iwakie さん プロフィール

  •  
iwakieさん: でまど。
ハンドル名iwakie さん
ブログタイトルでまど。
ブログURLhttp://hiroshima-demado.blogspot.jp/
サイト紹介文小劇場演劇の制作者。「制作は劇団の夢を叶えるツール」をモットーに西日本中心のネットワークで活動中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/03/10 17:23

iwakie さんのブログ記事

  • 【ラボ】広島アクターズラボ1期生試演会のお知らせ
  • 桜の季節も終わりましたね〜。ついこないだまで「来年度来年度」ゆうてたことがいきなり「今年度」になって、あれやこれやと追われております。今年はお花見行けませんでした。。。大好きなんですけどお花見。来年までお預けです(;;)今年度も無色透明事業盛りだくさんです。お客様に支えられております。どうか1本でも多く観に来ていただけることを心からお願い申し上げます。そんな今年度の第1発目は、がっつり主催製作事業、 [続きを読む]
  • 【事業】舞台芸術制作室無色透明 2017年度事業予定
  • 2017年度の予定です。盛沢山です。皆さま、たくさん観に来てくださいね!【通年】★広島アクターズラボ第2期★C.T.T.広島(ブラッシュアップのための試演会企画。挑戦してみたい団体いつでも募集中!)詳しくはこちら!→http://ctthiroshima.jugem.jp/?eid=2#sequel★「広場をつくろう」事業2017年年度【6月9日〜10日】広島アクターズラボ試演会@広島市東区民文化センター【7月】岩崎きえひとり芝居三股公演【8月19日、20日】★ [続きを読む]
  • 【黄金山アタック解散のお知らせ】
  • この度、2009年より制作統括を務めてまいりました黄金山アタックが解散するに至りました。オフィシャルブログより、代表藤井 友紀の言葉です解散については、代表の藤井と長い時間話しをしました。わたしは黄金山アタックが劇団になった時に制作に入り、それから代表の藤井 友紀とはずっと一蓮托生で活動を続けてきました。いわばわたしの制作歴とつねに伴走してきた劇団です。それを失ってしまうことは、やはりとてつもない虚無感 [続きを読む]
  • 新じゃがの季節ですね。
  • あわただしく日々が過ぎて行っております。スーパーの野菜売り場で季節を知る今日この頃・・・・。新じゃがも新玉ねぎも美味しいですよね。季節のモノを頂くのはカラダにも良いそうです。ずばり、新じゃがの好きなところは「皮をむかなくていいところ」です。先日、肉じゃがを新じゃがで作ったんですが、「肉じゃがのを作る所要時間て、ほぼほぼジャガイモの皮むく作業じゃねーの?」っていうくらい、秒殺で仕込みがおわりました。 [続きを読む]
  • 【かもめ演劇祭】順位と12本の作品の感想です。
  • 1位(かもめ賞) 神奈川 地区代表チリアクターズ「しらずのうちに」わたしもここが1位だろうな、と思いました。戯曲も計算して書かれているし、演出も面白く巧みでした。しょうもないことを全力でやる面白さ、ライブであることのおかしみ、洗練されているなあと感じました。照明効果の使いかたもうまいです。決して新しいことをしているわけではないけれど、基礎、オーソドックスを丁寧に組み立てることが効果を産んでいたと思い [続きを読む]
  • おいかけてヨコハマ最終回
  • 宿泊していたホテルの1階にあの、エッグスンシングスがあることに驚愕した土曜日。まだ広島で出会えていないわたしの憧れの君、ハワイアンパンケーキ様まだ広島に上陸していない、元祖ハワイアンパンケーキの名店これは絶対絶対食さねば、横浜に来たぞの足跡の一つとして・・・!しかし相手は超人気店。さすが、常に行列です。日曜日、本番楽日朝。前日の夢にまで出てきたハワイアンパンケーキ。9:00開店同時に入店すべく、7:00に [続きを読む]
  • 追いかけてヨコハマ2
  • とにかく寝たかったのです。高速バス。2列シートです。期待大。が・・・全っ然眠れませんでした(涙)うーむ・・・そんなこんなでヨコハマ劇場のすぐ裏が中華街。→閉店が早いため本番終わりで行くのは無理でした。ホテルの外はハーバービュー。あの赤レンガ倉庫もご近所。貿易の街ヨコハマ。めちゃいい天気。劇場にこもるなんて勿体無い。マリンタワー。日曜までやってます。お近くの方は是非ともー [続きを読む]
  • 追いかけてヨコハマ1
  • そう。今年のかもめ演劇祭に無色透明が制作を担当する劇団「コムたんたん」の出場がきまり、全然よそ事じゃなくなってしまった今日この頃。演出を除くメンバー(役者二人とスタッフ1人)は今日の朝、新幹線で旅立ちまして。わたしは今日会社に出勤してからのヨコハマ入りとなったわけです。そんなこんなで何年かぶりの夜行バス。正直めちゃ苦手です。いえ、設備がどうのとかいうレベルではなく、「この1本を逃したら最後」というプ [続きを読む]
  • 【雑記】ノー残業デイが忙しい。
  • 世の中には週に一回ノー残業デイと言うのがあって、この日は(半ば)強制的に早く仕事を終えるんですよね。わたしは会社が終わっても、制作作業や打合せやミーティングがあることが多く、あんまり残業残業してられないこともあり、時間内に仕事を終わらせるようにしておりますのであまりノー残業デイの恩恵を被ってるとまでは言えないんですが、朝は早いは夜は遅いわでとにかく家に居ないので、ここ最近は「打合せやミーティングが [続きを読む]
  • 【おすすめ】影絵と音で楽しむ物語 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
  • 無色透明の主催ではありませんが、同じく東区民文化センターを拠点に活動されている邦楽プロデューサーであり、大事な友人でもある伊藤多喜子さんの企画です。数年前から、邦楽ノートの企画には伺わせていただいてますが、和田啓さんが音楽監修に入られて、がらりとスタイルが変わり、邦楽が非常に身近に感じられるとてもすてきな企画となっています。「インドネシアの影絵から生まれた現代の影絵技法「ワヤン・リストリック」と和 [続きを読む]
  • 【観劇記録】絶望感。
  • 「赤魂Akadama 〜もう一つの世界のカープ日本一物語〜」という舞台を観に行った。SNSなどで絶賛されている。3,000円という、広島では高額な舞台に入るチケット料だ。どひゃー、こりゃひでーよ!!というのが第一印象であり、全て。新年早々大事故、大けがの舞台に遭遇してしまった。間違いなくここ数年観た舞台のワーストワンだ。その原因は、演出家の知識とスキルの無さに尽きると思う。演劇だって、芸事なのだ。お金を取って提 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます。
  • 本年もよろしくお願いいたします。今年は、いつもの尾道千光寺へ。日暮れの頃、美しかったです。来年度、ありがたいことに無色透明の事業はすでにいっぱいになりました。昨日今日は、柳沼アクテーズラボの今年一回目を開催中です。今年もがんばりますのでよろしくお願いいたします! [続きを読む]
  • 【事業】NPO法人ひゅーるぽんさんと一緒にあたらしい事業をはじめます。
  • 12/3(土)広島市東区民文化センターギャラリーにて、こふく劇場の永山さんをお迎えして「広場をつくろう」というワークショップを行います。このワークショップは、NPO法人ひゅーるぽんさんからのご依頼で、障がいを持った方たち、そしてまったく演劇を経験したことのない福祉関係のサポーターの方たち、そして広島で活動する劇作家・俳優とが一緒に舞台を創る、という企画にご協力させていただく運びとなり、今年度から始動する [続きを読む]
  • 考えたり諦めたり
  • k先日袋町公演で行われた大イノコ祭りのかがり火。竹につながれた88本のロープで大岩を宙に浮かせているモニュメントも見事で、きれいでした。あまりの寒さに、熱燗がそっこーで冷めましたが。さて、4月から続く怒涛の事業も今年あと2本。先日、K.D.Sのロケ撮影に向かう車中で、アシスタントでついて来てくれた坂田君に繰り返し「わたしのなかではまだ夏が終わらない!始まってもいない!」とぼやきまくったのでした。ここ数年、 [続きを読む]
  • 【事業】ご来場ありがとうございました!
  • 坂口修一ひとり芝居「傘がない」「手がない」の広島公演、無事終了いたしました。ご来場くださった皆様、ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました!11/5、6は大阪公演です!!お近くの方是非とも!!【大阪公演】 日時:2016年11月5日(土)〜6日(日) 5日(土)18:30「傘がない」/20:00「手がない」 6日(日)13:00「傘がない」/14:30「手がない」 ※開演の30分前より受付開始・開場 ※上演時間 [続きを読む]
  • 【アートリップル事業】世界の中心で大声で叫びたい!!
  • 観に来てください!!!損はさせません!!(><)そう、声をあげて叫びたいです。広島は現在、カープも押しも押されぬ熱戦死闘中!無色透明もカープを見習ってスタッフ一同最後まであきらめません!!!何としてでも何としてでも、売らねばならぬ公演です!!!坂口さんのひとり芝居、ほんとーーーーーに素敵なので!!普段演劇を観慣れていなくてもぐんぐん引き込まれます!どうかどうか、「どんなもんかな?」と思われたかた、 [続きを読む]
  • C.T.T.通常会vol.12開催します。
  • 久々の開催です。C.T.T.とはあまり舞台経験がない人、現状の創作方法に行き詰った時、初めて自分のやりたいことに挑戦する時などに、実験・検証の場として打ちだしています。また、劇団の作品創りをブラッシュアップするためにも利用してもらえればと思って企画しています。新人を育てたい、この俳優でこんなことを試してみたい、そんあ「本公演ではできないけど」ということを「試演」できる場です。何度稽古をするよりも、1度の [続きを読む]