七森 さん プロフィール

  •  
七森さん: あちこち神社
ハンドル名七森 さん
ブログタイトルあちこち神社
ブログURLhttp://nanamorinomiya.blog.fc2.com/
サイト紹介文☆あちこちの神社写真に解説を付けて公開☆ 伊勢神宮や氷川神社など神社に訪問したり〜お菓子作ったり♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2011/03/24 23:04

七森 さんのブログ記事

  • ▼一宮浅間神社(甲斐)−山宮神社遥拝所・陰陽石・亀ノ松▼
  • 浅間神社(の摂社・山宮神社遥拝所です。この場所から東南約2km、神山の麓に御鎮座する山宮神社は、当社の摂社であるとともに本宮でもありますが山中のお社であるため、この場所からもお参りできるよう遥拝所が設けられました。山宮神社にあった頃は大山祇神・天孫瓊々杵命・木花開耶姫命の三柱がお祀りされていましたが、富士山噴火鎮護の目的で里宮である浅間神社へは木花開耶姫命のみが遷座されました。山宮神社遥拝所すぐ横 [続きを読む]
  • ▼一宮浅間神社(甲斐)▼
  • 山梨県笛吹市一宮町一宮にある浅間神社(あさまじんじゃ)です。延喜式神名帳の「甲斐国八代郡 浅間神社」の論社のうちの一社で、古くは甲斐国一宮であり旧社格は国幣中社、現在は神社本庁の別表神社になっています。こちらの浅間神社は一般的によく読まれる「せんげん」ではなく「あさま」と読みます。社伝によりますと垂仁天皇8年に神山の麓(現 摂社・山宮神社)に創建の後、現在の場所に遷座。遷座の理由は『日本三代実録』によ [続きを読む]
  • *四尾連湖の朝に*
  • 静謐な湖に微かな鳥の囀りの聞こえる四尾連湖の早朝です(o´ω`o)風も無く水鏡のような湖面に映る景色が美しく、ミツバツツジが昨日見たときよりも色鮮やかに見えました。 まだちょっと時間がありましたので、四尾連峠方面にある文学碑公園という所まで、朝食前にちょっと周囲を散策(*゚∀゚)=3蛾ヶ岳山頂への登山口もここからのようです。精進湖まで行けるそうですが……何時間かるのでしょうかこれは(*´Д`)(笑文学碑公園に到着 [続きを読む]
  • *四尾連湖でアウトドアご飯*
  • さて、キャンプでは暗くなる前にご飯の用意です(`・ω・)ゞ食材の準備や調理は普段の倍ぐらいの時間かかりますからね〜と、その前に四尾連湖へ来る途中の地元スーパーに寄りまして、食材などと一緒に買ってきた地ワイン(?)の「紅富士」を景気づけに一杯(*´Д`)赤ワインおいしー♪最初は一緒に行った友達が作ってくれたダッチオーブン料理っ!!ビジュアルがすでに美味しそう(*゚∀゚)=3この料理はミックスハーブと塩を摺りこんだ鶏肉に [続きを読む]
  • *四尾連湖をぐるっと一周散策*
  • 四尾連湖(しびれこ)には「龍雲荘」「水明荘」という二軒の山荘がありまして、どちらででもキャンプ・バンガローの予約と、カヌーやBBQ用具などのレンタルができます。バーベキューや焚き火などの道具も貸し出ししていただけるようでしたので、ある程度は手ぶらで来てBBQなどのレジャーが楽しめる感じでした(゚▽゚*)♪たぶん食材以外はなんとかなるかんじです(笑パノラマっぽく四尾連湖の全景を撮って見ました(`・ω・´)カメラにパ [続きを読む]
  • *四尾連湖の桜*
  • 山梨県西八代郡市川三郷町にある四尾連湖(しびれこ)へ行ってきました(o´ω`o)ノ四尾連湖(しびれこ)は山梨県の蛾ケ岳(ひるがたけ)山頂付近、湖面標高880mにある周囲1.2km、最大水深13mの小規模なカルデラ湖で、湖畔にはキャンプ場が設けられています。そんな標高の高い場所にある四尾連湖では、今がちょうど満開になった桜が散り行く時期で、舞い散る桜の花びらが地面や湖面を彩り綺麗です(人*´∀`*)紅葉では有名な四尾連 [続きを読む]
  • 今日より青葉の候、五月です。
  • 今日より皐月です。新緑の青葉茂れる、清清しい空気の季節となりました。風薫る新緑の中、晴れの日差しも快い季節となりましたので、方々へと出掛けるのに良い時期ですね(o´ω`o)あっでも紫外線は強いので日焼け対策は十分にいたしましょう(笑この五月晴れの空のように、皆様のお心が晴れやかでありますようお祈り申し上げます。それでは今月もどうぞよろしくお願いしまーすヾ(@^▽^@)ノ○いつもポチッと投票ありがとうございま [続きを読む]
  • お伊勢さん菓子博の復刻版赤福と、ずんだもち 
  • 母がお伊勢さん菓子博に行ってきたそうで、お土産に噂の復刻版赤福をもらいました(人*´∀`*)あっ、もう一つ噂の紅白の「赤福餅・祝盆」はお持ち帰りできないようで、お伊勢さん菓子博の現地に行かないと味わえないとのことでした(´・ω・`)ざんねんこの復刻版の赤福餅は餡に使っているお砂糖に黒糖が使われていまして、江戸時代から明治までの間作られていた昔の赤福餅が再現されています。黒糖の風味にコクのある甘さで美味しいで [続きを読む]
  • とりあえず、タケノコのスープ
  • 今年もタケノコを沢山いただきましたヾ(@^▽^@)ノやったーとりあえず、いただいたその日に灰汁抜きをしまして、そのあと保存のためにほとんど水煮にしました。このまま煮沸消毒した瓶に入れても保存しますが、一部は水とタケノコを一緒に凍らせて保存します(-_☆)v凍ると氷の中にタケノコがある感じになりまして、冷凍室の匂いが移ったりタケノコが冷凍焼けしないので良い感じです♪そしてさっそくタケノコを使って洋風のスープ [続きを読む]
  • ソメイヨシノの終わりに…
  • 芝桜の季節が始まりました(o´ω`o)ソメイヨシノが散り行く頃に、目に鮮やかな濃い紅紫色の芝桜が足元に広がります。この鮮やかな色のコントラストが胸躍る春の訪れを感じさせてくれます(゚▽゚*)♪ゴールデンウィークは芝桜でお花見というのも良いかもしれませんね。それと八重桜も咲き初めですよ(人*´∀`*)メイヨシノと同じ淡い桜色ですが、その幾重にも重なった花びらは豪華で力強い印象を懐かせてくれます☆まだまだ桜の季節は [続きを読む]
  • 熊野古道を歩く 『始神峠道07・江戸道出口から船津駅へ』
  • 始神峠道の江戸道出口から国道42号線を尾鷲市方面へ、次の駅のところまで歩いていきます(o´ω`o)ノ最近になって紀勢自動車道が開通し車の交通量は以前より少なくなったようですが、大きな車が結構通りますので道路の横断には十分気をつけてください。国道沿いの歩道を歩いて馬瀬の集落まで来ました。ここで江戸道出口から約1・5キロほどです。ここには始神峠標識があり、もう一つの始神峠道である明治道と合流します。距離的には [続きを読む]
  • 熊野古道を歩く 『始神峠道05・茶屋跡から江戸・明治道分岐まで』
  • それでは始神峠の茶屋跡から、峠の反対側へ下っていきます(o´ω`o)ノ峠の反対側は明治道と重なっている部分もありますので、登ってきた江戸道より広くなだらかな道が続きます。始神さくら広場の江戸道登り口を使わずに、明治道の登り口から登ってきますとここで合流するようです。もちろん先の進むので「馬瀬」方面へー─=≡Σ((( っ'∀')っそしてチェックポイント11に到着〜ここには始神峠道で唯一、綺麗な状態で残っている石積み [続きを読む]
  • 清明にサクラ咲く
  • ソメイヨシノが開花しました(゚▽゚*)♪今日は二十四節気のひとつ「清明」「清浄明潔」という春先の花々が生き生きとして、大気の清らかな様子を表した言葉のとおりに、青空にサクラの映える良い日でした。つい先日まで固い蕾の多かった桜の木でしたのに、咲き始めると一気に全体が桜色です☆満開の桜は数本ぐらいで、まだ五分咲きぐらいの木が多い感じですから、ちょうど今週末ぐらいには全体が満開になりそうです(o´ω`o)どこか桜 [続きを読む]
  • 今日より春粧の候、四月です。
  • 今日より春粧の候、卯月です。すっかり春らしい温かい季節となり、若葉の緑が目にも鮮やかで、桜の便りが次々に聞かれる頃となりました。各地の桜の開花宣言がされていますが、わたしの所ではまだほとんどが膨らみかけの蕾で、咲いている桜は極僅かというかんじです。満開になるのは来週末あたりでしょうか(o´ω`o)たのしみです。桜はまだまだの様子ですが桜スイーツは真っ盛りですので、桜のシフォンケーキをいただきました(*´ [続きを読む]
  • 熊野古道を歩く 『始神峠道04・ポイント07から峠の茶屋跡まで』
  • 熊野古道・始神峠道のその04「十二曲がり」から先に進んでいきます(o´ω`o)ノ前回の十二曲がりの石碑があった所からは、ずっとここまでこんな感じに何度も折り返しの峠道が続いていました(;´Д`)フゥそしてチェックポイント08に到着。この辺りまで来ますとやや登りがゆるやかになってきます。間伐された木々が多く横たわりなにかデザインっぽいです(*´Д`)この木は杉かな?檜かしら?そして次のチェックポイント09を通過〜頂上近く [続きを読む]
  • 熊野古道を歩く 『始神峠道03・「十二曲りの石碑」とポイント07まで』
  • 熊野古道の始神峠道その3です(o´ω`o)ノチェックポイント04からはしばらく段端を石で補強した址の残る道が続きます。このあたりで峠道のすぐ横に国道42号線とJR線が見えます結構近くを通ってますね〜(*´Д`)この国道42号線は三重から熊野まで熊野古道とほぼ同じ道筋で作られていまして、車で行く現代の熊野道(伊勢路)というかんじですね(*゚∀゚)=3チェックポイント05に到着〜シダの葉が生い茂るやや登りがきつい峠道が続きます [続きを読む]
  • 熊野古道を歩く 『始神峠道02・登り口からポイント04まで』
  • それでは始神峠道のはじまりでっすヾ(@^▽^@)ノ今回も各熊野古道に設置されているコースの目印を追って、チェックポイント周辺ごとにご紹介していきます。この始神峠道には「江戸道」と「明治道」の2コースがありますが、今回はやや急な勾配ですが距離の短い「江戸道」を歩いていきます。チェックポイント1までの道は、少し起伏がありますが山道的には平坦な道が続き、小川をいくつか渡っていきます。「始神峠道」の「始神」は「 [続きを読む]
  • 熊野古道を歩く 『始神峠道01・三野瀬駅から登り口まで』
  • 熊野古道「始神峠道」へも三浦峠道(熊ケ谷道と同じく、JR三野瀬駅からの出発ですεεε (っ*´▽`)っ三野瀬駅から真っ直ぐに進んだ突き当りの丁字路を、熊野古道の表示板に従い左へ。三浦の集落の中を歩いていきます。ここは線路を渡って左へしばらく歩いていきますと国道42号線に合流しますので、この先の横断歩道から反対車線に渡り道沿いに尾鷲方面へ歩いていきます。歩いてきた感じではお店はこの辺りにしかなかっので、食事 [続きを読む]
  • 河津桜が満開になりました。
  • 今月はじめから咲き始めていた河津桜が満開になりました(゚▽゚*)桜の房がぼんぼりの様で周囲の景色も明るくなった感じがしますね♪作ってきたハチミツレモンケーキで一足お先にお花見です(o´ω`o)フフーフ河津桜はなんとなく花に力強さが感じられて、儚げなソメイヨシノとはまた違った趣があって良いですね。今年も素敵な河津桜が見られました。善きかな善きかな(´ー`)いつも満開の時期を逃してしまうソメイヨシノも今年は見られるか [続きを読む]
  • ▼大國魂神社-神戸稲荷神社・馬場大門欅並木▼
  • 大國魂神社の末社・神戸稲荷神社(ごうどいなりじんじゃ)です。御祭神は宇迦之御魂神大國魂神社の大鳥居の右手すぐ横に鎮座し、旧町内神戸(ごうど)の方々により勧請され崇敬されているため、「ごうどいなりじんじゃ」と呼ばれています。大國魂神社の大鳥居前には「馬場大門欅並木」が続いています。この馬場大門欅並木(ばばだいもんけやきなみき)は国名勝天然記念物指定されており、義・義家の父子が奥州征伐の途中当社に戦勝 [続きを読む]
  • 河津桜と上巳の節句のちらし寿司
  • 開花した河津桜が多くなってきましたヾ(@^▽^@)ノ濃い桜色の花が沢山咲いていて良い感じです☆この感じですと来週には満開になる木がありそうですね(o´ω`o)梅は満開になりましたし、今月末には染井吉野も咲いてくるでしょうし、花の開花が楽しみな月になりそうです(*゚∀゚)=3あと、土筆がこんなに採れるようにもなりました(笑日当たりの良い畦や土手などにドンドン出てきています♪というわけで上巳の節句(雛祭り)のちらし寿司に [続きを読む]
  • 今日より春色の候、三月です。
  • あっという間に二月は過ぎ、今日より三月です。日増しに暖かくなる過ごしやすい季節となり、少しずつ木々の緑が日ごとに色めき、春の花々も見かけるようになって来ました。ソメイヨシノより早く咲く河津桜を見に行ってみましたら、もう、ちらほらと枝に桜色の花が咲いていました(゚▽゚*)♪桜が咲きますと一気に春らしくなりますね〜満開までにはあと一週間ぐらいでしょうか。今月末にはソメイヨシノが咲き始めるでしょうし楽しみで [続きを読む]
  • ▼大國魂神社-宮乃咩神社▼
  • 大國魂神社の摂社・宮乃咩神社(みやのめじんじゃ)です。一の鳥居から随神門へと続く参道の途中に鎮座し、その創建は古く本社と同時代といわれています。宮乃咩神社の例祭「青袖祭・杉舞祭」が有名で、この祭は文治2年に源頼朝より武蔵国中の神職に対し、天下泰平の祈願を行うべきとの指示があり、国中の神職が毎年参会して12日の夜より13日の朝まで終夜舞楽を奏したことにはじまります。宮乃咩神社において舞人が青袖の舞衣を着 [続きを読む]
  • ▼大國魂神社-随神門・亀石・鶴石・鼓楼▼
  • 大國魂神社の随神門より内側にあります見所のご紹介です。大國魂神社には真新しい立派な随神門があり、その周囲にいくつか面白い見所があります。本殿から見まして随神門の右手、結婚式場前にある『鼓楼(ころう)』です。鼓楼はかつては時刻や緊急事態を知らせるための太鼓を置いた建物で、寺の鐘楼に対して、神社では太鼓を置くから鼓楼と呼称されます。こちらの大國魂神社の最初の鼓楼は慶長年間の造営の際に、徳川家康が江戸開 [続きを読む]