郷愁のイラストレーション さん プロフィール

  •  
郷愁のイラストレーションさん: 郷愁のイラストレーション
ハンドル名郷愁のイラストレーション さん
ブログタイトル郷愁のイラストレーション
ブログURLhttps://ameblo.jp/retro-illustration/
サイト紹介文大正から昭和にかけて、雑誌や絵本などに登場するレトロなイラストレーションをご紹介。
自由文少年倶楽部、メンコ、絵はがき、絵本、絵雑誌、漫画、貸本漫画、うちわ、広告図案、中原淳一、蕗谷虹児、高畠華宵、竹久夢二など、
大正から昭和にかけてのレトロなイラストレーションのご紹介。

寺町妙本寺坂下 郷愁倶楽部
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2011/03/23 23:56

郷愁のイラストレーション さんのブログ記事

  • シンドレラ 村岡花子 文 蕗谷虹児画 479
  • シンドレラ 村岡花子 文 蕗谷虹児画幼年倶楽部 昭和7年9月号 其の弐御殿に残った ガラス靴王子は 拾っておきました。どこから来たのか 名も知れぬ姫の落とした ガラス靴。これを頼りに探さうと王子は心 勇み立ち、お触れを国に出しました。「御殿に残った ガラス靴。この靴に合ふ 足を持つこの靴に合ふ 足を持つ娘を王子のお妃に 選びませう。」と触れました。さあ、国中は大騒ぎ。毎日 毎日 其の靴を引っ張り回す 娘たち、「私 [続きを読む]
  • 幼年倶楽部 昭和7年9月号 其の壱 478
  • われらの愛国児童號 バンザイ待ちに待った「愛国児童號」が、いよいよできあがりました。六百万人の小学生と、十三万人の先生方が、めいめいお金をだしあって、この飛行機を作ったのです。この飛行機の中には、日本中の小学生のたましひがこもってゐます。どんなすばらしい手柄をたてるか、今から胸がをどるやうな気がします。(愛読者の真中で、万歳をしてをられるのは、 陸軍大臣 荒木貞夫* 閣下です。)*荒木貞夫:戦後はA級 [続きを読む]
  • 宮本外骨のハート 477
  • 宮武外骨 滑稽新聞 スコブル教育画報 ハート教育画報 ハートは、明治40年、宮本外骨さんが41歳のときに発行されたオールカラー、16頁の小雑誌です。ハートは智情意の心的教育即ち理性的の判断力を与える、智育、審美的の趣味を高める情育実行的の勇気を養成する意育を主として編纂す。この前書きでは、難しそうな雑誌が連想されますがハートは教育の本源たる児童の好奇心を満足せしめんがため努めて奇抜の材料を蒐集す。こ [続きを読む]
  • 少年倶楽部 昭和9年4月号 476
  • 82年前の少年雑誌です。この雑誌が発売された昭和9年に、地下鉄銀座駅が開業、花王石鹸の洗濯用洗剤のビーズが発売されました。少年倶楽部 郷愁倶楽部 郷愁のイラストレーション表紙:走れ!ヨット 斉藤五百枝少年倶楽部 第21巻第4号 昭和9年4月大日本雄辯會講談社発行 148X210mm 本文303頁満州帝国皇帝陛下岡 精一 謹画少年倶楽部 郷愁倶楽部 郷愁のイラストレーション三千万の満州国民から、父とも慕われていた執政溥儀 [続きを読む]
  • iMacがやってきた。 475
  • 6年ぶりのお客様iMacを買いました。27インチiMac Retina 5K ディスプレイモデルを買いました。カスタマイズしたので、上海からの直送です。郷愁倶楽部 郷愁のイラストレーション iMac右が今回購入した、iMac(5120×2880ドット ディスプレイ)左はMsacPro 2009(1920×1080ドット ディスプレイ)今まで使っていたMacProは、動画の編集のため6年前に買ったものです。編集にはFinal Cut Pro 7を使っていました。その後、64bitに [続きを読む]
  • 幼年倶楽部 昭和6年3月号 474
  • おのれ山賊子供をとらへて何んとするッコレハ、活動写真ヲウツシテヰルトコロデス。パタパタ パタパタ、フヰルムガマハサレテ、ドンドンウツッテイキマス。郷愁倶楽部 郷愁のイラストレーション 幼年倶楽部これは、モノクロの写真を製版時に着色したものですがレトロ感が漂っていますネ。幼年倶楽部 第6巻第3号 昭和6年3月大日本雄弁会講談社発行146X220mm 162頁定価42銭*幼児が読む雑誌なので 表紙がボロボロです。オヒガ [続きを読む]
  • 金子茂二の絵本 デンキノチカラ(3) 473
  • 金子茂二の絵本デンキノチカラ(3)この絵本が出た昭和16年は、俳優の渡 哲也、岩下 志麻さん、漫画家の川崎 のぼる、タレントの萩本 欽一、 歌手の坂本 九さんなどが生まれています。昼のように明るい夜の街。家にも電車にも自動車にも、電灯がいっぱい付いています。制空灯も時々空を照らしています。金子茂二 郷愁倶楽部 郷愁のイラストレーション電気のお道具呼び鈴、太陽灯、電気コンロ、電気蓄音機、電気炬燵、電気ライタ [続きを読む]
  • お内裏様、男雛は右側、左側? 472
  • お人形ゴッコけふは 三月三日で おせっくです。きれいなひなだんのまへでお人形ごっこをはじめました。ひな祭り 郷愁倶楽部 郷愁のイラストレーション幼年倶楽部 昭和6年3月号お内裏様、男雛は右側、左側?雛人形の段飾り、男雛女雛の位置は地方によって違うようです。雛人形.jpによると、http://www.hinaningyou.jp/know04.html現在、広く売られている雛人形は関東雛と言い、向かって左にお殿様が座っています。(写真、雛 [続きを読む]
  • 少年倶楽部 昭和5年2月号 471
  • 86年前の少年雑誌です。この雑誌が発売された昭和5年は、国産初の電気洗濯機が発売され、地下鉄銀座線の上野駅〜万世橋駅間が開通しました。そして、伊勢丹やシチズン、鹿島組、藤沢薬品などが創業した年でもあります。少年倶楽部 郷愁倶楽部 郷愁のイラストレーション少年倶楽部 第17巻第2号 昭和5年2月大日本雄辯會講談社発行 148X210mm 本文304頁 53銭(国内及び支那満州)--------------------------------------------- [続きを読む]
  • 大反響!? これができたらえらい 470
  • 大反響!? これができたらえらい。4年ほど前、こんなコラムを載せたところ……http://ameblo.jp/retro-illustration/entry-11070459048.htmlこれができたらえらい!少年倶楽部 昭和7年4月号より壁でも柱でもよい。両足爪先と。ひたひをつけたまま、かかとを上げてごらん。これができる人は世界にないはずです。うれしいことに、日本全国、津々浦々で続々と(?)挑戦者が現れました!MTな人々さんhttp://yaplog.jp/movietime/ar [続きを読む]
  • 吉本三平のコグマノコロスケ 469
  • 郷愁倶楽部辞典吉本 三平よしもと さんぺい(吉本さん兵)幼年倶楽部 昭和11年10月号付録掲載明治33年(1900)東京下谷に生まれる武内桂舟、下川凹天(へこてん)に師事。第四次「東京パック」にコマ漫画をかく。(第四次東京パックは、昭和3〜16年)昭和3年(1928)吉本さん兵の名で小学二年男生に挿絵昭和4年(1929)昭和4年には吉本三平の名で活動幼年の友 付録 魔法の國タンケン双六  昭和7年(1932)近藤日出造らの新漫画派 [続きを読む]
  • コグマノコロスケ 昭和11年10月号付録 後篇 468
  • コグマノコロスケ 後編昭和11年10月号付録掲載 前編前篇はこちらです。コグマノコロスケ 吉本三平 郷愁倶楽部 幼年倶楽部コグマノコロスケ 吉本三平 郷愁倶楽部 幼年倶楽部コグマノコロスケ 吉本三平 郷愁倶楽部 幼年倶楽部コグマノコロスケ 吉本三平 郷愁倶楽部 幼年倶楽部コグマノコロスケ 吉本三平 郷愁倶楽部 幼年倶楽部コグマノコロスケ 吉本三平 郷愁倶楽部 幼年倶楽部コグマノコロスケ昭和11年7月号はこ [続きを読む]
  • コグマノコロスケ 昭和11年10月号付録 前篇  467
  • コグマノコロスケ 前編昭和11年10月号付録掲載 前編よしもと さんぺい ? ?1900−1940 東京出身。?武内桂舟,下川凹天に師事。東京パックにコマ漫画をかく。昭和7年近藤日出造らの新漫画派集団に参加。10年から幼年倶楽部に連載した「コグマノコロスケ」が人気をよぶが,昭和15年5月、41歳の若さで逝去。------------------------------------------------------------------幼年倶楽部 昭和11年10月号号付録 大日本雄弁会講談 [続きを読む]
  • 27年前の今日、手塚治虫さん死去 466
  • 27年前の今日、手塚治虫さん死去鉄腕アトム 永遠にNHK総合 2月12日(金)23:00〜ファミリーヒストリー手塚 眞〜父は漫画の神様があります。手塚治虫 郷愁倶楽部 郷愁のイラストレーション朝日新聞 1989年2月9日号 夕刊記事によると、タニシの異型精子細胞の膜構造における電子顕微鏡的考察で医学博士になったようです。62歳ですか、それにしても若死でしたね。名前の“虫”は、漫画の虫だったようです。関連記事手塚さん、 [続きを読む]
  • 金子茂二の絵本 デンキノチカラ(2) 465
  • 金子茂二の絵本デンキノチカラ(2)時節柄、絵本であっても、戦争を扱うことから逃れられませんでした。金子茂二 郷愁倶楽部 郷愁のイラストレーションサイレンが鳴り響いています。敵の飛行機が現われたのです。聴音機や制空燈が大活動しています。高射砲も打ち出されました。電話は戦地でも大層思い役目をします。味方同士がいろいろ連絡を取るために電信隊の勇士は急いで電話の線をひきます。金子茂二 郷愁倶楽部 郷愁のイ [続きを読む]
  • 金子茂二の絵本 デンキノチカラ 464
  • 金子茂二の絵本デンキノチカラ幼女の友のイラストレーター、金子茂二。昭和16年に出た絵本です。金子茂二 郷愁倶楽部 郷愁のイラストレーション講談社の絵本 デンキノチカラ絵・金子茂二 文・柚木卯馬昭和16年8月 大日本雄弁会講談社発行 ユフハンガ スミマシタオウチノ ヒトガ ミンナ ソロッテデントウノ シタデダジオ ヲ キイテヰマス。金子茂二 郷愁倶楽部 郷愁のイラストレーション日本も電気自由化の時代にな [続きを読む]
  • iPhoneを探す の巻 463
  • とうとうiPhoneを無くしてしまいました!買ってから一年目、とうとうというか、やっぱりというか、電車の中でiPhoneを無くしてしまいました。電車を降りてすぐに気がついたのですが後の祭。遠のく電車を見送るだけ。下車したのは、成田線の布佐駅。電車は三駅先の安食(あじきと読みます)止まり。車内はガラガラだったので、誰かが気がついて安食駅に届けてくれているかもしれないと、降りた駅の改札の窓口で相談するも、国鉄時 [続きを読む]
  • 「水島爾保布 」はどんな人 462
  • 人魚の嘆きのイラストレータはどんな人画家、小説家、漫画家、随筆家水島爾保布 みずしま におう1884年12月8日 〜 1958年12月30日水島爾保布 郷愁のイラストレーション 郷愁倶楽部婦人グラフ 大正14年10月号 掲載 国際情報社発行 定価80銭人魚の嘆きの挿絵を描いた   水島爾保布とはどんな人でしょうか。ネットで検索しても顔写真は見つかりません。先日、大正の終わりに発行された、婦人クラブで家族の写真を見つけまし [続きを読む]
  • 人魚の嘆き 最終回 谷崎潤一郎作 水島爾保布画 461
  • 谷崎潤一郎 没後50年人魚の嘆き 最終回谷崎潤一郎作 水島爾保布画人魚の嘆き その五はを してください。人魚の嘆き 谷崎潤一郎作 水島爾保布画 大正八年 春陽堂発行谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部 殿村勝亮 谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部・郷愁のイラストレーション谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部・郷愁のイラストレーション谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部・郷 [続きを読む]
  • 人魚の嘆き その五 谷崎潤一郎作 水島爾保布画 460
  • 谷崎潤一郎 没後50年人魚の嘆き その五谷崎潤一郎作 水島爾保布画人魚の嘆き その四はを してください。人魚の嘆き 谷崎潤一郎作 水島爾保布画 大正八年 春陽堂発行あの異人は何といふ忌ま忌ましい、胡亂な男だらう。さうして何と云ふ奇體魔物を賣り付けて行ったのだらう。谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部・郷愁のイラストレーション谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部・郷愁のイラストレーション谷崎潤一郎・水島 [続きを読む]
  • 人魚の嘆き その四 谷崎潤一郎作 水島爾保布画 459
  • 谷崎潤一郎 没後50年人魚の嘆き その四谷崎潤一郎作 水島爾保布画人魚の嘆き その三はを してください。人魚の嘆き 谷崎潤一郎作 水島爾保布画 大正八年 春陽堂発行あの瑰麗な鱗の衣を腰に纏うて、此のやうな海の美女と、永劫の戀を楽しみたい。谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部・郷愁のイラストレーション谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部・郷愁のイラストレーション谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部・郷愁の [続きを読む]
  • 人魚の嘆き その三 谷崎潤一郎作 水島爾保布画 458
  • 谷崎潤一郎 没後50年人魚の嘆き その三谷崎潤一郎作 水島爾保布画人魚の嘆き その二はを してください。人魚の嘆き 谷崎潤一郎作 水島爾保布画 大正八年 春陽堂発行谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部・郷愁のイラストレーション谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部・郷愁のイラストレーション谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部・郷愁のイラストレーション谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部・郷愁のイラストレーシ [続きを読む]
  • 人魚の嘆き その二 谷崎潤一郎作 水島爾保布画 457
  • 谷崎潤一郎 没後50年人魚の嘆き その二谷崎潤一郎作 水島爾保布画人魚の嘆き その一その三人魚の嘆き 谷崎潤一郎作 水島爾保布画 大正八年 春陽堂発行女を賣に来る輩も、うるさい大勢あって、めいめい勝手な手前味噌を列べ立てます。谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部・郷愁のイラストレーション谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部・郷愁のイラストレーション谷崎潤一郎・水島爾保布 郷愁倶楽部・郷愁のイラストレーション [続きを読む]
  • 人魚の嘆き その一 谷崎潤一郎作 水島爾保布画 456
  • 谷崎潤一郎没後50年大正の香りを原本で愉しむ人魚の嘆き・魔術師 谷崎潤一郎作 水島爾保布画大正八年 春陽堂発行以前、水島爾保布の挿絵を載せましたが、今年、谷崎潤一郎没後50年を経て著作権が切れましたので、人魚の嘆きを6回にわたり掲載いたします。平凡社発行 別冊太陽 発禁本によると、大正6年発行の小型版は挿絵二枚が風俗禁止で削除されたそうです。挿絵はこちらの方が過激なのになぜか、こちらの方はお咎めなしだった [続きを読む]
  • 東京藝術大学 取手アートパス 2015 455
  • 取手アートパス 2015東京芸術大学取手校地私の住んでいる我孫子から利根川を挟んでの隣町、取手市に、東京藝術大学の取手校地があります。去年の暮れに、絵画科油絵専攻と先端芸術表現科の一年生が主体となり開催された展覧会取手アートパス2015がひらかれました。下は、そのときの動画です。取手アートパス 2015 YouTube 動画動画ですので、主に動きのある先端学部の作品を数点収録させていただきました。坂 香織 現在は白兵戦 [続きを読む]