吟遊詩人 さん プロフィール

  •  
吟遊詩人さん: 吟遊詩人 ガラスの夢*トンボ玉
ハンドル名吟遊詩人 さん
ブログタイトル吟遊詩人 ガラスの夢*トンボ玉
ブログURLhttp://ameblo.jp/tombodama/
サイト紹介文認知症の母の介護を通した医療特養介護保険制度県や市などの自治体 高齢者について綴っています。
自由文美しい自然と文化の街石川県金沢。その地で幕開けした物忘れの激しくなった母の介護。排泄の困難さが病院での安易な身体拘束に。怪我。自治体の介護保険制度の運用の仕方。さまざまな矛盾欺瞞。お世話になる身としてはいいにくいことではあるけれどこれは将来にも起こることだと誰か一人に繋げていきたい。福島原発事故での政府の対応を見ていると介護にかかわる対応とシンクロしているように感じてしまう今日この頃です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 108日(平均2.4回/週) - 参加 2011/03/29 15:21

吟遊詩人 さんのブログ記事

  • 雪の金沢 導尿編 医者の良心 導尿が必要でないのに管(くだ)
  • 糖尿病がブラックボックスになったかのような千と千尋の神隠し事件の話をしていたのに話があちこち飛ぶようですが医療の良心について話すのにいろいろ例を挙げようと思います。吟遊詩人ガラスの夢で描いてきた母の千木病院での悲惨は「尿閉」と診断を受けて管を尿道に取り付けられ固定され病院でトイレに行かせてもらえなかったことが一つあります。(他にも抗生物質の多剤投与、差し込みテーブルによる無記録無秩序無制限の身体拘 [続きを読む]
  • チャート式 千と千尋の神隠し 糖尿病編
  • 先に挙げた図では、医療の概念が拘束の実現に強く作用した事を表し損ねているので書き直しました。カジノやら(比喩)で、すってしまったショックで呆然↓「整備された地域社会」の親切な隣人達が大変に心配してくれ↓地域包括センターに情報を上げてくれる。(変になったよと)↓無力な人認定(地元の人の憶測で)↓2型糖尿病で服薬中(インスリン注射は本人が固辞)であることを役所職員が知り↓かかりつけ医に役所が相談(本人は役所が [続きを読む]
  • 自然死か 与死か 吟遊詩人ガラスの夢
  • もし、あの時医療を拒否して在宅医療医に引き払ってもらい、一人で看護してすぐか、何ヶ月後かに母が自宅で亡くなったら、警官が家の中に入ってきたのだろうか?私はそういう事態になることを怖れて信用できないと思いながらもあの人達に母への医療行為をさせたのだろうか。どのみち、人は死ぬのですと言われてもまだ残っている命の火を吹き消されるのと、燃え尽きて行くことはまるで違う。それとも私の思いの及ばない地獄があの [続きを読む]
  • 在宅看護の注意点 チエナム?知恵南無?
  • 神奈川で接触した開業医の一人は高齢者に対してそっけないくらい最小限の処方しかされなかった。今、思い返すと、大変誠実な医師だった。血液の値(ヘモグロビン値)の激変をその方はわざわざ電話をかけてきて知らせてくれた。でも、何もしない。原因を探るために大学病院に行きますという私に悲しそうな顔をして「私より、あちらを信用するのでしょうから、仕方がない」と仰った。その頃はまだ暗闇の中にいて日本の医療は命を救っ [続きを読む]
  • 法律も日本語で書かれている 殺生石 千と千尋の神隠し
  • 「車椅子で転倒した」この日本語の醸し出す奇妙さに気がつくだろうか。状況を描写している割にはまるで書きかけの俳句のようだ。芸術の域から溢れいでて、暮らしの領域にまで氾濫するようになった日本語の曖昧さを最も直截に感じるのは他言語と比較する時だろう。日常に浸透してしまった日本語の曖昧さは書き言葉の日本語と対峙する時には、あまり実感として感じないような気がする。すでに推敲が加わり、修正が加えられているか [続きを読む]
  • 癇症病みのお久仁ちゃん 紅衛兵気取り 千と千尋の神隠し
  • 高齢になると排泄障害 がつきものです。糞便を撒き散らす老人 に関する記事を東洋ダイヤモンドだったかで読んだ記憶があります。資産を持つ裕福なご老人は、いつしか自分の糞便を辺り構わず撒き散らすようになってしまった。奥方が苦労して最善を尽くしてくれる施設を探す。何十軒も断られ、ようやく受け入れてくれる有料ホームに辿り着く。決して聞こえないふりをして放置することなく、 全てのトイレコールに応え、排泄後綺麗に [続きを読む]
  • 閉鎖病棟 言葉の魔力 千と千尋の神隠し
  • 強制入院前にMに連絡したかは不明です。12月強制入院(施設を見学に行きましょうと本人に告げて騙して連行している)1月病院へM赴きそこで「みなさん」と話し合いをした。Mは同意するくらいしかできなかったと述べている。内容は、経過説明と、後見人をつけるなら家や土地も処分せねばならぬだろうからその為の話し合いを後日設定する。本人の意思ぬきで、本来、唯一の味方となりうるMも、本人の現状を直接、目で確認することなく人 [続きを読む]
  • 医療の連携もイレギュラー 千と千尋の神隠し
  • 大河原氏のとく交通冤罪http://blog.livedoor.jp/jijihoutake/archives/54975860.html#trackbacks乳酸菌で有名な某掲示板(公務員が日本を滅ぼすスレッド)で連投した一連の老女の受難の記述は当ブログ吟遊詩人ガラスの夢と連がっています。実際に起きていることであり、サスペンスドラマのパクリではありません。むしろ、ドラマの種となる事実です。行政、社会福祉協議会、NPOボランティア、かかりつけ医地域病院の絶妙な連携プレ [続きを読む]
  • 千と千尋の神隠し お金の次は身体 変額保険 胃瘻
  • 最近では、銀行が保険商品を取扱いはじめて変額保険を高齢者に売りつけていることを多分、まだご存知ない方は多いのでしょう。呆けたら、狙われて、病院に入れていただいて、財産を整理して後見人様に差し上げる。大体は、家土地を売っぱらわれる。つべこべ口を出す家族は遠ざけられる。奥さんに対して、被後見人の財産を守らねばならないから、離婚して下さいと迫った後見人がいたと、後見の杜さんが教えてくれています。家族か [続きを読む]
  • 千と千尋の神隠し 糖尿病と強制入院の関係
  • 糖尿病関連の書籍をひっくり返してみると血糖値のコントロールの仕方には諸説あります。高齢者の血糖値コントロールについてはHbA1c8くらいのゆるめを目標にという説もあります。そうしますと、ますます今回の「医療保護入院」と銘打った自由に外出できない環境に置かれ薬(血糖値を上げる作用あり)インスリン注射を一日4本(劇薬指定)打つことを強要される生活は一体なんの利益を誰にもたらしているのか首をひねらざるを得ません。 [続きを読む]
  • 千と千尋の神隠し 忍法 手のひら返し
  • 行政に個人情報を集め、行政がかかりつけ医(働き者の開業医、週に一度は老人ホームなどに往診に出かけている)に、本人の了承も得ずに勝手に個人の体調を相談して、糖尿のコントロールをする為に教育入院を、「かかりつけ医から本人に提案」させるようにアレンジ。結果は、強情で、食事制限をガンとして受け入れないことを理由に(そんなに制限するのは聞いていないと主張したらしい)、教育入院の舞台となった赤いクロスの有 [続きを読む]
  • 千と千尋の神隠し 医療保護入院研究
  • 読書の部屋へようこそ。 今日は「医療保護入院研究」がテーマです。医療保護入院について知識を得るためにまず法律をさがします。 「医療」「保護」の漢字を見るとなんとなく、優しい、思い遣りに満ちた「言葉」に思えます。 さて、実態はどうなんでしょう。 優しいイメージの看板を掲げたお店の中に入ってみましょう。 医療保護入院について述べているものの一つに精神保健及び精神障害者福祉に関する法律があるそうです。( [続きを読む]
  • 千と千尋の神隠し 医療保護入院研究
  • 読書の部屋へようこそ。 今日は「医療保護入院研究」がテーマです。医療保護入院について知識を得るためにまず法律をさがします。 「医療」「保護」の漢字を見るとなんとなく、優しい、思い遣りに満ちた「言葉」に思えます。 さて、実態はどうなんでしょう。 優しいイメージの看板を掲げたお店の中に入ってみましょう。 医療保護入院について述べているものの一つに精神保健及び精神障害者福祉に関する法律があるそうです。( [続きを読む]
  • 千と千尋の神隠し カジノ発の包括センター行きの新幹線
  • 無力な高齢者に対する病院や施設での拘束。そこを焦点として「無力な人を保護する」名目で脚光を集めようとする「後見人制度」。 その後でカジノやらをでんと置きます。 貪る人は飛んで火にいるなんとやら。 すってしまったショックで呆然となれば「整備された地域社会」の親切な隣人達が大変に心配してくれて地域包括センターに情報を上げてくれる。その結末は・・・・。 https://youtu.be/o3vM0KxQ2Io &nbs [続きを読む]
  • ”社会福祉協議会という王国”
  • 福祉の字義を調べていたら室地聡という人の 毒舌三昧というブログにヒットした。 なるほどー、福祉という言葉はなかったのね、 GHQに問われるまでは。 実は福祉の分野が一番ドロドロのような気がします。SNSで福祉のことを話したとたん目の据わった自称ジャーナリストに冷や水をぶっかけられたことがあります。 その人はSNSで、障害と共に暮らしている人が「今日は妻と飲み屋で一杯。」と暮しのささやかな喜び [続きを読む]
  • 千と千尋の神隠し 玉手箱
  • [ ありがた〜い地域の皆さんが独り暮らしの老人に プレゼントして くださったものを、 座敷で広げて眺めてみました。 賜ったもの▼インスリン強化注射(入院中)▼食事療法(栄養士さんの厳正な管理)▼糖尿病には悪い結果をもたらす精神薬(リスパ)どんどん記憶が・・・▼入院中、寒気はするしやたら食欲が出て餓鬼のように。▼退院後は近所の人の有り難いお言葉▼通っていた眼科医院が何故か入院先を知っていてくださる▼糖 [続きを読む]
  • 千と千尋の神隠し 月とスッポン
  • 千と千尋の神隠しのように、突然親戚と音信不通になった老女の生活の変化。 ごく一部。 2型糖尿病の食事療法の教育入院前の生活○外出には車の運転ができなくなればタクシー使うつもり。 それにこういう時に備えてNalcで長年ボランティア活動をして ポイントを稼いである。抜かりはない。○糖尿病を悪化させないような食事がつくれなくても 通販や宅配もあるし。○インスリン注射は怖い。嫌だ。数値をなんとか下げる工 [続きを読む]