あおな さん プロフィール

  •  
あおなさん: アスペルガーのコミュニケーション教室
ハンドル名あおな さん
ブログタイトルアスペルガーのコミュニケーション教室
ブログURLhttp://aona.ohitashi.net/
サイト紹介文成人後にアスペルガー症候群と判明。コミュニケーション能力や社会的スキルが必要なヘルパーやってます。
自由文52歳まで発達障害であることを知らなかったあおな。知らないこと、できないことがたくさんあるということにいまさら気づいてます。上司、同僚のほとんどが女性の職場で、対人援助職をやっています。つらい条件をさかてにとって、「ふつうの人」は、どんなコミュニケーションをとるのか日々観察中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2011/03/19 15:19

あおな さんのブログ記事

  • 司書2さん、ぼろぼろ・・・。その2
  • きのうは、ボロボロの司書2さんと一緒の勤務でした。司書2さん「あおなさん、司書教諭の先生が、『図書館便りの文章ををもっと書きたしてください。』って。」わたし「は、はい。」図書館便りというのは、司書教諭(=正規職員)が発行しているモノなのだが、わたしたち学校司書がほとんど作成しているのだ。今月の図書館便り作成は、私の担当である。わたしは、以前、司書1さんの提案で、司書全員で「新着図書の紹介」を一冊ず [続きを読む]
  • ISBNの確認のしかた
  • 以前、このブログに書いたことなのですが、「購入する図書のISBNが正しいかどうか確認してください。」と言われたとき、わたしは、あるネット書店のホームページを開き、(手順1)検索窓にその書名を打ちこんで、(手順2)ほんとうにその図書が出てくるかどうか確認していました。(手順3)けっこう複雑だったのです。今とっている方法は、他の司書さんの手順を見ていて、学んだことです。グーグルなどにISBNの番号を打 [続きを読む]
  • 司書さんの話を聞いておもったこと
  • きのう、スミヨシ大学図書館でいっしょに働いている司書4さんと話をしていたら、司書4さんのお子さんは潰瘍性大腸炎だということでした。そして、その病気を発症したのは中学生の時で、今お子さんは大学生なんだけれど、いつトイレに駆け込みたくなるかわからない病気なので、バスで通学できず、ずっと司書4さんが学校の送り迎えをしているということでした。そのお子さんの世話があるから、司書4さんは週にたった一日しか働け [続きを読む]
  • おだやかに過ぎる一日
  • きょうはスミヨシ大学図書館でのお仕事の日でした。クレーマーさんも来ず、なにもイヤなことがなく一日が過ぎていきます。相棒の司書3さんは、司書経験がなく、初めて図書館でのお仕事をする人なのですが、人柄のいい人らしく、気持ちよく接してもらっています。平日の学校図書館のほうは、新しい人が来てくれるか未定ですし、一緒に仕事をしている司書2さんの能力に問題ありなのですが、とにかく図書館の仕事はわたしに合ってい [続きを読む]
  • 司書さん募集しています。その2
  • しっかり者の司書1さんが8月いっぱいで退職するので、司書1さんと勤務日があう日は、「購入図書のリスト」、「年度末の報告書作り」などを教わっています。とても難しいです。教えてもらえるからわかるものの、もし1人で学校司書になり、「すぐやってください。」と言われても、とてもできないようなことばかり。あと司書1さんと勤務が重なるのは3回。それだけで、年間の仕事を全部覚えられるか?わたしは、4月からこの仕事 [続きを読む]
  • 「やすらぎの郷」がおもしろい
  • TVドラマ「やすらぎの郷」をご存じでしょうか?このドラマは、高齢者むきなので、この「ぶろぐ村」に集う方々には縁遠いかもしれませんね。わたしは、ホームヘルパーをしていて、自分が芸能関係のことをなにも知らないと痛感し、TV視聴を始めました。ですから、お年寄りとの会話のきっかけになる高齢者向きドラマを見逃すはずがありません。きょうの「やすらぎの郷」は、「ひどい目にあわされたスタッフの女性の仕返しを、入居 [続きを読む]
  • DV夫の訪問におびえる
  • わたしは、夫と別居しています。離婚したいのですが、夫が「ぜったい離婚しない。」というのでかないません。2年前も、去年も、8月11日にDV夫が訪ねてきました。わたしは、(今年も来るのではないか?)と以前から考えていました。2年前はちょうどホームヘルパーの仕事中で、会わずにすんだし、去年は、都内へ遊びに行って避けました。今年は、学校図書館の仕事を始め、疲れていたり、体に痛みも出たりしたりして、遊びに行 [続きを読む]
  • 保険金をもらえるまで
  • わたしの父親は、すごくしっかりしたヒトです。医療保険にも入っています。入院しているので、保険金が出るはずですが、その手続きがたいへんで・・・。今日はそのお話です。手続き1 2月から4月まで、遠方の大病院に入院していました。退院するとき、(入院証明書がいるのではないか?)と気がつき、証明書をもらいました。7000円かかりました。手続き2かんぽ生命の窓口に行くのはわたしなので、父に委任状を書いてもらい [続きを読む]
  • 司書2さん、ぼろぼろ・・・。
  • 学校図書館での蔵書点検は、3日間ありました。わたしは、最初の1日しか出勤できませんでした。でも、司書2さんが残りの2日間出勤するので、蔵書点検のやり方を覚え、わたしに伝達してくれるだろうと思っていたのです。こんな勝手な思い込みをしたことを今、すごく後悔しています。蔵書点検が終わり、初めての出勤日のことです。わたしは、司書2さんと一緒だったので、蔵書点検のことをいろいろ訊いてみようと思っていました。 [続きを読む]
  • クレーマー現わる その3
  • 今年の2月か、3月のことです。その日、わたしはスミヨシ大学図書館で、司書1さんと勤務していました。司書1さんは若い男性で、大学図書館の経験も十分あり、なにかとわたしに教えてくれた人です。大学図書館は、2、3月は授業もなく、学生さんも地元に帰ったり、旅行に行ったりするのか、利用者は少なかったです。カウンターにいた司書1さんに、お年寄りが話しかけてきました。お年寄り「図書館カレンダーください。」図書館 [続きを読む]
  • 初めての蔵書点検
  • わたしが働いている学校図書館では、蔵書点検の日程は3日間です。よく仕事がわかっている司書1さんが連続3日でるのは当然として、その助手としてわたしは1日しか勤務できません。この仕事は委託業務なので、そういうシステムになっているのです。他の2日は、ちょっと頼りない司書2さんで、きちんと仕事を覚えて、わたしに伝達してくれるかどうか、あやふやな人です。蔵書点検は、本がほこりっぽいので、くしゃみに悩まされま [続きを読む]
  • 司書さん募集しています
  • 高校図書館の仕事は、開館後、そうじ、新聞を配架する、くらいしか仕事がないことが多いです。利用者さんはあまり来ません。4月から、今まで、(こんなにヒマな仕事、もうやりたくない。)と思ったこともありますが、ヒマであるということにも、なにか利点があるはず。たとえば、これから年をとっても続けやすいとか、司書室で読書していても、誰にも文句を言われないとか・・・。あまりプラスな考え方ではないですが、この仕事を [続きを読む]
  • クレーマー現る その2
  • スミヨシ大学図書館での勤務の日、もう閉館作業にかかろうかという時刻のことである。お年寄りの利用者さんが、カウンターの前に来て、にこにこしてなにか言いたげだったので、わたし「なんでしょうか?」お年寄り「今、3階で、男子のバカ学生が、結核のような湿ったセキをするんだよ。そのバカ学生が、なんどもセキをするんだけれど、まわりはみんな女子で、一生懸命勉強しているんだよ。その女子学生は言いにくいだろうから、ぼ [続きを読む]
  • 除草費用に16000円・・・。
  • 今日は、大失敗のお話です。わたしの家には、畑があります。父親が家庭菜園をやるつもりで畑にしたのですが、本人はずっと入院中。畑は草がぼうぼう生えています。少しずつとればよかったのですが、病院に行ったり、4月から始まった新しい仕事もあり、草むしりができませんでした。(シルバー人材の人に頼もう。)と思い、気軽に頼んだら、きれいに除草してくれたのですが、その請求額が16000円!事前に見積もりなどは出して [続きを読む]
  • 難病の指定を受けに行く
  • わたしの父は「間質性肺炎」で入院中なのです。どうやら、この間質性肺炎という病気は、難病指定されているそうで、認定を受けるとわずかですが補助金がもらえるそうなので、今日は市役所へ行ってきました。難病指定のための書類をどっさりもらって帰ってきました。こんなに書くところがあるのでは、本当に病気の人は書き切れなくて、断念してしまうでしょう。また、わたしの父は今年2月からずっとこの間質性肺炎なのですが、どう [続きを読む]
  • 「ちつのトリセツ」読んでみた
  • ひそかに売れているという「ちつのトリセツ」を読んでみました。奥付を見ると、「3刷り」ということなので、本当によく売れているようです。まず、この中で解説されているエクササイズのためには、「ごま油」が必要ということなのですが、スーパーに並んでいるごま油ではいけないらしい。皮膚用のごま油が必要なのです。ドラッグストアにないか、駅前のゴーカドー、ドンキホーテにないか探したのですが、どうやらスミヨシ市で手に [続きを読む]
  • 「旅行に行かないのか?」としつこくたずねられる
  • 司書2さんは、学校図書館の同僚で、PC操作や図書展示などの仕事に十分な力を持っていないような人です。それでも、わたしより長くこの学校図書館にいるので、わたしが教わることもあります。司書2さんの目下の関心事は、わたしが夏休みの間、旅行に行かないことのようで、司書2さん「あおなさん、夏休み中、旅行に行かないんですか?」わたし「あぁ・・・。はい、そうですね。」司書2さん「ほんとに? ほんとにどこにも行か [続きを読む]
  • 有料老人ホームの見学 その3
  • 有料老人ホームを見学してきました。今日いったホームは、先週、バスで下見に行ったときは時間がかかったのですが、相談員さんの運転する車ではすぐでした。ここは、ホスピスという名前のところで、看護師さんも常駐しているので、わたしは、ここに決めたいと思っています。有料老人ホームが何種類もあるというのは知っていましたが、父の年金では、本来の「有料老人ホーム」にはなかなか入れない、ということもわかりました。わた [続きを読む]
  • 司書1さん資格商法に引っかかる
  • スミヨシ大学図書館でいっしょに働いている司書1さんは、唯一、公共図書館の仕事の経験のある人で、利用者さまへの対応もうまい人です。スミヨシ大学図書館以外の図書館でも、ハケンとして働いています。「スミヨシ大学図書館を、10月頃でやめるかもしれない。」と前から聞いていました。わたしは、他の図書館での仕事をふやすのだろうと思っていました。昨日、スミヨシ大学図書館ハケン会社の上司さんが来て、司書1さんと10 [続きを読む]
  • 司書1さんが退職するといいだした
  • 学校図書館は、わたし以外に司書1さん、司書2さんがいます。司書1さん、司書2さんは、小学生や中学生の子どもがいて、朝8:30から17:00の学校図書館の仕事はちょっとキツい、と前から聞いていました。司書1さんはしっかりしていて、選書、PC作業などテキパキとこなします。一方司書2さんは、ちょっと力不足。PCも苦手だし、蔵書点検も「本が重い。」とぶつぶつ文句を言いながらやっています。ある日、司書1さん [続きを読む]
  • 老人ホーム見学 その2
  • 今日は、学校図書館の仕事はお休み。今、父親のための老人ホームを探していますが、前回は紹介する会社の人に、車で案内をしてもらいました。でも、大切なのは「実際に公共交通機関で行ったらどうなのか?」ということですよね。わたしは、車を持っていないので、バスか電車、あるいは自転車ということになります。それで、紹介してもらった老人ホームの1つにバスを使って行ってみました。そのホームは、ホスピスも兼ねているので [続きを読む]
  • 急きょ、市役所へ
  • きょうは、学校司書の仕事が休みで、のんびりできるはずの日でした。ていねいに家の掃除をし、ふと父親宛の封筒が目に入りました。現在父は入院中なので、そのまま置いてあったのです。開封してみると、「後期高齢者医療基準適用申請」というメチャメチャ大切な書類でした。これを出さなかったら、医療費が高くなってしまいます。今まで、ぼーっとしていて放置しておいたのが悪いのですが、締め切り日があさってに迫っています。書 [続きを読む]
  • 老人ホーム見学
  • きょうは、父のために有料老人ホームの見学に行きました。1つ目は、自宅から近いゴールドスミヨシです。ここは、空室があり、入ることができましたが、窓からの眺めがよかったです。中庭もすばらしい。その他、全体的によかったです。ただ、入居金が高額なので、それがネックです。2つ目は、フラワースミヨシです。ここは、なんと入居金が0円なのです。ただ、ゴールドスミヨシを見てしまうと、なんとなくみすぼらしく見えてしま [続きを読む]
  • 借りぐらしのアリエッティ
  • 「借りぐらしのアリエッティ」を見ました。わたしは、イギリスの児童文学が好きで、原作となった「床下のこびとたち」も、もちろん読んでいます。でも、今回は、ホームヘルパーとしてたずねたお宅や、その近くのいろいろな家々を思い出しながら見ました。スミヨシ市には、戦後建てられたと思われる、映画に出てくるような家も多く建っています。六角形の部屋が、飾りのようについた家もあります。戦後のはやりだったのでしょうか? [続きを読む]
  • 蔵書点検が始まる
  • ヒマな学校図書館ですが、蔵書点検が始まりました。(これで少しは仕事らしいことができる。)とわたしは密かに喜んでいます。昨日、ペアで蔵書点検をした司書1さんは、「これって、肉体労働じゃないですかー!」と文句たらたらでした。わたしは、いろいろな図書館の面接で、「司書の仕事って、重たい本を持たねばならずたいへんなんですよー。」と言われていたので、当然のことと思っていましたが、司書1さんは蔵書点検のこと、 [続きを読む]