サイクルボーイ さん プロフィール

  •  
サイクルボーイさん: 二輪車とは?バイクと自転車の情報館
ハンドル名サイクルボーイ さん
ブログタイトル二輪車とは?バイクと自転車の情報館
ブログURLhttp://bike.cyclehope.com
サイト紹介文バイクにも自転車にも関心のある筆者が二輪車とは何かについて、様々と述べています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/04/03 16:03

サイクルボーイ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • フル電動付き自転車と呼ばれた「フル電動自転車」
  • フル電動付き自転車に乗る沢尻エリカさんの事件が再燃。フル電動付き自転車とはフル電動の原動機付きの自転車のことで、通常はフル電動自転車と呼ばれる代物。公道でのフル電動走行が道交法に反する為、記事をアピールする表現として「フル電動付き」自転車と強調してスクープされました。フル電動付き自転車という表現についてフル電動付き自転車という表現はフル電動自転車の関連語というより、時事に関係して一時的に派生した用 [続きを読む]
  • フル電動自転車と中国(China)との関係
  • フル電動自転車は電動アシストに対する用語ですが、中国ではかなり以前から、電気動力によるフル電動走行可能な自転車が普及しています。しかも、農村部での普及に著しいものがあることには驚かされます。フル電動自転車と言えば中国(China)過日、中国での出来事。中国自転車協会と中国蓄電池業界協会が、電気自転車の購入を対象に、購入補助金20%を設定するよう、政府に要請するということがありました。中国政府は農村部へ [続きを読む]
  • フル電動自転車のバッテリーと充電
  • どんな電動自転車にどういったバッテリーを搭載するのかについては、電動自転車の機構上の様々な問題をクリアして決定されます。電動アシスト比率最大でどのくらい稼動した場合の消耗度やバッテリーの寿命等々自転車ライトの負荷も問題でしょう・・。ところがフル電動自転車の場合、電動アシスト自転車での設定に比べれば規格外が充分に予測されるところ。余程の電気知識と経験がないと対応できないケースも充分に考えられます。パ [続きを読む]
  • フル電動自転車と運転免許
  • フル電動自転車を公道で乗るには免許証(運転免許証)が必ず必要です。電動アシスト自転車のように、人力に対する電動アシストの比率が法定内のものであれば自転車扱いでOKですが、電動でフルに自走するフル電動自転車の場合、600W以下の電気動力(モーター)を搭載する第一種原動機付自転車扱いとなり、これを公道で乗り回すことは原付を無免許で乗ることと同じです。当然ながら、折りたたみ自転車方式のものでもそれは同じです [続きを読む]
  • フル電動自転車の価格はどうか
  • フル電動自転車の価格は有名メーカーの電動シスト自転車に比べて遥かに安い設定になっています。それは価格競争の激化もありますが、電動アシスト自転車が自転車として購入後に即、実用性を有しているのに反し、フル電動自転車の場合は販売時点ではあくまでも「玩具」扱いであり、公道での実用性を持たない状態での販売だからです。フル電動自転車の値段(価格)フル電動自転車の販売は商売の町・大阪に始まり、警察サイドが第一種 [続きを読む]
  • フル電動自転車とa-bicycleとa-bike
  • a-bicycle とはa-bikeタイプの超軽量・超コンパクトな折りたたみ自転車のことです。タイヤサイズが6インチないしは8インチと小径のため、他の折りたたみ自転車と一線を画するコンパクトさが売りになっています。ところが、このa-bicycleの名称で販売されている折りたたみ自転車は、すべてが正規品a-bikeの模造品となっています。a-bicycleの販売当初は商品に独自の名前をつけてa-bikeタイプとしていましたが、その後a-bicycleとい [続きを読む]
  • フル電動自転車のメーカー
  • フル電動自転車を純粋に製造するメーカーはどこか?フル電動自転車はネット上では玩具扱いであり、その玩具扱いとなるフル電動自転車を製造するメーカーはどこか?ということです。ネット通販する会社の多く(数社だが)は、自転車の販売をメインとする企業ではなくWeb屋さんだったり卸問屋さんだったりします。会社概要などからわかることは、フル電動自転車については海外からの輸入であるということ。そしてその輸入先は中国が [続きを読む]
  • フル電動自転車の販売店
  • フル電動自転車の販売店の店長らが、公道を走れないということを客に伝えないで販売したとして書類送検されるという事件がありました。大阪府警交通指導課と南署による摘発の内容は、整備不良車両の運転禁止という道路交通法違反を幇助した疑いであるといいます。フル電動自転車の販売店について販売時にフル電動走行可能な自転車を、高性能の電動アシスト自転車のつもりで購入する客に「公道は走れません」では商売は成立しなかっ [続きを読む]
  • フル電動自転車 激安 そのモデルについて
  • フル電動自転車の激安販売には特に注意が必要です。有名メーカー製の従来の電動アシスト自転車であれば、激安とはいかないまでも「格安」で販売するしっかりとした販売店も多く存在します。しかし、あきらかにフル電動によって走行可能な機能を持つものについては、販売店も限られており、さらに実店舗となると希少であるといっていいと思います。フル電動自転車の激安モデル現状、フル電動自転車の多くはネット通販による「激安」 [続きを読む]
  • フル電動自転車 リミッターカットの実状
  • 「フル電動自転車 リミッターカット」が意味するところは、電動アシスト自転車のリミッターカットも含め種々の意味合いがあるようです。ことは、ないしはリミッターカットとの関係については、とは異なる現状にあるようです。フル電動自転車のリミッターカットとは自転車に装備される電動力は自力走行をアシストするもの、という本来あるべきスタンスの場合、あくまでも、電動アシスト自転車を供給するメーカー・販売店から購入し [続きを読む]
  • フル電動自転車を改造すること
  • フル電動自転車の改造という場合、フル電動自転車そのものに改造を加えるケースと電動アシスト自転車(電動ハイブリッド自転車)に改造を加えてフル電動の自転車にしてしまうというケースが考えられるようです。後者の場合、「フル電動自転車への改造」と言えましょうか。フル電動自転車を改造する とは自転車の改造というと一般的には、自転車の様々な部分の改造が考えられるわけですが、ことフル電動自転車に限って言えば、「リ [続きを読む]
  • 前二輪の三輪自転車に子供乗せ試乗 高価でも安心安定
  • 三輪自転車に子供乗せの試乗をさせてもらいました。ここで言う三輪自転車とは幼児の三輪車ではなく、大人向けの三輪の自転車のことです。普通、三輪車というと、後方が二輪で前輪は一つというのが常識かと思っていましたら、なんと前二輪の三輪車でした。後輪が二つの三輪車では、ハンドルの前に子供シートがついているものが少なく、思い切って前二輪の三輪車に決めた、とは、試乗させて下さった知り合いの方のお言葉。思い切って [続きを読む]
  • 三輪自転車の中古(前二輪三輪自転車も含む)を選ぶ場合
  • 三輪自転車の中古を選択しようとする人がけっこういらっしゃいます。大人用の三輪自転車の場合、自転車のグレードが同じなら二輪の自転車より高価であることがその理由となりましょう。三輪自転車が二輪より高価である理由は、単純にタイヤが2つから3つになっただけではありません。これが影響して、当然フレームの重量も増え、変速機の装着も必要となってきますし、後方二輪三輪車と前方二輪三輪車共々に、それ相応のつくりが要求 [続きを読む]
  • 三輪自転車の価格(値段)と売れ行き・操作性能
  • 三輪自転車は二輪の普通の自転車に比べ、使われる部品が同等品質でも、二輪より「値段の高い」設定になっています。この三輪自転車を必要とする人には「自転車に乗れない」という条件の人が該当します。ご高齢の父母や親戚・知人に、プレゼントとして三輪自転車を贈るケースが多く、この場合、三輪自転車を贈られる方の「父母」等は、かつて普通の二輪自転車に乗れたものの、体力・脚力が低下して、二輪自転車では危なくなった(乗 [続きを読む]
  • 折りたたみ軽量自転車の用途と必要性
  • 自転車は折りたたみ式で軽量でないと。と言って、独身小金持ちの友人が外国製の、見るからにかっこいい軽量かつ折りたたみの自転車を購入しました。忙しい友人は愛車のベンツ(中古)に乗るのも週一回が良いところ。いったいいつ自転車に乗るのかと甚だ疑問に感じています。事実、住まいのアパートの自室に自転車は折りたたんで「ディスプレイ」されたままです。友人にとって、折りたたみ軽量の自転車はファッションの一つでしかない [続きを読む]
  • 超軽量折りたたみ自転車のa-bike a-bicycleは偽者?
  • a-bicycleもa-bikeも、超軽量・超コンパクトな自転車の名称(商品名)として通っていますが、a-bicycle はa-bikeの模造品です。a-bikeはイギリスで発明された自転車の正規品A-bike[DZB01]のことで、a-bicycleはこの模造品でありa-bikeタイプとして扱われています。a-bikeの模造品は中国で生産されている−と言った判別がよく語られますが、実は正規品も生産国は中国となっていてややこしいことになっています。中国の生産技術は自 [続きを読む]
  • 自転車購入時に抑えるべきサイズなどのポイント
  • 自転車購入 のポイントを押さえることは重要ですが、何の用途に使用する自転車を購入するのかが明確でないと、ポイントの焦点はぶれてしまいます。自転車購入の用途を述べる前に、まずは、自転車に快適かつ安全に乗るという大きな観点から、購入のポイントを押さえたいと思います。自転車の購入を考える人の年齢・性別その他で、その人の身体のサイズは様々です。まずは自転車のサイズが自分の体格のサイズに合わなければ何にもな [続きを読む]
  • 格安・激安自転車と自転車解体パーツの話
  • 格安自転車と激安自転車ではどちらが安いのか?だれもこれには回答出来ないと思います。格安とは標準価格に対して非常に安いことであり、激安とは通常価格に対して著しく安いことだそうです。格安も激安も比較にならない表現としか言えません。機能が果たせれば良いということになると、中古自転車の購入が思い当たりますが、一万円を切る自転車がホームセンターなどの露天に出回っている昨今、ハイグレードな自転車で無い限り、中 [続きを読む]
  • パーツが粗悪でも格安・激安自転車で良いか?
  • 自転車は安いものだと言い切るお向かいのおじさんがいます。格安ならぬ、「激安の自転車を近所のホームセンターで購入」しての発言でした。かご付き自転車をなんと6,800円という安さで購入し、ピカピカの自転車を前に悦に入っていました。実は私も一年程前、同じホームセンターでおじさんとほぼ同じの安い自転車を購入しており複雑な気持ちで話を聞いていました。内心、新品でも安い自転車・格安の自転車はそれだけの物でしかない [続きを読む]
  • 自転車パーツでかわいくオシャレにドレスアップ
  • かわいい自転車にパーツをドレスアップして乗る。そのためのかわいくする自転車パーツを装備する、という傾向が顕著です。自転車ライフをファッショナブル化していこうという世の中の動きのようです。かわいい自転車に、という要望以前におしゃれな自転車を、という要望が以前からありますが、「かわいい自転車」という要望には、好きな有名人やタレントが乗る自転車に感化されて、自分もそのようにかわいくありたいという願望も含 [続きを読む]
  • 自転車の車体カバーの自作(作り方)について
  • 自転車カバーの作り方にこだわる人がいるそうです。自転車のかごカバーについては、買物の雨埃除け・盗難防止ということで、その作り方がいろいろと紹介されています。しかし、自転車自体へのカバー、すなわちサイクルカバーを自作する人が確かにいても、その作り方を表明する人は少ないようです。100均の自転車カバーもあるご時世にあえて自転車カバーを自作というケース自体、極めて少ないことなのだと思います。丈夫で堅牢な自 [続きを読む]
  • ママチャリなど 激安中古自転車の良品を購入するには?
  • 激安の中古自転車を求める人のニーズはある程度高額な有名自転車ブランドの商品をゲットしたいというものでしょう。なぜなら、ママチャリ程度であれば近くの量販店で数千円という激安で新品が手に入る時代だからです。日常の買い物などの足として使えれば良いのであれば、自転車の購入に頭を悩ませる時代ではありません。事実、激安中古自転車の販売を標榜する販売店を覗いてみると、一見ママチャリと思えるような自転車でもシマノ [続きを読む]
  • ママチャリの激安・格安通販の状況
  • ママチャリは日常生活の生活必需品です。量販店の自転車コーナーには激安のママチャリが一角を埋めています。7000円台の新車も珍しくありません。自転車も乗り捨ての時代なのかパンクをすれば買い替えという人もいるようです。ママチャリが激安の通販も増えました。さらには、ママチャリの中古の激安通販まであります。中古のママチャリなら、金額的に量販店のママチャリ並みの金額でゲットできそうです。ただ、送料も考えないとい [続きを読む]
  • 過去の記事 …