂くか。「絶対温燗を持つ男・内藤大輔」と燗酒を酌み交わすこの時間は愉しいもので [続きを読む]
  • 佐賀の銘酒「泉錦」
  • 昨日は「飛露喜」の地元ブランド「泉川」をご紹介しましたが、本日は佐賀の銘酒「鍋島」の地元ブランドをご紹介!その名は〜「泉錦」大正末期創業の富久千代酒造は社名と同じ「富久千代」や「泉錦」の銘柄でお酒を生産していましたが、 3代目蔵元・飯盛直喜氏が1998年に新たなブランド「鍋島」を立ち上げます。その後「鍋島」の国内外での快進撃は皆様ご存知の事と思います。この地元限定流通酒・泉錦はサラリとした口当たりの中 [続きを読む]
  • 最強の地元ブランド「泉川」
  • 急に「福島のアノお酒」が飲みたくなった。「福島のアノお酒」とは・・・そう「泉川 純米吟醸」福島を代表する銘酒「飛露喜」を醸す廣木酒造本店の「地元酒」に位置するのがこの「泉川」「飛露喜」に比べ「泉川」は加水・火入れされている為、すっきり穏やかな印象を受けるます。一言でいうなれば 飲み飽きしない、食事と一緒に愉しめる素晴らしいお酒なんです。ただ・・・東京では「飛露喜」より手に入りづらい(泣)そうだ! 福 [続きを読む]
  • スパイスの渦
  • お盆明け。スパイスを注入したくなりました。「スパイスの香り」を思う存分愉しみたい時は〜「ビリヤニ」が良いでしょう。今日は「ラムのビリヤニ」で。色鮮やかでテンション??パラリとした長粒種・バスマティライスを頬張ると・・・「香り米」と呼ばれるバスマティライス自身のポップコーンにも似た香ばしい香り!コリアンダーやクミン、クローブ、カルダモン、スターアニスなどの個性豊かで爽快な香り!時間差で現れる辛味ス [続きを読む]
  • 伝家の宝刀「呉の土井鉄」
  • ノドグロ美味いですよね!その弾力、その溢れる脂、その高貴な旨味・・・京橋の風で軽く干して旨味を凝縮。そのあと〜備長炭で焼きあげます!皮目パリッ! 身はふんわり! 仕上げにワラ投入!ファイア〜ッ‼?ワラ焼きして皮目に薫りをつけます。ワラの薫りはどこか郷愁漂いますな。このあともうふた手間加えてお客様の前に。このお料理に合わせたいのは「呉の土井鉄 中汲み純米吟醸 酒未来&八反錦 火入」来ましたよ! 宝剣を醸す [続きを読む]
  • ブルーベリーと「にごり酒」
  • フランソワーズ・イクコ宅で「収穫」された沢山の大粒なブルーベリー。その艶やかなブルーベリーを〜グツグツ煮詰めて〜鴨のローストに添えました(美味)香ばしく焼きあがった鴨にブルーベリーのソースが良く合うッ‼?この野趣溢れる味わいには、常連・酒呑太郎氏から密かに持ち込まれた◯ンタイ激濁酒で立ち向かうべし!「大典白菊 生もと純米酒 雄町70にごり火入酒」雄町の故郷・岡山県の「大典白菊」が地元の雄町を使い、伝 [続きを読む]