coyuki さん プロフィール

  •  
coyukiさん: *Little Home*
ハンドル名coyuki さん
ブログタイトル*Little Home*
ブログURLhttp://littlehome.blog.jp/
サイト紹介文2LDKの賃貸マンションで娘と二人暮らし。シンプルでゆっくりくつろげる部屋づくりをしていきます♪
自由文賃貸だけど小さな工夫を積み重ねて”ゆっくりのんびりまったり”と暮らせるように、部屋づくりを楽しんでいます♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供322回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2011/03/23 18:19

coyuki さんのブログ記事

  • 秋の模様替えとズボラ向きの便利なボックス
  • 涼しくなってきたらムクムクと模様替え熱がUP!というわけで少し動かしてみました。まずは4つ横並びにしていたボックスを積み重ねてみました。となるとプリンターが置けなくなるのでやむを得ずTVボードのところへ。無機質なもの同士でまぁ…見れなくもないか?と思っていたけどどうにも違和感に慣れず。しかもボックスのややベージュよりなのがやっぱりやっぱり気になる!ということで一週間も経たず再模様替え。まずは気になるボ [続きを読む]
  • 汚れにくく洗いやすい排水口のゴミ受け
  • ここ数日、朝食をフルーツと白湯にしてみたら頭も体も軽くなった感じで午前中の行動が楽になりました。でもやっぱりヨーグルトがある方が腸の調子がいい気がする?しばらくこのパターンで過ごしてみます^^********排水口のゴミ受けをこちらに変えました。昨日ニトリに行って見つけたんだけどこれと同じく「あー!こういうのを探してたのよ!」という商品があり買い物かごへ。今まで通り過ぎていたのかなぁ…?楽天にもあり [続きを読む]
  • 洗面所下の収納、見た目<出し入れのしやすさ
  • 昨日は娘とカメラを持ってお出掛け。ランチについていたプリンがあまりにも小さくてかわいかった♪満腹の上、ちびちびと食べる癖のある私にはちょうどいいサイズでした!********見た目のバランスを優先させてこんな風に置いていた洗面台下の収納。 でもこの扉は観音開きなので両方開けないと取り出せないモノがありました。分かっちゃいたけどつい…。ほんのちょっとの煩わしさだけどこれを解消するとやっぱり気分が変わ [続きを読む]
  • 祖母直伝のたまご丼をヒントに調味料の持ち方をシンプルに。
  • 実家の飲食店は私が小学5年生の時にOPENしました。この画像は母の手書きのおしながき。母はカウンター周りでお客様のお相手とお刺身が担当。祖母がそれ以外の料理を作っていました。祖母の料理はとにかく評判がよくて同じように母が作っても常連さんにはすぐに見破られてしまう。特にホゴの煮付けは絶対に同じ味にならなかったそう。母ですら無理なことを私が到底できるはずはありません。それでも祖母から教わったたまご丼は誰に [続きを読む]
  • トイレは落ち着く場所?
  • Instagramで血液型別ダイエットという言葉を知り早速検索してみたところA型の私にとって大好物のものがことごとく合わないことが判明^^;でも取り入れられそうなことだけでもやってみようかと正午までは常温のフルーツと白湯を!けっこう満腹感があって驚きました^^;********たまたまトイレのインテリアを目にすることがありふと我が家は?とじっくり見てみたらなんとも殺風景で^^;なにげにかわいいトイレにしていたことも [続きを読む]
  • ホットタオルで肌も心もゆるめてリラックス
  • 先日購入した本の記事から早速ホットタオルをやってみました。こうみえて最初に就職したところは化粧品会社だったのでお手入れの際にホットタオルを使うことの意味はよく分かっていたつもりだけど家ではなかなかここまではできず。ちょこっとタオルハンカチをあたためて顔に乗せて…くらいのものでしたが久々にフェイスタオルでやってみたところなんと!なんと!こんなに気持ちいいものだったっけ!とそれからすっかりハマッていま [続きを読む]
  • 賞味期限が近づいてきた乾パンを美味しく消費する方法
  • 先日防災セットのチェックをしていたら賞味期限が近づいてきている乾パンがありました。これはきれる前に消費してしまおうと普通に食べてみたところなるほど、確かに口の中の水分が持っていかれてのどが渇く…。でもこの乾パン、3つもあるんですよ!!!そこで何か消費しやすい食べ方はないかと検索してみたところスープのクルトン代わりにするという方法を見つけました。早速試してみたところ、これがなかなかイケる♪スープを含 [続きを読む]
  • New不織布で靴箱の掃除&配置換え
  • 久々に思い出して柔軟剤を数滴入れた水で拭き掃除をしました。8〜10Lの水に5〜6滴の柔軟剤が目安これを知ったのは結婚した頃だから20年ほど前?母から聞いて最初はかなり疑ったかな?笑柔軟剤の静電気防止効果を利用して掃除した場所に埃がたまりにくくなるそうです。でもこれをしたからといって埃が完全になくなるわけではないからいつの間にか忘れていました^^;この方法での掃除は久々だったけどいい香りなのもあってすごく爽や [続きを読む]
  • 小さくなった石けんを最後まで使い切る方法
  • 今までの石けん用のトレイはどんなタイプを使ってみても大なり小なり無駄になっていたところがあったけど石けんだからしょうがないって諦めていた気がします。でもダルトンのソープホルダーを使うようになってから石けんが無駄なく使えています!少し前にこちらのソープホルダーを使っていらっしゃる方から『石けんを交換する際どうされていますか?』というご質問をいただきました。特に対策を考えたわけでもなくなんとなくやって [続きを読む]
  • クローゼットでの動線を作るドアフック
  • 先日購入した扉用のフック。早速クローゼットの扉裏に取付けてみました。左側には身支度用の鏡とハンガー。鏡を挟み込むように上側のフックは反対向きにしています。ハンガーは服を取り出したあとフックに引っかけておき洗濯して干すときにここから持っていきます。以前はポールに引っかけたままだったけどこの一連の流れまでスムーズになりました。右側はバッグなど。フックの数に余裕があるので翌日、特別な予定がある日などはあ [続きを読む]
  • スマートなクローゼット収納&朝茶会のお礼
  • スマートな私になるクローゼット収納というテーマを元に地元で小さく開催している朝茶会。セミナーというよりは仲のいい友達とカフェで雑談するような雰囲気の中でコーディネートのこと、クローゼットのこと普段もやもやしていることをみんなで共有しつつそしてそれが少しでも解決に近づけるようなお話ができたら…という思いで企画しました。そんな朝茶会、昨日は第2回目でした!スタイルコンシェル 榊原幸子さんとのコラボ企画 [続きを読む]
  • 本を読んで自分枠を広げる
  • いつも心躍る素敵なラッピングで選んだ器を愛おしむ気持ちまで包み込んでくれる大好きなお店ですSTROLL人の手で大切に作り上げられた温かみが伝わる器のおかげで静かな夕飯も豊かな気持ちで味わえています。********私には数こそ少ないけれどその時々の私に必要な言葉をかけてくれる友人たちがいます。その中の同級生のひとりは私の何気ない話を聞いてすぐに4冊の本を持ってきてくれました。タイトルだけ見ると私なんぞが [続きを読む]
  • ミルクパン型ってかわいくて便利
  • 久々にSeriaに行ってみたらなんともかわいいミルクパン型の計量スプーンに出会いました。小さじ5ml大さじ15ml計る量的に小さじはお塩用に。大さじはお砂糖用に。ミルクパン型だけあって小さな注ぎ口まであるので先日シュガートーストを作る時砂糖をまんべんなく振り落とすのがとても楽でした。背が低めのキャニスターだけどこの形だと全く無理なくケースに収まります。柄のところも調味料の中に埋もれにくい!小さいけどいい仕事を [続きを読む]
  • ブックエンドの謎
  • カウンターキッチンの隅っこにちょこちょこ出番のあるバインダーや文具などを置いています。以前はブックエンドで支えていました。だけど追求するともっとスッキリさせたくなり最初の画像のようになりました。文具が入っているケースで支えているように見えるけどを移動させても倒れません。ノート1冊になっても倒れません。100円ショップのブックエンドをノートで挟んでいたからでした^^;このブックエンドはスチール製なのでお気 [続きを読む]
  • 掃除が楽になるぶら下げ収納にNewアイテム
  • このディスペンサーホルダーを使い始めて約半年。とーにかく掃除が楽になりました。浴室に限らず床にモノを置かない方が掃除が楽なのは分かっていたけどこれほどにまで負担がなくなるとは。ホルダー自体も素材のおかげで汚れがつきにくくボトルも位置的な効果なのか底だけではなく全体的に石けんカスなどで汚れるということがほぼありません。ふと見渡したら洗面所&浴室はぶら下げて収納しているモノばかりでした。ドライヤーも、 [続きを読む]
  • 心地よい眠りのための準備
  • ちょっと急いでいたものでタオルを干す時にいつもやっているひと手間のパタパタをしてなかったら乾いた時のタオルの様子が違うっ!繊維同士がくっついたままというか?ごわごわしているというか?タオルは柔軟剤を使わず洗剤だけなんだけどあの干す前のひと手間だけで柔軟剤を使ったかのような風合いに仕上がっていたんだなぁ…とあらためて実感しました。?過去記事です気持ちのいいタオルと長持ちさせるコツ********急に [続きを読む]
  • シリコン製ミトンの使い心地
  • 私は実はシリコンの手触りが苦手でした。でも無印良品のキッチンアイテムに出会って苦手意識は一転!こんなに使いやすかったとは!それ以来シリコン製のものについ目がいきます。これもそのひとつ。シリコン製のミトンです。あ、これは無印ではなく私の大好きなsarasa design storeの商品です!私が持っている布製のミトンだとちょっと気合いを入れて急いで移動させないと熱が段々伝わってきて焦る作業になっていたんだけど耐熱温 [続きを読む]
  • 「住む」とは心が澄む状態で過ごせること。
  • キッチンからリビングのテーブルまでほんのちょっとの距離だけどトレーに乗せて移動すると最後の後片付けまでが楽になる。こんな些細な流れすらも小さな心地良さを感じられます。********今日のタイトルは今読んでいる本の帯から拝借しました。ぜひ読んでみて!と言われてオススメのページを読んでみたら体の中をす〜っと風が通り抜けるような心地良さこの本はぜひ手元に置いておきたいと思いすぐ購入しました。「住む」の [続きを読む]
  • シンプルで軽量、扱いやすいバスタオルハンガー
  • この夏、よく聴いた曲です。ザ・マスミサイルの『小学生の夏』手拍子をしたくなるようなテンポの曲なのに何度聴いても泣けます。そう、小学生に戻りたいわけじゃなくあの頃の自分と話がしたい。LINE Musicで試聴できます^^この曲を聴いていると思うんですよね。小学生の頃の自分に自信を持って会える自分になれているんだろうか?********この1年ぐらいの間で実家と我が家の整理をしながら両方の家にとって都合のいいよう [続きを読む]
  • 9月1日防災の日、避難セットのチェック
  • 車を走らせて四国カルストへ。地方とはいえ住んでいるところは市内中心部寄りなので、こういう場所にくると心が解放される気分です。近くで見るとやっぱり大きい!今時の小学生の方がよほど気の利いたレポートできる気がする…********今朝のDAHLIA★さんのブログで今日が防災の日だということを思い出しました。毎年忘れないようにしよう!と思っていたのにやっぱり穏やかな日常が当たり前になってしまうんですよね。とい [続きを読む]
  • 洗濯機の埃対策、その2
  • 手のかかっているものなんてなにもないけどあれこれ置いてみるとほんのちょっと朝食が盛り上がってる感じがするような???先日TVを見ていたら長寿の方が毎日ヨーグルトにはちみつをかけて食べていると。私もやってる!こんな簡単なことならずっと続けられます!無理なく、健康に、年老いていきたいだけです。********昨日の続きで洗濯機の埃対策です。これもまたまったく手のかかるものではなく『は?』って思われそうでド [続きを読む]
  • 洗濯機下の埃対策、まずは掃除と予防策その1
  • とってもかわいい地元のパン屋さん♪ここに住みたい!小さな街だけどありがたいことにパン屋さんはとっても多くてどこに行こうか迷うほど!********腹ごしらえを済ませ朝から洗濯機下の埃対策に取り掛かりました。対策の前にまず掃除…。コンセントも水道のホースも全て外して洗濯機を洗濯パンから出します。もういよいよアラフィフ…いつまでこの洗濯機を持ち上げられるのやら…なので持ち上げずに掃除を済ませられる方法 [続きを読む]
  • 洗面所のタオル収納と統一感
  • 新鮮なコーヒー豆でしかも挽き立てだとお湯を注いだ瞬間にフワ〜っと膨らんでその光景を見るのがなんとも幸せ♪ただ写真が下手すぎて一番伝えたいところが全く撮れない(T_T)********クローゼットで使っていたワゴンは洗面所に移動しました。タオルとドライヤー以外はホワイト。色が白化したこととIKEAのワゴンより低くなったことで洗面所が明るくなりました。スチール製なのでマグネットを使った収納もできて便利です!ワ [続きを読む]
  • いつもの洗剤の泡パック効果
  • 久々にちょっと贅沢をしてみようと北欧、暮らしの道具店さんでトマトのスイーツジャムを購入♪もうね、これ、本当に美味しい!!!野菜というよりも果実ですよ!ちなみにパスタは無印の紅ずわい蟹のトマトクリーム手抜きだけど満足度120%の夕飯でした。********夕飯後はお片付けを。一時期やる気を失っていたときは朝まで洗い物をほったらかして寝てしまうこともあったけどペースはすっかり元に戻りました。全ての洗い物 [続きを読む]
  • 8月の終わりの日記。
  • 残暑厳しく日中はまだまだ暑さでクラッとするけれど、少しずつ涼しさを感じられる時間が増えてきました。涼しくなったらはじめようとしていることがあります。それは母の遺品整理。私が高校3年の時、実家を早く出たいばかりに寮生活できる就職先を探していた程、その頃から私にとって実家は居心地の悪いところでした。そして22歳で結婚し、ようやく念願の”家を出る”ことができました。それ以来、毎日顔を合わせていたわけでもな [続きを読む]