ナゴ(♂62) さん プロフィール

  •  
ナゴ(♂62)さん: 団塊世代のプライベート
ハンドル名ナゴ(♂62) さん
ブログタイトル団塊世代のプライベート
ブログURLhttp://ameblo.jp/tyounannkyou/
サイト紹介文団塊の世代おっさんの言いたい放題。 「団塊世代の生活」 「名護家の人々」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2011/03/10 17:35

ナゴ(♂62) さんのブログ記事

  • 良い仲間外れ
  • 関東の雨のパターンは、沿岸沿いと関東山地。わが居住地はその中間にあって、大雨・強風のなか、さして降りもしないし、風も穏やか。昨日今日の事ばかりではなく、何時もの事。 まったく、良い仲間外れである。 雨が少なくても大河 荒川 がある。 元サラリーマンの年金暮らし、田畑の苦労もそもそもないので、関東一円の風雨からも無縁であるのは暮らしよい。 [続きを読む]
  • お留守番
  • 今日は女房殿がクラッシク音楽の鑑賞で、小生は『お留守番』、お駄賃は『昼からのビール』。ソーセイジ・チーズで500mlのビールを飲みました。昼食は別に取りました。 満席だったとの事。中高年と云うか、老人ばかりと云うか、ともかく満席だったとの事。 一緒のM夫人が居眠りをしていたと云います。息子さん達のお嫁さん・姑さんと、お疲れなのでしょう。 一方、このところ子供たちの訪問のなく、睡眠も充分な女房殿は確り [続きを読む]
  • 松山英樹、全英は勝てそう
  • 初日の2オーバーと三日目の1アンダーで、優勝はないと思った全米OPの松山英樹。 会場のエリンヒルズ、TV画面だけなのだが、そこは英国かと思わせるコースだ。荒涼たるイングランドを思わせるものだった。時折映し出される欧州を思わせる城のたたずまい、米国とは信じがたいものがあった。 とどかなかった松山だが、全英の予行としては最適な場所だったのではないのだろうか。 もっと試合に出よう、そうして普通にプレーしよ [続きを読む]
  • お粗末な米イーズス艦 2
  • 米イージス艦とコンテナ船の衝突事故で、実は、思い出したのが東京湾での海上自衛隊『なだしお』と釣り船の衝突事故だった。 『なだしお』側に回避義務があったにも関わらず、釣り船側が避けるだろうと云う、軍船側の、恒例とも云える傍若無人が原因となった、そう記憶する事故である。その後の海難審判でどうなったまでは確かには記憶していない。論旨と違っていたら、その指摘を受けたなら、調査の上記述したい。 米軍の横暴が [続きを読む]
  • 総選挙/相対的選出?
  • 総選挙と云えば『AKB48』、指原莉乃さんが3連覇を果たしました。史上初との事です。人気に陰りの或る中、『AKB48』と云えば指原莉乃さんの名が浮かぶ程度になってしまった結果ではないのだろうか。他に受け皿となる人物がいないのだろうと云う事です。 総選挙と云えば、本来は衆議院選挙だが、こちらも受け皿問題がある。強行採決を常とするようになった安倍政権・自民党だが、選挙で負ければ木から落ちたサルなのだが [続きを読む]
  • お粗末な米イージス艦
  • 日本近海でコンテナ船(フィリピン籍)と米イージス艦が衝突して、米イージス艦が自力航行(全力航行)が出来ないと云う。また、米海軍は日本の海上保安庁に救助を要請していると云う。 とにもかくにも、米海軍のお粗末さにあきれる。 海上保安庁が救助に当たるのは、日本近海の海難事故だから当然でもあるが、この種の事故では日本側が救助しようとしても米軍側から拒否されるのがこれまでの事ではないのだろうか。 軍とすれば、 [続きを読む]
  • 鎮守の森異変
  • 近所の神社、宮司さんが常駐しないところなのだが、鳥居脇の二本のイチョウの樹が切られてしまった。わずかに切り株が残されているばかりである。こちらは歩いて2〜3分の距離。 今日訪ねた神社は県道沿い、1本は根元から、2本は背丈くらいで切られていた。こちらは女房殿情報で、あちらこちらで背の高い樹木が切られていて、神社もそうよと聞き、出掛けてみた。背丈ほどが残されたイチョウ、その太い幹に葉が茂っていた。その [続きを読む]
  • MRI検査結果2
  • 昨年の市の健康診断時、9月以来のMRI検査を医師の判断で受けた。前回は診断時に唇・左足のしびれを訴えたところMRI検査をしましょうとなって、『隠れ脳梗塞』が分かった。今回はその後の経過を見るものであった。変化なし、新たな異常なしとなった。 そう云えば、前回は『脳梗塞』の兆候があったようだ。自覚症状だ。『脳梗塞』はよく頭をハンマーで叩かれたような感じを受けると言われるが、いわゆる『ピコピコハン [続きを読む]
  • わたし失敗しませんから
  • ドラマの中の決め台詞に『わたし失敗しませんから』と云うのがある。昨日女房殿に言った小生、「あなた失敗してますから。」夕食後ガスレンジを見ると、ガスが点けっぱなしだった。夕食準備の最後が味噌汁で、小さな火が消し忘れられていた。レンジには安全装置が付いていて、一定時間が経てば警報があると云うが、『失敗』には違いがない。団塊直後の世代である女房殿、決して若くはない、老境にある。こうした失敗、インシデン [続きを読む]
  • 51:49 粗雑な民主主義
  • 世界規模で民主主義が正義か問われている。その民主主義とは51:49の多者が100:0で政策決定をなしうる、している事である。欧州における英国のEU離脱・米国トランプと日本における安倍政権の暴走であろう。民主主義が決定を下すにあたり、過半数が全てを決すると、その過半数が51であろうと99であろうと、結果は多者が100を決する事になる。2/3を要する決定方法がある。事によっては例えば9割を超える意思 [続きを読む]
  • ビール三種
  • 自宅・ゴルフ場・駅向こうのハイネケン。 重なるのだが、ゴルフ帰りには用意されていて自宅で缶ビールを飲む。一口は女房殿に譲り、残りを頂戴する。遊びの一日と云う事で、この日は夕食後の食器洗いも免除される。 ゴルフの昼食時に飲む生ビール。銘柄はお任せとなる。余程フロント9の成績が良ければ、午後に備えて飲まないのだが、ついぞ、そうした事にはならない。 駅向こうのハイネケン、月に1度行くかどう [続きを読む]
  • お一人様ゴルフ
  • 梅雨入り前にと思って、急遽近くの河川敷のゴルフ場でプレーした。『大量得点』が小生のゴルフなのだが、健康状態の確認として時々ラウンドする。30℃の予報であったが、風があって心地よいプレーとなった。『お一人様ゴルフ』と云って、同伴者を招集する手間が省けるばかりか、キャンセルしてもペナルティーがない、『お一人様』には至極便利なシステムである。しばらくは、「雨ならキャンセル」「猛暑日はキャンセル」で楽し [続きを読む]
  • 北方領土
  • ロシアのプーチンが北方領土を日本に渡した場合の米軍基地化に警戒を示した。 南千島・南樺太を返還されるべき北方領土と我々は考えているが、返還後のロシア軍基地のあり方について、実現可能な案として、『ロシア軍の駐留を期限を設けて認める』を提唱する。これは、現在ある米軍基地の期限を設けての撤退と合わせたものとする。すなわち、米軍基地の全面撤退を30年間を期限として実現する。米軍撤退と同時期にロシア軍 [続きを読む]
  • ゴルフ・ツアー/宮里藍引退など
  • 日曜午後の憂鬱がツアーの結果である。昨日、5月28日。 女子ツアーは三人のプレーオフとなったが、いわば常道の結果となった。54ホールを終えた三人は三者三様であった。「ボギーでスコアを落としたプレーヤー」・「バーディーで追いついたプレーヤー」・「チャンスを生かせずパーに止まったプレーヤー」結果は、「バーディーで追いついたプレーヤー」が勢いなのか勝利した。41歳の姜秀衍(韓国)であった。 男 [続きを読む]
  • 大西英男議員失言/罰せられるべきは党と選挙民
  • 非公開の自民党の部会でのヤジ。『ヤジ』であって『発言』ではない。その場で叱る・窘めるがあった様だからそれで良いのではないか。非公開ながら発言が録音されていて、明らかになった。『非公開』は、外部に対してはいわば『オフレコ』じゃないのか。内部告発者のいる統率の取れていない政党と云う事になる。 江戸川区のほとんどを選挙区とする東京16区選出の衆議院議員 大西英男 氏。 事は、言葉の良し悪しでは [続きを読む]
  • 折れた歯
  • 食事中に歯が折れて、ほぼ1か月の治療を今日終えた。下の前歯で中央から3番目、虫歯ではなく、また割れたのではなく、折れたもの。折れたから下部と云うか基礎部は健在で、義歯を埋め込む形での治療となった。 この歯医者さん、女房殿ばかりか、家に居た頃の息子も娘もお世話になった医院。 [続きを読む]
  • 絶家/土佐・半島北部
  • 「絶家」、家系が絶えるの意であろう。 どの様な脈絡か分からないが、一般紙のコラムに土佐(四国・高知県)の長曾我部について触れられ、その家系が絶える『絶家』が論じられている。 家系が絶えるは、話題となる度に、王室の後継が論じられる東アジアの立憲君主国でも記事になる。この王国は、直近の敗戦時に王の戦争責任と王を支える貴族制度の廃絶とを取引材料にして、貴族たちを捨て、王室のみが生き残った。  [続きを読む]
  • 非正規社員、非正規皇族
  • 女性皇族に結婚後、皇籍離脱後も公務に就かせる事を政府当局が検討するとか。 世の中、非正規社員を雇用者のご都合主義で働かせる風潮が顕著な昨今であるが、王家にもそうした現象が及ぶのであろうか。 元社員が契約社員やら派遣社員として元職場で働く姿は良く見られる現象でもあろう。元皇族が公務なるものを果たすとして、諸団体の行事・イベントなどによっては、男女、夫婦で出席すべきものもあり得ると思うが、元 [続きを読む]
  • 安倍忖度は893の論法
  • 今の大物政治家ではある安倍首相(自民党総裁)の意向を忖度するのが官僚群。抗争時、893の親分は指示はしないが、手下が球を殺る。親分の望む事を実行する。実行者は鉄砲玉とも呼ばれる。鉄砲玉が勝手にやった事。俺は知らない。官僚が勝手にやった事、俺は知らない。 893の論法である。 誰もが知っている事。誰が親分で、誰が鉄砲玉か。森友学園に次いで加計学園、学校・学園が続く。勉強、やり足りないのか。 [続きを読む]
  • ○○王子
  • ○○王子と聞くと、ハンカチ王子やらハニカミ王子を思い出す。ハンカチ王子、その道のプロになったのだから、その時点では成功者であろうが、その後、期待に叶う活躍は見られない。ハニカミ王子、彼もその道のプロとなり、国内では一定の活躍・実績をもって世界に進出したが、世界の壁が高く・厚く、苦戦している。 さて、○○王子、こちらはモデルやらタレントの道がプロなのだろうが、ミス△△みたいにピンキリの様だ。青 [続きを読む]
  • 北朝鮮:夫人は?
  • ミサイル発射で悪童が相変わらず煩い。 ところでこのお坊ちゃんの御夫人、このところメディアに出てきませんが、何かあったのでしょうか。何かと北ではタブーな交友関係やらも噂されていた女性。『粛清されちゃったかしら』と言うと、『こどもでも出来たんじゃないの』との言も。 こどもが出来たとしても、その子に残す『お国』が何時まであることか。 [続きを読む]
  • 人類誕生
  • 人類は何時毛皮を脱ぎ捨て、特殊な哺乳類である人類になったのだろうか。石器を木の棒の先に着け、森林から野原へ出た時、既に毛皮を脱いでいたのだろうか。それはほとんど瞬時の事だったのであろうか。 毛皮を脱いだサル、人類。 [続きを読む]
  • スーツを着たチンパンジー
  • 膨張主義の大陸、一見の陸橋半島、大洋を背後にした島国。中国・朝鮮・日本の地政学的位置関係である。主に朝鮮について考えたい。 中国の覇権主義はかつての日本の姿でもあるが、国際情勢は当然にも違うものがある。 陸橋としての半島国家はその為政者たちが二分しているが、同じ朝鮮である。国際社会における姿勢には同一民族ならではの共通性が認められる。散々もったいぶって『約束』するが、キレテあるいはそれを [続きを読む]
  • ズル/グランドゴルフ
  • 金曜日、どこの公園にもグランドゴルフに興ずる爺婆がいる。近所だが何時もとは違ったコースの散歩、狭い公園で6ホールしか設定できないコースの様だった。何時もと違うのは、レディースデイかと思わせる様に、高齢の女性ばかりで男性が少ない。立ち止まって見ていると、打たれた球がフェンス際まで行った。黄色の球。傍には青色の球もあった。スティックを振るスペースがない。どうするのか、さらに近付いて見る。グランドゴル [続きを読む]