medkid さん プロフィール

  •  
medkidさん: 病気って…なぁに?
ハンドル名medkid さん
ブログタイトル病気って…なぁに?
ブログURLhttp://clinicblog.sugi-clinic.com/
サイト紹介文新しい観点から見た病気、その診断・治療。たわいない医院の日常とともに…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2011/03/29 00:25

medkid さんのブログ記事

  • 生理痛…かぁ
  • 自分は内科医で産婦人科医ではないですが…「生理痛」でも治療をしています。女性に取って「生理」はとても大切です。医学部生の時に産婦人科の講義の最初の言葉と、いうと。その1:「女性をみたら妊娠と思え」(体調不良には妊娠が多いこと)その2:「女性は波動する」(生理があること)この二つでした。。。(゚゚)(。。)(゚゚)(。。)ウンウン内科領域では生理は別物として捉えるのが普通ですが東洋医学の漢方薬は内科の病気でも生理の緊密 [続きを読む]
  • めまいに「苓桂朮甘湯」かぁ…本当かぃな???
  • ツムラの苓桂朮甘湯です。ん〜〜〜ツムラの苓桂朮甘湯の組成はブクリョウ 3.0ケイヒ 2.0ソウジュツ 1.5 (本来はビャクジュツ 1.5)カンゾウ 1.0ここで一つ疑問が「なぜ白朮でなくて蒼朮なのか?」似ているかもしれないけど…同じではない。ここいらはツムラさんにも考えてもらいたいかな〜。漢方エキス薬のトップメーカーなんですから。。。(・_・ゞ−☆こちらはコタローの苓桂朮甘湯です。コタローの苓桂朮 [続きを読む]
  • 横の時代から、縦の時代へ
  • 縦の時代に入ってきている様に思うんだけど。こんなことについて話してみたいと思います。「今までは横の時代だったのが、縦の時代に入ってきている。」 ん〜何を意味するか?ですよね。(^^)ここいら辺は恩師の亡き鍼灸師の先生の話から説明します。横というのは…この世の人間関係の繫がりを意味しています。縦というのは、この世とあの世(有と無)の繫がりを意味しています。横の時代は、人の繫がりが強い時代です。人の繫がり [続きを読む]
  • 風邪の病態
  • 風邪やインフルエンザが流行っています。不思議ですよね…もう5月なのに。風邪は万病の元、とか言いますが風邪は病気の基本的な病態を教えてくれたりもします。漢方の聖典の傷寒論では、6つの病態に分けています。自分たちが注目すべきは、陽の部分の3つの病態です。太陽病・少陽病・陽明病の3つです。発熱という状態で受診する方が多いので…まずは太陽病期の状態です。この時期には、自分は漢方薬は使いません。なぜならば、 [続きを読む]
  • 未完成な医学の中で…
  • 医学のシンボルって不思議なんだよね。。。蛇が盃にからまって、中の液体(お酒)を飲もうとしている姿なんだよね。う〜ん…現代医療のレベルって…医者自身が病気しないとわからないのかも???医者が病気をすれば…当然、習った医学で治療しようとする。この習った医学で治らなかったら、どうするのかな?((+_+))そんなことを感じます。自分のクリニックは内科と漢方内科をメインとしています。学校で習った医学と医師になって [続きを読む]
  • 妊活について…
  • 女性が妊娠することって結婚には重要かも。。。ただ、さ。妊娠して子供を産むってことの真意を知らない人が多すぎると感じます。子供は社会に出て行きます。それを手助けをして行くことだけが子供を持つ親の責任では?家系を存続させるため?子供に自分の介護をさせるため?そんなことを考える人に取っての妊活って…結局…ご自分のためだけじゃん。子供は2の次じゃん。親は子供を世に送り出す役目を受けた存在のみ。その責任を任 [続きを読む]
  • 不眠症について
  • 眠れないのって…結構シンドイよね。自分の治療の場合では最初から睡眠薬を使ってしまう場合もあれば漢方薬を併用して治療することも多いのが実際です。強い睡眠薬を長期飲んでいる人に関してはなかなかやめれなくなってしまっています。一方の不眠の初期の段階では漢方薬治療でも十分通用する場合もあります。その患者さんによって色々です。ーーーーーーある患者さんの不眠症の治療です。眠れないとのことで来院。最初はマイスリ [続きを読む]
  • 医者として残したいもの
  • 裁判所の入り口に置いてある銅像です。素敵ですよね。ホントに! (・・)(。。)目隠しをして天秤をもっています。正義って…人の感情を無にして天秤にかける!ってことだと思います。素直に凄いなって思います。どういう訳だか…自分は医師として人生を歩んでいます。その中で何を一番、残したいのか?と言えば。病気を見つめる視点…かな。視点によって病気は色々な形に姿に変えます。悪と捉えれば…排除をすることが必要。善と捉えれ [続きを読む]
  • 男性更年期障害…かぁ。(・・)(。。)
  • 男性更年期障害の原稿を依頼されました。患者さんからですが、初めての雑誌原稿です。漢方的な立場からの男性更年期障害とは?との原稿でした。更年期障害って女性の方が多いですよね。生理が関係しているので分かり易いよね。女性は閉経によって生理がなくなる。一方の身体は、生理を起こすだけのホルモンの波はない反面プロゲステロンやエストロゲンは…まだ分泌されている。と、すればお腹は張るよね。生理が来なければ、下腹部 [続きを読む]
  • 人間とその生き方?
  • 生きることって、さ。難しいよねぇ〜(・・)(。。)整体協会の野口晴哉先生の言葉。なんか、「じぃ〜ん」と来るんだよね。ーーーーーーいつも振り返らず、悔いず、ただひたむきに生に向かって進むことを説いているのは、息しながら死んでしまわない為である。全く生きる者は護(まも)らず、庇(かば)わず、ただ進む。失敗を見ず、病気を見ず、ただ乗り越えて行くだけだ。振り返って嘆き、悔い、失敗にこだわって落胆し、病気に怯(おび [続きを読む]
  • 胃炎症状の多様性
  • 胃炎症状と言っても…原因には多様性がある…そんな風に感じます。ーーーーーある患者さんの話。食べても直ぐに吐いてしまうことが多い、と。とにかく、気持ち悪い、と。検査は全て行っていて潰瘍などはない。投薬されている薬は…ネキシウム・ナウゼリン・六君子湯でした。さて…診察をしてみると。「異様にお腹が硬い…」これじゃ食べられないよねぇ。(・・)(。。)ーーーーーー一般薬の選択としてはネキシウム・ナウゼリンは問題ない [続きを読む]
  • 病気の根本的運動を支える力…とは?
  • このアインシュタインの写真好きだなぁ…。。。「医学は爆発だぁ!」 とか、ねぃ。(^_^)v今回のブログでは…「病気の根本的運動を支える力」そんなことにターゲットを絞って病気治療へのアプローチを考えてみたいと思います。ん〜〜〜今は精密な機械が沢山出来て…「現代医学でも十分に人間の病状の精密に解析ができる!」とか思っている人が多いんだろうなぁ〜???そんなことを思います。(・・)(。。)(・・)(。。)(・・)(。。)でも、 [続きを読む]
  • 40肩や50肩って…なぁに?
  • これって…整形外科の病気なのかな?そんなことを内科医の分際で提起してみようかなぁ〜とか、ね。(・・)(。。)病変が肩にあるかどうか?を精査するのは整形外科かも知れない。でも、さ。 肩に病変を見つけられなかったら???(?_?)(?_?)(?_?)次は…リハビリなのかな?今では内科でも総合内科みたいな科もあるけど、さ。全身の関連性を考えて診察している状況には、ないのかな?d(^-^)ネ!だって、さ。現代医学に臓器の関連性を重視す [続きを読む]
  • 動悸って…なぁに?
  • 「胸が痛い! 動悸がする!」とかの症状で来院される患者さんも多くいます。台東区?で開業されている循環器内科の先生曰く「胸が痛いと言って来る人の90%は胃が悪い!」とか。。。(・・)(。。)「この先生…行けてる!」と思うな。今の時代だから、さ。胸が痛いと受診する患者さんにはレントゲンと心電図は取りますがその殆どは単に胃が悪いだけ…とかです。1人の患者さん…「動悸がするので近くの医院で心電図をとってきたけど正 [続きを読む]
  • 医師として歩く先を考える日々。
  • 人間の人生って…本当は自分で歩く道を決めてきて…歩き方を決めてから生を受けたはず。身の回りに起きることが煩雑かつ多くて…忘れてしまう瞬間が多くなって来ちゃうんだよね。医学って完成されてないから…経営の勉強で九州に行っていた頃、知人となった人が次々と倒れた。旧帝大の九州大学で原因不明。帝大でも…現代医療が未完成なんだから、こんなことは起きやすい。主訴は「微熱と目眩」だったかな。こんな症状からすれば少 [続きを読む]
  • 漢方薬を使うのは難しいよなぁ。その3
  • 傷寒論は何度も読み返しています。学生の時に漢文を放棄しちゃったから…大塚敬節先生の傷寒論解説が、いつも寝室にあります。非常に難解ですが…漢方薬を知るのには避けて通れない本です。。。(・・)(。。)何故か?と言えば…処方構成が簡単で意図が分かりやすく病気の流れから処方を指示している点。それが、他の書籍と比べてみてとても分かりやすい部分かな?(・・)(。。)「傷寒論に始まり傷寒論に終わる!」その様に先哲が言われた様に [続きを読む]
  • 漢方薬を使うのは難しいよなぁ。その2
  • このトピックがある程度完結するまで…「漢方薬のことを書いて行こうかなぁ?」と思います。漢方薬は薬局でも購入できます。そんなことから…自分の医院での治療をしていながらご自分で漢方薬を買って…お飲みになっている患者さんもいます。そんな患者さんの話を聞いていると漢方医療としては滅茶苦茶な状態になっています。加えて、色々な医院での漢方処方から感じることは「やけに柴胡剤が多い!」 そんなことを感じます。この [続きを読む]
  • 漢方薬を使うのは難しいよなぁ。その1
  • 漢方薬は難しい。。。大塚敬節先生が、その師匠の湯本求真先生から言われたとされる言葉。「漢方は悟りだからな…自分で悟る以外ない」一方で実際に自分が…学生時代に大塚敬節先生の治療を受けて「漢方薬の効果」を実感して医者になったのですが。医学部を出ても自分には漢方薬に関しては良く分かりませんでした。(T.T)とにかく難しいのが…身体と漢方薬を合わせる部分が非常に難しい。先日に診察した患者さん。「当帰芍薬散を薬 [続きを読む]
  • 産業医更新研修…終了。。。
  • 天気が良くて、思わず御茶ノ水の聖橋から撮影しました。右手前が医科歯科大学、右奥が順天堂大学です。また…やってきたしもうた(^_^;医科歯科大学の講堂です。今回は更新ということで3日間連続の講習でした。この講習では…いま産業医として悩んでいることへの理解が大きかった様に思います。現状の会社環境は…昔の時間外労働が当たりまえだった時代と変わっています。会社が雇用した人の健康まで守らなければいけない時代にな [続きを読む]
  • 有と無 妊娠
  • 今日は…妊娠に関してのお話です。不妊治療全盛で子供を得るためには大金を出しても仕方ない!とか。。。妊娠には二つの側面があります。一つには「身体のコンディション」が大切です。ある程度…健康に近い身体でなくては妊娠が出来ません。これは医療でどうにかなるのでは?と思います。二つ目は「子供の新しい精神が受精卵に宿ること」が必要です。子供の精神は「この両親の子供になりたい!」という希望の元天から降りてくるも [続きを読む]
  • 例えば、さ。morning stiffness
  • morning stiffness…朝起きたときの手のこわばりだよね。リュウマチの初期症状と言われる症状。教科書には書いてあるよね、d(^-^)ネ!。ここで振り返ること。。。1)リュウマチって女性が多い事実。2)加えて… なんで、関節の滑膜を自分で壊していく様な 「自己免疫性疾患になるのかなぁ???」という疑問3)身体がそれを破壊することを容認しているという事実。そんなことなんじゃないかなぁ。。。(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウ [続きを読む]
  • 分からないのかなぁ…医者でも。
  • こんなドラマみて…音楽聞いて感動できることって…不思議じゃないかなぁ?(?_?)(?_?)(?_?)医療を知らない人間としては、どうか分からないけど。医者としては不思議なことじゃ???とか思うんだよね。。。違うのかな???(?_?)(?_?)(?_?)「なんで…人間は音楽に感動を覚えるのか?」そんなことを追求することが病気の解明に繋がっている…とか思うんだけど違うのかなぁ???(?_?)(?_?)(?_?)ピアノの鍵盤を見れば…「おかしい? [続きを読む]
  • いまはピアノを弾ける環境があるんだよな。。。
  • とりあえず…どういう訳か。自分は幼稚園時代から小学校高学年までオルガンを習っていました。。。大学でも音楽系の部活していた。そして医者になって…民間病院で勤務するようになってから少し時間が出来た。。。そんな時に思ったこと、は、さ。「また…ピアノ弾きたいな」そんな感覚でした。勤めていた民間病院の近くのヤマハ教室に電話したら「この先生が良いかもしれないから…電話してみたら?」とか言われたんだよな。自宅で [続きを読む]