awamori48 さん プロフィール

  •  
awamori48さん: 泡盛おじさんの沖縄の宝、泡盛を制覇したい!
ハンドル名awamori48 さん
ブログタイトル泡盛おじさんの沖縄の宝、泡盛を制覇したい!
ブログURLhttp://ameblo.jp/smallfood/
サイト紹介文沖縄県の酒造メーカーは48。4周270銘柄を越えても奥が深い。沖縄の宝である泡盛を飲んでいきます。
自由文単純に泡盛を飲もうとスタートしたこのブログも、蔵元の巡りや飲み比べ、飲み歩きをしながら、泡盛に詳しくなろうとしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/04/01 11:32

awamori48 さんのブログ記事

  • 泡盛を海に沈めるとどうなる「海底酒」
  • 2016年2月6日、本部町の海に潜って泡盛を沈めてきた。 13名の泡盛好きが海の中に泡盛を沈める。 本来はボートダイブする予定でしたが、天気が悪くゴリラチョップから海に入りました。 この頃は桜が満開の時 本部町は山川酒造さんの事前に伺って山川社長から泡盛造りのレクチャーを受ける そして、その夜すでに1年海底に沈めた泡盛と山川酒造の「珊瑚礁」などの飲み比べ。5年古酒のような味わいを感じる海 [続きを読む]
  • 泡盛制覇スタンプカード復活!
  • No3まではしっかりスタンプを押していたけど,NO4が途中だったことに気がついた。 「泡盛48蔵元制覇カード」 四国出身の泡盛おじさん、88カ所巡りのお遍路が身についています。 今は47蔵元になってしまったので、 手直ししなきゃいけないけど、これで頑張ってみよう! ルールは簡単 ボトルを買って帰るか、居酒屋などで飲んで写真を撮ることがルール 楽しみながら、泡盛の売上げ貢献!&nb [続きを読む]
  • 久茂地の「The BAR」で泡盛カクテル
  • 泡盛マイスター協会の塩川さんのお店 The BAR 久々にやってきました。カウンターに座って泡盛カクテルです。 お任せで作ってくれた久米島の久米仙をベースにしたカクテル名前は・・・ごめんなさい、忘れた。 つまみはチョコレートがあいます。 両方まとめて カウンターで飲む泡盛カクテルで癒やされます。 今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。ランキングに参加し [続きを読む]
  • モーニングサービスで泡盛ジョッキ!!
  • 8時過ぎ、牧志公設市場周辺を歩いていると、すでにオープンしている居酒屋が。 沖縄では有名な「足立屋」 千ベロで有名なお店1000円でべろべろに酔えるという意味で千ベロ ちょっと待った、隣に気になる貼り紙がありませんか。モーニング!!6時から10時まで なんとこの店は朝6時に営業開始夜10時に閉店する居酒屋です。朝10時を越えれば皆さん、千ベロに切り替わります。 それではモーニング!! [続きを読む]
  • 神田駅前「琉の介」でロイヤル瑞穂!!
  • 久々の神田駅、東口をおりて横断歩道を渡るとこの店が! 初めて行く人のためにちょっとプレイバック 東口をおりて横断歩道を渡るとやや右手にこの光景赤い看板で「営業中」 16時から営業しています。もちろん、ランチもやってます。ちょっと明るい内に立ち寄りです。 階段を降りていきましょう! 今日はカウンターで一人のみです! 無性に飲みたくていきなりの43度瑞穂酒造ロイヤル瑞穂 4 [続きを読む]
  • 泡盛酒造メーカー3月の感謝祭3連発!!
  • 沖縄はもう夏がやってきます!3月18日を皮切りに各地で海開きです! 2017年海開き情報はこちらです! さて、さて、こちらは蔵開き?普段市場に出回っていないような泡盛に出会えるかもしれません。 【瑞穂酒造】日 時:2017年3月18日(土)19日(日)10時〜17時会 場:瑞穂酒造(那覇市首里末吉町4-5-16)電 話:098-885-0121詳細情報が載っているホームページはこちらです。 【神村酒造】日 時:2017年 [続きを読む]
  • ビール、泡盛、ラム酒等のヘリオス酒造
  • 許田IC降りてすぐのヘリオス酒造。泡盛メーカーの中でも一番新しい酒造メーカー。もちろん、泡盛ファンの私は試飲コーナーに直行、と言いたいところですが、しっかり工場見学をしましょう!まずは、正面に見えている白い建物は、洗米から蒸留まで製造を行う工場。少し黒くなっていますが、これは「黒麹菌」泡盛ができる素ですから、大事な黒さです。それでは中に入ってみましょう!と言いたいところですが、基本的に写真は、NG。こ [続きを読む]
  • 泡盛は割って飲むもの、泡ボールで泡盛会・神田流の介
  • 泡盛って「強い」イメージを持って入る人が多いですね。でも、沖縄の人はほとんどが水割りで飲むってご存知ですか?確かに、焼酎の主流は25度、泡盛は30度が主流同じ蒸留酒です。琉球から薩摩藩を通じて、九州に上陸した元祖なんです。焼酎は、お湯割りや、水割りしますよね。泡盛も同じです。焼酎ベースのホッピー、サワー同じ感覚で泡盛も割ってしまおう。それも、沖縄県産の素材にこだわった割り材アセロラとシークァーサー名付 [続きを読む]
  • 本部の海に泡盛を沈める海底貯蔵ダイビング
  • 寝る子は育つ琉球泡盛は3年以上寝かせたものを「古酒」と呼び熟成したおいしい泡盛に育ちます。沖縄では、戦争のため泡盛の蔵元も壊滅していて戦後、1946年から49年にかけて多くの蔵元が創業しています。そのため、現在販売されている最古の「古酒」は40年が最古になります。戦争がなければ、100年を超える古酒も残っていたはずです。そのため、平和じゃなければ、「古酒」は育たない。平和 = 古酒古酒は平和の象徴といえます。 [続きを読む]
  • 沖縄本島最北の蔵元をくいなの日に訪問
  • 9月17日は「くいなの日」ということで、ちょうどこの時は沖縄でした。最北端の酒造所『やんばるくいな』の田嘉里酒造さんまでやってきました。さて、ご案内いただいたのは「まるた娘」こと池原文子さん自ら運転して行ったので、試飲はできませんがしっかり帰ってからこれをいただきましたよ。国道58号線を北上していくと国頭村の入り口に「やんばるくいな」その手前を右に入った奥にあります。回転ドラムで洗米、黒麹菌をつけてい [続きを読む]
  • 橋でつながった伊良部島の『豊年』
  • 宮古島と伊良部島が橋でつながったからか渡久山酒造4代目 研悟氏がちょくちょく上京してくれる8月の東京泡盛会にも来てくれた実際にお客さんの反応を見て泡盛づくりに役立たせたいとのことこの渡久山研悟氏3代目は祖父にあたる方で、父親ではない父親は全く別の仕事をしているとのことで、孫が後を継ぐこの泡盛はある日の那覇の泡盛倉庫で研悟氏が持ってきたものを飲ませてもらった5年古酒が60%ブレンド泡盛はブレンドしてその味 [続きを読む]
  • 神谷酒造の古酒『はなはな』
  • 『古酒 はなはな 25度』3年古酒80%に新酒をブレンドして作られています。沖縄本島南部の八重瀬町にある神谷酒造杜氏は社長の息子さん、神谷雅樹氏社長のお父さんが病に倒れ、生きるか死ぬかといった状態に陥り、廃業の危機。現在、お父さんは元気になられていますが、泡盛づくりは雅樹氏の仕事お父さんから引き継ぎで来ていないまま、迎えた危機近くの上原酒造さん、小禄の宮里酒造さんに弟子入り泡盛づくりを覚え、神谷酒造を [続きを読む]
  • 古酒の日お祝いに宮古島多良川『久遠』
  • 9月4日古酒(クース)の日残念ながらこの日は仕事翌日、9月5日は15時までソフトボールの指導18時からビジネス交流会ゆっくり古酒を味わう暇がないならば、交流会で泡盛バーを開設してみんなと一緒に飲んでしまえということで、多良川の35度『久遠』を持ち込んでおきました。少しもったいぶってある程度飲んでもらった後に泡盛がおいしいと言ってくれた人に「これ飲んでみます?」私も一緒にいただきました。どうやら楽しんでいただけ [続きを読む]
  • 異業種交流会で泡盛バー臨時開店
  • 今回は「美と健康」をテーマ女性も多く、土曜日の夜銀座「タクト」で友人のスズキイチロー氏が主宰するビジネス交流会ドリンクコーナーの一角に「泡盛コーナー」を開設約10銘柄の味わいが異なるものをチョイスほとんどが泡盛初心者度数の低いところから割って飲んでもらうようにおすすめ。「沖縄では9割以上の方が水で割るんですよ」というと、「へぇ〜」の言葉が返ってくるやはり飲まず嫌いで「強い」イメージを持っているよう [続きを読む]
  • 全国酒類コンクール3連覇『松藤限定3年古酒』
  • 100%3年古酒の限定『松藤』43度青い沖縄の海をイメージしたボトル3日麹にこだわった崎山酒造廠さんの泡盛堪能させてもらいました!裏ラベルはこちらです。ちょっと自分をほめたいときに、味わいたいかな。金武町伊芸の崎山さんには、何度もお邪魔しています。ここの泡盛はすべて三日麹通常2日だから効率が悪いけれどそれでもこだわり、じっくり味わいを深めていく。自然から湧き出る恩納岳からの伏流水(軟水)にもめぐまれ、芳醇な [続きを読む]
  • 『海乃邦』 『南風』を生み出す高いブレンド力
  • 本来の役割は、原料になるタイ米や瓶などの共同購入組合員のために何ができるか少しでも多くいい泡盛を表に出したい沖縄県酒造協同組合(沖酒協)しかしながら、家族経営の蔵元さんには大量生産ができない県外への流通もできない貯蔵をするスペースも限られているそこで、沖酒協では沖縄県内の蔵元さんの泡盛を集めてブレンドしているだから、ここには、麹棚や仕込みタンクがないあるのは貯蔵するタンクや樽そして、瓶づめ工程、ラベ [続きを読む]
  • 海乃邦10年古酒 25度
  • 沖縄県酒造協同組合は『南風』 『海の邦』 『紺碧』などの泡盛を出していますが、泡盛の製造はしていません。今日飲むのは『海乃邦 10年 25度』うみのくにいろんな蔵元さんのお泡盛をブレンドして作っています。だから、毎年味が違うはずだけど一般の人にはほとんどわからないそれだけブレンダーの技術が高いのだろう。 今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。ランキングに参加しています。ぽちっと押して [続きを読む]
  • 9/21(祝)お台場で海を見ながら沖縄BBQ
  • 沖縄ではビーチパーティが定番東京でもやってみたい!そこで、でも、東京ではなかなかいいビーチがない。そこで、いろんなところを探して、見つけました。潮風公園ここでBBQ下見に行ったときは曇っていたけれど都会らしい雰囲気でしょ場所は、ゆりかもめに乗って台場駅下車当日は、ゆりかもめをゆいレールにしておくかな潮風公園入口から見た台場駅手軽に手ぶらでBBQ食材も機材も泡盛も用意しておきます。泡盛おじさんがやるんだか [続きを読む]
  • 伊勢丹に初出店、宮里酒造『春雨 44度』
  • 7月下旬恒例の新宿伊勢丹沖縄展今年は初めて宮里酒造さんが出店されました。1週間宮里社長ががんばってましたよ。那覇市小禄にある小さな蔵元さん看板もありません。移転しない限り、これ以上工場を大きくできません。でも、味には定評があります。このボトルはいいですね。字体は通常の『春雨』を使ってますが、細長いボトルの形といい、ボトル自体へのデザイン素晴らしいものがあります。古酒じゃなくても、素晴らしい味わいを出 [続きを読む]
  • 限定18200本、『名水十年古酒 37度』
  • 沖縄自動車道の終点「許田(きょだ)」名護の方に向かうとすぐに、右手に見える。私はいつも休憩場所というと失礼だけど北部に行く時は、必ず立ち寄る場所です。自然に囲まれた場所で、10年間貯蔵された『名水十年古酒 37度』まるごとタンク1本をこの泡盛にしたため、限定18200本当初は45度で貯蔵していますが、熟成していく中で、37度になっている。まろやかに熟成されていて、今日はお疲れ様ということで、軽く1杯味わうことにし [続きを読む]
  • 泡盛倉庫比嘉康二さんとやんばるの泡盛会
  • 那覇で600銘柄以上おいている泡盛倉庫今年も新宿伊勢丹に特別出店その前の日に沖縄タウンに集合YANBARUYANBARUでやんばるの食材で、やんばるの泡盛をそして、ゲストの比嘉さんもやんばる出身何種類も飲んだけど、その中の一つ田嘉里酒造所 蔵元限定『山原の古酒 43度』比嘉さんお手製の泡盛クイズありゃ、ひと蔵数え忘れた!!どこかは言えない・・・ (笑)今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。ランキング [続きを読む]