たくあん さん プロフィール

  •  
たくあんさん: Anthology -記憶の記録-
ハンドル名たくあん さん
ブログタイトルAnthology -記憶の記録-
ブログURLhttp://takuan21a.blog35.fc2.com/
サイト紹介文主に明治〜昭和初期の建築物を撮り歩いています。中でもレンガ建築が好きです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供235回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2011/03/17 02:31

たくあん さんのブログ記事

  • 八王子の町並み(その4)
  • せっかく高尾まで来たので近くにある煉瓦を見に行きます。高尾駅より山梨県側へ徒歩数分の場所にある煉瓦造りのガードです調べてみるとここへ来るのは約5年振り3重巻き引照標なんて境界石もあるんですね。初めて見ました。古いタイプの八王子市のマンホール帰りは京王線で〜と思い、連絡通路を歩きながらJRのホームを見ると煉瓦基礎でしたあるとは聞いていたので以前にも来た時も探して見つからなかったのですが、ここにあった [続きを読む]
  • 八王子の町並み(その3)
  • 電車に乗って移動、高尾駅の北側へやってきました。ここは数年前に車で通った時に気付きずっと気になっていた古そうな木造の建物があるのです。元々は八王子市の建物かな?良く見ると高尾交通安全協会、浅川地区社会福祉協議会が利用している建物のようです裏側は全面木造です一体いつ頃建てられたものなのでしょうね気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。建物・街写真でのランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 八王子の町並み(その2)煉瓦塀
  • 瓦の乗る煉瓦塀良く見ると焼き具合の違う3層になっていますせっかくなので以前はあったけれど今はもう無い煉瓦塀も載せておきますとっても立派な煉瓦塀でしたが現在はもうこの姿を見る事が出来ませんそしてずっと以前から気になっていた煉瓦塀を見に行きます。小さな公園の奥にある煉瓦塀近寄って見るとフランス積みでした塀の向こうは市立八王子第二小学校車で何度も走っていて塀の存在には何年も前から気づいていたのですが、や [続きを読む]
  • 八王子の町並み(その1)
  • だいぶ時間が経ちましたが昨年の10月に八王子市を軽く歩いた時の写真を紹介していきますまずは船森保育園この日は園児がいたので遠目で見ておしまい。素敵な木造建築の保育園なのですが、近年になり道路に面してる部分はサイディングしたようです。甲州街道を歩きます有名なアーチストの実家との事脇道を見ると大きな蔵がありました蔵の隙間には煉瓦を使用この界隈は古い町並みが自然と現代に溶け込んでいます気に入っていただけ [続きを読む]
  • 昭島市〜あきる野市のお散歩・その7(小机家住宅)
  • この日の最終目的地は小机家住宅です。残念ながら足場を組み補修作業中でした竣工は1875年(明治8年)頃山林業で財を成した小机家が銀座赤煉瓦街に刺激を受け建てたと言われています。玄関上部にある怖い顔建物内部に入ると畳の部屋が広がっています外観は洋風ですが、内部は和風の要素も取り入れてあり和洋折衷の建物です。ウサギの鏝絵様々なウサギを見る事が出来ます。何故こんなにウサギが多いか質問してみると建てた当時 [続きを読む]
  • 昭島市〜あきる野市のお散歩・その6
  • バスと電車を乗り継ぎ武蔵五日市駅に到着。秋川市のマンホール現在は秋川市と五日市町が合併し、あきる野市ですけどね。ここの高架はアーチ姿が美しいですねこの家、何だか装飾が凄いんだけど〜と思いながら撮影していると家の方が出てきました(^_^;)お話を伺うと亡くなったご主人様が趣味で色々とやっていたそうです。凄いですね〜で、小机住宅へ向かってる途中だと伝えると道を間違えてる事が判明!急いで確認しました。。。する [続きを読む]
  • リーグ戦(13〜15週目)
  • 13週目15週目14週目のデータが見つからずとりあえず抜けで。。。最近になってやっと以前のような感じで投げる事が出来るようになってきました。この感触になるまで長かったな〜年齢とともに一度離れると感覚を取り戻すまで時間がかかるようです(^_^;) [続きを読む]
  • リーグ戦(8〜12週目)
  • 8週目9週目10週目11週目12週目ずっとブログ更新出来ませんでしたが、最近になってやっと時間の余裕が出来てきましたので少しずつ再開していきます。そんな中、ボウリングだけは続けていたのでまとめて12週目の分までアップしておきます。最近は腰痛はもちろん継続中ですが、首から背中にかけての痛みがひどいです。ずっと後ろを向く事ができないままです。そして膝の具合もよろしくないですね。常にはずれそうな感覚になっていま [続きを読む]
  • 昭島市〜あきる野市のお散歩・その4(羽村取水堰)
  • 電車で羽村駅に移動。まずは徒歩で気になっていた場所へまいまいず井戸ですまいまいとはカタツムリの事。井戸へ向かう降りる通路が似ているからそう呼ばれているらしい。そして、ここからタクシーでずっと行きたかった煉瓦の元へ羽村取水堰です竣工は1923年(大正12年)です。第一水門の一部が煉瓦造りですね。ここから玉川上水が始まります玉川兄弟の碑彼らの努力が現在にまで残されているわけですね多摩川の名脇役その後は [続きを読む]
  • 昭島市〜あきる野市のお散歩・その3
  • 嘉泉田村酒造場にやってきましたお酒は飲まないのですが・・・やはり、酒蔵と言えば煉瓦の煙突もありますよねうーん・・・青空でないのが残念素敵な雰囲気の道を歩いて駅まで戻りました駅の近くにあったマンホール気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。建物・街写真でのランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 昭島市〜あきる野市のお散歩・その2(純福音福生教会)
  • 拝島駅から福生駅へ移動します。まずは純福音福生教会からです木造の古い建物ですね屋根の十字の下を良く見ると郵便局のマークがありますね元々は郵便局として使われていた建物だそうです向かい側には旧ヤマジュウ田村家住宅(登録有形文化財)があるのですが、開門前で見学出来ませんでした。残念!気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。建物・街写真でのランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 昭島市〜あきる野市のお散歩・その1(日光橋)
  • 昨年の10月下旬に出かけた時の事を書いていきます。拝島駅で8時半に集合。朝が早いのですが色々と移動する事を考えるとこの位の時間でないと間に合いません(^_^;)まずは日光橋竣工は1891年(明治24年)、都内では珍しい煉瓦造りのアーチ橋です調べてみると2009年に訪問しています。この時は偶然、この橋の存在を知ったようです。煉瓦は85%が日野煉瓦らしいとの事。では、残り15%はどこで???この橋の事は↓こ [続きを読む]
  • リーグ戦(5〜7週目)と2016年の成績
  • 5週目6週目7週目忙しくてアップする暇がなくて3週分まとめてです。そして2016年の成績です。60ゲーム投げてアベレージが205ストライク率が47%2015年の秋に腰を痛めて2016年2月に久しぶりの復帰。しかし、4月上旬から首が痛くなり下旬には左腕に痺れと首の激痛が。。。6月でとりあえずリーグ戦をお休みして11月にまた復帰。。。今年になって先日2週間振りに投げたのですが、またしても首に痛みが。。 [続きを読む]
  • 秋の上野散策その5
  • 博物館を出た後は気になっていた改修工事が終わった煉瓦建築を見に行く事に。まずは廃駅として有名な博物館動物園駅高校生の頃、何の建物なんだろ?と不思議に思って入ったら駅だったと言う想い出があります。今思えば廃止になる前にしっかり見ておけば良かったな〜と思う建物です。黒田記念館は喫茶店になりあまりにも人が多かったので撮影はパスそして芸術大学へ右奥に見えるのは東京芸術大学赤レンガ1号館(旧教育博物館書籍閲 [続きを読む]
  • 秋の上野散策その4(表慶館)
  • ここの気になる建物はもう1つ、表慶館です竣工は1909年(明治42年)、設計は片山東熊。これも重要文化財です。後の大正天皇のご成婚が決まったお祝いとして建てられたものです。中央の柱はイオニア式ドーム壁は様々なレリーフで飾られていますこのように外観は石造りに見えているのですが、構造的には煉瓦造りの石張りなのです。どこかに煉瓦を見る事出来ないかなぁ〜と思い、他でも調べている事ですがやってみました。する [続きを読む]
  • 秋の上野散策その3
  • せっかくなので東京国立博物館の内部も見てみる事にこの階段は良くテレビなどの撮影でも使われているので見た事がある人は多いかもしれません階段を上がった場所にある大時計ですが、中央部が少しだけ膨らんでいるのがわかりますか?真下から見上げるように撮影してみました貴賓室祭日の日だけこうして見る事が出来るらしいのですが、本当は他にも部屋があるそうですね。とりあえず、ドアノブも素敵だったので撮影しておきました気 [続きを読む]
  • 秋の上野散策その2
  • 東京国立博物館竣工は1938年(昭和13年)、設計は渡辺仁。重要文化財です。帝冠様式と呼ばれるスタイルですジョサイア・コンドルが設計した煉瓦造りの博物館がここに建っていましたが関東大震災で倒壊し、現在は写真で紹介したコンクリート造りの建物が建っています。庭園公開に期待して来たのはその当時の煉瓦がどこかに落ちていないかな?と言う事。約100年前の煉瓦があるのかどうかわかりませんが、調べてみる価値はあ [続きを読む]
  • 秋の上野散策その1
  • 明けましておめでとうございます。今年も少しずつ撮り歩きネタを公開していきます。今年もよろしくお願いします。昨年の撮り歩きネタはいっぱいまだありますが、とりあえず12月の事でも。。。毎年行こう行こうと思いつつ行けないままだった上野の東京国立博物館の敷地の庭園公開。春と秋の期間限定で公開しているのですがやっと行ってきました。ですが、入園時間の前に気になる場所へ。ワンス・アポン・ア・タイム煉瓦造りの蔵を [続きを読む]
  • 2016年を振り返って
  • もうすぐ2016年が終わるので大雑把に今年見てきたた煉瓦の紹介でもします!まずは1月。春日部方面へ煉瓦の樋門を見に。とにかく歩いたな〜春日部駅に着いたらレンタサイクルがある事を知ってガッカリしたな。この後は埼玉県立文書館へ初めて行ってひみつの地図展を見てきたのでした。2月忙しくて殆どカメラを持つ機会が無かったけれど春日方面に行く機会があったのでその時に久しぶりに立ち寄ってみたもの。1つは完全に立ち入り [続きを読む]
  • 大宮の近代建築巡り(その2)
  • 大宮聖愛教会竣工は1934年(昭和9年)蔦が多すぎて建物の形が良く見えませんねここへ来るのは多分3回目でしたが、すっきりした頃にまた行ってみようかな。大宮聖愛教会そして大宮駅の東口側へ繁華街を抜け、路地裏を歩いて行くと見えてくるのは西原小児科医院竣工は1924年(大正13年)病院嫌いな僕でも、こんな素敵な病院なら喜んで行ってしまいそうです(^_^;)気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 大宮の近代建築巡り(その1)
  • 川越でのお墓参りの帰り、今のタイミングで太陽が出ているのなら撮りに行きたい!と思い出した建物がありました。予定を変更して川越線に乗り大宮駅で途中下車します。西口に出て北上すると見えてくる煉瓦の門柱跡らしきもの。。。そしてこのスロープ、実は枕木のようですこのスロープを上がって行くと見えてくる煉瓦蔵中々こんなアングルで見る事は出来ないですよね全体像はこんな感じ現在この倉庫はジェクサー・フィットネスクラ [続きを読む]
  • 川越近代建築巡り(その2)
  • 川越と言えばはずせないのがこの煉瓦造りの教会日本聖公会川越キリスト教会です竣工は1921年(大正10年)、設計はウィリアム・ウィルソン。登録有形文化財です。母の記憶によると子供の頃には煉瓦塀は無かったと思うんだけど〜と生前は言っていましたが実際はどうなんでしょうね。この日は残念ながら中に入る事が出来ませんでした。。。田中屋竣工は1915年(大正4年)旧山吉デパート竣工は1936年(昭和11年)実は [続きを読む]
  • 川越近代建築巡り(その1)
  • 川越は母の住んでいた街であり、幼少の頃から馴染みがあり、友人とも何度か行ってるのですが、1人で撮影に行くのは初めてだったかもしれません。川越は蔵の街として有名ですが、近代建築の宝庫でもあります。もう9月の事ですがそんな川越で久しぶりに近代建築巡りをしてきました。旧六軒町郵便局登録有形文化財竣工は1927年(昭和2年)大野屋シマノコーヒー大正館といせやシマノコーヒー大正館は昭和8年に呉服屋さんとして [続きを読む]
  • リーグ戦(4週目)
  • 206、168、198で合計572ストライク:15スペア:12ミス:5(スプリット2)何だか悲しいスコアになりました。。。丁寧に投げれば別に難しいレーンではなかったんだけどな〜と言うのが素直な感想。イマイチ集中出来ていなかった?ストライクの連発を出さないとスコアが伸びないと言う例ですね。先週良かった分が帳消しになりました(T_T)来週は頑張ろう。 [続きを読む]