ブドリ さん プロフィール

  •  
ブドリさん: 心象スケッチ(新) 第2集
ハンドル名ブドリ さん
ブログタイトル心象スケッチ(新) 第2集
ブログURLhttp://tuiterune-sketch2.seesaa.net/
サイト紹介文四季の移ろいを写真や言葉などを使ってスケッチするブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供354回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2011/03/28 23:12

ブドリ さんのブログ記事

  • シュンラン・自然教育園
  • 3/14の記事「春近し・自然教育園」で、ほとんど咲いていたシュンラン。開花状態になっていたのでお届けします。シュンラン(春蘭)ラン科シュンラン属の蘭で、土壌中に根を広げる地生蘭の代表的なもの春の蘭で春蘭(シュンラン)です。地方ごとに様々な呼び名があります。主なものに、ホクロ、ホックリ、ジジババ、ジイババ、ジィトバァ、オジオバア、ジィサンバァサンなどの呼び名があります。ジジババというのは蕊(シベ)柱を男 [続きを読む]
  • カマキリの卵鞘(らんしょう)・自然教育園
  • 最近は新宿御苑と自然教育園の繰り返しのようになっていますが、またまた自然教育園からお届けします。お世話になっているfelizmundoさんのブログでカマキリの卵を見つけたという記事がありました。今の時期は草花も少なく見つけやすい時期で、自然教育園のホームページ上にカマキリの卵が見られるともあったので私も探してきました。場所は水生植物園。カワセミを見て、ダイサギを見て、ツクシを見て、と今の時期はいろいろ楽しめ [続きを読む]
  • 絵本「12の贈り物」
  • 旅立ちの季節ですね。旅立つあなたへ、贈る一冊です。12の贈り物posted with ヨメレバシャーリーン・コスタンゾ ポプラ社 2003-11-14 Amazon楽天ブックス7net 「12の贈り物」シャーリーン・コスタンゾ 作黒井健 訳・絵ポプラ社誕生の瞬間に誰もが平等にさずかっている贈り物についてやさしく語りかける絵本。あなたが生まれたときに、12の贈り物がさずけられました。あなたのかけがえのない命の [続きを読む]
  • 夕日に透けるハクモクレン・新宿御苑
  • 前回は昼の日に透けて白く透けるハクモクレンでしたが、今回は夕日に透けるハクモクレンです。新宿門近くの大きなハクモクレン。夕日が当たっていました。夕日が当たって、白い花がオレンジ色に染まっていました。夕日に透けるハクモクレンを1枚の写真にしました。もうだいぶ散ってしまって見頃を過ぎてしまったでしょうね。日本庭園のハクモクレンなら大丈夫かもしれないので、週末に足を運んでみて下さい。参加しています。もし [続きを読む]
  • ハクモクレン・新宿御苑
  • 3/21に全国に先駆けて東京でソメイヨシノの開花宣言がでましたね。まさか雨の中に出るとは思いませんでしたけどね。いよいよ春ですね。そんな東京では、次々に春の花が咲いています。その一つがハクモクレン。新宿御苑で見頃をむかえたので3/19(日)に今年も撮影に行ってきました。新宿門を入ってすぐのところにある大きな大きなハクモクレン。雪山の様に真っ白です。青空に気持ちよさそうに咲いていました。木の下から太陽に照ら [続きを読む]
  • カワセミとダイサギ・自然教育園
  • 目黒自然教育園で撮影したカワセミの写真に戻ります。今回は3/12に撮影したカワセミとダイサギなのですが、実は3/20にも足を運び、またまたカワセミとダイサギを撮影できたので合わせてお届けします。水生植物園のお気に入りのよく止まる木に止まっているカワセミと餌を探しながら近づいたダイサギです。カワセミは左上の方にいます。写真を して見て下さい。ダイサギが横を向いてくれたところで一枚。ダイサギの頭の上の方 [続きを読む]
  • まもなくソメイヨシノの季節!
  • カワセミの予定でしたが予定を変更して桜をお届けします。この連休は暖かく春本番という陽気ですね。この暖かさにつられて桜の花も咲くか!という感じですが、今年はなかなか蕾が固い!ここ最近は近所の立会緑道に早朝ウォーキングに行って、桜並木の開花具合を確認していました。3/16(木)立会緑道のソメイヨシノの中でも、碑文谷八幡神社近くのソメイヨシノの根本では大抵最初に咲きはじめるのでそろそろかなと思って見に行った [続きを読む]
  • 絵本「やまなし」宮沢賢治
  • 先々週にも紹介しましたが、カワセミの写真が続き、飛び込む様子もお届けしたので、別の「やまなし」の絵本をお届けします。童話絵本 宮沢賢治 やまなし (創作児童読物)posted with ヨメレバ宮沢 賢治 小学館 2015-04-15 Amazon楽天ブックス7net 「やまなし」宮沢賢治 作田原田鶴子 絵小学館「五月」と「十二月」のに場面からなるお話で、独特の擬音や「クラムボン」とは何かで、今でも議論され続 [続きを読む]
  • 飛び込むカワセミ・自然教育園
  • 目黒自然教育園でカワセミ三昧の一日。今回はとんだカワセミが、水中にちゃぽんと飛び込んで、水中から飛び出して飛んでいく様子をお届けします。飛び込む様子を連写で狙ったのでカワセミは小さめですが、よくわかると思います。写真は間引いてませんからね。ほとんど同じところから何回も飛び込んでくれて、なんとか撮れた3回分をお届けします。写真を すると別の画面でアニメーションが始まります。飛んでいる時間に合わ [続きを読む]
  • カワセミ、飛ぶ!・目黒自然教育園
  • 春の息吹を感じた自然教育園。ツクシを撮影していたそばでカワセミのピピーという鳴き声が聞こえたので、今回もカワセミ三昧となりました。1羽のカワセミが水生植物園を縦横無尽に飛び回ってくれたおかげで、こちらも頑張っちゃいました!画質の設定をいつもは少し落として撮影しているのですが、この日はカワセミの部分をトリミングしてもしっかりと見えるようにサイズも画質も最高の状態にして挑みました。殆どの写真はトリミン [続きを読む]
  • つくしニョキニョキ・自然教育園
  • 自然教育園に行った一番の目的は今回お届けするツクシ。水生植物園では毎年、たくさんのつくしが顔を出してくれるので、今年も楽しみに見に行ったんです。園路脇はきれいに草を刈られていたので心配しましたが、しっかりと顔を出してくれていました。刈られた後からたくましく、ニョキニョキと伸びてきています。園路から遠い、池側には大量のツクシが所狭しと伸びて顔をだしていました。卒業シーズン。最後の背比べをして、背の順 [続きを読む]
  • 春近し・自然教育園
  • 3月も中旬に差し掛かり、ソメイヨシノの開花はいつだろうとそわそわしていませんか?ソメイヨシノも楽しみですが、足元の春も近づいてますよ。今回は3/12(日)に自然教育園で見つけた春近し!をお届けします。まずはこれ。何だと思いますか?これはムサシアブミが顔を出してきた姿です。地下の球茎から花茎などを包んだ円筒状の葉鞘(ようしょう)が伸びてきた姿です。これが開いて、二本の葉柄が伸び、その間に花茎がのびて、サ [続きを読む]
  • 修善寺寒桜とヒヨドリとメジロ・新宿御苑
  • 今回も新宿御苑の修善寺寒桜からお届けします。桜が咲くと集まってくるのが、ヒヨドリにメジロ。今回は修善寺寒桜に集まってきたヒヨドリとメジロをお届けします。群れで集まってきて10数羽いたと思うヒヨドリ。枝に止まってしばしお花見。あの花も良さそうだし、この花も良さそうだし、と悩んでいるのでしょうか。桜の花の蜜は美味しいなぁ。docomoタワーがいい雰囲気で見えたって蜜の方が大事だよ。人間だって花より団子だろ!俺 [続きを読む]
  • ツマグロヒョウモンの幼虫発見!
  • 今日、庭の草むしりや枯れ枝・枯れ草などの整理をしていると、スミレの根茎から葉が成長しているのを発見しました。もう春だなぁと見ていました。あっちにも、こっちにも、今年もたくさん咲いてくれそうだなぁと見ていたら、スミレの根茎の近くになんとなんとなんと!スミレの葉を食草とするツマグロヒョウモンの幼虫を発見しちゃいました!これって死んでるんじゃないの?と思ってつついてみると、コロッと転がらず、しっかりつか [続きを読む]
  • 絵本「寓話 洞熊学校を卒業した三人」宮沢賢治
  • 卒業の時期なので卒業に関する本を考えたのですが、なかなかパッとしたものがなかったので、今回も宮沢賢治の童話からお届けします。寓話 洞熊学校を卒業した三人 (ミキハウスの宮沢賢治絵本)posted with ヨメレバ宮沢 賢治 三起商行 2012-10 Amazon楽天ブックス7net 「寓話 洞熊学校を卒業した三人」宮沢賢治 作大島妙子 絵三起商行(ミキハウス)赤い手の長い蜘蛛と、銀いろのなめくじと、顔を [続きを読む]
  • 修善寺寒桜・新宿御苑
  • 新宿御苑の寒桜シリーズ第二弾は、中の池で見頃を迎えた修善寺寒桜です。池の畔、レストハウスの前に修善寺寒桜はそびえています。レストハウス側から見ると、代々木のdocomoタワーと共演します。陽の光でキラキラと煌めく水面と桜の花はきれいですよね。日に透けるピンク色の花弁もいいものですよね。撮影したのが1週間前なので、そろそろ見頃を過ぎたと思いますが、修善寺寒桜が散っても、園内には桜が次々に咲いているのでどん [続きを読む]
  • フキと寒桜・新宿御苑
  • まだまだ気温の低い日が多いですけど、それでも真冬のように手が痛くなるような寒さではなくなってきましたね。咲いている花の種類も増えてきて春めいてきました。これから数回に渡って新宿御苑で撮影した寒桜を中心にお届けします。今回は日本庭園の寒桜です。DOCOMOタワーが間近にそびえた寒桜。見頃でした。ここの寒桜とは撮りたいものがあったのですが、草刈りをした後のようで、悲しいかな、撮影しやすいところにはほとんど見 [続きを読む]
  • 思いのまま・浜離宮恩賜庭園
  • 今日のタイトルを見てすぐにわかった人は植物ツウですね!「思いのまま」というのは、梅の品種です。1本の木に、白い花や紅い花が咲く梅の木があります。しかも、白だけの枝、紅だけの枝、白と紅が混ざった枝、白と紅が混じった花が咲き、毎年どこでどんな花が咲くかは木の気分次第というわけで、「思いのまま」。接ぎ木だと毎年同じ枝に同じ花色になります。品種改良中に偶然誕生してしまったそうです。浜離宮恩賜庭園の梅園には [続きを読む]
  • 菜の花に集う・浜離宮恩賜庭園
  • 今回は浜離宮恩賜庭園の菜の花畑から、集まってくる生き物を中心にお届けします。花といえばミツバチですよね。足に花粉団子をくっつけて、あっちの花へ、こっちの花へ、右へ左へと忙しそうに飛び回っていました。ミツバチのように思えますが、アブです。菜の花といえば、ギャングのように荒らしまくる鳥がいます。それがヒヨドリ。梅の枝に止まって、菜の花を物色しているのか、菜の花にたかっている仲間のために見張りをしている [続きを読む]
  • 梅と菜の花・浜離宮恩賜庭園
  • ツクシが出て、寒桜も咲いて、梅が見頃になってとどんどん春が近づいてきていますね。そんな東京のいつもの場所に菜の花を見に行ってきました。それは汐留にある浜離宮恩賜庭園。今は高層ビル群と化した汐留の足元に広がる大名庭園です。その一角に菜の花畑は広がっています。汐留川から見ると、向こう側は月島・晴海方面です。向こう側も高層マンション建設が盛んです。菜の花畑の脇には梅が植えられていて、やや満開を過ぎました [続きを読む]
  • 絵本「やまなし」宮沢賢治
  • 今週も宮沢賢治の絵本をお届けします。やまなし (ミキハウスの絵本)posted with ヨメレバ宮沢 賢治 三起商行 2006-10 Amazon楽天ブックス7net 「やまなし」宮沢賢治 作川上和生 絵三起商行(ミキハウス)「小さな谷川の底を写した二枚の青い幻灯です」という前置きから始まり、「五月」と「十二月」の場面からなる物語。「五月」「クラムボンはわらったよ。」「クラムボンはかぷかぷわらったよ。 [続きを読む]
  • ゴイサギ・洗足池
  • 蛙合戦を撮影した洗足池。この日はゴイサギのあたり日でした。まずはいつもの弁天様の近くの木に止まっているゴイサギ。見えているのは2羽ですが、影にもう1羽止まっていて、さらにこのあとお届けする1羽がいて、4羽のゴイサギがいました。洗足池公園をカエルを撮ったり休憩したりして、1時間後ぐらいに戻ってみると、なんと池の縁石にゴイサギが下り、魚を探して歩いていました。なかなか見られないですよ。このあと、10分ぐ [続きを読む]
  • ツグミとスズメ・皇居東御苑
  • 今回も皇居東御苑からお届けします。今回は珍しくはありませんがツグミとスズメですけど、ツグミとスズメが近くにいるのってあまり見かけないと思いませんか?どちらもスズメ目なので仲良さそうなのですが、意外と一緒にいるところを見かけませんが、皇居東御苑で近くにいるところをキャッチしました。石垣の下にツグミを発見!いつものようにピョンピョンと歩きまわっていました。勢いに乗って進んでいった先にはスズメがいました [続きを読む]
  • 2017年2月のお月見情報
  • 2月のお月見はいかがでしたか?前半は比較的晴れた日が多くて、たくさん見られたと思いますけど、後半はやや雲が多めで最後が見られませんでしたね。3月は後半になれば桜の季節。寒い日もあと少し。お花見とお月見を楽しめるといいですね。それでは、2017年3月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。お月見・天体観測にご利用ください。ただし天文現象の時間 [続きを読む]