suzukineko さん プロフィール

  •  
suzukinekoさん: 猫の鼻
ハンドル名suzukineko さん
ブログタイトル猫の鼻
ブログURLhttp://suzukineko.doorblog.jp/
サイト紹介文猫の情景、撮影と物欲とカメラの日記、Zeiss,Leica,SONYα,NEX,Rollei
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 351日(平均0.6回/週) - 参加 2011/04/02 21:56

suzukineko さんのブログ記事

  • 高円寺18ミリ
  • 超広角レンズはずっと以前から欲しいと思ってはいましたが、特殊レンズ扱いなのかどれも高価で手が出しにくいですよね。24ミリまでならコンデジでも補えますが、18ミリクラスとなると一眼用の交換レンズから選ぶしかありません。この画角に馴染みのある人にとっては、50ミリ等普通のレンズ感覚でお金が出せるかもしれませんが、殆ど使わなくなるかもしれない、玩具で終わるかもしれないモノにいきなり高額は難しいです、素人的には [続きを読む]
  • Loxia 50/2 Planar③ 難点
  • このレンズ、描写には私的に文句の付けようがありません。が、その使い勝手に関して挙げてみました。・最短距離50mmで最短0.45mというのは、一眼レフ用50mmレンズの最も一般的な最短距離ですし、撮影倍率という点では猫の場合これ位で充分だと思います。ノートリでこれ位ですね。この、どれ程大きく撮れるか?というのあまり問題ではなく、小さければトリミングという方法もあります。それより物理的に45cmまでしか寄れないという [続きを読む]
  • これぞツァイス!Loxia 2/50 Planar② 実戦編
  • Loxia 2/50も購入から2ヶ月近くになり、とりあえず実戦デビューしてみました。やはり自宅周りとは光のスケールというかバリエーションもかなり違うので、前回より参考になるかもしれません。実戦に躊躇するのはやはりMFが使いこなせてないからですが、それを言ってたら当面もしくは永遠に持ち出す事が出来ません。MFにあたってはピント拡大を極力利用するようにしていますが、そこに拘り過ぎても被写体の表情を逃して本末転倒にな [続きを読む]
  • これぞツァイス!Loxia 2/50 Planar ①
  • ②があるかどうかはわかりませんが、実写編も少しづつアップしていきたいと思います。このレンズ、少し使えば素晴らしいのはわかるんですが、なんせMFです。まだメインレンズと言えるような段階ではなく、今はフレーミングよりもピント合わせるだけで精一杯なのが実情ですが、そんな中でも自分が描写(写真ではなく)に感激したものを並べてみます。使ってて一番に感じるもの、このレンズの根底にあると思うものは圧倒的な採光力で [続きを読む]
  • コシナがCP+にNokton 1.2/40など3本のEマウントレンズを出品
  • cp-2017-pless - cp-2017-pless.pdf見ているとどれも欲しくなります(笑)・MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical・NOKTON 40mm F1.2 Aspherical・NOKTON classic 35mm F1.4Loxiaを使い始めて、コシナのレンズ凄いなぁと思ってる矢先・・コシナのEマウントレンズは超広角ばかりとニッチな3本が現在リリースされてますが、今回は一般的な画角・・とはいえ大口径とマクロという事でどれもスペック的にはそそられる物ばかりです。こ [続きを読む]
  • 2017年最初の買い物
  • 昨年後半は、iPhone5の起動トラブルを機に、モバイル環境の見直しに走っていましたが、今年も年頭から大きな買い物をしています。さぁなんでしょう?アップル製品でも、ソニーでもありません。アップルは所詮ツールですし、ソニーは仕方なく買っているという側面もありますが、もっと純粋に心が躍るもの♪・・・となれば残りはこれしかありません。ん?おぎさくで買ってますね。てことは?ZEISSだよ!箱は単なるガワとレンズ構成を [続きを読む]
  • 格安スマホ Huawei(ファーウェイ) Honor8購入
  • 別にiPhoneでなくてもいいんだけど、格安スマホとか中華スマホとか、何か面倒臭そうで結局余計な事で振り回されそうな気がするし…と、迷ってる方は、飛び込んでしまっていいと思いますよ。もう1月位経ちますが、アンドロイドも意外に使い易いです。外観上の特徴であるガラス仕上げのボディ。iPhone7ジェットブラックとは仕上げ方法も違うのでどちらが高級かはともかく、ピカピカ度ではこちらが上だと思いました。特にHuaweiは、ス [続きを読む]
  • iPhone5 安価なキットで自力バッテリー交換
  • iPhone5に話は戻りますが、今回の突然死事件・・そもそもの背景は、疲弊したバッテリーです。何かの操作中に突然電源オフ・・これを続けてては何があってもおかしくはありません。そこで復旧後、バッテリーの状態を2つのアプリで確認してみました。満充電でも14%にしかならないという、想像以上の状態でした。疲弊・・というより瀕死状態ですね。iPhoneは使用中に充電量の残りが20%を切るとアラートが出ますが、それにすら満たな [続きを読む]
  • ご参考 ProCameraのマニュアル機能
  • 前回記事ではLightroom Mobileのマニュアル機能、特にMFまである事を持ち上げて言及しましたが、私にとっては元祖マニュアルアプリである、ProCamera(現在のバージョン 10.2)もMFに対応していたようです。まだベータ機能と説明されているので、最近の事かもしれません。で、総合的には、専用アプリであるProCameraの方がやはり使い易いと感じます。これはProCameraのコアとなるメニューで、有効にする機能のON/OFF指定をするもので [続きを読む]
  • Lightroom Mobileのカメラ機能がフルマニュアル対応、なんとMFも可能!
  • しかも使い方が至って解りやすいです!マニュアル操作を可能にしたアプリは、ProCameraを始め幾つか存在しますし、アンドロイド機には、デフォルトアプリでマニュアルモードを備えたものまでありますが、MFまでというのは、それが意味あるかどうかはさておき、珍しいのではないでしょうか?Lightroom Mobileは、私的に今や欠かせないアプリですが、そのカメラ機能は使った事がありません。そもそも本筋の用途ではないし、どうせ他 [続きを読む]
  • iPhone5の後継機として翌日オーダーした新機種とは?
  • 結果的にはDFUモードで復旧出来たiPhone5ですが、トラブル当初、サポートからの提言や実際の状況を見て、簡単に元に戻す事は難しいと考えていました。さすがに今からiPhone5にお金をかけようとは思いません。かと言って何日もスマホが使えない状況では困るため、早々に新機種へと目を向けて選んだ機種というのが、iPad mini4です。なんだそりゃ?って話ですが、そもそもスマホ、ルータ、ガラケーの3台持ちで、iPhoneをWiFiでしか使 [続きを読む]
  • iPhone5が突然起動不可に! DFUモードで復旧したという話
  • ここ一月程、モバイル、PC系の環境を見直していました。ようやくひと段落した感じなので暫くその辺をブログに纏めてみようと思います。まずはそのきっかけとなったのが今回のこの事件(笑)です。iPhone5は私の最初のスマホであり、今年2月に通信料節約のためパケット契約は全て切り捨て、WiFi環境のみのiPod touch化してはいますが、未だに現役で使っています。そのiPhone5が先月、突然に起動不可に陥りました。前提として、一年 [続きを読む]
  • これぞ標準ズーム!SIGMA 24-60mm F2.8 EX DG
  • 久々にα900用のレンズを購入しました。パッと見、キットズームか単焦点レンズに見えるかもしれませんが、れっきとしたニッパチズーム、シグマ 24-60mmF2.8 EX DGです。随分前にディスコンになったレンズで、2011年に後継の24-70mmF2.8 EX DG MACROを購入していますが、諸事情でかなりの機材を整理しており、900のレンズは実質、135ZA、85ZAのみになっていました。標準のF2.8通しはあると便利なので、今回たまたま見つけたモノを購 [続きを読む]
  • ソニー FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28 登場!
  • 最近、新機材からは遠ざかっておりますが・・フォトキナでは、なんとα99IIが発表されましたね。Aマウントが維持されるのは朗報ですが、今の所このカメラに関心はありません。どうせEVFなら、Aマウントでもミラーを外してしまって像面位相差に走れば無駄がないと思うのですが、レンズ側の対応とか難しい側面があるのでしょうか?さて、掴みどころのないFEレンズシステムに、真面目なスペックと価格のレンズが一つ出てきました。大 [続きを読む]
  • MC Rokkor 58mm F1.4 CP最強の大口径レンズ
  • これまでミノルタのマクロレンズを絶賛し続けて参りましたが、今もし旅行に1本!と言われれば、たぶん50mmマクロよりこちらを選ぶと思います。理由は、おもしろいからです。50マクロが気に入り、何かミノルタで明るいレンズをと物色しながら、とりあえず一番買いやすいものを選びましたが、本格的な大口径の楽しさを安価で味わえる素晴らしいレンズです。APSCで使うとほぼ85mm相当となる点も、使いやすさのポイントですね。今回は [続きを読む]
  • Minolta AF Macro 100mm F2.8 その2
  • 前回は私なりにこのレンズのいいと思った所を幾つか取り上げてみました。ボケのために敢えて開放を選ぶ必要性を感じない程、絞っても素敵なボケ味。被写界深度の極端に浅い中望遠マクロでは、絞った時にどれだけ綺麗にボケるか?も重要ですね。実際、開放を使うのは深度が浅くて手に負えないマクロよりも、通常域の方がずっと多かったです。透明感もなかなかです。一般に中望遠マクロは標準マクロより高級品であって、ボケではもち [続きを読む]
  • Minolta AF Macro 100mm F2.8 その1
  • くどい程ミノルタ50マクロが続いておりますが、ここらで前回もチラっと登場の同じミノルタ、100ミリマクロを取り上げてみたいと思います。ソニー、ミノルタ系では50より人気も評判も高いレンズのようで、マクロというジャンルを超えて必ず勧められるレンズの一本です。50はスペック的に地味という事もあるのでしょうか、褒める人もいますが100程声を聞きません。私が先に買ったのは100の方です。事情でかなりの機材整理が必要にな [続きを読む]
  • Minolta AF Macro 50mm F2.8 ネコ写 その2
  • 大型連休、GW気分ももう終わり!今年のピークが終わったようなものですね(笑)。さて、暫くマクロ、ネイチャーものばかり取り上げて来ましたので、ここでもう一度ネコ写を見てみたいと思います。これまでの画像はボディが全てNEX3でしたが、これはこのレンズの当初の購入目的、携行性などの理由によります。が、標準レンズとして意識するようになり、フルサイズ(A900、A7ii)でも使っていますので、今回はそちら中心です。ネコ写 [続きを読む]
  • MINOLTA AF Macro 50mm F2.8 標準マクロの進むべき道
  • さて昨日の5.4は「みどりの日」予報では東京は雨になる筈でしたが、私の執念で快晴にしました(笑)今年も神代植物園の無料開放に行ってきましたが、実に空いておりました。通常ここは500円入場料を取りますが、それだけの価値のある所です。プロカメラAppを使ってますが、iPhone5の階調表現は大したものですね。ただ、iPhoneを始め高画質を謳うコンデジの多くの基本ISOは、50から80位の超低感度です。そこまで下げればさ・・とい [続きを読む]
  • MINOLTA 50mm F2.8 Macro 5.4は「みどりの日」
  • 今年のGW、穴を埋めて連結すると10連休という大型連休になりますが、今時そんなに休んでられる方居ますか?(笑)GWの中でも写真愛好家にとって意味があるのは、4日の「みどりの日」この日は都内の主な植物公園などの施設が無料開放されます。私も昨年は神代植物公園に行っていました。植物公園というのはテーマパークではないので、子供連れで来る人は少なく、GWと言えどもウンザリするような混雑はありません。5月にもなると神代 [続きを読む]
  • MINOLTA 50mm F2.8 Macro ボケのあれこれ 初期型とNew
  • ミノルタAFレンズの黎明期からあるレンズのほぼ全てに言えることだと思いますが、初期型とNewのバージョン違いが存在します。違いと言ってもレンズ構成ではなく、鏡筒(ヘリコイド)のデザイン、フォーカスホールドボタンの有無、そして円形絞りの採用が主な点のようです。私は当初それほどこのレンズに期待をしてた訳ではなかったので初期型を使っておりました。が、ご覧のようにf5.6にもなるとハッキリと形が出ます。点光源が好 [続きを読む]
  • MINOLTA 50mm F2.8 Macro ボケのあれこれ
  • このレンズ、基本的にはいいボケ方をします。F4まで絞ってますが、大口径レンズの開放付近を使ったような滲みボケ。勿論、近接だからそこまでボケるのですが、マクロレンズの特権ですね。こちらは開放で、特に右側奥の花びらのエッジから滲むようなボケがとても気に入ってます。この傾向は絞ってもそれ程変わらないようです。一方こちらは、あまり好きでない、というか気になるボケパターン。何をボカすかは撮り方(背景処理)の問題 [続きを読む]
  • MINOLTA 50mmF2.8 Macro ボケのあれこれ
  • このレンズ、基本的にはいいボケ方をします。F4まで絞ってますが、大口径レンズの開放付近を使ったような滲みボケ。勿論、近接だからそこまでボケるのですが、マクロレンズの特権ですね。こちらは開放で、特に右側の花びらのエッジから滲むようなボケがとても気に入ってます。この傾向は絞ってもそれ程変わらないようです。一方こちらは、あまり好きでない、というか気になるボケパターン。何をボカすかは撮り方(背景処理)の問題で [続きを読む]
  • MINOLTA 50mm F2.8 Macro タンポポの綿毛
  • トリミングねたはさておき、やはり本分はマクロになると思うのでその辺も見てみます。?タンポポの綿毛は、マクロでも特にポピュラーな被写体ですね。大きさ的に撮りやすく、色の飽和を気にする事がなく、見た目もソフトで表現の幅が広いからだと思います。また、マクロで見れば面ではなく、線で構成されてるため、アプローチしやすいですね。新聞紙やチャートなどを撮って解像度云々を語るよりは、こういうものでボケも含めて見た [続きを読む]