セルリアン さん プロフィール

  •  
セルリアンさん: anchanのブログ
ハンドル名セルリアン さん
ブログタイトルanchanのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/book-bluegreen/
サイト紹介文花と緑と音楽と本とコーヒーが大好きです。 みなさまとの交流楽しみにしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/04/04 12:27

セルリアン さんのブログ記事

  • 旅立ちをたたえる花々
  • 三寒四温の中、確実に春が近付いていますね。卒業式シーズンです。 家族の卒業式に参列した後 花いっぱいのカフェで、おいしい コーヒーとバナナケーキをいただきました。 オレンジの花のペイントをしたコーヒーカップ。なんとベルギー製でした。 家族の1人も大学を卒業することができました。 職場の卒業生の方々も旅立ったいかれました。ガーデンや玄関の木々や花々が 旅立ちをたたえている [続きを読む]
  • クイーンエリザベス号
  • 2017年3月13日 クイーンエリザベス号が 神戸にやってきました。 まじかで 拝見することができました。 長さは約300メートル  16階建て マンションのようでした。 船首もかっこいいです。20時に花火とともに出港したようです。20日早朝 またおめみえするとか・・・。 [続きを読む]
  • 本が開く世界
  • 本に接する生活が習慣になってきました。 植物の写真集や 植物画の本! ヨーロッパの建築の本も公共図書館で借りました。 ベルギーの王立植物園の記事も見ることができました。 ベルギー在住時には 残念ながら見れなかったのですが いつか是非訪れたい場所です。 本は時空を超えた世界へいざなってくれます。 未来につながる道しるべになることでしょう。 [続きを読む]
  • カフェ&ランチ in Kobe
  • あっという間に終わったバレンタイン デパートにはあまり近づかなかったですが ベルギーのブルージュのチョコを今回はじめて購入 ハートのパッケージが可愛かったです。 それ以降は時々 カフェやランチを楽しんでいます。 くまのマフィンがキュート!耳はクッキーでした。 はじめてのグリーンベリーズカフェで カフェオーレとクロワッサンをいただきました。 月に1回の講座のあとのラ [続きを読む]
  • 春近し
  • 寒い日が続いていますが植物の芽が 春の訪れを予感させてくれます。 球根植物の花が美しいです。 ラケナリアです。 春が待ち遠しいです。 海と空が日光でまぶしく わくわくしますね。 [続きを読む]
  • ムードあるカフェ
  • 先日 神戸の北野で街歩きするとき カフェでランチしました。 にしむら珈琲 北野坂店! 昔会員制だった ムードあるカフェです。 緑あふれる外観。 中の調度品やライトも趣がありました。 お手洗いの金の花束もすてき! 有意義なひとときでした。 [続きを読む]
  • 異人館のある街並みを楽しむ
  • 昨日の異人館街歩きのあと フロインドりーブへもと教会のなので 中のライトも ステンドグラスの輝きもすてき! これも伝統的建造物に指定されていました。 参加したのは 兵庫県建築士会 神戸支部の すまいスクール主催の たうんワッチング! 異人館街の北野、山本地区のメイン道路や  路地を歩いて 伝統的建造物を しっかりワッチング! 説明があったので 和洋の建物の細 [続きを読む]
  • アルファガーデン 2月中旬
  • 三寒四温の中 少しずつ 春が近付いています。 アルファガーデンの駐車場にある ヤツデが存在感を示します。 駐車場から ガーデンへの入り口に 竹で 自家製の カーストップが・・・ こんなところに 竹を生かすと素敵です きれいに 刈り込まれた緑が ガーデンにめりはりをつけています。 緑の濃淡がリズムを生んでいます。 壁面にそわせた 仕立ては エスパリエと [続きを読む]
  • 図書館を活用 「バカになるほど本を読め!」などの本
  • 図書館でお仕事をして さまざまな 本に刺激をもらっている 2年前の日経新聞を整理していて目に留まったのが 「バカになるほど本を読め!」神田昌典著 2015.2 さっそく 自宅近くの公共図書館で予約すると 数日のうちに貸し出しができた 一気に読み進める神田さんは、時代の先を読む本なども多く出されていて彼のセミナーに税理士の先生も講習料を支払って セミナーに参加されるほど [続きを読む]
  • 植物
  • 2月の寒い中にも 日差しが少しづつ春に近づいているのが 感じられます。 ろうばい のほのかな 香り ガラス越しの シクラメンの彩 冬の風景の中に いろどりを添えている 植物たち・・・ 2週間前 友人と 園芸店を訪れたのですが 薔薇の苗に つけられた きれいな花のラベル かなり 多くの種類がありました。 イギリスやフランスのバラも あるようです。 毎日 [続きを読む]
  • 美味しい生活
  • 神戸にはカフェが多いです。 昭和レトロなモトマチ喫茶に久しぶりに足を運びました。 店内にはジャズが流れています。 ピーナツバタートーストがおいしいです。 素敵なバラのカップでおいしいコーヒーを入れていただきました。 石橋の紅茶専門店では  ポットの紅茶(クリームのかおりのアッサム) サンドイッチ スコーンをいただき ランチタイムを満喫しました。&nbs [続きを読む]
  • 宝塚線ミニトリップ
  • 寒い中にも 晴れ間がひろがり 宝塚線で友人とミニトリップ 山本駅から歩くこと10分 園芸店には 樹木もたくさんあり、バラも美しい花の写真のラベルがついています。 多肉植物 もかざってありました。 クリスマスローズも すくっと 咲いています。 石橋駅から 歩いて7分くらいのところに おいしい紅茶とスコーンなどを味わえて イギリスグッズがぎっしりの ルパ [続きを読む]
  • タカラヅカ
  • 久しぶりに足を運んだ 宝塚! 駅前には タカラヅカの像がありました。 まちなみに 華があります。 花の道には、花の絵を描いた陸橋や かわいい丸いランプも おしゃれなまちなみをつくります。 緑地部分は ファミリーランドのあと イングリッシュガーデン それも閉園しましたが今 新しい工事がはじまっているようです。 大劇場の中は 別世界。まばゆい シャンデリアが輝きます。&nbs [続きを読む]
  • 冬の植物シーン
  • 先日 大寒でしたね。1月18日 霜が降りた朝 シモバシラという、シソ科の植物の 枯れた茎の根もとに 霜柱がたったのを 見ることができました。 淡路島では スイセンが咲いているようで 摘み取って廊下に飾られているのに 早春を感じます。 神戸の地下街には カラフルなプリムラが、飾られて 一足先に春を呼び込んでいます。 ルリ色の植物が、朝日に輝いています。多肉植物や、 [続きを読む]
  • 小磯記念美術館
  • 神戸市立小磯記念美術館に 「パリに生きる パリを描く」特別展へ 行ってきました。 小磯良平、荻須高徳をはじめとする36名の画家が パリを描いており、M氏のコレクションなど100点が展示されました。 小磯良平、荻須高徳さんのくわしいお話しを学芸員の方からきき タイムスリップした感じです。 前もって 本なども借りて読んだものもあります。 ヨーロッパの美術館の本には、ヨーロッパ [続きを読む]
  • 金のりんご
  • 昨年2016年の漢字は「金」でしたね。 年明けに 小磯記念美術館に行ってきました。 六甲ライナーのアイランド北口駅をおりるとすぐ 目に入るのが 金のりんご! アダムとイヴ と名のついた彫刻作品ですが 青空に金色が輝いていました。 生活の中でささやかな きらめきは 心をゆたかにしてくれますね。 きらきらボールやシャンデリアの光等 &n [続きを読む]
  • 金色グッズ
  • お正月には、金色や銀色のものが使われます 街の洋菓子店にも 和風のかざり その中には 金色の扇子・・・ 先日京都で きんちゃくの チャームを手に入れました ちっちゃな金貨が、輝いています 金色の 紙皿と紙コップをゲット お正月のパーティに重宝します 神社前で、 一億円のチラシを配っていました 金運にめぐまれたらいいですね! [続きを読む]
  • ささやかな書初め
  • 当用漢字の 楷書 草書のお手本が手元にあったので びんせんに、練習を始めました。 ささやかな 今年の書初めです。 筆記具はB4の鉛筆や、美文字ペン ちょうどよい 抑揚がでます。 今日訪れた 生田神社には、隣接して 生田神社会館があるのですが この、文字を書いたのが 私が習っていた、 神戸出身の書家 望月美佐先生。 会館の横には大きな絵馬がかざってあって、 写真 [続きを読む]
  • 2017年新年
  • 2017年 新年あけましておめでとうございます。 仕事納めのあと、1日でなんとか掃除を済ませました。(約のべ5時間)そして、1日で お正月の食べ物の準備。(約のべ5時間) 1重のお重箱で梅型です。5つに区切られているので便利です。ぶりの照り焼きと、栗きんとんは つくります。他は、イカナゴや、ローストビーフ、ハム、だし卵、黒豆です。お雑煮は おいしいおだし(あごなどが入った)を使ったので、ちょっと味 [続きを読む]
  • 冬のいろどり
  • 雨ごとに 寒さがきびしくなったり、少し緩んでの繰り返しですね。 素敵なクリスマスもをお送りになりましたでしょうか。 クリスマス前にアフタヌーンティー用の2段のトレイに 白いきらきらのタワーをつくました。 クリスマスが終わっても 雪のイメージで飾っています。 Noelの 札はとりましたけれどね ホテルのアフタヌーンティーにはクロワッサンサンドや カラフルなお菓子やフルーツをいた [続きを読む]
  • 京都 2016年12月
  • 京都には 古いものと新しいものが うまくとけこんで 洗練されてたシーンをつくっています。小さくても おしゃれなお店がたくさんあります。 中京区にあるイノダコーヒ本店の中庭はクリスマスの飾り付けがされていました。寒くなった体に 暖かいカフェオーレはここちよかったです。チーズケーキもおいしかったです。 話題のチョコレートショップは若い女性でいっぱい。 ランチは、ピザ釜のあ [続きを読む]
  • 奇跡の星の植物館2016年冬
  • 奇跡の星の植物館は、冬はクリスマスバージョンになります。 今年も メインコーナーは巨大なクリスマスツリーイギリスからの若いガーデナーさんが、かわいいコテージや、花車をつくられていました。多肉植物やポインセチアでの暖炉のシーンやピンクや真っ白のプリンセチアがすてきでした。 ホテルでのアフタヌーンティも おいしかったです。 [続きを読む]
  • 淡路ウエスティンホテルの忘年会
  • 淡路のウエスティンホテルでは 美しい クリスマスツリーが飾られています。 1週間前 忘年会があり、久しぶりに出かけました。 会場のあるホールには、グランドピアノとクリスマスツリーが… 会場の舞台も 金色にかがやいています。 お料理はとっても上品で、アーティフィッシャル!! 淡路の素材を生かした 深い味わい! 淡路産オニオンムースと生ウニ入り昆布ゼリー&nbs [続きを読む]
  • 堀江オルゴール博物館とその庭園
  • 先日 ひょうごの名園を考える会のお世話で 西宮市の苦楽園にある 堀江オルゴール博物館とその庭園を 鑑賞させていただく機会を得ました。 阪急夙川から阪急バスで十数分それから、徒歩10分程坂をのぼると オルゴール館が見えてきます。 門には大きなリースが・・・玄関では、大きく ピカピカに手入れされてシャンデリアが迎えてくれました。 ロビーには数々のオルゴールが並んでいま [続きを読む]