ナゴ(♂62) さん プロフィール

  •  
ナゴ(♂62)さん: 団塊世代のプライベート
ハンドル名ナゴ(♂62) さん
ブログタイトル団塊世代のプライベート
ブログURLhttps://ameblo.jp/tyounannkyou/
サイト紹介文団塊の世代おっさんの言いたい放題。 「団塊世代の生活」 「名護家の人々」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2011/03/10 17:35

ナゴ(♂62) さんのブログ記事

  • 『日本共和国宣言』二院制と選挙区
  • 参議院は旧貴族院を継承している。こうした例は諸外国でも見られ、下院に対する「上院」などがそれであろう。1院の国家も当然ある。 衆議院を限りなく人口比例にするならば、大選挙区制を良しとする事になる。あるいは、道州制を念頭にした大選挙区となる。一方、参議院は地域代表と捉えれば、都道府県単位で単位当たり5議席とすれば、主要政党の拮抗した構成となるだろう。政権党の横暴を許さない『良識の府』の地位を確保でき [続きを読む]
  • 制限選挙
  • 『制限選挙』って知っていますか。『普通選挙』の反対語です。戦前、太平洋戦争とか日米戦争とか言われる戦争前の事です。女性には選挙権も被選挙権もなかった事、それは制限の例です。また、1円以上の税金を納めなければ選挙権がなかったのも制限の例です。 最近朝日新聞の天声人語で『供託金』が選挙制度上問題だと記述しました。『日本共和国宣言』とその周辺は、『供託金』制度は選挙を制限する例、事例として指摘してきまし [続きを読む]
  • 終活ドミノ
  • 女房殿の誕生日、外食しようがドミノのスタート。デートには先ず①散髪、懐が寂しいのでコンビニ・②バンクで引き出すと手数料発生、サービス変更らしいがインターネットではどうにもならない。では③銀行窓口となった。 女房殿の誕生日、プレゼントは最初タブレットか旅行の二択、タブレットは要らない、旅行も隣国旅行者がいては嫌だ、何もいらないとなった。せめて外食となり、最初は徒歩でとなっていたが、M銀行に用事が出来 [続きを読む]
  • 『やっぱり』感な三文字の女性たち/真由子・絵理子・志桜里
  • 届け出順ならぬ、発覚順に並べる。豊田真由子議員・今井絵理子議員・山尾志桜里議員の三方、時を経るにつれ、『やっぱり』感が強い。まあ、事件やら不祥事を起こさなければ報道もされないのだから、当然と云えば当然なのだが、『鼻つまみ者』『嫌われ者』の後報が絶えない。支持者の方々の何割かは、「『どうして』こんなひとに投票してしまったのか」と落胆の事だろう。当選させるよりは、落選させる投票制度もありなどとは旧来 [続きを読む]
  • ゴルフの1グリップとは?
  • スムーズな競技進行の為にプライベート&非公式戦ではグリーン上でよく採用されている、ストロークの省略である。 さて、その『1グリップ』だが、その長さは何だろう。グリップだから一握り、約10cmであろうか。クラブのグリップであれば、パターであれドライバーであれ大差ないように思える。しかし、『OK!』の声掛けを見ていると、ひとによって結構違っている。長めのプレーヤーを見て、『なぎなた』の1グリップかと思 [続きを読む]
  • 選挙
  • 衆議院の解散が喧伝されている。野党勢力が勢いを失っている『今の時期』を好機と捉える自民党とそれに追従する公明党の『火事場泥棒』とも言える動きである。『今の時期』とは、民主党の混迷を意味する。また、『都民ファーストの会』に便乗する『国民ファースト』の動き、『新党』などの『受け皿』の整わない内との事である。 解散があるとして、有権者の判断はどうあるべきだろうか。森友・家計問題を見ると『私利私欲に走らな [続きを読む]
  • Jアラートが目覚まし
  • 朝の7時頃、北朝鮮のミサイル発射を告げるJアラートを知らせる携帯メールのバイブに気付き起床した。 大気圏外を経由し、大気圏に再突入する。米国スペースシャトルの再突入時の事故映像、日本の小惑星探査衛星のオーストラリア大陸への帰還時の映像を思い浮かべた。また、スペースシャトル打ち上げ時を捕らえた航空機からの映像も思い出された。 航空機などの離発着映像、場所と時刻が特定されている、管制されているから映像 [続きを読む]
  • 土下座
  • 正座して頭を床などに付ける謝罪を『土下座』と称する近頃だが、それは違うと思う。 謝罪に訪れるも家屋敷に上げてもらえず、よくて『土間』、普通には庭先で、衣服の汚れも厭わず、座し叩頭するのが『土下座』であろう。 庭先・衣服の汚れも厭わずであるから、『土の上』はある意味必須要件で、アスファルト・コンクリートの上はあり得ず、ましてや室内の床上での叩頭などは『土下座』であり得る筈がない。 言葉の乱れ、許しがた [続きを読む]
  • 金正恩包囲網
  • メキシコに続きペルーが在留の北朝鮮(朝鮮民主主義共和国)大使を『好ましからざる人物』として追放した。また、フィリピンが北朝鮮との貿易を停止した。 北朝鮮を承認する国は多い。日韓米以外のほとんどの国が、国家として承認している。そうした国の多くが、直接的なつながりはなく、朝鮮半島の北半を実効支配して事によって、国家として承認している。直接的なつながりがない事は、被害や脅威を受けていない事でもあり、体制 [続きを読む]
  • ちがうだろう!
  • 豊田議員、週刊誌1紙への声明文で議員復帰を宣言とか。 『ちがうだろう!』 声を大にして言いたい。議員辞職が求められている。 議員辞職と云えば、山尾議員。離党ではなく、彼女も辞職が求められている。 JALのニューヨーク便、エンジントラブルで羽田に引き返した。「エンジンひとつでも飛行機は飛べるのか」寝とぼけたニュースと云う以外にない。そのエンジンのメンテナンスが中国企業に丸投げと云う。メンテ丸投げこそが [続きを読む]
  • 鼻濁音
  • TVで さだまさし氏 が『が』の鼻濁音について触れていた。長崎出身の彼は、関東人の鼻濁音に驚いたと云う。地方出身者は鼻濁音を使えない様な話であった。 かねがね気になっていたことがあった。オリンピック報道で、しばしば、『金メダル』なのか『銀メダル』なのか聞き取れない事があった。聞き分けられないのを、年の所為かとも思っていたが、『銀メダル』の 『銀』 が鼻濁音になっていないからだ。TV局などは、アナウ [続きを読む]
  • ゴルフのドタキャン
  • 今日9月6日は近場でのゴルフラウンドを予定していたが、雨と云う事でキャンセルした。降ったり止んだりで、降っても小降りだが、一日続きそうだ。月一休日プレーヤーではないのだから、わざわざラウンドする事はない。「お一人様ゴルフ」の或る意味有難いシステムで、プレー成立前にキャンセルしたのだが、当日キャンセルでもペナルティーがない。仲間内のコンペではあり得ない事だ。 雨で、コースに現れない人物がいた事を思い [続きを読む]
  • その一線は限りなく太い、北朝鮮・米国対立
  • 一線を越えていないと云う言い訳。芸能界から芸能界を巻き込んだ政治の世界の話かと思っていたが、国際政治の場にもそれがある。 北朝鮮が核実験をしたと云う。北朝鮮の核実験とICBM開発、一線を越えたならば米国は軍事力を行使する可能性があると言うが、その一線、思いのほか太いようで、その線上にまだあるらしい。 第二次世界大戦後の朝鮮戦争、休戦のままに今日を迎えている。北朝鮮の軍事的な行動と米国の譲歩、ほぼ7 [続きを読む]
  • 金正恩の国家、先軍の何故
  • 北朝鮮のミサイル発射が頻発な理由を考えると、第一に「国家」的窮乏が思われる。「国家」指導者、金正恩は国家経営を第一にするべきところが、日韓への脅しと、米国への話し合いへのラブコールに終始し、民政を放棄している。9月は一般的に食料の収穫時期で、「国家」・人民の高揚は、豊かな実りであるべきだろう。この「国家」の食糧難は数十年の慣行でさえある。窮乏が悲鳴としての先軍であり、核開発・ミサイル開発に国事を [続きを読む]
  • ソバ屋のうどん
  • TVを観ていて、ソバ屋ではうどんを出さないだろうが、小生の発言。女房殿は、ソバ屋さんには普通にうどんあるのじゃないの。 小生はエゾッ子、女房殿はエドッ子。 ソバはそばから作るもの、うどんは小麦から作るもの。耕作地としては地勢も違うし、ソバをうどんの代用と心得る地域もある。 真っ当なソバ屋ではうどんは扱わないが小生の意見。そんな話、はじめて聞いたが女房殿。夫婦は、異文化交流の場。 [続きを読む]
  • 夏ゴルフ
  • 昨日は、1時間以内だが、当人にとっては遠目の河川敷でのゴルフラウンド。ネットサークルのコンペだった。 気温は30℃ほどだが曇天で湿度が高いので、こう云う日こそ熱中症が危険と思って、自家製梅干しと2リッター程の麦茶を用意した。前半は、トリ以上が2ホールで、自身としては久々の出来、50で回った。終ってから40台で回れたものをと、2〜3打のミスを悔やんだ。そのミスを繰り返さなければ、後半次第で、このとこ [続きを読む]
  • 北朝鮮ミサイル発射と日本政府の対応
  • 首相が防衛相に速やかな対応を指示したとされるが、防衛相が対応し、速やかに首相に報告したが、あるべき姿だろう。ミサイルは速いのである。見まがえる間もなく到達・着弾するものである。首相と防衛相とのそれぞれの会見を観ると、会社組織で云えば、部下(防衛相・自衛隊)の成果を取り上げる上司(安倍首相)の構図が見える。首相である安倍氏をこうした場合でも持ち上げる、幼稚さが見える。 メールの点滅で今回の事を知った [続きを読む]
  • 下手な言い訳はしない方が・・・
  • ベッキーは嘘をつき、更に告発者である週刊誌をおちょくった。雨上がり決死隊の宮迫君はあり得ない言い訳、おバカな家族にしか通用しない言い訳をした。告発の事実を認めるか否か、まずは認めない事。認めたら、情状酌量を求めたくなるものだが、謝罪に徹するべき。 さわやかお嬢さんがイメージのベッキー、報道があったからこそ、そのイメージにファンとスポンサーが裏切られた結果となった。 癌克服の良き父親像の宮迫君、状況 [続きを読む]
  • 北朝鮮のICBM技術と米朝戦の可能性
  • 北朝鮮がグアム島周辺へのICBM発射計画を実施するかどうかについては正に金正恩次第だが、実施した場合の北朝鮮の技術上の問題と米朝戦の可能性について考える。 技術問題1 北朝鮮のICBMのエンジンがウクライナ製で闇市場から入手したとの観測がTV報道された。この場合、少なくも入手エンジンの数量は限定されるであろう。一方、設計図を手に入れたり、闇市場から入手したエンジンからそのコピーを製造する場合には、 [続きを読む]
  • 敗戦の日 8月15日
  • 20世紀は戦争の世紀と呼ばれている。日本は昭和20年(1945)8月15日に日米戦争・大東亜戦争を敗戦として終結させている。『終戦記念日』は為政者が始めた戦争がようやくにして終わった『終戦』の意味であろう。国民目線での言葉であろう。為政者としては『敗戦』こそが事態の終始として受け止められるべき言葉であろう。 21世紀、戦争の世紀はなお続いている。非正規軍による『テロ』は新しい戦争の形態であろう。そうし [続きを読む]
  • 全米プロ
  • 松山英樹、スコア的には2Rのノーボギーが光るが、4日間ともウッド・アイアンとも、本来のショットではなく、そうした中でよく優勝争いが出来たものである。 病気ならば医者、疲れたら休息。右左散らばったウッド・アイアン、好調時の松山ならばぶっちぎりの優勝も可能であったろう。 ケプカとジャスティン・トーマスとは松山キラーと言われている。そのジャスティン・トーマスの前に敗れた形となった。 [続きを読む]
  • 老いの兆候:薬の飲み忘れ
  • 早起きして全米プロ選手権をTV観戦。尻切れトンボで放送が終り、どうかなと思っていたら、やはり、ネットで中継のフジテレビが叩かれているらしい。散歩から戻ったら、1打差の2位で最終日を迎えるとの報があったので、充分に期待できると安心した。その安心したところで浮かんだ事。 昨年(平成28年)秋、市の健康診断で『隠れ脳梗塞』発覚して以来服用している『血栓予防』の薬、今日は飲んだかな。何時も朝食30分後、飲 [続きを読む]