guitarbird さん プロフィール

  •  
guitarbirdさん: 自然と音楽を愛する者:音楽の森
ハンドル名guitarbird さん
ブログタイトル自然と音楽を愛する者:音楽の森
ブログURLhttp://ameblo.jp/guitarbird9091/
サイト紹介文1日1枚、その時に聴いているロックやソウルを中心とした洋楽CDを紹介してゆきます。
自由文本体「自然と音楽を愛する者」で音楽記事を挙げた際にはそのお知らせ記事も上げます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2011/03/09 20:46

guitarbird さんのブログ記事

  • Gonna Fly Now 『ロッキー』のテーマ
  •  ◎Gonna Fly Now (Theme from "ROCKY") ☆Bill Conti ▼「ロッキーのテーマ」(ゴナ・フライ・ナウ) ★ビル・コンティ released in 1976 2017/6/17 映画『ロッキー』、『ベスト・キッド』の監督ジョン・G・アビルドセンが亡くなりました。 1977年開催第49回アカデミー賞において『ロッキー』は最優秀作品賞、アビルドセン監督は最優秀監督賞をそれぞれ受賞しています。 昼頃にそのニュースをネットで見てから、今日は頭 [続きを読む]
  • Sunshine Day オシビサ
  •  ◎Sunshine Day  ☆Osibisa ▼サンシャイン・デイ ★オシビサ released in 1975 2017/6/13 久し振り「笑う洋楽展」ネタ、6月11日の回、テーマは「降る降る」。 紙吹雪などがステージに降ってくるスタジオライヴものを集めたものですが、中でもオシビサのこれが面白かった。 これでよく演奏できるなというくらいに降り注ぎ、頭や楽器に降り積もっていました。 オシビサについて、僕もよくは(ほぼまったく)知らないので [続きを読む]
  • Bad Moon Rising クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル
  •  ◎Bad Moon Rising  ☆Creedence Clearwater Rivival ▼バッド・ムーン・ライジング ★クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル released in 1969 最近よく口ずさみ、時にギターで弾いて歌い遊んでいる曲。 車に積んであるクリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルのベスト盤CDを久しぶりに聴いてはまった。 クリーンデンスはずっと好きだったけど、今回はまさに「はまった」。 3コードの単純なロックンロー [続きを読む]
  • From Here To Eternity アイアン・メイデン 〜インディ500
  •   ◎From Here To Eternity  ☆Iron Maiden ▼フロム・ヒア・トゥ・エターニティ ★アイアン・メイデン released in 1992 2017/6/2 月曜日のこと。 僕には珍しく、見るでもなくなんとはなしにテレビをつけていると、こんな言葉が耳に入ってきました。 「サトウタクマ インディ500 ユウショウ」 僕は最初「はあ、そうだったんだ」と冷静(冷淡)でしたが、その言葉の意味が分かるにつれ、「ほんとか! すごい!!」と [続きを読む]
  • 50年前の音楽
  • 今日から6月。50年前の今日、1967年6月1日、ザ・ビートルズの名盤SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BANDがリリースされました。50周年記念盤が5月26日にリリースされました。先週土曜日、5月27日のNHK朝のニュースでもこのアルバムの話題が取り上げられていましたね。余談、ほんとうは6月1日にリリースしたかったでしょうけれど、「新譜リリース金曜日ルール」はビートルズとて例外ではないようで、かといって1日後の明日6月2日 [続きを読む]
  • Little Lies フリートウッド・マック
  •  ◎Little Lies ☆Fleetwood Mac ▼リトル・ライズ ★フリートウッド・マック released in 1987 本日は1曲の話。 フリートウッド・マック Little Lies☆ Little Lies Fleetwood Mac (1987) フリートウッド・マックが1987年に華麗に復活したアルバムTANGO IN THE NIGHTのリイシュー盤が出ました。 そのアルバムは、好きかどうかでいえば僕がいちばん好きなフリートウッド・マックのアルバムですが、リイシュー盤で久し振 [続きを読む]
  • クリス・コーネルが急に
  •  サウンドガーデンのフロントマン、ギターとヴォーカル、クリス・コーネルが急死したとの報に接しました。 享年52。 スポニチアネックスの記事を引用します。 なお、引用者は適宜表記変更や改行を施しています。*** 米歌手クリス・コーネル氏死去 52歳  サウンドガーデンのボーカルなど ロックバンド「サウンドガーデン」「オーディオスレイヴ」のボーカルとして知られた米歌手のクリス・コーネル氏が17日、デトロイト [続きを読む]
  • My Way フランク・シナトラと布施明
  •  ◎My Way ☆Frank Sinatra ▼マイ・ウェイ ★フランク・シナトラ released in 1969 2017/4/29 ※写真は曲の内容とは一切関係ありません(のはず) 本日は1曲の話。 My Way フランク・シナトラ 作詞:ポール・アンカ 作曲者:クロード・フランソワ、ジャック・ルヴォー 先ずは曲から。☆ My Way Frank Sinatra (1969) 『SING/シング』のオリジナルCD-Rを作りましたが(記事こちら)、それを聴くようになってから [続きを読む]
  • Amazing Grace ロッド・スチュワート
  •  ◎Amazing Grace  ☆Rod Stewart ▼アメージング・グレイス ★ロッド・スチュワート 2017/4/23 本日はあまりにも有名なAmazing Grace。 曲自体のことについて今回は敢えて触れません。 ある鳥の話をするのに「鳥って何?」という話をしないのと同じような感覚だと思っていただければ。 "Woman"がこの歌が好きだと話していてふと僕の頭に浮かんだのがロッド・スチュワートの歌。 ロッド・スチュワートってすごいですよね [続きを読む]
  • 2017年4月のドライブCD-Rは『SING/シング』のオリジナル曲集
  •  ただいまドライヴに出かけています。 ドライヴCD-Rのこの記事はタイマーでセットして上げています。 今回のCD-Rはズバリ 『SING/シング』で使われた曲のオリジナル集 オリジナルといいつつ一部はカヴァーですが詳細は後ほど。 うちにCDがある曲を集めてみました。 もちろんすべてを覚えているわけではなく、ネット上で、使われた曲をすべて取り上げた素晴らしいサイトを見つけ、それから記事を書き始めました。 やはり結 [続きを読む]
  • ビューティフルネーム ゴダイゴ
  •  今日は珍しく邦楽の話をします。 初めて買ったレコードは何ですか? 「ビューティフル・ネーム」 ゴダイゴ 僕が初めて買ったレコードはこれです。 毎年4月第3日曜日は「レコードストアデイ」 CDではなくレコード。 今年は4月22日(土)ですが、昨年までは当日か後日に気づいて記事を上げていたので、今年は予告として早く上げようと思って。 ただ、僕自身はもうレコードを家からなくすつもりであり、新たに買わないから [続きを読む]
  • 映画『SING/シング』
  •  映画『SING/シング』 "Woman"と観て来ました。 よかった! 以前エルトン・ジョンの曲の記事で話題にしました。 観たのは字幕版でしたが、1日に1回か2回しか上映がなくて、20時過ぎからのレイトショーで行きました。 あらすじ。 映画『シング』は動物たちの住む街を舞台に、かつては栄えていた劇場を再建するため、オーナーのコアラが奮闘する物語。 コアラのバスター・ムーンは、自身の所有する劇場にすっかり客足が途絶 [続きを読む]
  • OUT OF TIME R.E.M.
  •  ◎OUT OF TIME ☆R.E.M. ▼アウト・オヴ・タイム ★R.E.M. released in 1991 CD-0472 2017/4/5 R.E.M.のロック史に残る名盤にして大傑作アルバム、OUT OF TIMEの25周年記念盤が昨秋(ひっそりと)出ました。 買って一度聴き、すぐにクリスマスソングの流れがきて暫く聴かず、それからクラシックに入り込みとなんだかんだで3月下旬。 これが目に留まり、そういえばと聴くと、これがはまりました。 もちろんこのアルバム [続きを読む]
  • 洋楽における「マイフレンド」問題
  •  本を1冊読みました 『実践 日本人の英語』  マーク・ピーターゼン著  岩波新書 今回はこの本を読んで思ったこと。 大学の授業で日本語英訳文の添削指導をしていた著者が、日本人にありがちな英語の問題点を指摘し正しい用法を説明するというもので、とても面白くて興味深い1冊でした。 中でも印象的だったのが「マイ問題」という章。 "my friend"の使い方について 次の文章を英訳せよというお題が出されます。 ただ [続きを読む]
  • Separate Ways ジャーニー
  •  ◎Separate Ways ☆Journey ▼セパレート・ウェイズ ★ジャーニー (1983) 本日は洋楽1曲のお話。 ジャーニー Separate Ways 僕前後の世代の人にはあまりにも知られた名曲。 コテコテといってもいいかもしれない。 事実、HBCラジオの洋楽番組「バンラジ」でも月に1回は流れる曲のひとつです。 今やこの曲といえば WBC  ワールド・ベースボール・クラシック。 TBS系のWBCのテーマ曲として試合中継やニュースや番宣な [続きを読む]
  • チャック・ベリー氏
  •   今朝の仕事前に、チャック・ベリーが亡くなったという報に接しました。 BARKSの記事を引用します。*** ロックンロールの創始者の1人、チャック・ベリーが土曜日(3月18日)、ミズーリ州セントチャールズの自宅で亡くなった。 90歳だった。 地元の警察によると、意識がないとの通報により12時40分に駆け付け、救命措置を施したが、回復することはなく、13時26分に死亡が確認されたという。 1926年にミズーリで誕生した [続きを読む]
  • BLUE AND LONESOME ローリング・ストーンズ
  •  ◎BLUE AND LONESOME ☆Rolling Stones ▼ブルー・アンド・ロンサム ★ローリング・ストーンズ released in 2016 CD-0471 2017/3/13 ローリング・ストーンズの新譜の話をします。 昨年12月にリリースされたBLUE AND LONESOME あのストーンズが原点に立ち返ってブルーズのカヴァーをやる。 大きな期待を持って迎えられました。 まあ僕もその口のひとりではありましたが。 リリースされるともう絶賛の嵐。 このアルバ [続きを読む]
  • 忘れてはいない
  •  3.11 忘れていない。 14:46分には南の方を向いて心の中で黙とうしました。 でも、今年は、ここ1週間、ニュースをほとんど見ませんでした。 「3.11」の話題、その後の話を見るのがつらかった。 忘れてはいけない。 報道する側の思いは分かります。 でも、僕は、忘れていないからこそ見るのがつらかったのです。 忘れてはいないのだから。 "Woman"と出会って初めての「3.11」 あの日はどこで何をしていた。 お互い話し [続きを読む]
  • Can You Feel The Love Tonight エルトン・ジョン
  •  ◎Can You Feel The Love Tonight ☆Elton John ▼愛を感じて ★エルトン・ジョン released in 1994 2017/3/9 仕事が休みの今日は"Woman"と街に行ってきました。 大通BISSE1階フロアで劇団四季ミュージカル「ライオンキング」のパネル展が行われていました。 1階スイーツカフェでは、出店している各店協賛で期間限定「ライオンキング」スイーツがあるという。 これは食べなければ。 きのとや ライオンショコラ チョ [続きを読む]
  • 2017年3月2日の洋楽ドライヴCD-R
  •  3月2日は"Woman"と南の方にドライヴに行きました。 写真は「蝦夷富士」こと羊蹄山。 今回は久し振りドライヴ用に80分のCD-Rを作り、道中ずっとかけていました。 全18曲、7回聴いたかな、そのCD-Rの曲を紹介します。☆1曲目 Love Comes To Everyone George Harrison (1979) ジョージ・ハリスンの誕生日の記事で取り上げた曲。 やっぱり聴きたくて入れました。 CD-Rは1曲目は特に何を入れるか悩みます。 今回は2曲目に入 [続きを読む]
  • Love Comes To Everyone ジョージ・ハリスン誕生日
  •  2月25日は ジョージ・ハリスンの誕生日 今年で75歳、になっていたはず・・・ ジョージおめでとう! 昨年はこの日この記事を上げていませんでした。 2年振りに選んだのはこの曲です。☆ Love Comes To Everyone George Harrison (1979) ジョージのことはいつも頭にあります。 ええ、そりゃ元ビートルマニアですから(笑)。 この曲は1週間ほど前にふと思い出し、それから時々心の中で流れています。 が、思い出した時 [続きを読む]
  • Wild Side モトリー・クルーと「笑う洋楽展」
  •  ◎Wild Side ☆Motley Crue ▼ワイルド・サイド ★モトリー・クルー released in 1987 from the album GIRLS GIRLS GIRLS 2017/2/20 久し振りに「笑う洋楽展」ネタです。 ビートルズのレコードを売ったという話の記事に対して、別BLOG含めいつもより多くの書き込みをいただきました。 ありがとうございます。 もしかしてguitarbirdが音楽への愛情がなくなったのかな、と心配された方もいらっしゃったかもしれない。 で [続きを読む]
  • ビートルズのレコードを売ったという話
  •  今年に入ってから、所有していたビートルズのレコードを幾つか売りました。 幾つか、じゃない、10枚以上。 ビートルズが嫌いになったわけではもちろんない。 でも、ビートルズに熱を上げるというのでもなくなってきた。 ビートルズは普通に生活の中にあり続けてはいるけれど、どうも僕という人間にとってそれ以上ではなさそうだ。 大袈裟にいえばそんなことが分かってきた。 そこで気持ちの踏ん切りがつきました。 僕は自 [続きを読む]