そらのくも さん プロフィール

  •  
そらのくもさん: そらのオランダ通信写真ブログ
ハンドル名そらのくも さん
ブログタイトルそらのオランダ通信写真ブログ
ブログURLhttp://oranda.blog61.fc2.com/
サイト紹介文球根の国オランダより日常生活の写真とともに、オランダの話題やガーデニングのことをつぶやいています。
自由文オランダ・ロッテルダム郊外に長年住んでいます。家族はオランダ人のだんなと11歳の女の子の3人。最近は写真&ソーイング&ガーデニングに凝っています。オランダの日常風景や庭の様子を写真にしてお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/04/03 02:42

そらのくも さんのブログ記事

  • アムステルダム - 仮設地帯の廃材カフェ
  • 春らしい気候に誘われてアムステルダムへ。いつもと同じエリアに行くんじゃ面白くない(…飽きたわ…)というわけで今回はニューエリアを目指しました。今、アムステルダムは大々的に拡大工事をやっており、北も南も東も西もどんどんエリアが広がっています。不動産物件も好調で、売りに出すと瞬く間に売れてしまうんだとか。…う。なんとなく、EU離脱が決まったイギリス・ロンドンの後釜に落ち着きそうな雰囲気。でも、バブルはイ [続きを読む]
  • 今年は増やす!を目標に - ガーデニング計画
  • すっかり春らしい気候になりました。ちょっと前まで寒かったので、庭仕事もまったく進んでいなかったのですが、急にやってきた春らしい気候に「やらなければ!」と焦り気味になっております。いつもは良いお天気になると、真っ先にガーデニングショップに足を運ぶのですが、今年はフン!!と踏ん張って思いとどまっています。…とはいえ、来週?再来週辺りには行ってしまう気がしますが…全然踏ん張ってないやん(苦笑)。我が家も [続きを読む]
  • 漢字検定合格
  • 崖っぷちなのは変わりませんが、、、無事補習校5年生修了。そして、2月に受けた漢字検定8級も見事合格!!とうれしいニュースがくっついてきました。漢字検定をよくご存じない方のために簡単にご説明しますと、漢字検定は10級から1級まであり、10級 → 小学1年生の漢字9級 → 小学2年生までの漢字8級 → 小学3年生までの漢字7級 → 小学4年生までの漢字6級 → 小学5年生までの漢字…続くこんな感じになっています [続きを読む]
  • オランダ選挙&オランダとトルコの関係について
  • 水曜日にようやく選挙が終わりました。毎日「Stem」という文字を見なかったことがなかった今日この頃。ようやく終わってホッとしています。さて、今回はオランダという超マイナーな小国の選挙ながら世界の注目度が高く、日本でも大きく報道されました。もちろん、それはオランダの国家としての影響度が世界の中で増した、というわけではありません(苦笑)。ただ、イギリス、アメリカに続く選挙でこのまま世界中でポピュリズムが台 [続きを読む]
  • 春 お別れの一品
  • ここ数日急に暖かくなり、花が一気に咲きだしました。うちの庭は平均的にほかの家よりも遅めに花が咲くのですが(寒いのか?)、ようやく最初の花、水仙が咲きだしました。昨年の秋、あちこちに埋め込むように球根を植えたのですが、ズボラな私のこと。やっぱりどこに何を植えたかなんてまったく覚えておらず(汗)。今、にょきにょきと大きくなる球根の芽を見て、こりゃなんだ?状態です。咲くまで分からない・・・爆弾おにぎりな [続きを読む]
  • オランダより 春一番の便り
  • 寒かった日々が長かった今年の冬もようやく終わり、春がやってきたオランダです!冬の気候が暖かいと、スノードロップ、水仙、クロッカス、が別々の時期に開花するのですが、今年は寒かったせいか一気にやってきた感じが…!!いつまでも寒くて嫌だわ〜〜…と思ったけど、一気に咲くのは悪くないかも!ここは観光客向けにわざわざ植えている、というわけではないのでたまたま通りかかったオランダ人が写真撮影するって感じ。昔はカ [続きを読む]
  • 我が家のニューアイドルちゃん
  • 昔からこのブログを読んでくださっている方は「りすちゃん」という名前をご存じだと思います。りすちゃんとは…何を隠そう!!!我が子供のことです。このブログは長い間やってますが、ずいぶん前に「りすちゃん」と書くのは辞めました。辞めてしまったのにはいくつかの理由があります。そのひとつが、、、。そもそもこの名前はハムスターのように大きな頬っぺたをした子供の特徴を表したものだったけれど、今や落っこちそうなふっ [続きを読む]
  • 春はすぐそこ
  • 昔、読んだ漫画で本当に好きな漫画がありました。なかよしKCコミックスの水上澄子先生の「樫の木物語」という漫画です。今は電子書籍で買うことができるんですね。復活している、ということはこの漫画のファンは相当多いということなんでしょうか?不思議なもので、この頃は現在と比べても、日本は世界とずいぶん距離があったはずなのに、この頃の漫画はより世界スタンダードに近い内容になっていて、セリフひとつひとつに今もハ [続きを読む]
  • ブラックティーが存在しない国?!
  • 以前オランダの紅茶事情について、けちょんけちょんにけなしまくった日東紅茶愛用者の筆者でございます〜〜。以前の記事: オランダのティーサロンの実力が、しかし、世界を知ればあっと驚くことばかり!!もしかして、自分の概念こそが間違っていたのでは?と思ってしまうから不思議です。昨年の夏はハンガリーのブダペストに行きました。ここで知ったこと。それは、ダージリンやセイロン、アッサムなどのいわゆるブラックティー [続きを読む]
  • ラジオ土曜日まで聴けます
  • この間の日曜日にお約束通りNHKのラジオに出演しました。ラジオは生放送だし、けっこう緊張しました…。途中でかなりとちった記憶だけが残り、恥ずかしいから絶対に自分では聴き直さないぞ、と思ったのですが、なぜか同僚(というか上司)と一緒に聞く羽目に…(苦笑)。そして、笑っちゃうことに、そのほうがさらに緊張したという、、、いまさら緊張したってなにも変わらんぞ?でも、聴き直してみると、トチってはいるものの、ワ [続きを読む]
  • 崖っぷち
  • いよいよ補習校を続けていくのが難しくなってきました。ここ数か月は、環境が子供にとってはいいとは言い難く…言うなればひとりぼっちの疎外感を味わいに行っているようなものです。だんだん悪化しているということは彼女の発言で分かっていましたが、ま、なんとかなるだろう…と「もうちょっと頑張ってみたら〜?」とか「こうすればいいじゃん!」とか「それは気のせいじゃない?」とか…適当に彼女に言っていたのですが、当たり [続きを読む]
  • かわいい おいしい ヘルシー
  • 小学生のころ、「地図帳を眺めること」が大好きでした。クラスメートとともに地図帳を開いて珍しい名前の地名を探し、お互いにどこにあるか探しっこするという遊びもずいぶんやりました。考えてみると、もうすでにこの頃から私の目は外を向いていたのかなぁ〜と思います。あの頃は紙面の地図帳でしたが、今はもっと便利で面白いものができました。グーグルマップです。これって面白い〜!!!わたしのようなちょっぴしオタク気質な [続きを読む]
  • スゴ技!これができたらオランダ人
  • 厳寒の日曜日の朝。運河は半分凍ってバリバリで、道はうっすらと白くなっています。道行く人はほとんどおらず、ここで足を滑らせて運河に落ちてしまったら…わたしの場合、たぶん死んでしまうに違いありません(寒がり&ほとんど泳げない)。慎重に、慎重に…へっぴり腰で運河のへりに近づいて、写真をぱちり。ふと目の前を見ると、自転車が止まっていました。よく見ると運河のへりまで10-20センチもあるかないかのギリギリの際に [続きを読む]
  • NHKラジオ出演…のネタ探し
  • 今週末、久々にNHKのラジオに出演することになりました。もう何年も前に確か2度出演したことがあり(もう記憶も曖昧です…)、その後はずーっとお断りしていたのですが、今回は久々に引き受けちゃいました。以前は、適当なネタをいくつか挙げて、それについてしゃべればよかったのですが、今はちゃんとした現地のメディア(新聞)ネタをソースにした話題にしなければいけないそうです。そんなわけで、まずはネタ探しから開始。最 [続きを読む]
  • 写真がメイン 本文記事はオマケ
  • ブログをどのように変えていったらいいのか分からない…!!恥ずかしながら、自分のブログなのに、自分でどうしたらいいのか分からない状態がずっと続いていました。写真をメインにしたブログに変更したいという思いはあっても、実際に何をどう変えていいのか分からなかったのです。そもそもの問題は写真と本文の連動を持たせることができないことでした。写真を選んでも、それに関して何を書いたらいいのかが分からない。「タイト [続きを読む]
  • オランダ極右政党はわが町から第一声選挙戦スタート
  • ウィルダース党首率いる自由党(極右政党)はわが町から選挙戦スタートし、この町はヨーロッパ中から訪れたメディアでごったがえした…というニュースを、なんとYahoo!JAPANニュースで読んでしまいました。わたしの住んでいる街が、まさか日本のメディアで取り上げられるとは…しかもわざわざ記者さんもやってきたらしいし。しかし、取り上げられた話題がこの話題か!と思うと、複雑ですよ。。。わが町にはウィルダースのファンが [続きを読む]
  • さようなら ディック・ブルーナさん
  • ミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナさんの訃報ニュースが入ってきました。89歳でした。ディック・ブルーナさんは日本でも大変人気のある方で、熱狂的なファンがオランダのユトレヒトまで押しかけているのを知っていましたし、もちろんディックさんも何度も日本に来日されていました。日本と強いパイプを持つオランダ人のひとりでした。そんな、活発的に活動されていたブルーナさんも何年か前に引退を宣言。オランダで引退 [続きを読む]
  • Lidlで安種を手に入れる
  • 今日は急に暖かくなりましたね!!今年は、ずっと寒かったせいか、去年の今頃にはすでに開花していた水仙もまだまだ芽をだしたばかりの状況…。それでも、そろそろ、そろそろかな…?とのことで、今日はLidlに行ってきました。なんと今、Lidlでは、種1袋19セントという激安種を販売中なのであります〜〜(PC1は0.19ユーロ、PC3は0.49ユーロ、PC4は1.49ユーロ)。19セントってめっちゃ安いやん〜〜!と20個くらい袋を持ってしま [続きを読む]
  • 家事はやっぱり女性がすべき?
  • インターネットでニュースを見ていると、「共働きなのに夫がまったく家事をしてくれなくて、女性ばかりが家事をしている」という話をたまに見かけます。最近はニュースにコメントできるので、多くの人がそういった記事に反応してコメントしているのですが、「うちのひとはまったくやらない。本当にイライラする。」「会社に行って帰って家事やって終わると夜10時で自分のことはまったくできない。だんなはスマホばっかり見ている [続きを読む]
  • フェルメールが追い求めた光
  • 先月、寒い週末を利用して、ラーレン(Laren)という街に行きました。ラーレンはオランダでも屈指の高級住宅街が立ち並ぶお金持ちシティです。ヒルバーサムからラーレンに向かう途中、想像した通りの大きな家々を通り抜けて行きました。ここにはショッピング街もあって、高級グッズを売るお店がいくつか並んでいるので…普段のオランダの街並み・お買い物事情に飽きている人は立ち寄ってもいい街かもしれません。歩いていたら、ガ [続きを読む]
  • 写真のこと
  • 今年はオランダ・キャンペーン!ということで、まずはトップの写真を変えてみました。オランダに来てみたくなるような写真を撮って、このブログで紹介していけたらいいなあ〜と思っています。最近は本当にカメラに凝っています。色んな写真を見まくっているせいか、目が…視点が完全に変わってしまいました(笑)。日本に行った際、飛行機の中で、映画を観たのですがハッキリ言って映像を追っている自分に気がついてしまったくらい [続きを読む]
  • 北欧ショップ - ソストレーネ グレーネ (アンナとクララ)
  • うちの子が、今度ロッテルダムに行ったら行きたいお店がある、というので、本日は彼女のお伴についていきました。最近は、オランダの流行話題を彼女から得ることが多く、「自分の子どもがすっかりオランダ人になってしまった」感がスゴイ(汗)。自分の子どもが外国人(日本人ではない)、てけっこう不思議な感覚で、子供のことをある程度干渉したい、コントロールしたい、という人には耐えられないかも。ま、生まれてから、少しず [続きを読む]
  • アメリカの行く末を案じる
  • 先週末は、週末NS乗り放題チケットを持っていたので、ひとりでいくつかの都市を訪れ、写真展を見たり写真を撮ったりしていました。ちょうどヒルバーサムのミュージアムで「World Press Photo」という写真展を行っていたので、見に行きました。受賞作品は、さまざまなジャンルがあり、地球のこと、自然のこと、人々のこと、民族文化のこと…いろんな写真を見ました。写真というものはやはりこの写真で何を訴えたいのか、というフ [続きを読む]
  • 今年はオランダ・キャンペーン!
  • …まさかの1カ月以上のブログ放置…!!「ヘンな広告が出てきちゃった!」というわけで、今、慌ててアップデートしています。実は、現在もホームページのほうのアップデート、コンピュータの過去の写真まとめに忙しく、こちらのほうに呟く時間がなくなってしまっています…(汗)。ちゃんと元気にしてますので、ご安心くださいませ。年末年始は今年も日本に行ってきました。楽しい&暖かい&天気のよい日本生活を満喫いたしました [続きを読む]
  • 腐女子に目覚めた瞬間
  • 子どもの誕生日で、またまた忙しい日々が過ぎていました。この時期はいつも同じ。それ以外のことがほとんどできないので、それを考慮して行動すればいいのだけど、毎年、気がつけば12月に突入という同じ間違いを犯しています(汗)。忙しいのだから、余計なことはしなければいいのに…芸能人ネタ好き、週刊誌好き(新潮&文春歴20年以上)の私にとっては思いもかけないイケメン男優まさかの突然引退というニュースがあって、そ [続きを読む]