小梅太郎 さん プロフィール

  •  
小梅太郎さん: 小梅太郎の「そこそこ家庭菜園」
ハンドル名小梅太郎 さん
ブログタイトル小梅太郎の「そこそこ家庭菜園」
ブログURLhttp://koume-taro.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文北海道で初心者がはじめた、そこそこの家庭菜園日記。気軽に、ぼちぼち、楽しんでます。
自由文長年生活した東京を引き払い、2009年に生まれ育った北海道小樽市に戻ってきました。のんびりとした生活の中、家庭菜園に目覚め、裏庭の小さな畑で様々な野菜に挑戦中の家庭菜園初心者です。なるべくお金をかけずに、気軽に、ぼちぼち、楽しんでます。
今後のための栽培記録も兼ねています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/04/01 21:02

小梅太郎 さんのブログ記事

  • ポットで育苗していた紫花豆とササゲを定植
  • 今週はようやく晴れて気温が上がってきたと思ったこちら小樽でしたが、21日(水)にはどんより曇り空が広がり、夕方から雨が降り始めて、その雨は22日(木)まで続きました。なんだかいい天気が続かないな…そんな中でもぼちぼちと菜園作業は進めていて、本日の話題は、豆類の紫花豆とササゲについてです。紫花豆とササゲについては、自家採種したタネを5月24日にポットにまいて、芽出し・育苗していたのがそこそこ生長してきたの [続きを読む]
  • 行者ニンニクの花が咲いてます
  • ここにきて、ようやく小樽も気温が上がってきて、6月19日(月)も最高気温が23℃くらいまでになりました。やっとこちらも本格的な家庭菜園の時期ですね。さて、本日の話題は、一足先に収穫も済んている行者ニンニクなんですが、その行者ニンニクに花が咲きました。(花があっちこっち向いているので、紐で縛ってます)行者ニンニクといえば、こちらではお馴染みの春の山菜ですが、「そこそこ家庭菜園」でも少しだけですが栽培して [続きを読む]
  • こぼれ種からのサンチュは今年も移植後に順調に育ってます
  • 6月18日(日)の小樽はいい天気で、最高気温も23℃くらいまで上がってようで、ようやく野菜たちにも嬉しい気温になってきました。さて、本日の話題はサンチュなんですが、我が家のサンチュは毎年、こぼれ種から育てているものなんです。毎年秋に、第2ミニ畑で花を咲かせたサンチュをそのまま放置していると種ができ、そのまま枯れさせると種がこぼれて、雪解け後の春にはちゃんと芽が出てくるんです。ただ、そのままではあちこちに [続きを読む]
  • ナスは今年もプランター栽培です
  • 6月に入ってもパッとしない天気が続いていたこちら小樽ですが、天気予報を見るとようやく少し気温が上がってくるようです。とにかく最低気温が低くて(平気で10℃くらいまで下がってますからね)、ミニ畑に植えた野菜たちもちっとも生長が見られなかったのですが、気温が上がれば、生長も進むと思うので、期待したいと思います。さて、本日の話題はナスなんですが、ミニ畑の方は一部を除いて一応ある程度は苗を植える作業は済んで [続きを読む]
  • 今年のトマトはミニトマトのみ。追加で赤玉の千果を植えました
  • 6月中旬というのに、どうにも気温が上がらず、天気もいまひとつで、菜園作業も盛り上がらないこちら小樽です。そんな中、6月上旬の一部苗の定植作業以来、ぼちぼちと追加で作業をしているので、それらについて書き留めています。今回は、ミニトマトについてなんですが、最初に苗を買いに行った時に、ミニトマトのお気に入りの品種、千果の赤玉の苗が売ってなかったんですよね。その時は、初めて見るオレンジ千果の苗が売っていたの [続きを読む]
  • ゴーヤは第3ミニミニ畑に定植〜毎年気候で苦戦してるが今年はどうかな
  • 6月に入っても、小樽は気温が低いんですよね。本日(15日)も雨が降ってます。最高気温が20℃を超えた日が、3日ほどしかなくて、さらに最低気温ががいまだに10℃前後で推移しているという天候で、これでは野菜たちにとってはもちろん、人間も寒くて、部屋ではストーブをたいているという状況です。なので、どうにも家庭菜園も盛り上がってこないのですが(汗)、そんな中でも、6月上旬の一部苗の定植作業以来もぼちぼちと作業は進 [続きを読む]
  • イチゴに花が咲いたので受粉をしておきました
  • 第1ミニ畑の端っこに、一昨年に知人から苗をいただいたイチゴを植えてます。昨年、ようやくちょっとだけ収穫できたので、今年も期待してるんですよね。そして、よく分からないながらも、ランナーを伸ばして苗作りをして、なんとか株を少しずつ増やしています。できれば、第1ミニ畑の端にはずらりとイチゴを並べたいですね。ちなみに、北国でのイチゴの栽培方法がよく分からないのですが、基本的に植えっぱなしで越冬させていて、雪 [続きを読む]
  • 庭先で一輪咲いていた見慣れない小さな黒っぽい花はクロユリ!?
  • 野菜はそれなりに色々と覚えながら栽培していますが、残念ながら、花に関しては、さっぱり分からないんですよね。で、先日、家の庭先に、見慣れない小さな黒っぽい花が咲いていたんです。それも一輪だけ。どうやらこれ、クロユリのようですね。色は黒紫色と表現するのかな。ちょうどタイミングよく、新聞にクロユリについての記事が掲載されていて、クロユリは本州では高山地帯でしか見られない花なんですね。花言葉は「恋」と「呪 [続きを読む]
  • 豆類中心に育苗用にポットに種まき。プランターにルッコラなども
  • ミニ畑の作業があまり進んでいない中、先日の5月24日に、豆類中心にまずは育苗用にポットに種まきをしました。相変わらず場所が狭いミニ畑なので少量栽培ですけどね。ちなみに、ポットの色で種類を分けてます。まいたのは、紫花豆(紫)、ササゲ(黄)、正式名称が分かってない(笑)通称マンズマメ(灰)、枝豆の湯上がり娘(金)、同じく枝豆の味勝(あじまさり)(黒)、サニーレタス(ピンク)、ニラ(緑)ですね。種は、紫花 [続きを読む]
  • こぼれ種のサンチュをひとまず避難
  • 本格的な菜園作業が始まる前のこの時期、毎年のことながら、こぼれ種からのサンチュがあちこちから芽を出して第2ミニ畑を占領します。毎年、サンチュが秋に花を咲かせると、そのまま放置していると種ができ、そのまま第2ミニ畑で枯れさせると、種がこぼれて春にぎゅうぎゅうに芽が出てくるんですよね。(2017年5月24日の様子。こんなに密集してます)で、先日の24日、土づくりのために第2ミニ畑を耕したのですが、例年のことながら [続きを読む]
  • たった1本のアスパラが嬉しいのです
  • ようやく重い腰を上げて、まずは土起こしから始めている「そこそこ家庭菜園」ですが(→ようやく作業開始。まずはミニ畑の土起こしから)、ミニ畑では植えっぱなしの野菜がいくつか勝手に育ってます。そのうちの1つが、数年前に根を植えた第2ミニ畑のアスパラなんですが、毎年数本しか出てこなくて、ほとんど収穫できてない状態で、半ば諦め状態…(植えてる周囲も荒れてます…)それでも毎年、ニョキ〜っと出てくるので、撤去す [続きを読む]
  • ようやく作業開始。まずはミニ畑の土起こしから
  • 5月中旬になって、周囲でもそろそろ家庭菜園の畑を耕す様子が目に入ってきて、ちょっと焦り気味の「そこそこ家庭菜園」でしたが、ここにきて天気の良い日が続くので、いよいよ私も重い腰をあげました(笑)まずは、第1ミニ畑をざっくり耕しました(作業は5月17日(水)です)。冬の間に雪の下で、土がカチンコチンに固まっているので、それを起こすのと、そんな中でも生えてくる雑草や土の中に残っていた根っこなどをざっと取り除 [続きを読む]
  • 雪解け後に出てきたヤグラネギがだいぶ生長してきました
  • ゴールデンウィークも過ぎてしまいましたが、「そこそこ家庭菜園」はまだ休業中です。そろそろ土起こしくらいはしないとと、ちょっと気にはなっているのですがね(汗)今日5月8日(月)の気温は、日中でもようやく10℃を超えたくらいと、連休中は20℃を超える日もあったのですが、まだまだ肌寒い日もあるので、実際の家庭菜園の開始はもうちょっと先です。さて、本日の話題は、雪解け後から勝手に芽が出て育っている野菜のこちらで [続きを読む]
  • 行者ニンニク収穫しました
  • 5月に入って、こちら小樽もようやく桜の季節を迎えてますが、3日からはぐっと気温が上がって最高気温も20℃を超え、桜の開花も一気に進みそうな天候です。で、ミニ畑の方ですが、そろそろ一度、冬の間に固まった土を掘り起こそうかと思ってはいるのですが、今のところ手付かずです(汗)そんな中、雪解け後に芽を出して育っていた行者ニンニクが、いいサイズに生長してきたので、収穫することにしました。いや〜、もちろん、今シー [続きを読む]
  • 雪解け後に出てきたこれは何?〜行者ニンニク
  • ミニ畑の雪もすっかり解けましたが、こちらは気温がまだ低いですし、家庭菜園の作業はまだまだ先です。この時期、冬の間、雪の下にあった土は、昨秋に放置された草木の残骸とともに、カチカチに固まっているんですが、それでもあちこちから、何やら新しい芽が出てくるんですよね。毎年のことなんですが、いつものあれや、何かよく分からないこれや、たぶんあれだと思うそれや…、色々出てます。で、そんな雪解けの後から出てきたも [続きを読む]
  • 【悲報】雪解け後のサクランボの若木がまたもや折れてしまった…
  • 前回、サクランボの老木を剪定した話を投稿しましたが(→サクランボの老木をがっつり剪定〜その切った枝で一足先の花見)、ミニ畑の横にはサクランボの若木も植えてあるんですよね。冬の間、冬囲いをしていたその若木のサクランボが、雪解けとともにその全体像を久しぶりに見せたのですが、それがなんと!?折れてました(涙)実はこのサクランボは、若木といっても2011年春に植えたのでもう6年も経っているのですが、折れるのは [続きを読む]
  • サクランボの老木をがっつり剪定〜その切った枝で一足先の花見
  • 小樽も雪解けが一気に進んで、ミニ畑の土もようやく顔を出してますが、家庭菜園の作業はもうちょっと先になります。さて、我が家のミニ畑には、一本、大きなサクランボの老木があるんですが、ほとんど実もならず、これまでもあまり手をかけてなかったので、上へ上へと伸びてしまい、夏場にはミニ畑を覆ってしまうくらいに葉が茂ってしまうんですよね。そこで、真冬の間にその老木サクランボの剪定作業をしたんです。いや、剪定とい [続きを読む]
  • 一気に雪解けが進んでミニ畑の土が出てきました
  • 先日、12日(水)・13日(木)と雪が降って、春の訪れが足踏み状態になったのですが、その後ぐっと気温が15℃以上に上がり、雪解けも一気に進んでいます。本当にすごい勢いで雪解けんが進んでいて、先日まで雪に埋まっていた第1ミニ畑もすっかり雪が解けて、ついに全体の土が見えました。なんだか、こうやって土が見えてくると、ようやく春の訪れを感じるんですよね。(2017年4月16日撮影)(こちらは、先日雪が降った4月13日の様 [続きを読む]
  • エゾリスがいました!ちなみに、ミニ畑はまだまだ雪に埋もれてます
  • ご無沙汰してます、小梅太郎の「そこそこ家庭菜園」です。今シーズンの冬は、例年の「雪かき便り」も投稿しなかったので、久しぶりの投稿です。こちら小樽は順調に雪解けが進み、街中の道路はすっかり雪はなくなってますが、まだまだ家の周りにはたっぷり雪が残っていて、ミニ畑にも1mほどの雪がまだ残ってます。(今はこんな状態で雪投げ場にもなってます)なので、家庭菜園の話題はまだ先で、本日の話題は冒頭に写真を掲載しまし [続きを読む]
  • 家庭菜園シーズンは終了〜小樽には雪が降りました
  • やはり、家庭菜園シーズンもほぼ終了となると、ブログの投稿も滞ってしまいますが、いよいよこれで終了との決定打となる、雪が降りました。昨日(10月20日)の小樽は、早朝から、激しい雷と雨が降って、気温もぐっと下がり、日中にはアラレが降り出しました。元々、天気予報で雪が降るかもしれないといっていたので、予報通りではあったのですが、最低気温も2℃くらいにまで下がり、本当に寒い一日となったんですよね。夜からはさ [続きを読む]