CP さん プロフィール

  •  
CPさん: suomi-japani
ハンドル名CP さん
ブログタイトルsuomi-japani
ブログURLhttp://hirma.blog9.fc2.com/
サイト紹介文フィンランドの名古屋のような町での生活を掲載しています。夏は更に田舎で休日を過ごしています。
自由文2006年夏、フィンランド僻地へ移住。旅行者だった頃は贔屓目で見ていましたが、住民となった今はフィンランドのいやな面も知りつつあります。良い面だけでなく悪い面も含めて、フィンランドをもう一つの祖国と呼べるよう文句をたれながらも努力しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2011/03/28 02:08

CP さんのブログ記事

  • hammaslääkärikäynti
  • 今年の歯科治療代は高額でした。前月に歯科検診とちょっと直しがあり、昨日は歯石取り。二年前の検診から虫歯はなかったのですが、歯茎が下がって沁みるところを治療してもらいました。歯石取りは毎年習慣にして二十年以上になります。前回の歯石取りに比べて自己負担約1.5倍。二回分で支払った金額は約260ユーロ。KELAの補助金額を差し引いてます。それでも夫の一回の治療費八百ユーロに比べれば「普通」でしょう。良い歯科医に出 [続きを読む]
  • kesärengaskeli
  • 氷点下の朝、日中の暖かい日差しや気温、そして夜は氷点下に下がる、その繰り返しの間に、雨が降ったりミゾレが降ったり、時には雪に変わったりするのがフィンランドの春だそうで、今年の春は長いです。車通勤を始めてからは、朝の路面状態を気にしなければなりません。昨年よりも四週間遅く、昨夜ようやくスパイクタイヤから夏タイヤに交換しました。車道はほぼ夏タイヤで大丈夫なのですが、小道や駐車場などはまだ雪や氷が残り、 [続きを読む]
  • pääsiäisloma 2017
  • 復活祭休暇の四連休は、天気が良くても悪くてもモッキへは行けませんでした。自宅休養です。先週ヘルシンキへ行く直前、夫が喉が痛いとか声が出ないとか言っており、どうやらウィルスをもらったまま出かけたようです。時折ふと意識が飛んでることがあったのですが、鈍い私は自分の体調に気付きませんでした。普段不摂生はしないよう気にしていても、楽しいことを前に、気付かないフリをしていたかもしれません。願わくば、友人達に [続きを読む]
  • skonssi ja vähäsuolainen voi
  • スコーンが食べたくなりました。しかし、パン・製菓店でもカフェでも見た事がありません。Lidlというドイツ系スーパーは、毎週何かのテーマ食材を置きます。アジアは一まとめにされますが、アメリカとか、ギリシャとか、フランスとか、おそらくフィンランド人にとって区別しやすい食文化は国別にしているのでしょう。日本でも、北欧展としてまとめますから、お互い様です。そこでも見た記憶がありませんし、あったとしても食べたい [続きを読む]
  • viikonloppumatka helsinki
  • 週末に友人の来フィンに便乗して、ヘルシンキへ行ってきました。三ヶ月前に行った時と同じタイムテーブルの夜行列車でしたが、真冬と違って定刻通り出発、到着でした。直前にストックホルムで、その前にピエタリでテロがあり、更にこの土曜日に同路線で銃を持った男が逮捕されたとのニュースを聞きました。日本もフィンランドも平和ボケしてますから、「まさか自分が」とは考えることなく行動してます。ヘルシンキと北部との時差は [続きを読む]
  • menomatka 4 tuntia mökille
  • 二週間後は復活祭休暇。天気が良ければ、モッキへ行きます。四連休なので泊まりにしますが、その前に状態確認をした方がよいと、日曜日に行ってきました。私の可愛いFiestaはまだスパイクタイヤです。夫のJeepは早々にタイヤ交換。通行量の多い道路はほとんど夏タイヤで大丈夫ですが、所々氷があるので注意は必要です。Ranuaまではそんな路面状態。そこからモッキまでは、冬タイヤが必要なくらい、雪と氷が残っている箇所が多かっ [続きを読む]
  • kultaotsa-ahven
  • 先日は、魚屋さんで、 norssi (kuore) に初めて遭いました。その前はスーパーでpunakampelaを買いましたし、マグロはほぼ毎回見ます。僻地でも買える魚の種類が増えました。昨日スーパーの魚売り場にて、また新顔発見。急遽メニュー変更で買いました。 [続きを読む]
  • フジ
  • 二年目のフジは母屋の盆栽棚で冬越ししました。小さい鉢なのでうっかり乾燥させてしまうことがあり、慌てて水に浸けることがしばしばあります。実生の場合、花が咲くまで長く掛かるそうです。買って三年目のフジ。何年物が届いたのかわからないため、フジの年も不明です。落葉後は枯れ枝のようにしか見えず、ふっくらした花芽どころか、葉芽もないと思っていたところ新芽が出て葉が伸びています。万年葉フジかも。あまり伸びても置 [続きを読む]
  • pankkiin
  • 5年ほど前にもらったムーミン貯金箱には、鍵がありません。チョコチョコ入れていた小銭が投入口近くまで貯まったので、銀行に赴く用事ができたついでに持って行きました。銀行の予約時間は夕方。駐車場探しが面倒なので、夫に職場まで送ってもらい、終業後バスで町まで行きました。その間、ムーミン貯金箱はリュックの中。小銭ばかりなので重かったです。 [続きを読む]
  • tofu
  • フィンランドでも、豆腐はベジタリアンだけでなく、一般にも健康に気を使う人たちには好まれるようです。スーパーで見るのは、jalotofuかalproの豆腐。後者は、豆乳製品だけでなく、米乳やオート麦乳などの牛乳アレルギー向けの商品も多いです。これらの豆腐は、日本人としてはやや抵抗はあるかもしれません。jalotofuは柔らかめですが、色んな味付けをされたものが多く、alproは木綿豆腐よりも固く、切って炒め物にしても崩れませ [続きを読む]
  • サギソウ
  • フィンランドは湿地帯が多いです。毎年水も大地も深く凍っても、夏には自生の植物が伸びています。その気候にあった植物ということもありますが、根がかなり深い所まで張っているので、ガチガチに凍らずに眠るだけなのでしょう。雪が大地を覆う前に氷点下が続き、花壇が凍った年があります。秋植えの球根からほとんど芽が出ず、掘り起こすと腐ってました。凍ってしまったのだと思います。球根の説明書きに、耐寒性が書かれており、 [続きを読む]
  • norssi eli kuore
  • 町まで行ったついでに、屋内市場(kauppahalli)をのぞいてきました。オウルの屋内市場は他の都市に比べると小さく、迷うことはありません。1901年に出来た屋内市場は、他にタンペレやクオピオがあり、近い年代に各地で建てられてます。うちからは遠いし、平日に行くことは難しいです。たまに行ってみても大して変わり映えはないのですが、今日は「Norssi」という魚を初めて見、買ってみました。 [続きを読む]
  • hiihtoloma on alkanut
  • 10週目は、フィンランド北部のスキー休暇です。私の仕事の契約はこの5日までで、スキー休暇明けから次の契約が始まるかと思ったら、人手が足りないからこの週も出られないかと聞かれました。水曜日だけは用事があると答えたら、木曜日から仕事にもどることになり、半週間の冬休みになりました。三日間の失業期間の為に、職安の窓口に求職の手続きに行き、給与担当者から給与証明書をもらい、組合に失業手当の申請をする・・・・面 [続きを読む]
  • kalatiski
  • スーパーでの買物は、まず鮮魚売り場のガラス越しに魚を見て、欲しいものがあればその日は魚料理になり、なければ肉料理。肉は精肉業者でパックされた物を買い、消費期限を見て献立を考えます。真空パックされた生魚は鮭・ニジマスくらいで、他はスーパーでパックされるため日持ちせず、その日のうちに調理します。「tiski(ティスキ)」には幾つか意味はあり、対面でやり取りする場・カウンターのことも「tiski」と言い、「kala( [続きを読む]
  • nenäliina
  • フィンランドのホテルでも客室ティッシュペーパーが置かれるようになりましたが、未だにない所もあります。お菓子や洗剤の試食を配ることはあっても、ティッシュ配りはありません。では、何で鼻をかむかというと、紙ナプキン並みにしっかりとした「鼻紙」か、手近にあるキッチンペーパー、トイレットペーパー、ハンドペーパーなどです。トイレットペーパーは小さいし、水に溶けやすい為ヘロヘロなので、自宅ではキッチンペーパーを [続きを読む]
  • taika
  • 今週は正に「病気になるほど暇じゃない」状態でした。正確には「病気に"なれる"ほど」です。先週末鼻風邪っぽい状態で、月曜日も熱はないし、食欲は普通にあるし、動いていた方が鼻の通りがよいので出勤しました。少し仕事を始めると、子どもの病欠で欠勤の連絡があり、勤務地変更。勤務時間中に何も連絡が入らなかった為、翌日通常出勤したら、また欠勤というので移動。その日はこちらから上司に確認し、水曜日はその同僚は出勤と [続きを読む]
  • kiky 2
  • 先日kilpailukykysopimus (kiky)について書いたのですが、昨日給与明細を見たら、私の給与割合は98,04%でした。フィンランドでは、郵便による紙の給与明細書の代わりにネットバンクで明細書を支給日の何日か前に見ることができます。用紙代と郵送費の節約の為で、請求書も紙ではなくネットバンクを利用することを勧める企業が増えています。紙の請求書の場合は、その分何ユーロか上乗せされます。給与割合が先月までと変わらない [続きを読む]
  • pikkukasvihuone
  • 一昨年の秋に作った盆栽棚に、冬越しの鉢の一部を置いています。車庫の風除け室に置いた鉢よりも乾燥が早く、週に二回は水遣りが必要です。乾燥具合の確認が適当なので、素人が犯しやすい間違い、水の遣り過ぎによる根腐れをしているかもしれません。屋内で冬越しさせる場合は、暖房のない場所に置かなければならないのですが、厳寒のフィンランドの我が家にはそのような場所はありません。唯一暖房がないのが、母屋の風除け室です [続きを読む]
  • kilpailukykysopimus - kiky
  • このタイトルを日本語に訳すのは難しいです。二月一日からの雇用契約書に記されており、一言で言えば、「労働時間が長くなる」です。私の職場のフルタイムの週の勤務時間は38時間15分ですが、契約雇用は37時間30分のパートタイムでその分給与は少ないです。常勤でも、何年か前からは37時間30分ということで、本当のフルタイム職員は、古参のみ。一日の勤務時間が9分長いだけですが、同じ量の仕事をこなしているのに、表面上の勤務 [続きを読む]
  • antikvaarisia kirjoja
  • フィンランドは本が高いです。引きこもり期間が長いこともあり、図書館利用者は多く、職員のいない時間や週末は、図書カードと暗証コードで利用できる地方図書館もあります。一応本に定価はあっても、店舗によって売価が異なり、本のバーゲンで半額で買えたり、古本市も開かれます。学校の教科書専門古本屋もあり、学生の頃利用しました。一冊50ユーロ位の教科書を全部新品で揃えたら大変な出費ですから。新刊で手に入らない古本を [続きを読む]
  • lux helsinki
  • 五週間ぶりに出勤。この間に幾つかの変化はあり、私の仕事の分担も若干変わりました。「戻ってきてくれて嬉しい」と言われると、こちらも嬉しいです。長い休暇最後の週末、偶然昨年と同じ時期にヘルシンキに滞在したので、lux helsinkiの開催と当たりました。ライトアップされる頃には天候は穏やかになり、外にいることは辛くありませんでしたが、雪が緩んで足元の悪い箇所はありました。 [続きを読む]
  • syömään helsingissä
  • 公現祭の午後、ラップランドで壮大なオーロラを連夜満喫した友人達が、遊びに来てくれました。駅まで迎えに行き、町カフェをして、小さな中心地を案内。この日、気温はマイナス15度前後で風が強かったため、マイナス40度のラップランドとは違う寒さを感じたようです。気温よりも風の方がより寒さが強く、急速冷蔵(冷凍!)のようなものでしょう。彼女達と共に私も南下し、半日一緒に行動した後、一人で散財して来ました。ハカニエ [続きを読む]
  • palkaton vapaapäivä
  • 今日は、「loppiainen 公現祭、顕現日」で、カレンダーは赤色、つまり祝日です。しかし、一部では今年から出勤日となっています。某大手企業内の社員食堂の献立を見たら、金曜日も営業とありました。同系列の他のレストランも営業だったり休業だったりしています。「palkaton vapaapäivä 無給の休日 (カレンダーは祝日だから休んでもいいけど、無給だからね)」という、休日になってしまったのです。同様の休日が、 [続きを読む]
  • korealainen elokuva: mies ja nainen
  • 「mies ja nainen 男と女」と聞いて思い浮かべるのは、1966年のフランス映画。観たことはなくても、有名な曲だけは知っています。同題名が付いた2015年の韓国映画が今年日本で上映されます。韓国映画も韓国ドラマも見た事がなく、まだ日本にいた頃、友人や同僚の幾人かが結構はまっていましたが、私は全く興味なしでした。韓国物はラブロマンスが多いらしいという先入観だけ埋め込まれました。何故ここで韓国映画の紹介かと言いま [続きを読む]