きいた さん プロフィール

  •  
きいたさん: 北の村から
ハンドル名きいた さん
ブログタイトル北の村から
ブログURLhttp://k-kiita.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文太めのオバサンの私が作る自分服の記録を中心に、毎日の暮らしの中の「好き」「楽しい」「面白い」を。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2011/04/01 16:32

きいた さんのブログ記事

  • 八月納涼歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下
  • 昨日は歌舞伎座に行って来ました。新しくなって始めてです。普段の歌舞伎座公演は昼夜2回なのですが、八月は3部になっていて、その分少し短く少し安価でした演目は 「野田版 桜の森の満開の下」 で、野田秀樹作の新作歌舞伎です。中村勘太郎、七之助、市川染五郎ほか若手の俳優が中心になっていました。坂口安吾の同名小説が基になっているのでしょうが、全然別物だと思います。かなり前に野田マップの公演を観ています。面白か [続きを読む]
  • 小さめショルダーバッグ、ポシェット? サコッシュ?
  • 長財布が横にギリギリ入るくらいのショルダーバッグを作りました。秋冬に向かって真っ黒です。オバさん年齢になってあまり黒を着なくなったので、逆にアクセントにいいかな? って思ってDカンやナスカンまで黒です。表地はポリエステルで芯地を柔らかい物にしたので、くったりです。表側と内側にポケットを1室ずつ作ってあります。小さめのショルダーバッグの事をポシェットとよく言いますが同じ意味で言語違い?マチがないショ [続きを読む]
  • ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密
  • 昨日は ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密 という映画を観ました。マグドナルドの創業者レイ・クロックの実話の映画化です。面白かったです。マグドナルドを軌道に乗せるまでの苦労話かと思って観に行ったのですが、マグドナルドというビジネスの構築の物語でした。アメリカでは知られた事なのかもしれませんが、マグナルドというテイクアウトのハンバーガーショップを作ったのはマグドナルド兄弟で、厨房と調理の手順をシステ [続きを読む]
  • 今日は伊藤病院
  • 今日は伊藤病院 (甲状腺の専門病院) に行ってきました。1ヵ月おきです。お盆休み中なので、いつもより出足が遅いみたいでした。会社が休みの方が多いせいか、なんとなく男の患者さんが多い感じ。採血の結果FT3      2.5FT4      1.62TSH      0.36HTg      0.31TG       153HbA1c    5.3LDL-C    150前回FT4が高め、TSHが低めで [続きを読む]
  • 読書 「三千世界の鴉を殺し 16」
  • 津守時生の 「三千世界の鴉を殺し 16」 という小説を読みました。この前 中途半端になっていたラノベ の最終巻を読んでスッキリ納得したので、他にもある中途半端シリーズをチョッと調べてみました。そのなかで、好きな作家のシリーズの続巻がきちんと発刊されていたので、ネットでポチッと。前巻を読んでから6、7年たっているし、物語が新しい部分に入ったみたいで読んでいても辛い部分も多かったのですが、やっぱりそれなり [続きを読む]
  • トランスフォーマー / 最後の騎士王
  • 昨日は トランスフォーマー/最後の騎士王 という映画を観てきました。トランスフォーマーシリーズの最新作です。面白かったです。細かい事は言いっこ無しの面白さです。副題に “最後の〜” って付いているので、最終章に入ったのかと思っていたのですが、逆に新章に突入した感じです。アーサー王の伝説に絡めた物語でした。機械がバラバラになったり、車になったり、ロボットになったりの映像の面白さはいつも通りですが、チョッ [続きを読む]
  • 真夏のブラウスを作りました
  • 母にノースリーブのブラウス を作ったら、思ったより良さそうなので、自分の分も作ってみました。私のはかぶりです。考えたのは、中が見えないギリギリのバスト寸法と袖ぐりの大きさブラの肩ひもが見えにくい肩巾と衿ぐり1枚で着ても、上に羽織り物があってもどうにかなりそうな着丈です。生地は薄手のコットンツイルパンツにするには薄いけど、スカートはデザインを考えないとハリが強いって感じの生地です。どうかなぁ?って思 [続きを読む]
  • 東京喰種 トーキョーグール
  • 昨日は 東京喰種 トーキョーグール という映画を観てきました。原作は石田スイの同名のコミックで、私は未読です。面白かったです。全体の世界感が面白いので、たぶん原作が良いのだと思います。グールと呼ばれる人間を食料とする種族と、CCGというそれを取り締まる組織の物語と、普通の人間でもグールの臓器を移植されてしまい、半グールになってしまった青年の苦悩の物語が描かれています。グールという人間を脅かす存在なの [続きを読む]
  • 南極料理人
  • DVDで 南極料理人 という映画をみました。毎日暑いので、冬とか雪とかを感じる作品という事で選びました。面白かったです。南極の昭和基地より離れた基地で越冬する8人の単身赴任者の日常が描かれていて、なんともほのぼのとしていて、家で見るには丁度良かったです。南極だからという大きな事件があるわけでもなし、本当に食事は楽しみのひとつになっています。そして帰ってきて、普通に出張から戻ったみたいな日常になるのも [続きを読む]
  • 心が叫びたがってるんだ。
  • 昨日は 心が叫びたがってるんだ。 という映画を観てきました。一昨年公開された同名のアニメの実写版です。面白かったです。良い作品だと思います。まさしく青春映画で、高校生の群像劇でした。小さい頃のトラウマで失語症になってしまった女子高生が主人公で、クラスで地域の行事で演じるミュージカルを成功させようとする中で、それぞれの心の葛藤と向き合おうとす物語です。歳をとった私からみると、つっこみ所は多いのですが、 [続きを読む]
  • 皮膚科、受診
  • 今日は皮膚科に行ってきました。今年は早い時期から暑くなったせいか、汗疱も早く終わってラッキーって思っていたら、ちょっと前に足の甲に汗疹(アセモ)か出来てしまって、痒くて大変でした。暑い日に甲の部分に太いゴムが付いているスニーカーを1日履いていたからです。虫さされ用の痒み止めでやり過ごしたのですが、少し後が残っているので先生に話したら、汗が溜まらないようにと言われたのですが、念の為に痒みが酷い時のス [続きを読む]
  • バッグの為に買った生地でブラウス
  • 家にいる時に着るブラウスを作りました。生地はコットンオックスプリントなのですが、以前バッグにするつもりでネットで買った物です。生地をネットで買う事はあまりないのですが、お手頃な値段だったので、ついポチッてしまいました。生地が到着した時は感じなかったのですが、バッグの型紙を当ててみると柄が大きすぎてイメージが湧かなくなってしまい、ほったらかしになっていた訳です。生地が有るだけ全部で考えたので、こんな [続きを読む]
  • 銀魂
  • 昨日は映画の 銀魂 を観てきました。空知英秋の同名のコミックが原作で、私は少年ジャンプで1、2回読んだ事が有る位で、基本的には何も解っていません。面白かったです。声を出して笑える可笑しさで、私の好きなくだらなさです。人気コミックの実写化は原作ファンの反感を買う作品が多いようですが、この映画はどうなのかな? と思います。色々な映画やアニメをパロッたところなんか、私は大受けでした。いつもの映画館で観たの [続きを読む]
  • 母の夏物ブラウス、おまけ
  • このあいだ、出来上がったブラウスを母に渡したら、“ありがとう”の後に “前あきのあるタンクトップが欲しい” とリクエストがありました。作るのではなく既製品でいいそうですが、「前あき」 にこだわっています。歳をとってきて腰も悪いので、新しい服は 「かぶり」 じゃないのを買いたいそうです。肌着にするのか聞いたら、そうではなく、カーデや軽い羽織り物のインにしたいらしいです。お婆ちゃん向けの衣料品を探したのですが [続きを読む]
  • 読書 「輝ける魔都の恋唄」
  • 「輝ける魔都の恋唄」 という小説を読み終わりました。 “クリセニアン夢語り” と冠がついています。 少女向けのラノベで、ひかわ玲子作です。20年ぐらい前に “クリセニアン年代記” というシリーズ小説を夢中で読んだのですが、この小説はその後日談で、主人公が息子になっています。それでも、10年ぐらい前のシリーズ作品なのですが、最後の1冊だけ読んでいなかったのです。気になっていたのですが、買ったと思ってた本は手 [続きを読む]
  • 観劇 「ふるあめりかに袖はぬらさじ」
  • 昨日は貰ったチケットで 「ふるあめりかに袖はぬらさじ」 というお芝居を観てきました。有吉佐和子作、主演は大地真央です。幕末の横浜の遊郭が舞台の物語です。私は過去、杉村春子、坂東玉三郎の同作を観ています。杉村春子版は私が若くてしっくりこなかったせいか、よく覚えていないのですが、坂東玉三郎版は覚えています。どちらもコミカルな部分はあったとしても、切符がいい芸者のしっとりした物語という印象だったのですが、 [続きを読む]
  • 母の半袖ブラウス、こんなもんで完成形
  • 母と 「夏の木綿のブラウスを作るね。」 って約束して3枚目です。やっぱり、お婆さんになるとかなり体型が変わってくるのに苦労しましたが、まあまあの着心地になったみたいです。今回は衿をヘチマカラーにしてみました。自分でも小さいヘチマカラーの服が欲しいので、母ので試しちゃいました。生地はコットンプリントなのですが、ピケみたいな縦方向の畝の間にサッカーみたいな凹凸がある生地です。生地の名前が解りません。夏なの [続きを読む]
  • ハクソー・リッジ
  • 昨日は ハクソー・リッジ という映画を観て来ました。戦争映画ということは解って見にいったのですが、第二次世界大戦末期の沖縄戦が舞台でした。武器を持たずに従軍した衛生兵、デズモンド・ドスという実在の人物の物語です。面白かった、というか凄かったです。信仰、信念を貫くという事が主題だと思います。多分それを際立たせる為だと思いますが、主人公と家族、恋人、同僚、上官との関わりという部分は割とアッサリした表現で [続きを読む]
  • 残り生地無しの大きなトートバッグ
  • 今まで使っていた大きなトートがボロくなってきたので新しいのが欲しくなり、生地を買ってきました。売り場で悩んだあげく、キャラクター物 (スヌーピー) です。キャラクター物なので他に使う可能性は無く、持ち手の長さを考えて50cm買って来ました。家に帰ってから、きちんと測ったら55cm弱ありました。パズルの」ように考えて大きさを決めたのですが、32×32×15です。持ち手は3×49。持ち手の裏に表地を使う [続きを読む]
  • 22年目の告白−私が殺人犯です−
  • 昨日は 22年目の告白−私が殺人犯です− とうい映画を観て来ました。「殺人の告白」 という韓国映画を基にしている作品だそうです。面白かったです。時効を過ぎた連続殺人犯が名乗りでるところから物語がはじまるのですが、過去の残忍な犯行と、現在が交錯しながらも解り易く描かれていて、サスペンス特有のドキドキ感が最高でした。私は中盤頃に予想した本当の犯人が当たってしまったのですが、それでもガッカリ感はなく、最後 [続きを読む]
  • 母のブラウス、また少し修正
  • 母のブラウス、2枚目です。前回 作った時にバスト寸法を修正したのは問題なかったのですが、首、肩、胸が萎んだ分ウェスト、ヒップは大きくなっていて今回修正です。デザイン的には暑くなってきたので半袖にして、衿ぐりも前を下げて大きくしました。明日、実家に行くので母に着て貰います。生地はコットンブロードプリント千鳥格子ですがプリントです。チェック柄のプリントは初めてで、地の目と柄が合っていなくて苦労しました [続きを読む]
  • 読書 「卒業」
  • 東野圭吾の 「卒業」 を読みました。長いこと古い時代の中国を舞台にした物語を読んでいたので、現代の日本の物語にしようと思い選んだ小説です。本屋さんに行くと沢山の作品がおいてありますが、東野圭吾の作品を読むのは初めてです。推理小説も久しぶりだったのですが、まあ面白かったと思います。犯人の予想が付き難かったところは面白かったのですが、逆に茶会の儀式のトリックが解り難かったです。本の中でも図解されていまし [続きを読む]
  • LOGAN/ローガン
  • 昨日は LOGAN/ローガン という映画を観て来ました。X−MENシーリーズの中のウルバリンを主人公にした最新作です。面白かったです。絶滅しそうなミュータントを救おうとするローガン(ウルバリン)の物語で、狩る者と狩られる者の壮絶な戦いが描かれています。ローガンも歳をとり、体調も変化があり、絶対的な強さが無くなってしまった分、みていてドキドキ感がありました。映画自体は面白く観たのですが、強いヒーローが [続きを読む]
  • 思ったより便利、通院用ポーチ
  • 2月にお薬手帳が入るポーチ を作ってズーッと使っているのですが、思ったより便利です。A4サイズの紙は四つ折りでピッタリだし、実家で確認したら高齢者用の保険証も問題ありませんでした。それだったらという事で、友人に押し付けることにしました。端切れを消費するには生地に合わせてファスナーを用意しないとならないので、チョッとハードルが高くなりますが、プレゼントにするにはいいかなぁ、とか思っています。励みにな [続きを読む]