きいた さん プロフィール

  •  
きいたさん: 北の村から
ハンドル名きいた さん
ブログタイトル北の村から
ブログURLhttp://k-kiita.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文太めのオバサンの私が作る自分服の記録を中心に、毎日の暮らしの中の「好き」「楽しい」「面白い」を。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供146回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2011/04/01 16:32

きいた さんのブログ記事

  • 読書 「沙門空海 唐の国にて鬼と宴す 巻ノ三」
  • 夢枕獏の 「沙門空海 唐の国にて鬼と宴す 巻ノ三」 を読みました。全4冊の3冊目です。相変わらずの面白さですが、物語も半分を過ぎて佳境にはいりました。予言されていた現在の皇帝の死の件や、楊貴妃の生死の謎がかなり解き明かされてきました。玄宗皇帝が楊貴妃を処刑した時に楊貴妃の傍にいた道士とその弟子が登場して、物語の全員はそろった感じです。4冊目最後の巻が楽しみです。  [続きを読む]
  • LION/ライオン 〜25年目のただいま〜
  • 昨日は LION/ライオン 〜25年目のただいま〜 という映画を観てきました。アカデミー賞にノミネートされた作品で、5才のとき迷子になり孤児になってしまったインド人の青年の、自身の生家や家族を探す物語です。実話が基になっているそうです。面白かったです。感動作です。まず、5才の頃の主人公を演じる少年の健気さに釘付けになってしまいます。言葉が通じない街だったのでセリフがほとんどないのですが、気持ちを物語 [続きを読む]
  • 端切れ消費、持ち手が付いてる巾着
  • この前、残った生地で巾着を作ったら思ったより可愛いし使い勝手が良かったので、又作ってみました。残っているプリントを全部使い切ることを優先したら、わりと大き目になったので持ち手をつけました。中にクシャとした紙を入れてますが、思ったより使えそうな顔になったかな。写真が光ってしまいましたが、平たく置くと配色の分量が気にならないのですが、上の写真のように口を絞ると配色がもうチョッと少なくても良かったかなと [続きを読む]
  • ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命
  • 昨日は ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 という映画を観てきました。アメリカのケネディ大統領の妻、ジャックリーンをナタリー・ポートマンが演じています。アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされました。大統領が暗殺されてから葬儀までの物語が、インタビューという形で語られています。それなりに面白かったのですが、私がケネディ大統領の事を知らなすぎてピンとこない部分もありました。この映画だけを観ている [続きを読む]
  • 伊藤病院、受診
  • 今日は伊藤病院(甲状腺の専門病院)に行って来ました。6年前の今日、甲状腺ガンの摘出手術でした。今日の検査でも問題無く、7年目に突入です。ガンの手術をしたとは思えないような普通の毎日が過ごせてます。甲状腺は全摘の為、毎日甲状腺ホルモンの薬を飲まないとならないので、ガンの事を忘れることは出来ないのですが、薬が無ければもう少し気持ちが楽なのかなぁ、と思ったりもします。元気な毎日なので贅沢な悩みですが。今 [続きを読む]
  • 崖の上のポニョ
  • DVDでジブリのアニメ 崖の上のポニョ をみました。子供っぽいかと思って見ていなかった作品です。宮崎作品の中では評価があまり高くないようですが、私は面白くみました。好きなタイプの作品です。普通の日常のなかにファンタジーが飛び込んできて、タイムスリップとか夢の中という設定ではなく、現実と架空が同等のようで面白かったです。流石と思ったのは水の表現です。ここだけは映画館で体験したかったです。  [続きを読む]
  • 久しぶりの服作り、母のズボン
  • 実は今年1年かけて持っている服を減らそうと思って、服を作っていません。ただ、服を作っていないけど生地は買ってしまっているので、意味がない事に気が付いています。頂いたりもして生地の在庫ばっかり増えるので何か考えないと、と思ってますが。取りあえず久しぶりの服作り、母のパンツ(母語だとズボン)です。80才も過ぎて、腰が悪く曲がっているので既製服が合わずにパンツは作った方が良いみたいです。後が極端に大きい [続きを読む]
  • 都内散歩 地下鉄博物館とお花見 (江戸川区)
  • 4月に入ってかなり暖かくなったし桜も咲いているので、昨日はちょっと都内散歩に行ってきました。まず、東京メトロがやっている地下鉄博物館に行ってみました。葛西駅に隣接しています。JRの鉄道博物館のようにあまり話題にならないので、お子様仕様かなと思っていたのですが、そんなこともなく面白かったです。入り口は自動改札機でした。色々展示されているのですが、やっぱり大人なので歴史と作るが興味を惹かれました。最初 [続きを読む]
  • しゃぼん玉
  • 昨日は しゃぼん玉 という映画を観ました。あまり宣伝もしてないし、単館公開というのでしょうか? 東京は銀座と立川の2館だけのようです。原作は乃南アサの同名の小説で、私は読んでいません。面白かったです。“ほわん” と感動します。1人の青年の再生物語で、全編宮崎県の椎葉村という所が舞台になっていました。ひったくりを繰り返していた青年が傷害もしてしまい、逃走している途中で独り暮らしの老婆と出会います。老婆 [続きを読む]
  • 大人だけどドラエモンのバッグ
  • 2ヵ月ぐらい前から生地売り場に行くとキャラクターの生地がたくさん並んでいて、何度か見てるうちに衝動的に私も欲しくなってしまいました。日本発のキャラクターがいいなって思ってキティちゃんと悩んだ結果、ドラエモンの生地を購入。30cm買ってバッグにしました。生地を買ってはみたものの使うかどうかは自信がなかったので、思い切って作った事のない型の物にしてみました。A4サイズがゆったり入るので、子供の絵本バッ [続きを読む]
  • ムーンライト
  • 今日は映画 ムーンライト を観て来ました。アカデミー賞の作品賞を受賞した作品です。私はアカデミー賞を信じてはいません。この作品は私は好きですが、大きな賞を受賞して超メジャー作品として評価されるのには疑問を感じます。マイアミの貧しい地域で育った一人の男性の成長物語です。小学校高学年、高校生、成人してからと三つの時代をそれぞれの俳優さんで一人の男性を演じています。描かれるのは貧困、育児放棄、ドラッグ、い [続きを読む]
  • デビット・ボウイ回顧展
  • 昨日は DAVID BOWIE is に行って来ました。去年の秋に亡くなったデビット・ボウイの回顧展です。誰しもがデビット・ボウイはロックスターと認識していると思いますが、私の彼との出会いは映画でした。デビット・ボウイがロックシンガーだという事は知っていましたが、音楽より映画 “地球に落ちてきた男” の印象がスタートです。この映画も公開時に観たのではなく。名画座で他の映画と2本立てでみたと思います。音楽をちゃんと聞 [続きを読む]
  • 端切れ消費、巾着作ってみました。
  • バッグの中の整理にいいかなって思って残り生地で巾着を作ってみました。サイズ感がピンとこなくて、こんなもんかな?って、残った生地の大きさで決めたような感じです。紐が1本のと2本のを作ったのですが、どっちの方が使い易いのかな? 1本の方はストッパーを付けました。底の配色の部分だけ芯をはったので、今のところギリギリの自立です。使っているうちにクタッとしてくるんだと思います。励みになります。ポチッと応援よ [続きを読む]
  • ラ・ラ・ランド
  • 昨日は映画 ラ・ラ・ランド を観てきました。残念ながらアカデミー賞の作品賞はとれませんでしたが、前評判の高かった作品です。面白かったです。チョッと悲しい終わり方をするのですが、全体には楽しい映画でした。やっぱりミュージカルということで、音楽とダンスがあるせいだと思いますが、解り易い恋愛物という事と、主人公の成功物語だという事だと思います。唄もダンスも物語の奥行きも少しづつ物足りなさを感じたのは、期待 [続きを読む]
  • バッグのレシピ本を買ってしまった。
  • 私は服やバッグを作るときにレシピ本を使っていません。高校を卒業したあとに洋裁の専門学校に行ったので、自分サイズの物は型紙も作れるし、難しい物は作らないので縫い方もだいたい解るしって感じです。本屋さんは好きで用事がなくても立ち寄る事が多いのですが、バッグのレシピ本を買ってしまいました。衝動買いです。去年の春の発刊のようですが、立ち寄った本屋では結構目立つ所においてありました。家に帰ってから調べたら、 [続きを読む]
  • 命名、一升瓶トート
  • 友人からのリクエストの寸法でトートバッグを作ったら、こんなのになりました。極端な縦長です。サイズ的にはワインだったらオシャレなのですが、一升瓶です。底の大きさより口の大きさの方が小さいので、底の方の荷物は取り難そうです。ポケットのリクエストは無かったのですが、取りあえず上の方にひとつ作っておきました。友人に渡したら、彼女は喜んでいました。私は何しろ疑問符だらけです。?????励みになります。ポチッ [続きを読む]
  • 読書 「沙門空海 唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二」
  • 夢枕獏の 「沙門空海 唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二」 を読みました。間が空いてしまいましたが、1月に読んだ “巻ノ一” の続きです。相変わらず主人公空海のまわりでは不思議な出来事が起きていて、物語の主軸がどれだか解らない状態が続いていました。それでも面白かったのですが、最後にこれが本題だろうというエピソードがドーンと入ってきました。楊貴妃の生死にまつわる話です。私のように中国の歴史がよく解ってなくて [続きを読む]
  • 素晴らしきかな、人生
  • 今日は 素晴らしきかな、人生 という映画を見てきました。面白かったです。あまり話題になっていない作品ですが、いい映画だと思います。ジワーッと感動するタイプでした。子供が病死したことによって、人生を投げ出した男性の再生物語です。子供を亡くした主人公は会社の経営者であり、その同僚が傾きかけた会社とその主人公を立ち直らせようとします。その方法や、主人公が参加するようになる、子供を亡くした人の集まる会のリー [続きを読む]
  • ペンケースの予定がコスメポーチに
  • ペンケース用で型紙とセットで買ったワイヤー口金だったのですが、思い立って化粧ポーチにしました。ペンケースの型紙の縦を伸ばして、配色を考えただけです。中心の配色の所にファスナーのポケットを作りました。実際にはバンドエイドを入れています。内側には小さな鏡を入れるポケットと口紅ホルダーを作りました。裏地はいつものコットンシーチングにしたのですが、本当はビニコにした方が、汚れを拭けたりしてよかったんだと思 [続きを読む]
  • 都内散歩 東京にも大仏さまがあった! (板橋区)
  • 行った事のない東京の名所を探して行ってみようと思ってます。ネットで都内の名所を探していたら、大仏がヒットしました。今日の目的は大仏見物で、その周辺も。最初に行ったのは 「植村冒険館」 。冒険家、植村直己の記念館です。最寄駅は都営三田線の蓮根。板橋区仲宿在住だったそうです。展示品はだいたい3ヶ月ぐらいで変わるそうですが、今は最後になったマッキンリー登頂の時の遺品が飾られています。次が板橋区立の熱帯環境 [続きを読む]
  • 相棒-劇場版Ⅳ-
  • 昨日は映画 相棒-劇場版Ⅳ- を観て来ました。副題があります。長いのですが “首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断” です。TVの相棒のファンなので、ついつい観てしまうのですが、今回は前回の劇場版より面白かったです。今回は国際的な犯罪組織の無差別テロの捜査です。お決まりの捜査本部と特命係の捜査の切り口の差が大袈裟に描かれていて笑える部分もあり、相棒特有の人間物語もあり、映画としてのスケール [続きを読む]
  • 久しぶりの観劇 「不信」
  • 昨日は久しぶりで演劇 「不信」 を観てきました。三谷幸喜の作、演出で新作です。場所は東京芸術劇場でした。4日から6日まではプレビュー公演です。三谷幸喜作品の舞台公演は 「オケピ」以来で本当に久しぶりでした。映画やTVドラマも見ていましたが、やっぱり舞台が一番のような気がします。面白かったです。となりの奥さんの万引きを見てしまった事からはじまるサスペンスなのですが、2軒2組の夫婦4人のセリフで物語が進 [続きを読む]
  • 端切れ消費 いつもの文庫本カバー
  • またもやリクエストにこたえて文庫本カバーです。文庫本をネットで買ったり、古本を買ったりする人が多いのかなぁ? って思ってます。写真が少しボケてしまいました。残り生地なので、代わり映えしませんが。本に付けたところの写真、おもて表紙側、裏表紙側の順です。私は小説を読むのに、しおりを使わないので文庫本カバーにしおりの紐を付けていませんが、普通は使う人のほうが多いのかな? 新刊を買えば紐が付いていない本に [続きを読む]
  • 彼らが本気で編むときは
  • 今日は 彼らが本気で編むときは という映画を観て来ました。面白かったです。いい映画です。泣いてしまいました。それも前半から、半分ぐらいは泣いていたように思います。性同一性障害で性転換した女性(元男性)リンコとパートナーの男性、母親に捨てられたパートナーの姪の物語です。主人公リンコを含め何人もの母親が出て来ます。子供との絆がえがかれ、それぞれの母親がみんな違います。3人の日常が淡々と描かれているのです [続きを読む]
  • ふたとおりの形になるトートバッグ
  • 既製のバッグのマチにホックが付いていて、マチを内側に入れるように出来るのを見て、私も真似してみました。マチのホックを止めるとかなり雰囲気が変わりました。口にマグネットホックも付けたので、口がきちんと閉じられた感じになりました。これはこれでアリかなって思います。励みになります。ポチッと応援よろしくお願いします。  [続きを読む]