こゆりす さん プロフィール

  •  
こゆりすさん: シンプルにいこう。
ハンドル名こゆりす さん
ブログタイトルシンプルにいこう。
ブログURLhttp://simple215coyu.blog133.fc2.com/
サイト紹介文手作り石けんとコスメ・ナチュクリ等の記録用ブログですが、今は読書・アレルギー児の子育て・買い物記録等
自由文長年無趣味だった私が、数年前ナチュラルクリーニングに興味を持ったことがきっかけで、手作り石けん・コスメ・ハーブ栽培と、連鎖的に趣味が広がりました。しかし、片付けと掃除は今も大の苦手。現在はワーキングマザーのため、手作りは滅多にできていません。小麦(クラス6)・卵(クラス4)のきつい食物アレルギーと、慢性湿疹を持つ子どもがいます。遅読ですが、読んだ本の感想なども。特にミステリとファンタジーが好物。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2011/03/20 18:33

こゆりす さんのブログ記事

  • 【3歳9ヶ月】最近読んだ絵本vol.3
  • ずっと書きたかった、お気に入りの絵本記事。お久しぶりの第三弾。今の月齢である「3歳9ヶ月」を記事タイトルに書きましたが、これらの本に実際にハマっていたのは半年ほど前のことです。私自身の読書記録もそうですが、マメにブログを書けてないもんで全然追いつかない^^;【3歳3ヶ月】vol.1【3歳4ヶ月】vol.2「三びきのやぎのがらがらどん」息子のリクエスト本。3歳になった頃から保育所の先生に読んでもらって気に入った絵本 [続きを読む]
  • 『真夜中の探偵』 有栖川有栖
  • 数年前に失踪した母親の行方がつかめぬまま、17歳の空閑純は大阪で独り暮らしを始める。探偵行為の科で逮捕された父親との面会が許されない状況下、思いがけない人物に声を掛けられたことをきっかけに、純は探偵への道を歩きだす。木箱に入った元探偵の溺死体が発見され、純は「水の棺」の謎に挑戦する。 学生・作家アリスシリーズがとても面白かったので、こちらは単発の作品だと思って手を出したのだけど、今まで読んだ有栖川 [続きを読む]
  • 『生ける屍の死』 山口 雅也
  • ニューイングランドの片田舎で死者が相次いで甦った。この怪現象の中、霊園経営者一族の上に殺人者の魔手が伸びる。死んだ筈の人間が生き還ってくる状況下で展開される殺人劇の必然性とは何なのか。自らも死者となったことを隠しつつ事件を追うパンク探偵グリンは、肉体が崩壊するまでに真相を手に入れることができるか。西澤保彦さんの「死者は黄泉が得る」が面白くて、こちらの作品をモデルにしたとのことで長らくずっと読みたか [続きを読む]
  • 3歳8ヶ月の成長記録〜悩みの三つ巴。低身長に悩む。〜
  • 息子、3歳9ヶ月になりました。4歳まであと3ヶ月!にも関わらず、解消されない悩みが満載。親を叩くとか、一人で遊べないとか、外食でじっとできないとか、いつまでもオムツが外れないとか、天邪鬼だとか(←って十分多いか)子育てにおいて、一時的だと思われる悩みはまだいい。経験上、幼児期の悩みの7〜8割は時間が解決してくれると感じているので、成長とともにそのうち終わるだろうという希望も持てる。強いマルチ食物アレル [続きを読む]
  • 『下戸は勘定に入れません』 西澤保彦
  • 条件が揃うと、酒の相手を道連れに時間をさかのぼってしまう古徳先生。昔の恋人を奪っていった旧友・早稲本と偶然呑むことになり、酔った二人は二十八年前の思い出の晩へと戻ってゆく。果たして古徳は、失った恋の秘密を解き明かせるか?精緻なロジックが驚きの読書体験へと誘う、極上のタイムスリップ本格ミステリ。 西澤さんお得意の、特殊設定つきSFミステリ。そして、西澤作品によくある飲んだくれミステリでもあります。笑こ [続きを読む]
  • 2017.9月 楽天スーパーセール前半戦のお買い物記録〜消耗品・食品〜
  • 始まりました!スーパーセール。今回はいつも以上にガッツリ購入予定。昨日イーグルスが負けてしまったのでまだ買っていないものも含めてリストアップ。今回も食品、消耗品、子どものものが中心。1 シャンプーかずのすけさんのブログで一推しのナプラ ケアテクト。去年使ってなかなか良かったのでリピート。カラー・パーマの残留剤を中和するヘマチン入りなのにリーズナブル。来週パーマをかける予定なので、その後から使い始め [続きを読む]
  • 2017年8月読書まとめ
  • 8月は小説が6冊。私にしちゃよく読めた^^どれも面白かったですが、特に「暗いところで待ち合わせ」がすっごく良かった!中身は静かでハートフルな物語なのに、タイトルも表紙も怖いから長いこと手に取れなかった^^;綾辻行人×森博嗣を思わせる「堂シリーズ」もなかなか。ポワンカレ予想とかクラインの壷とか結構好きなので、小難しい数学の話に置いてけぼりにされながらも楽しく読んでいます。8月の読書メーター読んだ本の数 [続きを読む]
  • 【46番目の密室】 有栖川有栖
  • 日本のディクスン・カーと称され、45に及ぶ密室トリックを発表してきた推理小説の大家、真壁聖一。クリスマス、北軽井沢にある彼の別荘に招待された客たちは、作家の無残な姿を目の当たりにする。彼は自らの46番目のトリックで殺されたのかー。有栖川作品の中核を成す傑作「火村シリーズ」第一作を新装化。 学生アリスシリーズを全て読了し、とても面白かったのでついにこちらの「作家アリスシリーズ」にも手を出してしまいま [続きを読む]
  • 【精霊の守り人】 上橋 菜穂子
  • 老練な女用心棒バルサは、新ヨゴ皇国の二ノ妃から皇子チャグムを託される。精霊の卵を宿した息子を疎み、父帝が差し向けてくる刺客や、異界の魔物から幼いチャグムを守るため、バルサは身体を張って戦い続ける。建国神話の秘密、先住民の伝承など文化人類学者らしい緻密な世界構築が評判を呼び、数多くの受賞歴を誇るロングセラーがついに文庫化。痛快で新しい冒険シリーズが今始まる。(「BOOK」データベースより) 普段テレビはE [続きを読む]
  • 【平面いぬ。】 乙一
  • 「わたしは腕に犬を飼っているー」ちょっとした気まぐれから、謎の中国人彫師に彫ってもらった犬の刺青。「ポッキー」と名づけたその刺青がある日突然、動き出し…。肌に棲む犬と少女の不思議な共同生活を描く表題作ほか、その目を見た者を、石に変えてしまうという魔物の伝承を巡る怪異譚「石ノ目」など、天才・乙一のファンタジー・ホラー四編を収録する傑作短編集。【目次】石ノ目/はじめ/BLUE/平面いぬ。(「BOOK」デー [続きを読む]
  • 【2017年8月】楽天お買い物マラソン後半戦
  • 後半戦7 炭酸水やっぱし買いました。帰宅時と風呂上がりの炭酸水がウマすぎる♪前回はライチでしたが、今回はピーチを購入。2ケース買ったら300円オフのクーポンが出てましたが、飲んでる間に涼しくなりそうなので1ケースで我慢。8 絵本息子のリクエスト本。怖くない鬼の話。オニギリを愛している鬼が愛嬌ありすぎです。笑9 楽天24  常備薬と消耗品。ネットで買った方が安いし、玄関まで運んでくれるのでドラッグストアに [続きを読む]
  • 【プラチナデータ】 東野圭吾
  • 国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA捜査システム。その開発者が殺害された。神楽龍平はシステムを使って犯人を突き止めようとするが、コンピュータが示したのは何と彼の名前だった。革命的システムの裏に隠された陰謀とは?鍵を握るのは謎のプログラムと、もう一人の“彼”。果たして神楽は警察の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。(「BOOK」データベースより) また東野さん。東野作品は映像化前提に作られているよ [続きを読む]
  • 2017年7月読書まとめ
  • 今月は小説が4冊。どれもハズレがなく面白かった。恩田陸さんの作品はちょっと苦手なものもあるのですが、ミステリーランドの「七月に流れる花」「八月は冷たい城」は両方ともとっても好きな世界感でした。初めましての泡坂妻夫さんの「11枚のとらんぷ」は奇術を題材にしたミステリでとっても面白かった。11の作中作にも全てに奇術の謎が仕掛けられていて、本編の伏線も張り巡らされていて、読み応え抜群でした。7月の読書メーター [続きを読む]
  • 【手作り石けん】#164 オレンジソーダ
  • 無職中に仕込んだ最後の石けんは、夏定番のメントール石けん。仕込んだ後、放置しすぎてカットしたのは解禁日を大幅に過ぎてからです^^;#164 オレンジソーダ オイル:オリーブ、パーム核、レッドパーム オプション:メンソールクリスタル、コンフェ、はちみつ、グァバFO、        ローズマリーEO 鹸化率 92%   水分 25% 303gバッチ トレースまでの時間:15分 解禁日:2017年6月29日メンクリ率は7%。肌 [続きを読む]
  • 【私が彼を殺した】 東野圭吾
  • 婚約中の男性の自宅に突然現れた一人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。男は自分との関わりを隠そうとする。醜い愛憎の果て、殺人は起こった。容疑者は3人。事件の鍵は女が残した毒入りカプセルの数とその行方。加賀刑事が探りあてた真相に、読者のあなたはどこまで迫れるか。(「BOOK」データベースより) 「どちらかが彼女を殺した」と同じ趣向で最後まで犯人が明かされず、読者が犯人当てに挑む作 [続きを読む]
  • 【一応手作り】混ぜるだけ!アロマのかゆみ止めバーム
  • 手作りコスメカテ、約一年ぶりの投稿wバーム(軟膏)といっても基材はワセリンなので、作ったというか混ぜただけの代物です^^;去年の夏は汗と虫さされの両方で史上最悪の肌状態に陥った超虚弱肌の息子。(ストロングのステロイドを朝晩二回塗っても炎症が抑えきれなかった。)今年はあせもジェルのおかげで汗疹はほぼゼロ(素晴らしい!)ですが、やはり蚊にはやられています。そりゃあ毎日外遊びしてるからね。うちの保育所は [続きを読む]
  • 【華胥の幽夢】 小野 不由美
  • 王は夢を叶えてくれるはず。だが。才国の宝重である華胥華朶を枕辺に眠れば、理想の国を夢に見せてくれるという。しかし采麟は病に伏した。麒麟が斃れることは国の終焉を意味するが、才国の命運はー「華胥」。雪深い戴国の王・驍宗が、泰麒を旅立たせ、見せた世界はー「冬栄」。そして、景王陽子が楽俊への手紙に認めた希いとはー「書簡」ほか、王の理想を描く全5編。「十二国記」完全版・Episode 7。【目次】冬栄/乗月 [続きを読む]
  • 3歳6ヶ月の成長記録〜プール・生魚・花火デビューする〜
  • 息子、3歳7ヶ月になりました。3歳半の成長記録。今月は初めての体験がいっぱい。■身長89.4cm、体重11.6kg。うーん、また体重減った。身長もほとんど伸びていない。先月の風邪で激しく食欲が落ちたせいだと思われます。2歳0ヶ月の平均体重はさすがにマズいんじゃ…。元々食は細い方ですが、去年の夏は普段の半分以下の食事量になったので、また今年も夏バテするかと思うと、もう夏が憂鬱でしかない。■初プール。保育所は三年目で [続きを読む]
  • 【ICO-霧の城】 宮部 みゆき
  • 霧の城が呼んでいる、時が来た、生贅を捧げよ、と。イコはトクサ村に何十年かに一人生まれる角の生えたニエの子。その角を持つ者は「生贅の刻」が来たら、霧の城へ行き、城の一部となり永遠の命を与えられるという。親友トトによって特別な御印を得たイコは「必ず戻ってくる」と誓い、村を出立するがー。(「BOOK」データベースより) お久しぶりの読書感想。ほぼ一年遅れなので、記憶が少し薄れているのはご愛嬌ということで^^ [続きを読む]
  • 2017年6月読書まとめ
  • 通勤電車が読書タイムなので、再就職したら本を読む時間ができました。今月は小説が5冊。「十二人の死にたい子どもたち」が設定、展開ともに好みで抜群に面白かった!それと、人生初の電子書籍デビュー。本を忘れても読めるのはいいけれど、過去のページにさくっと戻ることができないので(koboだけ?)個人的には紙の書籍の方が圧倒的に読みやすいかな。6月の読書メーター読んだ本の数:14読んだページ数:2060ナイス数:290仮面 [続きを読む]