そらのくも さん プロフィール

  •  
そらのくもさん: そらのオランダ通信写真ブログ
ハンドル名そらのくも さん
ブログタイトルそらのオランダ通信写真ブログ
ブログURLhttp://oranda.blog61.fc2.com/
サイト紹介文球根の国オランダより日常生活の写真とともに、オランダの話題やガーデニングのことをつぶやいています。
自由文オランダ・ロッテルダム郊外に長年住んでいます。家族はオランダ人のだんなと11歳の女の子の3人。最近は写真&ソーイング&ガーデニングに凝っています。オランダの日常風景や庭の様子を写真にしてお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2011/04/03 02:42

そらのくも さんのブログ記事

  • IKEAが世界を制覇する
  • 写真は左上 庭へ出る鍵  左下 ルドベキア中央上 ロッテルダムの下町で2ユーロだったミルクポット 中央中 AHの種よりウスベニアオイ 中央下 セントランサス右上 ロベリア 右中 AHの種よりハツカダイコン 右下 日本で姪っ子にもらった種シートより ???の花たち先日久しぶりにIKEAに行きました。行こうと思えばいつでも行けるのですが、あんまり行きません。いつも余計なものを買ってしまうので…。それにしてもい [続きを読む]
  • 大使館の近くの人気カフェ
  • 最近、日本のニュースを読むとモヤモヤすることが多く、相当なモヤモヤ病にかかっています、、、。もうね、嫌なのよ。互いに足を引っ張りあう風潮っていうのかな。「貧困に陥っている人がいる」といえば「こんなのまだマシじゃない?もっと過酷な状況な人がいるんだから頑張れないの?」とか、「育児と仕事の両立で…」といえば「うちなんてこうなのに。そんなのズルいよ。」とか。何事も上を見ればきりがないし、下を見てもきりが [続きを読む]
  • 牛の放牧ショー
  • うれしくて、モォモォー遠吠えする牛屋根裏部屋でチマチマとミシンを動かしていたら、けたたましい音が聞こえました。ラッパが鳴り響くような音です。誰かが外でトランペットでも吹いているのかしら…?(←そんなワケがない)。ふと顔をあげると、窓の先に牛が勢いよく走りだしているのが見えました。そうか、今日は牛の放牧日なんだ!!!慌ててカメラを掴んで窓に近寄りました。毎年、牛の放牧は、平日の朝、未明に行われるのが [続きを読む]
  • フレッシュ・ハーブティーを楽しむ
  • 暑い日々が続いています。本当に暑い!ここ数年急激に暑い日が多くなっているような気がするのですが、気のせいでしょうか…。夏物はほとんど着る機会がない、ということでもう何年も何も購入していなかったのですが、ここ最近…着る服がない〜という事態に陥っています(汗)。オランダは涼しい国なので、バスや地下鉄などで冷房設備がありません。しかし、最近はこの公共交通機関に乗車するのが辛い。ときどきサウナ状態のバスも [続きを読む]
  • ダイニングチェア・クッションカバー
  • 先日大きな敷地に住むお金持ちのお友達の家に遊びに行ってきました。彼女の家はそれほど大きくないのですが、なんといっても周りを取り囲む大きな庭が魅力的。6月の一番美しい季節の庭をのぞかせてもらいに行ったのです。ともかく敷地面積が広いので、ちまちま植えていたらまとまりがつかなくなってしまう…ということで、宿根草類をドンドンと群植してあり、迫力がありました。イメージを伝え、専門の庭師さんに庭を作ってもらっ [続きを読む]
  • 花のチカラ
  • 我が家で蝶々狩りを楽しむご近所にゃんこ…毎日やってきます(苦笑)。写真は、じーっとその瞬間を待っているにゃんこの様子。ベニシアのハーブ便りの本にこんなことが書いてあります。「ハーブがたくさん育つ私の庭からは、窓が開けっ放しでもあまり蚊が入ってきません。」これを読んでも半信半疑だった私。これだけたくさんの虫がいるのだから、避けることはできないはずだ、とそんな風に思っていました。ところが。今年ももう6 [続きを読む]
  • オランダ合同運動会
  • 写真は毎日庭で存分に遊んでいる近所の猫ちゃん昨日は、オランダの日本人社会恒例のオランダ合同運動会が行われました。関係者の知り合いが多い、何より顔出しで素性がバレているうちの子も参加している、ということで、例年この話題はスルーしていたのですが、今回はうちの子も最後?ということで、話題に挙げておこうと思います。オランダでは、全国の日本人学校・補習校および学校に通ってない一般現地校の生徒が一同集まって合 [続きを読む]
  • ハーブ三昧の日々
  • 上段・左より ハナダイコン・チャイブ・ローズマリー・パセリとナスタチウムの苗・ルッコラ(ロケット)・セージ・オレガノ・ディル・マジョラムいろいろなニュースが相次いで、なんだか不安定な世界になっています。昨日は再びロンドンでテロが!テロの起きたサザーク地区はわたしがロンドンでも一番好きな界隈なこともあって他人事と思えずかなりショック。。。今週末は3連休なのでオランダからロンドンに遊びに行っている人も [続きを読む]
  • 外来種と気候の変化がヨーロッパの生け垣を破壊
  • いつもはあまり見ない地方新聞を見たら何やら気持ち悪い芋虫の写真が載っていました。最近、頭の中のほとんどがガーデニングのことでいっぱいの私はすぐに「なんだ?これは?」と反応。。。かなり病的です、ヤバいです(苦笑)。記事を読むと、本来オランダにはいなかった外来種がどんどん全土に広がり、ついにわが町もこの虫で破壊的状況に陥った、という…けっこう…いや、相当恐ろしい記事。その芋虫の正体は日本名で「ツゲノメ [続きを読む]
  • 数字で見るオランダの犯罪事情
  • 今週、わたしは4連休です。天気もどうしたんだ、オランダ?というほど良いお天気です。なので…庭でペンキでも塗るか!と張り切っています。初日の本日は、とりあえずペンキに備えてお掃除その他…を行いました。すでにお疲れ気味…(汗)。写真トップはクジャクチョウという蝶です。我が家には比較的よくやってきます。かなり大きく、動作もゆっくり優雅。落ち着いて止まっていることが多いので、比較的写真を撮りやすい蝶です。 [続きを読む]
  • エルダーフラワー・コーディアル
  • 前回ご紹介したイギリスの雑誌「COUNTRY LIVING」には必ずと言っていいほど載っているエルダーフラワーやその他のコーディアルドリンク。イギリスを代表する飲み物です。そのエルダーフラワー・ドリンクが実は日本人駐在員さんの間で人気だというお話を聞きました。「へえ〜…たしかに最近はオランダでもドリンクがあちこちで売られてるしね。それを飲んだ人の間で口コミ人気なんだ、、、」と思いきや。そうじゃないんですね。今や [続きを読む]
  • 雑誌とそう変わらない…と豪語してみる(笑)
  • イギリスの雑誌「COUNTRY LIVING」を久々に購入しました。デジタルカメラマガジンを日本から購読中だし、それ以外の雑誌はなるべく買わない…と思っているのですが(なかなか捨てられないのでどんどん雑誌が増える)、たまーにこの雑誌を買うのは贅沢な気分転換になります。この雑誌は、イギリスちっくなものを全面に出しているいわゆる「ザ・ブリティッシュ売り出し本」で、オランダでも人気あるのか大きな本屋にはたいてい置いて [続きを読む]
  • 少しずつ変わっていく
  • ロッテルダムのサッカーチーム、フェイエノールトが無事優勝しました。2位のアヤックスとは1点差でした。よかったねえ〜。今、ロッテルダムの市内は大混乱となっているみたいです。明日も同じく大混乱となることが予想され、仕事場所に行くトラムも動かないみたいデス…。え、、、どうやって仕事に行きましょ、、、(汗)。本日は母の日の日曜日。お天気も良かったので、ぽんぽん上がる花火の音を聞きながら、庭作業をしたり、ぼ [続きを読む]
  • マダニ(Teek)の季節です!
  • 寒かった日々もようやく終わりを告げ、緑がまぶしい季節がやってきました。楽しい、ウキウキ!!そういう気分を一気に沈めてしまうのがこの季節から始まるマダニの恐怖です。オランダは、もともとマダニの被害が少なかったようですが、近年だんだんと被害が広がりつつあるようで、この季節になると新聞などで一斉に「マダニ注意!」の記事が上がってきます。日本人のオランダ在住の方の多くは、こういったオランダの生の情報を読ん [続きを読む]
  • 外出しなくても見られる動物たちをご紹介
  • 日本はゴールデンウィークが終わりましたね。SNSでお友達がたくさんの写真をアップしていて、国民みんなが、ゴールデンウィークを楽しんだなあ…ということが分かります。みんなが楽しんでいるのを見ると羨ましいなあ…と思うのですが、でも、すごい混んでいた、移動が大変だった…と聞くと、やっぱり「うーん…」って感じ。もともと面倒くさがりな私は、その目的地に行くまでが超面倒くさかったりするんで、すごい混んでいるな [続きを読む]
  • 非常事態宣言の続くフランスで驚いたこと
  • 2014年の夏以来、約3年ぶり?にフランスに行ってきました。この間にフランスでは同時多発テロをはじめ、何度もテロが起こり、現在も非常事態宣言が続いています。日本に住む人であれば、何故そんなところに観光に行く?と思うかもしれませんが、ヨーロッパに住んでいる私とすれば、テロに遭う確率と日本で交通事故に遭う確率はそれほど違わないでしょ?という感覚なので、テロが怖くてフランスに行かない、という選択肢はあまり考 [続きを読む]
  • 熱狂のお祭りへ - フェイエノールト優勝か?
  • タイトルは東スポ風にしてみました(笑)。ちょうど新聞の折れ目が「優勝」と「か?」の間に入っているとまさにスポーツ新聞風でしょ。今日は、オランダの国内サッカーはここ大一番の大事な一日でした。多くのオランダ国民にとっちゃ、、、フランスの選挙なんぞどうでもええわ。シャンゼリゼで襲撃があろうとそれは地球のどこかで起こった出来事であって関心はナーイ。オランダ国民の気になるニュースといえば、、、サッカー。それ [続きを読む]
  • ピオニーみたいなチューリップ
  • 先週まで汗ばむような良いお天気だったのに、急に寒くなって外で日向ぼっこなんてとんでもない…!という状況になってしまったオランダ。三寒四温とはこんな感じ?寒いのは嫌だなあ〜とは思いますが、今年のこの天気はキューケンホフにとっては最高だと思います。ムクムクと球根の花が咲きだしてから寒くなったのですから。この調子だと、かなり長い間満開の美しい状況を楽しめるんじゃないかしら。キューケンホフさん、ウハウハか [続きを読む]
  • 春のマーストリヒト 写真集
  • 今年もイースターがやってきます。日本でもイースターのお祭りを流行らせよう!という動きがある、というニュースを見ましたが、イースターは毎年月日がズレるので日本の中に定着させるのはかなり厳しいのでは…。昨年なんて3月末でしたしね。3月 - 4月はお雛様にお花見、新学期、いろいろ行事があるのでお店の人は大変な気がします(汗)。そういえば、昔、ヨーロッパのお土産です、なんて卵のチョコレートをもらったんですけど、 [続きを読む]
  • 終わっても楽しいロッテルダム・マラソン
  • 先週末はロッテルダム・マラソンが開かれました。ものすごいよいお天気で、というか昨日は真夏のような暑さで、マラソンランナーにとっては少しキツイくらいだったかもしれません。私の知り合いの人も、総合するとかなり出場していたような…?マラソンは42.195キロのマラソンだけではなく、子供マラソン、1/4マラソン、シティマラソンなど実にさまざまな種類のマラソンが用意されており、本当に多くの方々がこのマラソンに参加し [続きを読む]
  • 布マーケット・今回は超控えめ
  • 先週、半年に一度の布マーケットがAHOYであったので、ちょこっと覗いてきました。最近はカメラにガーデニングといろいろ忙しくしており、そもそもソーイングの時間がないではないか!ということで、控えめに購入することにしました。今までの布もまだ山積みですし。。。いや、行かなくてもいいくらいなんですが、でも、さすがにそれはちょっと寂しいかな、ということで。作りたいものはいろいろあるんです。よくソーイング本をパラ [続きを読む]
  • オランダは移住するのも簡単、追い出されるのも簡単
  • 最近海外移住を目指す日本人の間で、オランダが移住候補先として熱い視線を浴びている、という話をたびたび耳にします。人生一度きり、夢に向かって挑戦したい!という気持ち、よくわかります。わたしは永住権を持っているので、いまさら移住情報はどうでもよいといえばそのとおりですし、移住したいという方々のお世話をしているわけでもないので、日本人の間でいったいどのような情報が交わされているのかは、100%定かではあ [続きを読む]
  • イングリッシュ・ガーデン好きにはたまらないお店 - T.K.MAXX
  • 最近ガーデニングを頑張っているので、夜寝る前にイギリスの雑誌「Country Living」を見ながら眠りにつきました。わたしの好きなエッセンスがたくさん入った大好きな雑誌です。はぁ〜こんなものに囲まれて暮らしたら…!と思いながら、翌日、天気に誘われて仕事帰りにロッテルダム市内へ。言っちゃなんだけど、いかなるモノに対してもわたしの購買意欲はかなり低く、ロッテルダムで欲しいものに突如出会う、ということはないので、 [続きを読む]
  • オランダはやっぱり球根王国
  • 贅沢すぎる…チューリップの樽植えアムステルダムのカフェの前を通りかかると、きれいなチューリップが。あまりの完璧な咲き具合に、本物なのか?と近づいてしまいました。。。もちろん、本物でしたよ。今の季節、ここ、球根王国オランダでニセモノを置くわけがありませんね。こうやって密集させて樽植えするとやっぱり贅沢なくらいに見栄えしますね。…ただ、チューリップは天気が良すぎると開花が進みすぎてすぐにハゲちょびんに [続きを読む]
  • アムステルダム - 眺めのよい水辺カフェ・レストラン
  • 前回は廃材カフェをご紹介いたしましたが、わたしたちはそこではランチをせず、本日ご紹介するこちらのレストランでランチをしました。そもそも、北の新しいエリアに行こう!と思ったのは、ここにこのレストラン&天気がよかったからです。ここはアムステルダムの海のような大きなアイ川の上に建つレストランで、テンポラリーな仮設作りではありません。川の上に建てられているので、テラスの縁に座ればその先はすぐに川!飛び込も [続きを読む]