七森 さん プロフィール

  •  
七森さん: あちこち神社
ハンドル名七森 さん
ブログタイトルあちこち神社
ブログURLhttp://nanamorinomiya.blog.fc2.com/
サイト紹介文☆あちこちの神社写真に解説を付けて公開☆ 伊勢神宮や氷川神社など神社に訪問したり〜お菓子作ったり♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2011/03/24 23:04

七森 さんのブログ記事

  • とりあえず、タケノコのスープ
  • 今年もタケノコを沢山いただきましたヾ(@^▽^@)ノやったーとりあえず、いただいたその日に灰汁抜きをしまして、そのあと保存のためにほとんど水煮にしました。このまま煮沸消毒した瓶に入れても保存しますが、一部は水とタケノコを一緒に凍らせて保存します(-_☆)v凍ると氷の中にタケノコがある感じになりまして、冷凍室の匂いが移ったりタケノコが冷凍焼けしないので良い感じです♪そしてさっそくタケノコを使って洋風のスープ [続きを読む]
  • ソメイヨシノの終わりに…
  • 芝桜の季節が始まりました(o´ω`o)ソメイヨシノが散り行く頃に、目に鮮やかな濃い紅紫色の芝桜が足元に広がります。この鮮やかな色のコントラストが胸躍る春の訪れを感じさせてくれます(゚▽゚*)♪ゴールデンウィークは芝桜でお花見というのも良いかもしれませんね。それと八重桜も咲き初めですよ(人*´∀`*)メイヨシノと同じ淡い桜色ですが、その幾重にも重なった花びらは豪華で力強い印象を懐かせてくれます☆まだまだ桜の季節は [続きを読む]
  • 熊野古道を歩く 『始神峠道07・江戸道出口から船津駅へ』
  • 始神峠道の江戸道出口から国道42号線を尾鷲市方面へ、次の駅のところまで歩いていきます(o´ω`o)ノ最近になって紀勢自動車道が開通し車の交通量は以前より少なくなったようですが、大きな車が結構通りますので道路の横断には十分気をつけてください。国道沿いの歩道を歩いて馬瀬の集落まで来ました。ここで江戸道出口から約1・5キロほどです。ここには始神峠標識があり、もう一つの始神峠道である明治道と合流します。距離的には [続きを読む]
  • 熊野古道を歩く 『始神峠道05・茶屋跡から江戸・明治道分岐まで』
  • それでは始神峠の茶屋跡から、峠の反対側へ下っていきます(o´ω`o)ノ峠の反対側は明治道と重なっている部分もありますので、登ってきた江戸道より広くなだらかな道が続きます。始神さくら広場の江戸道登り口を使わずに、明治道の登り口から登ってきますとここで合流するようです。もちろん先の進むので「馬瀬」方面へー─=≡Σ((( っ'∀')っそしてチェックポイント11に到着〜ここには始神峠道で唯一、綺麗な状態で残っている石積み [続きを読む]
  • 清明にサクラ咲く
  • ソメイヨシノが開花しました(゚▽゚*)♪今日は二十四節気のひとつ「清明」「清浄明潔」という春先の花々が生き生きとして、大気の清らかな様子を表した言葉のとおりに、青空にサクラの映える良い日でした。つい先日まで固い蕾の多かった桜の木でしたのに、咲き始めると一気に全体が桜色です☆満開の桜は数本ぐらいで、まだ五分咲きぐらいの木が多い感じですから、ちょうど今週末ぐらいには全体が満開になりそうです(o´ω`o)どこか桜 [続きを読む]
  • 今日より春粧の候、四月です。
  • 今日より春粧の候、卯月です。すっかり春らしい温かい季節となり、若葉の緑が目にも鮮やかで、桜の便りが次々に聞かれる頃となりました。各地の桜の開花宣言がされていますが、わたしの所ではまだほとんどが膨らみかけの蕾で、咲いている桜は極僅かというかんじです。満開になるのは来週末あたりでしょうか(o´ω`o)たのしみです。桜はまだまだの様子ですが桜スイーツは真っ盛りですので、桜のシフォンケーキをいただきました(*´ [続きを読む]
  • 熊野古道を歩く 『始神峠道04・ポイント07から峠の茶屋跡まで』
  • 熊野古道・始神峠道のその04「十二曲がり」から先に進んでいきます(o´ω`o)ノ前回の十二曲がりの石碑があった所からは、ずっとここまでこんな感じに何度も折り返しの峠道が続いていました(;´Д`)フゥそしてチェックポイント08に到着。この辺りまで来ますとやや登りがゆるやかになってきます。間伐された木々が多く横たわりなにかデザインっぽいです(*´Д`)この木は杉かな?檜かしら?そして次のチェックポイント09を通過〜頂上近く [続きを読む]
  • 熊野古道を歩く 『始神峠道03・「十二曲りの石碑」とポイント07まで』
  • 熊野古道の始神峠道その3です(o´ω`o)ノチェックポイント04からはしばらく段端を石で補強した址の残る道が続きます。このあたりで峠道のすぐ横に国道42号線とJR線が見えます結構近くを通ってますね〜(*´Д`)この国道42号線は三重から熊野まで熊野古道とほぼ同じ道筋で作られていまして、車で行く現代の熊野道(伊勢路)というかんじですね(*゚∀゚)=3チェックポイント05に到着〜シダの葉が生い茂るやや登りがきつい峠道が続きます [続きを読む]
  • 熊野古道を歩く 『始神峠道02・登り口からポイント04まで』
  • それでは始神峠道のはじまりでっすヾ(@^▽^@)ノ今回も各熊野古道に設置されているコースの目印を追って、チェックポイント周辺ごとにご紹介していきます。この始神峠道には「江戸道」と「明治道」の2コースがありますが、今回はやや急な勾配ですが距離の短い「江戸道」を歩いていきます。チェックポイント1までの道は、少し起伏がありますが山道的には平坦な道が続き、小川をいくつか渡っていきます。「始神峠道」の「始神」は「 [続きを読む]
  • 熊野古道を歩く 『始神峠道01・三野瀬駅から登り口まで』
  • 熊野古道「始神峠道」へも三浦峠道(熊ケ谷道と同じく、JR三野瀬駅からの出発ですεεε (っ*´▽`)っ三野瀬駅から真っ直ぐに進んだ突き当りの丁字路を、熊野古道の表示板に従い左へ。三浦の集落の中を歩いていきます。ここは線路を渡って左へしばらく歩いていきますと国道42号線に合流しますので、この先の横断歩道から反対車線に渡り道沿いに尾鷲方面へ歩いていきます。歩いてきた感じではお店はこの辺りにしかなかっので、食事 [続きを読む]
  • 河津桜が満開になりました。
  • 今月はじめから咲き始めていた河津桜が満開になりました(゚▽゚*)桜の房がぼんぼりの様で周囲の景色も明るくなった感じがしますね♪作ってきたハチミツレモンケーキで一足お先にお花見です(o´ω`o)フフーフ河津桜はなんとなく花に力強さが感じられて、儚げなソメイヨシノとはまた違った趣があって良いですね。今年も素敵な河津桜が見られました。善きかな善きかな(´ー`)いつも満開の時期を逃してしまうソメイヨシノも今年は見られるか [続きを読む]
  • ▼大國魂神社-神戸稲荷神社・馬場大門欅並木▼
  • 大國魂神社の末社・神戸稲荷神社(ごうどいなりじんじゃ)です。御祭神は宇迦之御魂神大國魂神社の大鳥居の右手すぐ横に鎮座し、旧町内神戸(ごうど)の方々により勧請され崇敬されているため、「ごうどいなりじんじゃ」と呼ばれています。大國魂神社の大鳥居前には「馬場大門欅並木」が続いています。この馬場大門欅並木(ばばだいもんけやきなみき)は国名勝天然記念物指定されており、義・義家の父子が奥州征伐の途中当社に戦勝 [続きを読む]
  • 河津桜と上巳の節句のちらし寿司
  • 開花した河津桜が多くなってきましたヾ(@^▽^@)ノ濃い桜色の花が沢山咲いていて良い感じです☆この感じですと来週には満開になる木がありそうですね(o´ω`o)梅は満開になりましたし、今月末には染井吉野も咲いてくるでしょうし、花の開花が楽しみな月になりそうです(*゚∀゚)=3あと、土筆がこんなに採れるようにもなりました(笑日当たりの良い畦や土手などにドンドン出てきています♪というわけで上巳の節句(雛祭り)のちらし寿司に [続きを読む]
  • 今日より春色の候、三月です。
  • あっという間に二月は過ぎ、今日より三月です。日増しに暖かくなる過ごしやすい季節となり、少しずつ木々の緑が日ごとに色めき、春の花々も見かけるようになって来ました。ソメイヨシノより早く咲く河津桜を見に行ってみましたら、もう、ちらほらと枝に桜色の花が咲いていました(゚▽゚*)♪桜が咲きますと一気に春らしくなりますね〜満開までにはあと一週間ぐらいでしょうか。今月末にはソメイヨシノが咲き始めるでしょうし楽しみで [続きを読む]
  • ▼大國魂神社-宮乃咩神社▼
  • 大國魂神社の摂社・宮乃咩神社(みやのめじんじゃ)です。一の鳥居から随神門へと続く参道の途中に鎮座し、その創建は古く本社と同時代といわれています。宮乃咩神社の例祭「青袖祭・杉舞祭」が有名で、この祭は文治2年に源頼朝より武蔵国中の神職に対し、天下泰平の祈願を行うべきとの指示があり、国中の神職が毎年参会して12日の夜より13日の朝まで終夜舞楽を奏したことにはじまります。宮乃咩神社において舞人が青袖の舞衣を着 [続きを読む]
  • ▼大國魂神社-随神門・亀石・鶴石・鼓楼▼
  • 大國魂神社の随神門より内側にあります見所のご紹介です。大國魂神社には真新しい立派な随神門があり、その周囲にいくつか面白い見所があります。本殿から見まして随神門の右手、結婚式場前にある『鼓楼(ころう)』です。鼓楼はかつては時刻や緊急事態を知らせるための太鼓を置いた建物で、寺の鐘楼に対して、神社では太鼓を置くから鼓楼と呼称されます。こちらの大國魂神社の最初の鼓楼は慶長年間の造営の際に、徳川家康が江戸開 [続きを読む]
  • ▼大國魂神社-水神社・さざれ石▼
  • 大國魂神社の末社・水神社(みずじんじゃ)です。御祭神は水波能売命、加茂別雷命、玉依姫命、加茂別建角身命拝殿の左手、松尾神社隣の庭園のような場所に鎮座しています。創立年代不詳ですが石の社殿は嘉永2年(1849)のもので、かつては御供所(休憩所)の東側に鎮座し本殿と同じく北を向いていました。現在の場所へは昭和58年に移設し、その際に当社境外末社の滝神社より御霊分けをされ、大國魂神社奉賛会記念事業の一つ [続きを読む]
  • *チョコタルトタタン的ななにか*
  • さて、毎年この時期恒例のチョコを使ったお菓子です(o´ω`o)ノ今年はりんごとチョコを使ったタルトタタンにしてみました〜タルトタタンはホットケーキミックスを作って簡単に作ります☆去年もりんごとチョコのケーキだったような気もしますが…気のせいです(笑『チョコタルトタタン』・りんご M3個・ホットケーキミックス 100g・卵 1個・牛乳 50ml・砂糖 大さじ2・水 大さじ2・バター 30g・チョコレート 100g・生クリー [続きを読む]
  • ▼大國魂神社-軍艦多摩戦没者慰霊碑と日露戦役記念碑▼
  • 大國魂神社にある軍艦多摩戦没者慰霊碑です。第二次世界大戦時に沈没した軽巡洋艦「多摩」の戦没者を祀った慰霊碑で、艦内神社として大國魂神社をお祀りしていた御縁で、多摩沈没70年を機に平成26年10月25日に建立されました。大正時代の八八艦隊構想により建造された5500トン型軽巡洋艦の内の一つで、三菱造船長崎造船所にて1920(大正9)年2月10日進水し、球磨型2番艦の当艦の艦名は多摩川にちなんで名付けられ、就役してすぐシ [続きを読む]
  • *節分豆のビスコッティ的ななにか*
  • 節分の豆まきの後でいつも多く残ってしまう節分豆を使いまして、今回はイタリアの伝統菓子・ビスコッティにしてみましたよ(o´ω`o)ノ『節分豆のビスコッティ』・節分豆(煎り豆) 50g・小麦粉 170g・砂糖 80g・ベーキングパウダー 小さじ1・卵 1個・サラダ油 大さじ1①最初にボウルに卵・サラダ油を入れよく混ぜ、次に砂糖・振るった小麦粉・ベーキングパウダーを入れて粉っぽさが無くなるまで混ぜてから、そこに節分豆を入 [続きを読む]
  • 恵方巻きと節分汁、2017年は…
  • 今年も恵方巻きいろいろ作りましたー♪((o´ω`o)ノいつもの七種類の具材を入れる恵方巻きは〜数の子・人参・椎茸・胡瓜・かにかま・かんぴょう・卵という感じです。我が家では数の子を入れるのが慣例となっております(*´Д`)年末にたくさんいただいて余るので(笑他に今年は豚肉の蒲焼と三つ葉・紅しょうがに山椒を隠し味にして巻いたものや、海苔の代わりに伊達巻で巻いたものも作ってみました(*゚∀゚)=3この卵焼きで巻いたのはな [続きを読む]
  • 今日より梅香の候、二月です。
  • 梅のつぼみがほころぶ季節となり、日ざしの明るさに春の気配を感じ、寒気の中にも早春の息吹が感じられる頃となりました。満開の梅の近くに行きますと、とても良い香りがしてなんだかうれしくなります♪((o´ω`o)温かい所ではもう桃の花も咲き始めていますね〜二月は節分ということで立春より暦の上では春とはなりますが、この時期は一番寒くなる頃でもあり、まだまだ大雪や寒さが厳しくなる日もございます。雪による事故やお風邪 [続きを読む]
  • ▼大國魂神社-巽神社・松尾神社▼
  • 大國魂神社の東照宮より奥へ進み、最奥にある大銀杏のある場所から本殿裏の道を歩いていきます。本殿の背後には府中市の天然記念物に指定されている境内樹木群があり、大銀杏と共に東照宮西裏のケヤキなどの巨木は長年の風雪に耐えた優れた遺伝子を保持し、その価値は学術的意義も高くあります。そうして本殿裏の道を進んでいきますと次の神社が見えてきます。大國魂神社の境内末社・巽神社 (たつみじんじゃ)です。御祭神は市杵嶋 [続きを読む]
  • ▼大國魂神社-東照宮・御神馬舎▼
  • 大国魂神社の住吉神社・大鷲神社よりさらに奥の方へと、本殿を中心に反時計回りに進んでいきます。大国魂神社の末社・東照宮です。東照宮の名のとおり御祭神として徳川家康をお祀りした社で、家康の死後、駿河国久能山により下野国二荒山に祀り直された時に、この武蔵野国府の斎場に一夜逗留せられ、当社の宮司が祭祀を務めたので、その遺跡を後世に伝える為、元和4年(1618)二代将軍秀忠の命によって造営されました。東照宮の左 [続きを読む]