かわちや さん プロフィール

  •  
かわちやさん: もっと着物を楽しもう!
ハンドル名かわちや さん
ブログタイトルもっと着物を楽しもう!
ブログURLhttp://ameblo.jp/kawachiya/
サイト紹介文着物の商品の情報やお手入れ、豆知識についてご紹介いたします。
自由文着物屋の4代目のブログです。帯留や履物も充実。現在オリジナル商品製作中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2011/03/20 11:31

かわちや さんのブログ記事

  • 毎月一週間限定のカフェ『TAKEJIRO CAFE』がオープンしました。
  • すごく久しぶりの更新になってしまいました。実は、最近毎月一週間だけのカフェを11月末にオープンさせまして、その準備と訓練のためブログやホームページ更新が滞っていたので、また少しペースを上げて行きたいです。カフェの名前は『竹次郎 TAKEJIRO CAFE』色々なアイテムの展示と併設で毎月一週間だけ営業します。このカフェの建物は昭和の初期に河内屋の初代大橋竹次郎が建てたお茶室で、日本画家の竹内栖鳳の別邸『霞中庵(か [続きを読む]
  • パナマの草履はいかが
  • 昨日の夕方凄い雨でしたね。それとは打って変わって今日は晴天に恵まれました。晴れていると本当に夏真っ盛りなんだなあと実感しますね。暑い、暑い、暑い!冷房の効いた店内にいると、外に出るのがつらくなります。(外の仕事の方に怒られそう)さて、夏のアイテムといえば、パナマ帽があります。パナマとはパナマソウという名の草の葉を割いて編んだもので、戦前には男性の正装としてパナマ帽がかぶられていたようです。そして、 [続きを読む]
  • 美しいキモノに掲載の源氏物語の紅型調浴衣
  • 今日は一日中雨ですかね。今は少し小降りになってます。さて、今日は源氏物語の浴衣をご紹介します。源氏物語のこの浴衣の特徴は色鮮やかな紅型調の柄と独特の素材感。本紅型ではありませんが、注染という技法で丁寧に染められています。色と色の境目が本染めの証です。素材は綿と麻が混ざっていて、さらっとした風合いが特徴です。比較的どんな色の帯とでも相性がいいですよ。帯次第で年代の幅があります。そういえば、『美しいキ [続きを読む]
  • 絞りの羽織でお子様の祝着を作らせていただきました。
  • この着物はお子さんの祝着として作らせていただいたものです。実はこのお着物のもとは絞りの羽織なんです。一昔前はお嫁入り道具として絞りの羽織など必ずご用意されていました。でも最近ではあまり着ることがないと、当店のお客様からご相談いただき、女のお孫さんが生まれてこられるということで、祝着にならないかというご相談を受けましたので、お仕立て直しさせていただきました。全体的にシックではあるものの、全体に入った [続きを読む]
  • 草木染体験教室を開催しました。
  • 今日はあいにくの天気でしたが、草木染め教室を開催しました。最近、草木染めを習いたい方が多くご希望に合わせて教室を開催しています。今日は庭に咲かせてある、アップルミントをとって染めました。採った草木は乾燥させて保存することもできます。ただ、採ったままの生の方が色鮮やかな色が出ます。はじめての体験にみなさん一生懸命に体験してみえましたよ。今後少しずつ体験教室も増やしていきたいと思います。 [続きを読む]
  • 山葡萄のバッグが入荷してきました。
  • 山葡萄のバッグが入荷しました。  山葡萄のバッグは毎年とても人気がありのですが、生産数も少ない貴重なもののようです。籠の中にはかわいい更紗の袋がついています。取り外しはできません。手の部分は固定されているのではなく、回るので、バッグの中身を出すときに邪魔になりません。また、籠の部分はほとんど引っ掛かりがないので、服などをひっかける心配もなさそうです。和装にも洋装にも使えるため、少し高いですが、 [続きを読む]
  • 竺仙の絹紅梅 更紗 ゆかた
  • 日に日に暑い日が多くなってきます。夏の準備はもうお済ですか。この着物はご存知の方も多いと思いますが、竺仙というメーカーのもので、浴衣がとても人気があります。絹紅梅という生地で、夏物にはよく使われます。太さの違う糸を使っているので、通気性がよく涼しいという特徴があります。更紗の技法で染めておりかなり手が込んでいますね。そのためたくさんできず限定数の少ない反物です。今回は半幅帯をコーディネイトしていま [続きを読む]
  • 北畠雪子さんの名古屋帯
  • 先日拝見した染織作家の北畠雪子さんの素敵な作品が届きました。北畠さんは先日まで、体を壊されていたようで、なかなか思うように織れなかったようですが、作品を見るとすごく力強さを感じます。北畠さんにもお会いでき、織りについて詳しくお聞きすることができました。ジャーマンアイリスという題名のついた作品。茶紫の珍しい色の花で、北畠さんのお家の庭に咲いていたそうですよ。 [続きを読む]
  • 歌舞伎の楽しみ方
  • 最初に断っておきます。自己流の楽しみ方なのであしからず。数年前のこと。着物屋として歌舞伎ぐらい知っておかなければと使命感に駆られまして、歌舞伎を見に行きました。はっきりいって何を見たのかも覚えておりません。幕がひらき、最初は耳をこらして何と言っているのか神経を集中させるのですが、次第にあきらめの気持ちの方が勝ちだし、いけないいけないと何度か戦うのですが、・・・・・・・zzz、zzz、zzz。気がつ [続きを読む]
  • 歌舞伎ソムリエおくだ健太郎さんのおくだ会(in井善)
  •  昨日は雨の中、名古屋の熱田にある天ぷら割烹 井善さんで行われた歌舞伎ソムリエおくだ健太郎さんが主催されるおくだ会に参加してきました。着物を着られる方は歌舞伎をお好きな方も多く、少し知っておかなければと興味を持ち始めた歌舞伎ですが、はまり症の性格が災い(幸い?)して最近ではすっかりはまってしまいました。歌舞伎座も遠いため、御園座が早く完成しないことには、なかなか歌舞伎をみることもできず、DVDを買っ [続きを読む]