kabumy さん プロフィール

  •  
kabumyさん: 株で暮らすマレーシア 快適超長期滞在
ハンドル名kabumy さん  
ブログタイトル株で暮らすマレーシア 快適超長期滞在
ブログURLhttp://freeoverseas.seesaa.net/
サイト紹介文マレーシアのKLに、ひとり株で暮らしています。
異国の地で一人暮らしを満喫中。かな?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供403回 / 366日(平均7.7回/週) - 参加 2011/03/11 19:27

kabumy さんのブログ記事

  • マレー料理の、「チキンレンダン」を作った
  • マレー料理の、「チキンレンダン」を作った。といっても、たいした話じゃない。いま、マイブームになってる、インスタント食材の大利用だ。前回の「チキンカレー」に続いて、今回は「レンダン」。肉を、スパイスとココナツミルクで、煮込んだ料理。マレーシアでは、極々一般的な料理。「ナシ・レマ」の横に、乗っけたりもする。鶏と牛と、どっちにしようかなと、ちょっと迷ったけど。今回は、チキンレンダンにした。このインスタン [続きを読む]
  • どら焼きを作って、オーナーちゃんの邸宅に届けた。
  • 中華系のオーナーちゃんから、この前、月餅をもらった。本来なら、旧歴の8月15日に、お月さんを見ながら、お召し上がりになる手筈のようだ。もう食べちゃった、という話を昨日書いたけど。2個目を、今日食べた。順調になくなっている。このブログを読んで、タマンデサの友人が、一つ欲しいと言っていたけど。はたして、いつまで残っているものやら。ここで問題なのは、月餅をもらったら、お返しをするものなのか? が分からない。 [続きを読む]
  • 「独立記念日」だというのに、怠惰な一日だった
  • やっぱり日曜日は、身も心もゆったりする。今日は、マレーシアの「独立記念日」。マレーシアも、これで57歳。私のほうが年上だ。確か、独立40周年の時に、初めてマレーシアに遊びに来たから、もうあれから17年か。あの頃の写真、どこ行っちゃったかなあ、あったら面白いけど、デジカメじゃなかったからなあ。50周年の時に、暮らし始めたから、もうすぐ7年だ。60周年で、撤退したら、笑えるかも。冗談が冗談でなくなりそうで怖いけ [続きを読む]
  • マレーシアに来てる日本人って、変わった人が多いの巻
  • 今日は、週に一度の土曜日。そう、タマンデサの日。マレーシア情報ブログランキングが、3位に落ちそうだと、散々わめき散らしてから、即出かけた。午前中から、プールサイドでまどろんでいたら、「島の会」をやるという。あそこは、いつも突然だ。それに「島巡りの会」という名前だったはずが、いつのまにか変わってしまっている。ま、どうでもいいけど。昼飯を、中華の店で食べながら、あれこれと話した。別に何か、目的があった [続きを読む]
  • ああぁぁ、、、3位陥落目前だあ!
  • どうでもいいっちゃあ、いい話なんだけど。ましてや、yahooやgoogleで来ていただいている方々には、何のこっちゃな話なんだけど。マレーシア情報ブログランキングで、3位に落ちそうだ。順位とか、得点数とか全然気にしない人もいるみたいだけど。私は、どうも気になる。人間が卑屈に出来ているんだろうか。最近「プトラジャヤ」とか「お土産」の話とか。マレーシアのことを、書きすぎたせいかもね。前から面白いなと、思っていたけ [続きを読む]
  • オーナーちゃん! 脅かしっこなしよ
  • オーナーちゃんが、目の前にいきなり現れた。ピンポ〜ンって鳴るから、何事かと思ってドアを開けたら、オーナーちゃんが立っていた。ビックラコイタ。腰が抜けるかと思った。いや、冗談じゃなくて。いつもは、必ず電話してから来るから。自分が、その時どんな顔をしていたのか、とても不安だ。私が、ビックリしてる顔を見て。オーナーちゃんが、ビックリしてた。「アイヤー」までは、言わなかったけど。それとも、本当に驚いた時は [続きを読む]
  • 日本からのお客さんを必ず案内する「プトラジャヤ」
  • 日本からお客さんが来ると、必ずといっていいほど案内するところ。ツインタワー、アロー街(or地元のホーカーズ)と並んで、「プトラジャヤ」。数年前に出来たばかりの、新都心。「きれいすぎて面白くないよ」って言う、友人のご意見もあるけど、たいていの人は「おお凄いね」と感動してくれる。マレーシアの、ちょっと違った面を見る事ができる。特に、建築に関係した仕事をしている人には、最高かも。巡回ルートは、ほぼお決まり [続きを読む]
  • いつもの徘徊をしながら、ふわふわクリームパンを
  • このところ、このブログをまとめようなどと言う、助平心があるせいか、あまり徘徊記を書いてない。でも、確実にミッドバレー付近を、徘徊している。というより、外食をするためには、徘徊せざるを得ない。そして決まって、このお気に入りのパン屋、「こむぎ」に寄る。そして、この辺りのフランスパン系を、どっちゃり仕入れる。2-3日に一度は来るんだから、そんなにまとめて買う必要はないんだけど。在庫を切らす恐怖に負けて、毎 [続きを読む]
  • お土産で一番喜ばれるものは、マンゴウだけど
  • マレーシアから日本に一時帰国する時、みんないろいろとお土産を持って帰る。でも、なかなかこれといって「これだ」って言う、お土産がない。だいたい、紅茶とか、チョコレートとかの無難な線で決める事になる。一番喜ばれるものは、みんな知ってる。これだ。マンゴウ。それと、これ。マンゴスチンマンゴウは、100人にあげたら、多分99人が喜ぶ。マンゴスチンは、好き嫌いはあるけど、日本じゃあまり売ってないので、希少価値があ [続きを読む]
  • 和食の店「日本海」で、ご馳走してやるって
  • タマンデサの友人から、午前中に電話があった。もし都合がつくなら、昼飯をご馳走するけど、来ないかと言う。「日本海」で、和食を食べないか、と言う。そうなると、トレードなんて、どうでもいい。断る理由なんぞ、どこにもない。多分昨日、観光案内の運転手をやった、お返しのつもりなんだろう。そうは、言ってなかったけど。ハッキリ言って、「日本海」は初体験だ。和食の店は、ほとんど行かない。どうも、なんちゃって和食に、 [続きを読む]
  • 8月31日の独立記念日に向けて準備は着々と
  • 今日は、「島の会」のお仲間さんのところに遊びに来ている、日本からの客人を案内して、市内を回った。市内のあちこちで、8月31日の独立記念日に向けて、着々と準備が進んでいた。建物には、大きな国旗が飾られている。ムルデカ広場では、イベント開催の為の準備も始まっている。たくさんの国旗をはためかせながら、走っている車もたくさん見る。自分の国の国旗を、誇らしげに飾れるって、ちょっと羨ましい気もする。毎年、賑やか [続きを読む]
  • マレーシアからのお土産って、みんな困ってる
  • 日本に戻る時、いろいろとお土産を買って帰る。でも、マレーシアからのお土産って、みんな困っている。残念ながら、マレーシアってそんなに特産品って言えるものがない。パームヤシ持って帰る訳にもいかないし。かつ、日本は何でも揃っている。それでも、これなら喜んでくれるかなというものを、一生懸命探して帰る。これまでに、買って帰ったお土産を、まとめてみた。最近ガタ落ちなんですよ、応援のほどよろしくです。⇒ マレー [続きを読む]
  • 美味しそうな和食の店の「半額クーポン」のメールが
  • いまだに、日本の「グル―ポン」から、メールが届く。解除していないんだから、当り前だ。「グル―ポン」が始まった頃は、まだ結構、日本に戻っている事が多くて、良く使っていた。例の、スカスカおせち問題で、随分叩かれていたけど、その問題が出てからも、ずっと使っていた。(スカスカおせちって何?って方は、「グル―ポン、おせち」でググれば即分かる)一時、クーポンのサイトはたくさんあったけど、結構問題があった。食べ [続きを読む]
  • 今の私のマイブーム、マレー料理のレトルト食品
  • 最近のマイブームはこれだ。マレー料理の、レトルト。メインの材料の、鶏肉とか魚だけ買ってきて。このレトルトにあわせて温めて、ココナツミルクとか足せば、即完了。そこそこの味だ。その辺の食堂より旨いと思う。肉にしろ、魚にしろ、材料はいいもの買ってくるから。この前作ったのはこれ。Kari Ayam チキンカレーだ。作った時のお話はここから。イオンで買ってた。5.6リンギだった。昨日「スリコタ」で見つけた。なんと〓4.9リ [続きを読む]
  • 日本食材の品揃えも定評、タマンデサの「スリコタ」
  • 土曜日でもないのに、タマンデサに行っていた。あさっての、観光案内のご相談に。ローカルスーパー「スリコタ」の、日本食材の品揃えが、益々充実しているようだ。「買物の項目」の整理をしているので、この店も加えておこうかと思って。タマンデサのローカルスーパー「スリコタ」「スリコタ Sri Kota」は、日本人が多く住む、タマンデサのショップロットの一角に建つ、ローカルスーパーだ。名前からして、インド系じゃないかと思 [続きを読む]
  • とうとうアフィリエイトから撤退した、次は。
  • 1年間、アフィリエイトに取り組んでいた。成功体験を、このブログに書きたかったけど、残念ながら断念した。1年前の、友人の悪魔の誘いから、この話は始まった。「東京の友人から甘い囁き マレーシアでも稼げるぞ」まあ、わざわざ読み直すほどの話じゃない。お前は書くのが好きだから、月に十万くらい稼ぐなんて、すぐだと言われて始めた。半年前にも報告したが。「アフィリエイトで稼げるか? で、半年が経った。」半年後には、月 [続きを読む]
  • 車の話、あれこれ【総集編】
  • とにかく、このブログをまとめたいって、気持ちが強くなったようだ。すぐに誤解を受けるけど。マレーシアから、撤退する気もないし。このブログを、いますぐ閉じる決心をした訳でもない。一番の理由は、この拙いブログに、何かを探しにきてくれた方々が、その目的に行きつかずに、迷路に入ってしまっているのが、何となく分かるからかもしれない。ま、とにかくやってみよう。応援のほどよろしくです。⇒ 車の話、あれこれ車は必需 [続きを読む]
  • 「ブキッ・ビンタン」エリア観光案内
  • 何日か前に(何日前か覚えていないところが問題かもしれない)、仲間達とブキッビンタンのアロー街に出かけた。もっと料理の写真を載せれば、いいのだろうけど。みんなと食事をしている時は、写真は撮らない事に決めている。食事をしてる時に、あまりパチパチされると、食べた気がしないと思って。手羽先の写真を1枚だけ、撮らせてもらった。その記事も、すぐに埋もれてしまう。ブログの宿命だ。埋もれる前に、ブキッビンタンの目 [続きを読む]
  • このブログの役目は、もう終わっているのだろう
  • このブログの行く末を案じている。って、自分で言うのも変だけど。もともとこのブログは、私のつまらない迷信から始まった。このブログの最初の、「ご挨拶」らしきものにも、書いた覚えがあるけど。何故か、ブログを書くと、株の調子が良かった。そして、株の調子が悪くなってくると、ブログを引っ越すと、また調子が良くなった。なので、このブログは、私にとって7つ目くらいのものだ。確か一番始めは、楽天ブログだったかなあ。 [続きを読む]
  • 一つが解決したら、また新たな問題が浮上してきた
  • カメラがなくなった、と書いた。昨日、アロー街の事を写真付きで、このブログに書いたら。カメラ、出てきたのかと、友人から聞かれた。良くそんなに、詳しく読んでくれているものだ。本当に、感謝感激だ。そうなのだ、見つかったのだ。でも、日本みたいに誰かが届けてくれた、とかいう感動秘話って事じゃない。ちょっと恥ずかしいので、この話はもうスルーにしようと、思っていたけど。そこまで聞かれては、そのままって訳には、い [続きを読む]
  • 屋台街のジャランアローは、賑やかで楽しい
  • クアラルンプール観光案内 ブキッ・ビンタンアロー街 Jalan Alorブキッビンタンのメイン通りのひとつ、「ブキッビンタン通り」の一本裏道が、このアロー通り。モノレールの「ブキッビンタン駅」で降りて、歩いて5分位。モノレール駅から行くと、ブキッビンタンの交差点を左に曲がって、最初の角を右に曲がってすぐ。地図にリンク昼間は、何てことない通りだけど、夕方になると、俄然賑やかになる。クアラルンプールのなかでも、比 [続きを読む]
  • カメラをなくした。出てくるなんてあるだろうか?
  • 昨日、予定通り、アロー街で食事をしてきた。当然、今日は、その話であろうことは、想像できるし。私も、そうしようと思っていた。写真の整理をしようと思ったら、カメラがない。見つからない、どこにもない。ちょっと焦っている。でも、みんなで戻ってきて、記念撮影したから、ブキッビンタンでなくした訳じゃないことは確かだ。明日、みんなに聞いてみるしかない。それで、知らないと言われたら、もう一巻の終わりだ。日本と違っ [続きを読む]
  • 気の合う人と、好きにやっていればいいだけの話だ
  • 今日も14:30頃にスコールが始まった。だいぶ小降りにはなってきたけど、まだ降っている。この数日間、ずっとこんな調子だ。ゴルフ組は、何日か前に途中で降られたと、こぼしていた。夕方から30分くらいなら、スコールも涼しくなっていいけど。こんなに何時間も降られると、ちょっと困ったちゃんだ。昨日の記事には、何人かから、お叱りを受けた。そんなに、元○×だからって、先入観をもって対応してはいけないんじゃないかと。誤 [続きを読む]
  • キムチ鍋を囲んでの、熾烈な戦い
  • タマンデサの友人が、新人さん夫妻を連れて、ミッドバレーを案内しに来ると言う。夕飯でも、ご馳走してくれるかと言うので、意味が分からなかった。何故に私が、お金持ちのタマンデサの友人と、財閥と思われるその新人さんご夫妻に、ご馳走しなければならないのか。何分間かの、不毛のやり取りがあって、やっと謎が解けた。要は、私のコンドに遊びに来たいということだった。ぼろいコンドの代表として、いつも彼は私のコンドを案内 [続きを読む]
  • 死亡事故って、もっとあるのかって思っていた
  • マレーシアで運転を始めて、もうすぐ3年。こっちの交通事情が怖くて、4年間近くは車を運転しなかった。もう、だいぶ慣れて来たけど、それでも怖くなる時がある。自分がいつ、人を殺してしまう事にならないか、恐ろしくなることがある。いったい日本と比べて、交通事故の数とかどうなんだろうと、前から気になっていた。あの運転をみてると、相当、多いんじゃないかと思っていた。今日の、無料新聞「The Sun」に、交通事故に関する [続きを読む]